« 計画名X41TV:これまでのまとめ。(☆) | トップページ | 多方面への助走(☆) »

2007.04.12

もし時間がお金なら。(☆☆☆)

 つねづねこっそり見ています、森山和道さんの日記。ちょっと前の日記のリンク先に、興味深い記事がありました。1週間に4時間しか働かない人の仕事術と云うもの。

 これをそのままトレースすればいいとか、これをそのままなぞるのは不可能だ、と云うレベルの問題ではなくして。重要なのは「時間」と云うものをもっとアグレッシブに認識することじゃないか、と思った次第です。
 たとえば、そう。自分は電子家計簿をつけていて、最近マスターマネー家計版に乗り換えつつあったりするわけですが。データをつけること自体に満足を覚えると云う(なにげに無視しがたい)側面を除けば、それほど意味のある行為ではありません。別にデータを分析したり、それで倹約をしているわけでは、あんまりないのです。あっちのスーパーが安いとか、そういう訳では別になく。何故なら僕は散財さんだから。
 むしろ家計簿をつけることによって、お金の流れを把握しようとする態度を崩さない事が、自分にとっては大事なのだ、と認識している次第です。「なんとなく」の出費を可能な限り減らす。出来ればゼロにする。財布の中からお金が減っている…… 減ったからには使ったはずです。何故減ったんだろう? どこで使ったんだろう? わけがわからないままお金が減っていく、と云うのは、気持ちが悪いものです。たとい出費があって、それが明確に失敗した出費であっても…… ついこないだのアイオーデータのPCカードアダプタとか…… むしろ、明確な失敗を認識できると云う意味において、記録は重要なのです。

 そしてまた、sieさんの日記を見ていて思ったんですが。お金に家計簿があるのなら、時間に家計簿があってもいいんじゃないか。いつ、何処で、どれだけの時間をなんのために費やしたか、その帳面があってもいいんじゃないか、と思った次第です。長いスパンで集計すれば、一年の何%をどこで過ごしたのか理解できるでしょうし、たとえ記録したデータを二度と顧みる事が無いとしても。「わけがわからないまま時間が減る」と云う認識を、回避することが出来るかも知れません。

 そも人間に与えられた初期条件と云うのは、決して平等とはほど遠いものですが。その中で時間と云うものは、数少ない平等に与えられた(少なくともそう誤解することができる)条件です。この時間と云うものこそ、「なんとなく費やして」はならないものなのです。

 どこだか忘れましたが、あるイラストサイトで「初めてサイトに載せた絵」を保存して、展示しているところがありました。
 そのイラストは正直そんなに上手いものではなかったのですが、その掲載された日付と、今のその人の描いている絵を見て、正直慄然としたものです。同じ歳月を費やして、この人はこれほどまでに進歩した。翻って見て、同じ時間を与えられていながら。自分はどんな進歩を為し遂げられたと云うのか? 現状維持すらも果たして出来ているのか?

 人間は、よしんば自分は。決して聞こえないカウントダウンを刻まれながら生きている。決して止まる事はなく、いつかかならずゼロになる。
 いたずらに日を費やしてはならないのは本音なんですが、なんでこんな重い話になったのやら。おかしいなあ。

|

« 計画名X41TV:これまでのまとめ。(☆) | トップページ | 多方面への助走(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久し振りです。関心がある話題でしたので、コメントをば。
 「時間の家計簿」にはスケジュール表やスケジュール管理ソフトの使用をお勧めします。これらは未来のスケジュール管理だけで無く、過去のスケジュール管理にも応用出来ます。実際に済んだ事柄を、いつからいつまでの時間を消費したかと共に、スケジュールに書き込んでいく(予定とは別の色で書き込むがいいです)のです。予定の入っている/消費した時間帯を図示させると、一日の内、何にどれだけの時間を使っているのか、一目で判ります。
 私は Palm を使っていますが、W-ZERO でも同じ事は出来ますよね。

投稿: blackdog | 2007.04.13 08:31

 やや、コメントありがとうございます! そしていつもありがとうございますー。

 情報、ありがとうございました。W-ZEROのスケジューラに関しては全く使いきれていない…… と云うか、これは改めて考えなくちゃいけない問題なんですが、スケジューラと云うものを(そもそも手帳と云うものも)全く使いこなせていない、時間管理が苦手な自分です……。

 時間の家計簿に関しては、結局Excelで一時間ほどかけて集計用シートを作ってみました。マクロの勉強がてら、と云うことで(笑)。

 なんだか会社に毎日出してる日報みたいな代物になりましたが、時間に費目と適用を入れてみたら、なかなか面白いことになりました。1日の15%を通勤に費やしている、とか、改めて見ると凹みますね(笑)。

 ともあれ、これらはまた形になってきたら、改めて日記の上で報告していきたいと思います。

投稿: sn@散財 | 2007.04.13 23:02

最近、否応なく仕事上の時間管理について考えなければならない事態になっていたので、すごく参考になりました。
遅コメントで実に申し訳ないのですが、感謝です。

投稿: キャプテン | 2007.04.17 00:43

 やや、こういう展開は予想もしていませんでしたが、お役に立てたのでしたら嬉しい限りです。

 このお話もそうでしたが、森山さんの日記は考えさせてくれるものばかり。是非チェックしてみていただければと思いますー。

投稿: sn@散財 | 2007.04.18 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/14659955

この記事へのトラックバック一覧です: もし時間がお金なら。(☆☆☆):

« 計画名X41TV:これまでのまとめ。(☆) | トップページ | 多方面への助走(☆) »