« 関東組ロボットカレーの会。(☆☆☆) | トップページ | 水滸後伝と、丑三ツ時の訪問者。(★★☆) »

2007.05.21

19万円のキーボードと10万円のスカウター。(☆☆☆)

リンク: Art.Lebedev、フル有機LEDキーボード「Optimus Maximus」の予約を開始.

 前々からと言うか前前々くらいから話題になっていた、キートップ可変式キーボードがついに予約開始です!
 いったんプランが頓挫したかと思いきや、3ボタンのサイドキーボードが先行販売されたりしていましたが、ここにきてようやく実物にお目にかかれそうです。

 さて、「キートップ可変」とはいったいどういう意味かと言うと、これがまた言ったとおりの意味で。キーボードのキートップの模様が変わるのです。
 どうしてかと言うと、キーボード一個一個に、有機LEDの小さなディスプレイを仕込んでいるのです。その数、ざっと勘定して120個前後。……この仕様のために、価格は実売約19万円、キーボードのくせにSDカード(プロファイル保存用)とACアダプタ必須と言う、なんていうか力業にも限度があると言いたくなるような代物です。
 しかもキートップの模様はリアルタイムで変化。どのくらいリアルタイムかと言うと、シフトキーを押すと大文字になるくらいリアルタイムとのこと。

 すでに初期ロット200個は完売とのことですが…… 例えば、美術館とか博物館のオペレートって言う用途なら、使いみちがありそうな気はするんですよね。同じ仕組みでPDAを作ってもいいと思いますが、たぶんそのどちらも、普通にタッチパネルで必要十分以上のような気はします。可動部が少なければ故障しにくいし。
 かと言って、キーボードは表面の削れゆく、いわば消耗品。ならば、これを使う人はいったいいかなる…… きっと通常の考え及ばぬ、斬新な使い方を編み出すのでしょう。…………と言うか、これを! これを使って、キーボードオペレートのロボットを……!

 さてもう一件いかすデバイスニュース。“スカウター”デザインの新型眼鏡ディスプレイで通勤を天国に。
 時折発売しているのを見かける(実際に使われているのを見た事はまだない)、眼鏡に装着するタイプの言わばモノクル型HMDなのですが。これのすごいところは「収納式」と言うところ。使わない時はヴィーンってな感じで、変形して顔面の横に収まる、とそういうスタイルです。実際にはリンク先ITmediaさんの記事の写真を見て頂きたいんですが、収納というか変形するギミックそのものが魅力ありすぎです。

 ついでにもう一件。DellさんからもタブレットPCが出る様子です。
 Vista普及でもっと増えてくれるといいなあ、と思っている昨今。SSD+タブレット+トラックポイント(必須)で8時間くらい稼働するサブノートとか出ちゃったら、きっと涙流して悔しがりますよ自分。出てくれませんかねえ来年くらいに。さあさあさあ。
 

|

« 関東組ロボットカレーの会。(☆☆☆) | トップページ | 水滸後伝と、丑三ツ時の訪問者。(★★☆) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

> これを! これを使って、キーボードオペレートのロボットを……!

これですね?一番言いたかったのは(笑

投稿: Aruyo | 2007.05.22 13:11

 いや実際の話、サブノートのキーボードにシールを貼って、ロボットをオペレートされている方がいらっしゃる(いらっしゃった?)んですよー。
 目的別にリアルタイムでボタンの模様が変わる、って、そういう用途に向くんじゃないかな、と思った次第(笑)。

 でもなんかむくむくと次の妄想が沸いてきましたよ。
 ピュアタブレット型のorigami級小型Vistaマシンで、折りたたみなんだけど、キーボードのかわりにタッチパネルディスプレイがついてる、ってなどうでしょう。
 普段はそこにスクリーンキーボードを表示していて、必要に応じてボタンの表示どころか使用領域まで切り替わる、ってな寸法です。

 ……既存の技術で十分作成可能と思われますが、自作はさすがに無理ですね。

投稿: sn@散財 | 2007.05.22 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/15156269

この記事へのトラックバック一覧です: 19万円のキーボードと10万円のスカウター。(☆☆☆):

« 関東組ロボットカレーの会。(☆☆☆) | トップページ | 水滸後伝と、丑三ツ時の訪問者。(★★☆) »