« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.31

【ロボットイベント】KHRサードアニバーサリー、6月2~3日開催!(☆☆☆)

リンク: KHR3rdAnniversary.

 どんな名前か知らなくたって、どこかで見た筈この面構え

 秋葉原! ロボット! と言ううたい文句のテレビ番組が世に流れれば、一体二体は必ず映る、このロボットこそホビーロボット界隈のフライホイール、KHRシリーズであります。
 KHRシリーズの発売から、はや三周年。毎年恒例のお誕生日イベントが、今年も開催されます。
 日時は6月2日~3日、場所は秋葉原UDXビル2F。アッパーアキバの中心地であります。

 内容は、土曜日2日は、KHRシリーズ及び小改造機を使用しての徒競走、そしてロボットバトル。
 日曜日3日は、第五回となるロボットサッカー大会KONDO CUP。今回はコートを二面並べての多元同時開催、オープンクラスとKHRクラスの試合を同時に行います。…………ど、同時!? オラどうすればええだ。

 ……まあそれはともかくとして。秋葉原で大規模ロボットイベントが見られる機会は、案外に貴重なものであります。
 サッカーありバトルあり、かててロボット盛りだくさん。話半分一見にしかず、近くに寄りて目にも見よ、てなものです。時間とご都合宜しい方は。用もないのに秋葉に足が向いちゃう方も。是非是非わざわざ足を運んで、歓声を上げていただければと思いますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.30

電車の中に偶然の運び手。(☆★)

・毎日通う行き帰り。帰りはともかく、行きの通勤電車は、お世辞に混み合う満員です。
・そんな混み合った行きの電車。電車に乗った後すぐ、後続の人に押されて反対側まで押してゆかれます。これはまあ普通の事。事なんですが、そのまま短い乗車を終えて、いざ乗換駅で降りようと。入った側の扉を抜けてホームへ出ようとしたところ、そこにはどなたかがバイオケミカルに精密爆撃なされた跡が。
 ……この混み合う満員電車の中で、音も立てず騒がれもせずにあれだけの爆撃をこなすとは。一体どういう事情でそうなったのか知りませんが、よほどせっぱ詰まった事情があったのでしょう。ていうか汚い話題でごめんなさい。
・もう一件は、電車で本を読んでいた時のこと。降りる駅も近くなり、さて本をしまおうと鞄を開けようと思ったら。意識もせずに肘がぶつかり、熟睡していた隣の人を起こしてしまいます。
 ああすいません、いえいえすいません、と普通にお詫びして電車を降りようとしたところ、ちょうどその人も、その駅で降りるところだった様子。偶然とはいえ、乗り過ごし防止の役目を果たした自分でありました。

・これは星取で言うと向こうの人のラッキーだったわけですが。なにやら、人の偶然の担い手を果たしたような気も少しして。なんとなくにやにやした、会社の帰路でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.29

格好良い台詞達。(☆)

僧侶や哲学者がいかに自縄自縛に陥っていようと、君は善に従って行動していれば、悪の世界を冒険するときに、善の神が保護し、助けてくれるとあてにしていてよいのだ。
 -『タイタン -ファイティング・ファンタジーの世界-』より

 横溝正史先生の未発行短編集「双生児は囁く」を読了。
 中の一話、「汁粉屋の娘」は、巨匠といえども時にはやっちゃうんだなあと思いながら読んでいたら、なんと著者デビュー直後の作品とのこと。こらァ貴重なものを読ませて頂きました。それを割り引いても、なかなかにすごい内容でしたが。
 まだまだ読まねばならぬ作品は山ほどありますよ。インプットあってのアウトプット。きばらねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.28

ガンダム自在菩薩(☆☆☆)

リンク: 機動戦士ガンダム 木製ガンダムRX-78-2 バンダイネットワークス ララビットマーケット.

 名前だけ聞いて、ウッドクラフトみたいなコメントしにくいものなのかなーと思っていたら全然違ってました。本気度の丹精具合がすごいことになってます。

天然木を一体一体仏師による手彫りにて仕上げています。

 って、そんなこと言われても当方としては!?

 ガンダムが繰り返し語られるのは現代における神話の代替品なのであって、なんて作り置きの理屈はわりとどうでもよくて。なんでしょうかこの。堰き止められた濁流のごとき、行き場の無いエネルギー感。

 とりあえず別画像も全部見てくださいましよ。なかなかの衝撃ですよー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

DSゲームレビュー「燃えろ! 熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2」(☆☆☆☆)

リンク: DSゲームレビュー「燃えろ! 熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2」.

 こういうなんかこうその、書いている人の中身がはみ出ちゃってる記事は大好きだッ!
 そして知ってしまったが最後、叫ばずにはいられないのがこの闘え!応援団シリーズ。もちろん発売日に購入しましたとも。もう一本別のソフトと一緒にね!

 記事に書いてない事で、前作との違いと言うか、追加点と思ったとこをいくつか。ひょっとしたら前作にもあったのかも知れませんが、見落としはご容赦願います(汗。
 一つは、指先アイコンが画面に出てきて、次に押すべきマーカーのあるところまでナビしてくれること。これは本当に便利。持ち方のせいで、手のひらの下にマーカーがあってもおおむね大丈夫です。
 それと、ロールマーカーに左右回転しやすい方向がついたこと。回りやすいほうでぐるんぐるん回せば、10回くらいは上乗せできます。

 あとは町の画面が3Dになったくらいで、おおむね前作と同じです。具体的に前作の何年後とかは、わりと考えても仕方のない世界だとは思いますが、前作で受験生だった彼が就職活動してたり、前作で結婚したあの人たちに子供が生まれてたりしますヨ。とだけ。

 前作のことを書いた時にも書きましたが、この作品から感じ取ってしまったのは、無理矢理なくらい前向きな迫力です。捨て鉢なまでに前のめりな、その異様な真剣さです。
 誰かに助けを求めたい絶体絶命のピンチに陥った、それぞれのステージの主人公たち。危地にあって彼らが求めるのは、幻の援軍でも、ヒーローの救いの手でもない。具体的に何かしてくれるわけではない。ただ、ひたすらひたむきに、声を枯らして叱咤激励してくれる応援団なのです。

 あくまでも、なにがなんでも。ただ少し背中を押してくれさえすれば、あとは自分でなんとかしてみせる。正しいのか間違っているのか、そんな些細なことは置いておいていい。たとえ間違っているとしても、この間違いのなんと頼もしく力強い事か。
 脳裏をよぎるアストロ球団の台詞をもって、まとめとさせて頂く次第です。

「自らに恃む! それが超人だ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.27

打鍵打鍵の一日。(☆)

・ひたすら文章打ちしてました。
・原稿書きってよく書いちゃうんですけど、別に原稿じゃないんですよね。PBMのプライベートリアクションだから、分類的で言えば、同人二次創作小説くらいになりますか。質的にはともかく分類的には。
・ともかく、入力出力両輪揃えば、いつか文章の質も上がるかなァと言うもの。何はなくても打ち続けたいものです。

・床屋に行った以外は、特に外出せず。
・パイレーツ・オブ・カリビアンをテレビでやるので、それを見たい予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.26

右往左往した初夏の日に。(☆)

 油断していたら朝一番から呼び出され、構築中のSHQ(散財司令本部=自宅☆このネタはキャプテンさんが使われたものの無断借用であることをここにお断りいたします)に8時半ころ急行。
 電気配線類の打ち合わせを行い、さすがにLANポートはつけすぎだろうと言うことで削る事に。全室無線LANはオーバースペックと言うことで消滅しました。まあ、普通にそこまではいらないしなあ。
 マルチメディアポートと言うものの構造について色々伺った後、とって返して帰宅して、次の準備をして急遽出撃。なんとか間に合った下北沢で、初参加のともみずさん始め三名の方と合流。今日はマジックスパイスの会、定例会のほうです。

2007052701

 ポーク角煮涅槃、夏野菜トッピング+ごっちUFO。
 今日も話題はフルーツアイス珈琲の素材についてでもちきりでした。

 今日はごはんを落とす人もなく、生ピッキーヌが沈毒の如くもたらされることもなくつつがなくカレーの会は終了。ここで本日はいったん解散。風波さんと一緒にモチクリームをお試ししたり新宿バルト9を偵察しに行った後、さらなる単独行動へ。
 マジスパ店内での話から一十三十一のCDを探しにTSUTAYAへ出張した後。はた、と次の行動へ考え込む。ふと思い立って、徒歩で文京まで移動する事に。
 靖国通りを都営新宿線の上に沿って移動すること数十分。途中、よりにもよって市ヶ谷防衛省前のコンビニで、宇宙人を目撃してしまう。

2007052702

 なんてこった! 宇宙人はとっくに地球に来ていたんだ! それもよりによってやばそうなところに!
 人ごとながら大丈夫だろうかとはらはらしつつ、市ヶ谷から北上。お堀のまわりをぐるりと巡って、水道橋から東京ドームにたどりつきます。
 今日の第二の目当ては、ここ東京ドームシティで行われているマーヴル・ザ・ヒーローアドベンチャー2。マーヴルヒーローをテーマにした特設アミューズメントパークです。競技は体力系なので、さすがに挑戦するのはちょっと、と思いつつ、展示を見たりグッズショップを除いたり。アルティメットアライアンスのOPデモが流れてたりするのは、ちょっとしたおいしい特典ですねー。
 ここでの目的は、グリヒルさんが表紙を描いてる公式ガイドブックを手に入れる事。というわけで、こいつは無事ゲット。アレックス・ロスの手になるピンナップも中に入っていて、これはちょっと嬉しい誤算でした。

 少し時間が空いたので、日陰に逃げ込んで「ボーイソプラノ」を読破。なるほどなるほど。やっぱり細かい文章的な演出の妙はたまらないものがあります。会話のやりとりも妙味に満ちている。前作発表の折、作者が年齢を誤解されたと言うのも、うなずける話です。

単純な男なのだ。警察には、一人くらいはこんな男がいなくてはならない。
「スタンダールはフランス人だったぞ」
「彼は、恋人のために涙は流しても、血を流した事はありません」

 そのあとは文京プライベから飲み会へ。恒例の忍法終電流れで帰宅した。そんな一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.25

砂とスコッチ、バイオエタノールと酩酊するロボットについて。(☆)

リンク: コラム:通りすがりのロボットウォッチャー未来にゃロボットも腹が減る?.

 この記事から触発されて、なんだかいろいろなことを連想したので、あえてとりとめを持たせず。

 松本零士先生の漫画に「砂とスコッチ」と言う作品があるのを、まず思い出しました。北アフリカの砂漠のど真ん中に、何故だか山ほどのスコッチと一緒に取り残される羽目になった二人の連合軍兵士。銃も車も飛行機もなし、なぜだか酒は溺れるほどある、と言う笑うしかない状況下で、酒のにおいに引きつけられた両軍の戦闘に巻き込まれたり、燃料切れで墜落したドイツ空軍のパイロットと取引したりあれこれするのですが、最後に二人は、その飛行機をせしめて、スコッチを燃料にして飛ばそうと試みるのです。呆れたのか感動したのか、見送るドイツパイロットを尻目に、スコッチを満杯に飲み込んだ空軍機は…… と言う話なのですが。

 考えてみりゃあバイオエタノール、バイオエタノールと言いますが、要するにアルコールです。とうもろこしで作ればテキーラになり、さとうきびで作ればラムになります。カリブ海のさとうきびから作るラムは、カリブの海賊達の心の酒でありました(アメリカで海賊といえば、映画を見ても分かる通りカリブです)。このラムをコーラで割ったのがキューバリバーと言うのは、なんとなく皮肉めいた名付け方のような気もしなくもないですが。

 アルコールを燃料にしてロボットを動かすのは現実味のありそうな話ですが、カクテルやジョッキなんて生やさしいものではなく、バケツで浴びるように飲むことになるんでしょうねー。タンクからガソリンスタンドのように、っていうのは味気なさ過ぎますし。もちろんロボットであるからには酩酊する必要はなく、むしろ酩酊されて暴れられたりすると人間としては非常に困るので、ロボット三原則の補足として「ロボットは酔っぱらって外出してはならない」とか入れたくなる気分です。

 操縦するロボットの場合、たとえばこれがレイバーとかであれば、ロボットの酔っぱらい運転は特車扱いにつき四輪車に準ずる、でいいのですが。なにしろ自律型の場合、本人=特車=ロボです。ロボの飲酒は自宅に限るべきで、その場合でも自宅を破壊しないよう細心の注意もしくは設備が必要です。さもないと、米が原料だから、と甘酒を飲んだあ~る君みたいな惨劇を引き起こす事になります。なりますとも。
 しかしこうなると、アルコールを燃料にしてロボットを動かすのが非常に困難になります。ロボット用のアルコールスタントなんか、もうなんか危険すぎて近寄れません。18m級のロボットが、千鳥足で歩いてきたら人間はどう自分の身を守ればいいと言うのですか。しかもその彼が「地球の制止する日」の物まねなんか始めた日には。

 まあ、杞憂ではあります。ロボットにわざわざ酔っぱらう機能でもつけない限り、上記のような事態は起きえないでしょう。

 しかしもし、ロボットに酔っぱらう機能をつけたとして、ロボットはあえて「酔っぱらおう」とするでしょうか? 酩酊は公平に言って、一種の機能不全です。自律するロボットがいるとして、自らを機能不全に陥れようと言う行為は、ロボット三原則を持ち出すまでもなく普通やらないでしょう。ではなぜ、人間は酒を飲むのか? そこに酒があるから? ロボットでも同じ理屈は成り立ちます。会社でいやなことがあったから? ロボットにストレスがないとは誰にも言い切れません。彼らはそれを訴える手段がないだけなのです。いきなりキれるロボットが社会問題になるかも知れません。怖怖怖。禁止されているから? ロボットの場合はどうなんでしょうね。稼働して20年以上の稼働歴のあるAIしか酒飲んじゃダメとか。
 まあ、素直に言って、それが「快」だから、人間は酒を飲んで酔っぱらうのでしょう。お酒が苦手な人や嫌いは人は、あえてお酒を飲みません。それが「不快」だからです。ロボットが積極的に酔っぱらうには、「快」「不快」を理解し、快を求め、不快を避ける必要になります。それは生存(ロボットの場合は自己保存)に必要かどうか、と言う原理に即してはいますが、直接つながってはいない問題でしょう。繰り返しになりますが、酩酊状態は一種の機能不全と見なせますしね。
 なんだかクオリアがどうこうと言う問題につながってきそうですが、その話は前に読んだきり復習していないのでともかくとして。ただこういうことを考えていると、ロボットの持つ文学的な部分と言うか、「ロボットは感情を持たない」「ロボットは人間に憧れている」と言う、ロボットもので好んで使われる定番の前提二つが、なんていうか。人の漠然とイメージしてるロボットと、つきつめて考えてみたロボットって、あんまり似てないのかもなあ、と再認識する次第です。
 バールのようなものはバールか否か、と言う質問がアバウトミーでありましたが、「人間くさい」と言う形容は人間ではないものに用いるべきものなのかな。とか、そんなことを考えて。

 記事の結びでは、人とロボットで食べ物の奪い合いはしたくない、となっていますが。最近のニュースを見るにつけ。ロボットが世に現れるよりも前に、機械と人間の間での食料争奪戦は始まってしまっているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.24

物欲番長マノイに挑むの段。(☆☆☆)

リンク: スタパブログ: 京商 MANOI AT01 を組んでみた.

 アルファバイヤー(2007年5月24日21時8分現在1810件ヒット/google調べ)たるスタパ斉藤さんが、とうとうと言うか必然というか、二足歩行ロボット世界をつまみぐいされたみたいです。
 今回の記事だけだと組み立て編みたいな感じと言うか、まさに組み立て編。魂がオーバーヒートしてズギャアアア! みたいなシャウトはまだ伺えませんが、きっと動き出したら唸る鍵盤轟き叫ぶに違いない、と勝手に期待している昨今です。

 ともあれ、非ロボットユーザー(……ですよね、たぶん)兼プロレビュアーによるマノイ体験記と言うのは、これは貴重なのかも、と思う昨今。「どこか」がどこなのかを見極めたいですー。

 おまけ。
 「水滸後伝」読了、「機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の七人」二巻を購入。おおお、ハリソン大尉が! 
 くだんの図書館に水滸後伝を返しに行って、ボーイソプラノほか一冊を借りてくる。ペロー・ザ・キャット全仕事に続く吉川良太郎作品なんですが、機会がなくてこれまで読んでいなかったもの。これがまた面白くてぐいぐいと。まだ続きがあるとのことで、どっかで手に入れたいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.23

カノープス製キャプチャついに復…………アレ。(★☆)

リンク: カノープス、PCIe x1接続のHDMI/コンポネ対応キャプチャカード.

 ニュースの会社名だけ見て、TVチューナ&キャプチャの古豪ついに復活ののろしかー! といきりたったのですが、どうもよくよく読むと少し違う方向のもののようです。なにしろ価格帯が99,750円とか言ってますし。これはお世辞にもハイエンド向きの代物ですねー…… 残念。

 パソコンに録画してのタイムシフト視聴であれば、ワンセグチューナのほうが今後現実的な選択肢になっていくのやも。とか思っている昨今。詳しい仕組みは存じませんが、P903iTVは携帯側で録画した画像をPCで再生できるそうですし。
 いっそのこと、最初からワンセグに最適化した放送とかあってもいいなあ。とか思う今日このごろです。普通のテレビで受信すると超オーバースキャンなの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

水滸後伝と、丑三ツ時の訪問者。(★★☆)

・不意に思い立って水滸後伝を図書館で借りて読み始める。
 はるかいにしえの水滸伝二次創作とも言うべきこの作品。梁山泊の招安後に生き延びた、李応はじめ三十数名の好漢達が、新たな仲間や亡き同士の子供達を仲間に加えながら、はるか南洋で独立国の王となる、と言う娯楽大作。
 実際の時代背景や、本編の描写に細かいつじつまを合わせている(時折豪快に無視もしていますが)上に、水滸伝前半を思わせる豪傑達の流浪譚(主に「梁山泊の残党だから」と言う理由で役人に付けねらわれてしまう辺り、世知辛くリアル)がなんともわくわくします。花栄・徐寧といった、戦死した豪傑達の息子達が出てくるのもまた、颯爽としていい感じであります。
 最近まで知らなかったんですが、水滸新伝と言うまた別の「語り直し」も水滸伝にはある様子。入手困難との由ですが、一度は目にしてみたいものです。

 さて閑話休題。当ブログの平均アクセス数なんですが、過去三ヶ月の平均では一日だいたい350といったところ。ROBO-ONEの直後くらい(つまりレポートがあがる頃合い)には900くらいまで跳ね上がる事もありますが、まあ普段は300前後をうろうろ、といったところです。
 しかし何の気なしにアクセス解析を見ていたら、今日の2時から4時にかけて、異変が起きている事がわかりました。
 その2時間のアクセス数、実に4,500件。
 通常時の2週間分でも、まだ足りないほどの集中アクセスです。それも最近の記事やカテゴリに、規則正しく60件くらいずつ散らばっています。
 …………うーん。実害があるわけではないんですが、なにかこう薄気味悪い感じはしますな……。狐につままれたような気分の、今日一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.21

19万円のキーボードと10万円のスカウター。(☆☆☆)

リンク: Art.Lebedev、フル有機LEDキーボード「Optimus Maximus」の予約を開始.

 前々からと言うか前前々くらいから話題になっていた、キートップ可変式キーボードがついに予約開始です!
 いったんプランが頓挫したかと思いきや、3ボタンのサイドキーボードが先行販売されたりしていましたが、ここにきてようやく実物にお目にかかれそうです。

 さて、「キートップ可変」とはいったいどういう意味かと言うと、これがまた言ったとおりの意味で。キーボードのキートップの模様が変わるのです。
 どうしてかと言うと、キーボード一個一個に、有機LEDの小さなディスプレイを仕込んでいるのです。その数、ざっと勘定して120個前後。……この仕様のために、価格は実売約19万円、キーボードのくせにSDカード(プロファイル保存用)とACアダプタ必須と言う、なんていうか力業にも限度があると言いたくなるような代物です。
 しかもキートップの模様はリアルタイムで変化。どのくらいリアルタイムかと言うと、シフトキーを押すと大文字になるくらいリアルタイムとのこと。

 すでに初期ロット200個は完売とのことですが…… 例えば、美術館とか博物館のオペレートって言う用途なら、使いみちがありそうな気はするんですよね。同じ仕組みでPDAを作ってもいいと思いますが、たぶんそのどちらも、普通にタッチパネルで必要十分以上のような気はします。可動部が少なければ故障しにくいし。
 かと言って、キーボードは表面の削れゆく、いわば消耗品。ならば、これを使う人はいったいいかなる…… きっと通常の考え及ばぬ、斬新な使い方を編み出すのでしょう。…………と言うか、これを! これを使って、キーボードオペレートのロボットを……!

 さてもう一件いかすデバイスニュース。“スカウター”デザインの新型眼鏡ディスプレイで通勤を天国に。
 時折発売しているのを見かける(実際に使われているのを見た事はまだない)、眼鏡に装着するタイプの言わばモノクル型HMDなのですが。これのすごいところは「収納式」と言うところ。使わない時はヴィーンってな感じで、変形して顔面の横に収まる、とそういうスタイルです。実際にはリンク先ITmediaさんの記事の写真を見て頂きたいんですが、収納というか変形するギミックそのものが魅力ありすぎです。

 ついでにもう一件。DellさんからもタブレットPCが出る様子です。
 Vista普及でもっと増えてくれるといいなあ、と思っている昨今。SSD+タブレット+トラックポイント(必須)で8時間くらい稼働するサブノートとか出ちゃったら、きっと涙流して悔しがりますよ自分。出てくれませんかねえ来年くらいに。さあさあさあ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.20

関東組ロボットカレーの会。(☆☆☆)

2007052001

 ベジビーン涅槃、かきあげ+プチバーグ。

 さて毎回恒例、行ってきましたのは下北沢のスープカレー専門店・マジックスパイス。でも今日は、いつもと少し違います。参加者はいしかわさん、人形つかいさんはじめ総勢10名。そう、今日はいつものメンバーと違い、ロボット関係者の皆さんでの、初のスープカレーの会だったのです。
 そもそもこんなことになった理由は、前々回の練習会でのあとの飲み会のときのこと。ひょんなことからスープカレーの話になり、「一度行ってみましょう」と言う話になり。それなら、と言うことで、いしかわさんの掲示板を借りて、告知を書き込ませていただいたのです。
 当初まあ、一応断りはしたけどそんな人数にはならないかな、などと思っていたら、呼びかけに応じる人の出ること出ること。昨日の練習会の場で飛び入り参加希望の人まで現れて、総勢10名の大所帯となった、と言う次第なのです。
 いつもと同じように開店前を狙って行く作戦。僕が行った時点ですでにくぱくまさん達がいらっしゃっていたりと、人は非常に順調に集まります。集合時間になった段階で、いなかったのはいしかわさんと人形つかいさんのお二人。……「織り込み済み」と言う展開で、皆さんを先にお店までご案内する事に。あれれれ、なんかいつもより行列長いですよ。大丈夫かなあ、と思っていたところに、いしかわさん到着の連絡。駅にとって返し、いしかわさんと人形つかいさんにご挨拶させていただきます。
 「電車乗り過ごした」「電車乗り間違えちゃった」 そんなこときっちり分担されなくても。

 お店に入る段になり、悪い予感は的中。さすがに10名は多すぎました。二組に分かれ、結構離れたテーブルへ。あれこれ説明をしつつ、POPからBGMに至る店のあらゆるものに突っ込みを入れながらカレーを注文。ちなみに、初挑戦での最高位は城間さんの極楽でした。まだまだゆけそうな感じです。
 こちらのテーブルは普通に涅槃と瞑想というところ。辛いけどおいしい、と、POPからBGM(中略)入れながら皆さん完食でありました。

 10名分ともなると金額的にも相当なもので、まとめて払ったら「すごーい!」と前のお客さん&レジのお姉さんに感心されたんだか呆れられたんだか、そんな状態のあと。お昼の礼拝をしている教会の駐車場で小銭をやりくりします。

 さてその後、一同皆さん「とりあえずアキバ」と言うことになり、秋葉原へと移動することに。
 お天気もいいし、と新御茶ノ水で降りて湯島聖堂の中を歩いたのですが…… 修理中の門前に、極めてイカす物体が。

2007052002

2007052003

 なんでしょうこのクラブマンハイレッグ。

 いやまあ普通にクレーンなんでしょうけども、腹の下にかわいいキャタピラついてますし、この姿勢固定のアウトリガーのつきかたがあまりにも絶妙で。これじゃあ四本足ではい回ると言いはって納得させてしまいそうです。
 しかもなんていうか。後ろの門構えといい、前に転がっている石畳といい、ものすごいくらい絶妙なジオラマ感なんですよ。なんていうんでしょう。実物なのに、模型のにおいが漂っている、そんな不思議な光景。

 感心しつつ写真も撮りつつ、再び足は秋葉原へ。
 社長さんやアニメイダーさんが普通にお仕事をしているアールティにお邪魔し、冷房の効いているところで一同ぐたーっとしはじめます。まさゆきさんが途中で合流して、持ってこられたころいど君の顔を見て、気持ち悪い気持ち悪いと皆で遊び始めたりして。

2007052004

 今日唯一、ロボットを持ってこられていたくぱぱさん。
 間近に迫ったアジア大会予選に備え、なわとびの練習に余念がありませんでした。

 その後、ロボスポットにちょっとご挨拶に。……なぜかこちらも、人がいっぱい大盛況。GIYさんやなぐさん、えまのんさん達が。KONDO CUPの練習会だったのだそうです。なるほどー。

2007052005

 KHRクラスで活躍していた、白いロボットの勇姿。顔の作り込みが素敵。

 そうこうとしているうち、車を修理に行くいしかわさんにあわせて早々と退散し、この時点で解散。自分はちょっとだけ寄り道して、あとはまっすぐ帰りました。

 創業平成十九年、生活非必需品専門店むだや

2007052006

 予想した通り、ステキに脱力系でございました……!
 ムダなもの、と言うか、「どうすんだこれ」と言う勢いに満ちたと言うか勢いに欠けたというか、場末のおみやげもの大集合みたいな、そんな雰囲気でございました。
 なんていうか、いつまで続くんだろうと言うはらはら感にもある意味満ちあふれているお店でありましたよ。ステキだなあもう。

 さて、こんな感じで開催されたスープカレーの会。
 今後続くかどうかは…………。どうなんでしょうね。反響と需要次第、と言うことでー。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.19

第19回関東組ロボット練習会 in JSロボティクス

2007051901

 お邪魔させていただくのもずいぶん久しぶり。19日土曜日は関東組ロボット練習会、JinSatoさんの会社・つくば市JSロボティクスでの開催となります。
 午前中で雨はひとだんらくしたものの、今日はずっとぐずついた空模様、ときどき雷雨。
 天気大丈夫かなあ、と思いながら、つくばエクスプレスの駅のホームでむしむしやっていたら、田中さんやいすぜんさんたちにいきなり発見され、順調に合流。一路つくばを目指します。

 駅では先に着いていたカイン技師さんと合流。中野さん達が歩いて先に向かわれる中、断続的に人数は増えていきます。来られたJinさんがもう一台車を、とやっていたら最後に道楽、さんが来られてぎりぎりペース。ともあれ、無事にJSロボティクスに皆さん到着です。

 いつもはわりと遅めに来られるいしかわさんですが、今日はかなり最初からの参加。到着されるまでにかなり紆余曲折があったみたいですが……。ともあれ、到着した時には、ギューーンと言う機械音とともに板金加工をされていました。

2007051902

 いしかわさんが作られていたのは、ロボットの頭の部分。
 こちらが頭部制作中のSDレイズナー(サイコロはイメージ映像)です。

2007051903

 見るからにすごい機械。これでアルミ板を切り出していくんだそうです。立てる音もかなりのもの。
 「家にどうですか」と言われたものの、いやー、さすがにこれは(笑)。

 そしてJinさんのところにお邪魔したからには、恒例のこれを。

2007051904

 草刈り機を振り回してうぃーんぎゅいーん。土が軟らかいので、足が足が沈み込みます!
 石とかはねとばさないように気をつけながら、勢いをつけてざりざりざり。草刈り中は生き物の姿は見られませんでしたが、休憩中にカエルを発見。
 指先が痛くなったので、あとでやろうと休んでいたら。そのうち雷とか雨とか降り出してしまい、我ながら中途半端になってしまいました。なんとも申し訳ないです……。

2007051905

 親子ユニットのZIPPONさんチームにも久しぶりにご挨拶させていただきました。
 繭のダッシュは相変わらずの軽快っぷり。今後は改良を行い、もっと足を細くする予定とのこと。

2007051906

 近隣の方から遠方の方から、今日の練習会は20人を超える大盛況です。靴を見てもごらんの通り。

 さて、そうこうしているうちに時間は5時に。ここからはJSロボティクス限定競技、縁側ダッシュが開催されます。

2007051907

 見ての通り、本当に縁側を使っての5m走。一体ずつ出走しタイムを競います。
 念入りに磨かれて滑りやすく、どこか微妙に水平ではなさげな雰囲気を抱えているこのコースをどう読み切って走破するのかが、タイム短縮のポイント。ちなみに過去に一回大会が行われていて、レコードホルダーはペント&なぐさん。壁には顔写真入りで記録が飾られています。……ほんとですよほんと。

2007051908

 トップバッターはえまのんさん。タイムは1分ジャスト。

2007051909

 赤い胴体、青い眼光、ヒロイックな外見のB作さんのおふじゃんびぃZ、タイムは1分50秒06。

2007051910

 そして事前の予想通り、猛烈な速度をたたき出したのは繭。
 初回トライでいきなりのベスト更新11秒75。しかしZIPPONさんは納得せず、「10秒を切る!」と再トライ。11秒22まで短縮した娘さんからコントローラを奪取し、出したタイムは11秒13。
 すっかり闘争心に火がついた様子でタイム短縮を続け、最終的には非公式ながら10秒57まで短縮していました。

2007051911

 中野さんの機体は本当に小さいです。比較対象が無いとわかりづらいですが、コースが異様にひろーく感じられれました。旋回を繰り返しつつ、タイムは2分23秒90。

2007051912

 アタモはROBO-ONEダッシュ形式のコントロール無しで参戦です。
 力強い腕ふりで好ペースでのダッシュとなりますが、ゴール寸前で転倒してしまいます。位置あわせを慎重に行って再トライですが、惜しくもゴールまで到達できず、記録は出ませんでした。完走していれば25秒台ではなかったか、と思われるペースでありました。

2007051913

 小山さんのハイブリッドなマシン、メタリックブルー。タイムは1分46秒28。

 ここでちょっとよそ見してました。まさゆきさんのロボット、コロイド君…………。

2007051914

 すごい怖いですよちょっと!? この見上げる感じの角度がたまらなくこう!?

2007051915

 吉田さんの、こちらは素体kun。タイムは45秒97。

2007051916

 えまのんさんのマノイものどき。ええと、マノイのようでマノイではないこちらは、中身は実はKHR-2です。
 黄金マノイのダッシュは1分07秒84。

2007051917

 ころいど君、斜め上から見るとこんな感じ。やっぱり怖いッス。
 ダッシュの途中で転んだ表紙に首が曲がったりしながらも、タイムは2分37秒13。

2007051918

 大日本技研たなかさんの赤いロボット。吸い寄せられるように外へ外へ曲がります。残念ながら未完走につきタイム出ず。

2007051919

2007051920

 まさゆきさんの二台目は、むやみにかわいいチロロッポ。
 三分台を予告していたまさゆきさんですが、しかし走ってみるとこれがなかなか。腕の振りと着実な歩行で、あぶなげなく前進していきます。
 まさゆきさんは前進ボタンを押しているだけ、と言う状況で、まったく安定してゴール。なんと2分を切る1分58秒97と言うタイムに、「(ころいど君より)こっちが早いなんてなあ」と、不本意そうでした。

 最後は繭の対抗馬として、期待のかかる二機が(途中に繭の再トライをはさんで)続きます。

2007051921

 タイトルホルダー・ペントの系列機アエロキッド、22秒44の暫定二位!

2007051922

 さらにそれをしのいだのがフロスティ。14秒59で最終的に二位を獲得しました。

 さらにこのあとは、3on3の縁側サッカーが行われました。

2007051924

 チームは繭&マノイもどき&か~るチーム、vs素体kun&アエロキッド&おふじゃんびぃZ。
 縁側に壁や窓ガラスがあるのでボールが外に出ずいい感じと思いきや、壁際でボールが停滞して、どのロボットも取りにゆけないような展開に。前半0-0で折り返した後、我関せずと板金にやすりがけをしていたいしかわさんが解説にかり出された後半戦。チームメイトに攻撃を繰り出す繭の姿にどよめきが起き、アエロキッドと素体kunがツートップで押し続けますが得点は出ず、2分ほど延長を挟んだものの、0-0で終了となりました。

2007051923

 そのいしかわさんが作っていた、SDレイズナーの頭部。
 なんか構造的にも造形的にもダメ出しされた、といしかわさんが嘆いてましたが。……でもなんか、横にあったプラモデルのレイズナーと見比べると、なんていうか今後の外装に期待が集まりそうです。キャノピー内部にはトロが乗るかもとか。

2007051925

 さてさて。日もとっぷり暮れた後は、これも恒例のバーベキュー大会。
 肉あり野菜あり焼きそばやり、たっぷり堪能させていただきしまして。終電ぎりぎりまであれこれ談笑させていただいたあと、終電間際の帰宅をさせていただきました。

 このあとは来週の芝浦工大ロボフェスタ、のはずだったのですが、残念なことにロボフェスタは延期となってしまったようです。はしかの流行に学校が対策を取っているため、とのこと。残念ですが、疾病が相手ではしょうがありません。

 それにしても。僕たちが送っていただいた時点で話し込んでいた方は、一体無事に帰れたんでしょうか。と、それがとても心配になった、そんな19日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

バーチャルコンソール~ 俺たちスカラベ同盟!(☆☆☆)

リンク: バーチャルコンソール タイトルラインナップ - Wii.

 当家のwiiはこのあいだ、ようやく長きにわたる封印から解かれました。封印言うか梱包。引っ越してからこっち、箱詰めっぱなしだったもので。はい。
 なぜwiiの封印を解いたのか、の話はまた別途として。とりあえずバーチャルコンソールのラインナップを見ていて、あごが外れそうになりました。

 バハムート戦記ー!
 ハイブリッドフロントー!?

 メガドライブでひっそりとあだ花のように咲いた、シミュレーションゲームの傑作が二題。見送られることもなくいきなりの復活です。
 ハイブリッドフロントはでもしかし本当に嬉しい。あの当時はおろか、今でもこういう作品を世に出すのは難しいんじゃないかって言うほどのハードなスペースオペラもの。空中戦艦マダムルイーズが増援で登場するくだりは鳥肌ぞくぞくです。言うなればアウドムラみたいな空中戦艦なんですが、パイロットと言うかキャプテンが中年の黒人女性(太っている)と言うあたりで、このゲームのセンスを感じていただければと思います。もうほんと最高。

 これならきっと、と期待しちゃいますねー。きっと今に、スタークルーザーが僕らの前に帰ってくるに違いありません。
 その日が今から楽しみだ……ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.17

誰かの人生のNPC(☆★)

リンク: アバウトミー - 自分発見プロフィール.

 そもそもなぜ。自分がブログを書いて更新するかと言えば。それは自分の好きなものごとについて。いかにそれが好きか、どうしてそれがそんなに好きなのか、を訴えたいから、と言うことに帰結します。自分が好きなものについて訴えたいのです。他の人にも好きになってほしい。
 「自分の好きなものを、みんなに好きになってほしい」、突き詰めて言えば、そんな極めて浸食的な事情で、日々ゲリラ的に更新を繰り返しているわけです。

 もちろん、blogを書くのが自己顕示の現れであることは肯定すべきことです。畢竟、人間は自己愛を持ってしまった生き物なのです。素直に言って、読んでもらえると言うのはとても有り難いことです。ただ、どうせなら僕の書く文章に不満を持ってほしい。「なんかものすごい勢いで書いてあるけど、結局、実物はどうなんだろう」って思ってほしい。そして自分の目で確かめてほしいし、実物を見て、直接それを好きになってほしい。
 たとえば、ロボットの記事を見てロボットを見に行った人の中で、本当に自分もロボットを作る人が出るかも知れないし、そんな人がいつか優勝するかも知れない。
 もちろん、そうでなくてもいい。僕よりも、その人がもっとロボットを好きになってくれればそれでいい。結束点としての役割を果たすことが出来れば、これほどうれしい事はないのです。

 しかし、これはあくまで自分を中心にして据えた話です。別な言い方をすれば、「僕」がどういう人なのか、予め知っている人だけに向けて話している、と言ってもいいでしょう。
 まあ、もはや今時、インタアネット経由で全世界に発信してますよー! なんて言う一段ポップアップしちゃってることを言うつもりはありませんが。たとえばもし、検索エンジンでこのblogを見つけて、記事を読んだ人がいたとしたら。「コレが大好きなのは分かったが、そもそも君はどういう誰だ」と言うように考えるのは畢竟でしょう。実際、僕も他の人のとこを読みに行ったら、その人がどういう人で、どういう事情でこの記事を書いたのか? って、考えるでしょうし。……だから、プロフィールは、なるべく書かなくちゃいけない。

 ……さはありながら、僕が書きたい事の中に、「僕」のことは必ずしも入っていない。自分の見たものについて話すのはいい。自分の身の回りに起きた事も。自分の好きなものについて? 大歓迎カモン。ロボットがいいかね電子マネーかねクトゥルフネタも結構いけるよ。それはともかく、自分自身について言及するのは、あまり好きではないし、むしろ出来れば避けて通りたいものです。mixiに登録されている人なら、僕のプロフィールがほとんど更新されていないことはご存じのはず。blogのプロフィールなんか、かなりの長期間、いじった記憶がありません。

 考えてみれば、とてもおかしな話です。「自分の好きなもの」ってのは、自分語りそのもののはずなのに、それだけ繰り返しておいて、自分自身について言及するのを嫌がると言うのは。

 まとめが出ないや。
 もう少し。作品としての自分自身を向上させるよう、今後心がけたいと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.16

格好良すぎる牛が悩ましい。(☆☆☆)

リンク: Gateway Japan - Home Page.

 PCを自作しようと思って、あれこれ物色したり偵察したり下見したりしていたのですが。
 どうもダメです。見れば見るほど、Gatewayのミニタワーケースの素敵さ加減に引き込まれてしまう。

 ここで非常に悩ましいのは、価格的にもお得だってところと、かつてのDellみたいなBTOを今は受け付けていない、と言うところ。
 あー、これにATIのGPU入れてVistaをUltimateにして、ついでにDVDドライブはいらないから撤去しちゃえば完璧なのにー、と思うと。思うと、「Gatewayのベアボーンとかありませんか?」とか、トンマな言葉が口をついて出てくる昨今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nanacoと三日。(☆☆)

リンク: Business Media 誠:共用化が進むFeliCa決済。各方式の争点は“ポイント”や“裾野の広さ”に.

 すでにサービスインしていた東京都内に続き、14日から関東圏のセブンイレブンでもnanacoがサービス開始。
 会社の最寄りのコンビニがセブンイレブンである関係上、これは待ちに待った瞬間。と言うわけで、この三日ほどはnanacoを使って朝の買い物を済ませている次第です。

 自分の場合、携帯電話にアプリをダウンロードするnanacoモバイルを使っている(財布の中に入れるFelicaをこれ以上増やしたくないのが主な理由)のですが、まあ、当たり前とはいえ、使用感覚はEdyやSuicaなどとほぼ一緒。決済の時の音が、Edyの「しゃりーん♪」に比べると「フヒョヒョ」と言う感じで、なんというかやや不明瞭、と言うのが気になるくらいで、特に不便に思う事はありません。
 レシートには買い物後の残高と、現在のnanacoポイント(チャージに変えられるポイントバック)が表示されますし、もちろんモバイルの場合はいつでも携帯電話で確認可能。また、16桁のnanacoのID番号とパスワードがあれば、公式ページから残高とポイントを調べる事もできます。これは普通のカードを持ってる人向けですね。

 初日の朝こそ、オーナーさんであるところのお店のおばさんがやや手間取っていましたが、次の日にはもう特に問題もなくなっていました。偶然気がついたんですが、どうやらこれ割り込み処理もできるみたいですね。前の人が小銭を探してる間に先にレジを通してもらったんですが、なんの問題もなく支払いできましたよ。便利便利。

 電子マネーは周知のレベルから囲い込みのレベルを経て、使用エリアが幾重にも重なり合った「一種類使えれば、だいたい使える」状態へと移行しつつあるようです。
 この次に来るのはいよいよ淘汰の段階ではないか、と言う気はするのですが。とりあえず、チャージを交換できる「サイバー両替機」みたいなものの登場を待ちたいところですね。理屈的にはその前に、SFの払い戻しサービスと言う形になるんでしょうけども…… 防犯とか考えると、いろいろ難しいんでしょうね。

 防犯で思い出しましたが、きっとこうして電子マネーが普及していくと、これが防犯に一役買う事に今後なっていくんでしょうね。
 基本的に匿名である普通のお金の買い物とは違い、「どの電子マネーで買い物が行われたか?」と言う記録が、ばっちり残ってしまうわけですからね。nanacoは登録するときに個人情報を入力しますから、足のつき具合は抜群です。そういう意味では、電子マネーはクレジットカードに相通じるものがあるんでしょうね。

 ちょっとひやりとする話ではありますが。ともあれ今は、電子マネーの周知と普及が進んでほしいものだと思います。自動販売機はカバーしはじめているので、次はコンビニのコピー機ですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.05.15

ロボットサッカー、3on3!(☆☆☆)

リンク: 二足歩行ロボットサッカー大会「第4回 KONDO CUP」レポート.

 ここのところ、急速に盛り上がりを見せているロボットの新競技・ロボットサッカー。その中でも中心的役割をと言うか、去年の11月からすでに4回もの大会を開いているKONDO CUP。まあ自分もこないだ見に行ったんですが、GWの時の大会レポートが掲載されていましたよ。
 皆さんご存じの通り、何よりもの注目点は、記事を執筆しているのがチャンピオンチーム・バンブーブリッジの一員である梓さんであることであります。優勝に至るまでの経緯を(途中の調整時間に起きていた事も含めて)内幕なのか内幕じゃないのか、どっちとも言えそうなスタンスの文章が素敵です。それにしてもプロってすごいなあ、と。競技しながらこんなに記事書けるってのは…… と、当然のことなのかも知れませんが、心底敬意。
 会場で部品が調達できるってすごい事ですよね。とも思いつつ。

 試合の様子をクリップした動画も満載。ペントが叫びTストームが蹴る! クロムキッドが奔りワイルダーが飛ぶ! と、紹介しつつ、改めてつまみぐい風味に見てみて…… ううん。いや、本当にTストームのキックってすごいですな。間合いからちょっと外したところから蹴りこんでますし。あれで踏み込みまで入ったら、ボールどこまで飛んでっちゃうんでしょうね。ううん。

 ともあれ熱戦のKONDO CUP。次なる戦いは第五回、再来週6月2~3日に、秋葉原UDXビルにて開催されます(KHRサードアニバーサリーと同時開催)。
 ロボットがサッカー? と小首をかしげた方は、是非是非。先川原さんが「もどかしいですねー」と表現した、この戦いを目撃していただきたいものだと思います。

 ロボット観戦人口増加計画、たいへんこっそり進行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.14

Think Free,Think Different(☆☆☆)

リンク: ソースネクスト、Web上で利用できる無料のOfficeサービス「ThinkFree」.

 すっごいですなこれは。細かいところを端折って一言で言うと、webに接続した環境下であれば、Officeスイート(Microsoft Officeとは下位互換)が動いちゃう、と言うサービス。
 無料と言う料金的なインパクトの方がニュースとしては大きいんでしょうけども、ソフトの代名詞と言うべきOfficeセットがwebサービスとして稼働しちゃう、と言うところが何より驚きです。
 そもそも常時接続限定ですし、サーバの都合により利用できない場合があります的な問題はあるんでしょうが(有料版はオフライン編集が出来るそうなので、モバイルでも安心そうですけども)、オンラインストレージまで一緒に提供しちゃう&それを他の、たとえばblogなんかに引用できちゃうあたりなんかは素敵な応用が生まれそうです。これを複数ユーザ間でシェアとか出来ちゃったら、かんたんな分業くらいならこれだけで済んじゃいますな。

 何より驚いたのは、こういうサービスを繰り出す提供元がソースネクストと言うこと。何がなし、ソースネクストにはソフト問屋さんみたいなイメージがいろいろな意味合いであるんですが、これがもし上手く行けば、問屋さんの面目も大いに躍如と言う感じになりそうです。

 かつての強力なライバルであったLotus Superoffice、StarOfficeとして販売もされたOpenOffice、そして最近はKingsoft Officeと、いわゆる「Office互換」の製品は昔から絶えず生まれ出でてきました。Kingsoft以外は一通り試しましたが、どれも「似ているがゆえに、些細な違いが小骨のように気になる」と言う問題を克服することができず、使用を断念してきたものです。なんといっても、会社のコンピュータに入っているのはExcelなのですから(でも個人的には、wordproは過去に使ったワープロソフトの中で未だ自己ベストです)。

 しかし、どこのニュースで見たか忘れましたが。いま状況は変わりつつあります。他でもない、「Office互換」と言う言葉から、Microsoft Officeそのものが逸脱してしまうかも知れない、と言うことです。Officeはバージョンアップのたびにユーザーインターフェースを変えてきました。まだ使った事はないのですが、最新版となる2007でも大きくインターフェースを変えているようです。しかし、後を追う互換製品は、2007に追随するのではなく、むしろ旧バージョンへの互換性を向上させる事に注力しているようです。上記kingsoftの記事の中に、こんな文章があります。

 なお、Kingsoft Office 2007ではマイクロソフトの最新オフィススイート「Office 2007」による独自形式(.docx/.xlsx/.pptx)のファイルは編集できない。今回のバージョンアップでもOffice 2007対応は見送られた。キングソフトでは「現状の主流はOffice 2003。ユーザーからOffice 2007対応の要望が強くなれば対応する」とコメントしている。

 つまり、こういうことです。ユーザーインターフェースの変更が、「Office互換&旧バージョンOffice」 vs 「最新版Office」と言う図式を作り出してしまうのではないか。
 企業ユーザは元々、ソフトのバージョンアップには慎重です。会社で使っているOfficeは旧バージョン、と言う人も、きっと多いはず。そういう人が例えば、自分でPCを買って。Excelの最新版が入っている時などに、「あれ、なんか会社のと違うな」みたいな違和感を覚える事はあるでしょう。と言うか、今でもかなりあるんじゃないかと思います。

 そこまでぐるっと遡って考えると。このタイミングで繰り出されたThinkFree、大成すれば大化けしそうな、そんな空気を感じています。ひしひしひしひし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.13

仮面ライダーChangerS関係

リンク: CHANGEOVER!!.

 というわけで、右→にもリンクを乗せておきましたが、仮面ライダーChangerS! 参加者専用掲示板を用意しております。
 とはいえまあ、従来のゲッターロボ用掲示板をそのまま引き継いだだけではありますが。

 PBM関係の話は別ブログに書いていることもあり、こちらではあまりChangerS!の事に触れる事は少ないかと思いますが、掲示板のほうともども確認願えれば、と思いますー。
 平成昭和の仮面ライダーの設定を大胆に換骨奪胎したコミックPBM、現在参加者絶賛受付中…… まーだ大丈夫じゃないかなー、と思います。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【地上最大の散財!】あれは二階の床?

2007051301

 ひさびさに様子を見に行ったら、かなり工事が進んでいました。
 柱や梁の補強はほぼ完了の様子、屋根はきちんとしたのがかかっていて、一部二階の床には床板が。

 雨が降り出す前に、順調に進むとよいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルタナの憲兵(★☆)

リンク: ITmedia +D Games:「FFXI」拡張ディスク「アルタナの神兵」公開――スクウェア・エニックス「SQUARE ENIX PARTY 2007」開幕.

 なんだかだんだん、自分には一生関係の無い話のような気がしてきました……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.12

神田祭エンカウント(☆☆)

 なんだか最近毎週のように秋葉原に出没してるような気がします。
 単なる現実ですかそうですか。

 それはともかく、土曜日も研修のため虎ノ門の事務所で一日缶詰。昼休みにぶらぶら散歩してたら、日比谷線への行き方を訪ねられ結局答えられないと言うみっともない真似をしつつも、なんとかお仕事は無事終了。
 さていしかわさんから予め打診を受けていましたので。来る第三回・わんだほーろぼっとか~にばるの打ち合わせをすべく、足は秋葉へ末広町へ。ちょっと気が向いたので、一つ手前の神田で降りて歩いてみようと思ったら、ふしぎふしぎ。路上には人だかり&馬。

2007051201

 そう、今日は神田祭の一日目だったんですね。のぼりあり馬あり御神輿あり力車あり、行列がにぎにぎしく進む様の横は、しかし車がびゅんびゅん行き交う中央通り。まいて真ん中では工事の最中、見上げればそこには変わらぬ秋葉原の電飾が。融合や調和と言う言葉で表現すべきものでは決してない。小人は同じて和せず、君子は和して同ぜず。見よやこの空間それぞれのオレオレ感。雄々しく力強い雑駁。
 文明の雑魚寝。
 くらくらくる混交の光景です。

2007051202

 まあ、おばちゃんが「通行規制すればいいのにねぇ」って言ってたのにはまったくだなァって思いましたけども。さすがに土曜日は無理なんだろうなあ。今日日曜日は規制されているはずだと思います。

 かっこよく可愛いお馬さんもいっぱいです。アスファルトは足に悪いと思うので、無理せずに休んでほしいなあ。騎上の方の腰も心配です。

2007051203

 さて、ヨドバシアキバを偵察したり、こっそり仙波に行こうと思ったら閉まったりしているのを確認したあと。角っこでお祭りの行列が終了するまでじっくり眺めて。集合場所(らしい)移転後のアールティに、初めておじゃまします。

2007051204

 マノイPF01がお出迎えですよ。銀色銀色。
 そうそう。大きいマノイはお父さんってネタをGW中に使おうと思ってたんですよ。すっかり忘れてました。

 入っていくと、いしかわさんが電話している最中。ロボファイト5に参加していた皆さんが、ちょうど打ち上げ時で、いしかわさんのところに電話されている由でした。
 たまたまいらっしゃったこやまさんに、驚異のハイブリッドロボを見せて頂いたりしつつ、アールティであれこれ打ち合わせが始まったのち。予定通り、場所を変えて打ち合わせに入ります。
 移動途中、なんかボイスドロップで白熱されていましたが。時々思うんですけど、あれ数千年後に遺跡化した秋葉原から大量に出土しちゃったりすると恥ずかしそうですよね。
 「これは先文明人が我々に残したボイスメッセージだ!」って言う風に未来の人に誤解されちゃって、至極真面目に内容について言語学的に分析とかされて、なんか「秋葉原ツンデレ文明圏」とかそういう学術的分類されちゃったりするんですよきっと。いやだなあ。
 ……父親に遙か昔聞いた話なのでたぶん嘘だと思うんですが、古代バビロニアで出土した世界最古の楔形文字を苦労して解読したら、「この頃の若い者は云々」とか書いてあったんだそうですよ。全くもう。

2007051205

 夜景とロボット(SDレイズナー)。思いっきり手ぶれしてたので、いっそのことさらにぼやかしてみました。
 UDX下で四方山話に混じって、終電間際まで打ち合わせ。新競技のルールの詰めがどうなるか、が最大のポイントですね。
 ともかく、会議の結果、大会概要が本決定。二足歩行ロボットイベント・第三回わんだほーろぼっとか~にばる、7月15日、文京シビックセンターにて開催となります。

 おまけ。

2007051206

 バナナと生クリームとその他が圧縮混合された物体に、今まさにかぶりつかんとするいしかわさんの図。
 「ペンギン(を演じるダニー・デビート)みたいな笑顔」とアニメイダーさんが評した、そんな笑顔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.11

ひさかたぶりに昔の事務所へ。(☆)

 今日は午後から研修。

 ひさかたぶりに旧勤務地の虎ノ門へ参上つかまつってました。こっちの方が長かったので、どこを見ても知り合いのいることいること。研修そっちのけであっちこっち挨拶したり捕まったり仕事の話したりして帰ってきましたよ。

 明日は明日で研修続行二日目。でもまあだいぶ元気になりました。がんばるぞー。

 はて、そのあとの打ち合わせ、ノートを持って行こうかどうしよう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.10

リプレース問題にそろそろ目を向けないと。(☆)

リンク: ITmedia エンタープライズ:98/Meは使うな、どうしても使うならネットワークにつなぐな.

2007051001

 さて現状、自宅は解体中のため、亡命先に絶賛生息中なわけですが。亡命先にも相変わらず、マシン環境を構築しています。もっともまあ、最近使ってるのは色々あってX41T(V)だけなんですけどね。ビバ家庭内モバイル。ビバ、ノマドPC。
 それはともかく、現状使用していると言うか、設置しているPCはデスクトップが二台。おっきいほうが、おおかた4年前に購入したDIMENSION8300で、ちっちゃいほうがギガバイトのベアボーンで組み立てたCA2。PCIエクスプレスはおろかシリアルATAもなく、かろうじてUSBは2.0に対応してるよ! と言う代物。そしてとどめにDVD+Rドライブです。第二回わんだほーの後処理で大騒動を引き起こしたDVD+Rです。そこ、笑わない。
 こちらがメインマシンで、CA2はサブマシン。こちらはカノープスのTVチューナをつないで、録画専門に使っています。というのも、あれだ。DIM8300に録画させていたんですが、あまりの安定性の悪さに気を失い、気がついたらなんかCA2が手元にあったんです。分かってください。ちなみに、今あるのは二世です(一世はBIOSの更新にしくじった際、昇天。全部品はピノコのように再利用しました)。

 さて、亡命先には家族の使っているマシンがあります。Gatewayマシンなんですが、これがなんと日本市場から撤退する以前のGateway。もちろんウィンドウズはばりっばりの98。plusのデスクトップテーマがたまらない郷愁を誘う一品です。
 実は亡命先に来る前に、ひとつ密約がありまして。引っ越しで行き来する荷物をなるべく減らそうと。デカい重い、でも一応XPマシンのDim8300を、このGatewayのリプレースにおいていきます、と言う話を勢いでしていたんですね。その時は、Vistaマシンをデスクトップで組むつもりだったんです。
 ところがその後、成り行きは思いもかけない方向に。気がつくとなんかX41Tに(V)がついていて、堂々先にVista化してしまったのは知っての通り。この予定外の行動で何が起きたのか? 何が変わったのか。まあ、ごくフランクに言うと。使い込んでしまったんです。デスクトップに使うはずだった予算。

 ……これは困ったなー。(当時はまだVistaのソフト互換性もアレだったことだし)何事もなかったかのようにDim8300持って帰ろうかナー。などと、むしのいいことを考えていたら、何やら冷水がばしゃーっと来るようなニュースが。まあ、もちろん、わかっていたんですけども、ええ。ウィルスセキュリティ仕込んだくらいじゃ不安ですよねやっぱり……。

 まあ、そんなわけで。続く続く散財は続く、次は次期主力デスクトップ、ネクストVマシンの話になるかも知れません。本当にやるのかなあ。はふー。
 でもまあ、ベアボーン組んだくらいのことはありますけど、実際にばらばら状態からマシン組んだ事って一回もないんですよね。ちょっとチャレンジしてみたい気はしている昨今です。
 いまのところ、主要な用途はほとんどX41Tで事足りているし、録画は相変わらずCA2に任せればいいので。デスクトップは実験環境用&ゲーム用、と言うことになるでしょうかね。最近はマシンがどうかしたのかFFXIもろくに動かない有様なので、本格的に手を入れたいものです。うむり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.09

ivre、博多で優勝! 第19回ヒューマノイドカップ

リンク: 第19回ヒューマノイドカップ・スプリント&バトル大会.

 一度は行きたいと思っているうちに、会場ロボスクエアの移転が決まってしまった博多ヒューマノイドカップ。Robot Watchさんに記事が載っていました!
 関東勢の遠征組も思った以上に多かったみたいですね。「この時期だとさすがに宿が取れないかも」と言っていたのに、出場している道楽、さん。さすがROBO-ONE界のマイル王。新か~るもお目見えしてたみたいですねー。
 ivreの遊さんが遠征されていたと言うのも驚きましたが、遠征するなり優勝しちゃうのも、流石としか言いようのない強豪っぷりです。相変わらず素材感満点のソリッドボディ。写真にある、スプリントで走っている最中の様子がなんともステキです。
 記事で伺う限り、ivreの急戦奇襲戦法も健在なら、アリキオンのダイビングヘッドバットも久々の切れ味を発揮していた様子。見たかったなあー。

 今年はあちこちの大会を見に行きたい! と思ってはみたものの、いきなりロボファトが仕事と全力バッティングしたりして幸先の悪いご時世。
 次回ヒューマノイドカップ大会は7/22と言うことで………… わんだほーの次の週ですか………… 今年中に、一回くらいは、見学したいものだと思います。はい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.08

仮面ライダー重機(☆☆☆)

 つい言い切ったら語呂が良かった言葉ってありますよね。今がまさにそうです。
 同人劇画PBM「仮面ライダーChangerS」のPCの元ネタ探しのため、ともかく仮面ライダー分を吸収しなくては。と思って仮面ライダーSPIRITSの最新刊を購入。たまたま新刊のところにあった重機人間ユンボルを、なんていうか、お見舞い金のような心得で購入。
 したのですが、このユンボルが面白かった! なんていうかこの。明らかにトチ狂った変な世界観を、あえて真っ正面から突き破ろうとした態度がステキ過ぎます。もう固有名詞並べるだけですでにおかしい。なんなんですか大工事時代って。ドヴォーク王国を侵略するゲンバー大王て。気力次第で質量でもなんでも変わっちゃうから形状気力合金とか。このおっかしいノリで真っ正面からアクションを描いちゃうあたりが、たまらないですのよ全く。人気はなかったかも知れない。知れないけど、大好きだ……!

 単行本の巻末に載っていた「本編にほとんど出られなかったユンボル達(No.2~No.10)」の設定とか見ていると、影響を受けちゃいそうで大変キケンです。くわばらくわばらくわばら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.07

ずいぶん前に小耳に挟んだこと。(☆)

 フリーダムガンダムの全弾発射モード(ハイマットフルバースト)を、俗に七色破壊光線と言うらしい。
 どんな戦闘獣ですかそれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.05.06

光圏外ショーック(★☆)

 なんとなく検索してみたら、なんとこさショックなことが。
 スカパー!光、うちの市は圏外でした…… おとなりの市まで来てるのにー。のにー。

 ううん、油断していたら難しくなったなあ。ヒストリーチャンネルを見ようと思ったら、スカパーかジェイコムさんしか選択肢がないのですよのなあ。4th mediaとかだと何故か視聴対象外なので。
 ここでいったんストップですよ。うーむー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土日終了。(☆)

・連休最終日は、あいにくの雨でした。これにて黄金週間、終了の段。だだんだんだん。
・今日は所用があって新宿にちょっと出かけたほかは、ほぼだいたい大人しく。原稿書いてました。はてなにかがおかしい。おかしいよ。

・でも今年の連休はだいぶ有意義に過ごしたような気がしますよ。だいぶ駆け足であっち行ったりこっち行ったり忙しかったですけども。あっちこっちでいろんな人に挨拶もできましたし、やれめでたし。

・さて、来る五月はロボットのイベントもあちこちであることですし。旧本部に戻るために、荷物を減らしたりもしておかなくちゃいけません。また少しばたばたしそうな今日この頃ですな。うむ。

・……さしあたって、スパイダーマン3を見に行って、ジオポリスのマーベル ザ・ヒーローズ・アドベンチャー見に行かなくては。グリヒルさん公式ガイド描かれてるんですよ! だって!

・うわーん。なんか連休を有意義に過ごしていないような気がしてきましたよだんだん。積み残しは近日中に必ずや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.05

蕎麦屋でお酒を飲まなかった話。(☆)

2007050501

 仙波名物、くるみそば。
 麺にもつゆにもくるみの織り込まれた蕎麦。初めて食べましたが最高でした。甘辛くと言うか甘いつゆが、麺にものすごく絡む、なんとも不思議な蕎麦でありまして。そば湯もまた上品で美味でありました。
 満足。ふー。

 ここで満足してしまったのがちょっとした誤算だったのですが、そもそも今日はくまったさん、風花さんと三人で結成した「蕎麦屋でお酒を飲む会」の第二回会合のはずでした。ところがどっこい、一件目の仙波ですでに三人とも満足。酒も入っていないのに、幸福感だだ漏れの有様。

 すっかり落ち着いた後、あれこれあって、風花さんをロボスポットに案内する事に。
 最近このパターン多いなあ、と思いつつ、いいかげんアポも何も取らずに突撃していたら、森永さんとひきまさんとシバさんとがいらっしゃいました。
 ちょうど出かけられようとしていたところを、引き留めてしまった格好となってしまいましたが。しかし体験操縦をさせてもらい、ワーイとコントローラーに群がる我々でありました。

 というわけで、このあいだに引き続いてはじめてコントローラーに触り、本格的に操縦させて貰いましたが…… 思ってましたけど面白い! やっぱり面白い! なんていうかこの、「こう来てこっちに来てこう!」って考えて指先に伝達して、ロボットに伝わるまでのもどかしさとタイムラグと。それが上手くがっちりかみ合った瞬間…… は、まあ、ほとんどなかったんですけど(汗。まれにですね。「こうなるかなと思ってこうしておいたら本当にそうなった」、って言う、そういう瞬間があると、ものすごい快楽がありますね。うわーい。

2007050505

 コートはまだKONDO CUPの時の配置のままでした。

2007050506

 双子のコメタ。なにやら、三つ子になる予定があるとかないとか。

2007050507

 ダグラムの最終回っぽいポーズを取らせようと思ったら、ただ単に隅っこでいじけている人に。しまった。

 風花さんも大喜びで操縦していたので、これは連れてきた甲斐があったと一安心。きのうのテレビ番組の話を2,3したあと、ところによって雨のように退出させていただきました。

 二件目三件目を探してみたら、もうそこここは行列の嵐。入れない入れない、とやっているうち、じゃあ買い物でもして状況の変化を待とう、とあっちこっちの店を物色してみれば。気がつくと昼の営業時間は終わり、夜まで開かない、と言う有様でした。

2007050502

 やぶそば、と読む。もちろん込み込み。入れるわけがありません。
 このあたり、良く通り道だと思ったら、淡路町から万世橋に抜ける道でした。いつも文京での練習会のあと、秋葉原に飲みに行くときのルートです。
 もう一件のまつやなんかは、もろそのルートの船上に。もちろん入れようはずがありません。

 GWだからなのか、単に土曜日だからなのか。歩行者天国となった中央通りの路上は、愉快な扮装をされた方(婉曲表現)でいっぱい。

2007050503

 万世橋の橋上で目撃した、なんていうか、人偏に牛。有人操縦型でふらふら移動しています。
 ちょうど通りかかった時、バックに流れていたOPがアンパンマンのテーマだったのが、なんていうか取り返しのつかなさ感を倍増させていましたよ。

2007050504

 ギネスでおつかれさま。
 結局、ダイニングでこれらにありついてちびちびやっていたものの。宿願の蕎麦屋でお酒を飲む事はできなかった、そんな日でありました。

 その後、一同と別れて、自分は家族と合流。新橋で退職おつかれさま会を主催し、そのまま帰ってきたの段でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.04

【地上最大の散財!】ショールーウム(☆)

2007050401

 システムキッチンのショールームを見に行ってきましたよ。あちこちいろいんな構成のシステムキッチンが並んでいると言う。なんだか面白い雰囲気でした。
 今度はなんか、システムキッチンとセットになって、食器洗い機が初めてうちに入るみたいで。その話をしたらカタログも貰ってきました。ううむ。中はこうなっているのかー。いろいろ機能の説明も聞きましたが、約30年前のキッチンとはだいぶ違いますな。さすがに。

 せっかくなので自分も活用できるようになりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.03

その後の今日の一日。(☆)

・Vistaにしてから、どうもW-ZERO3がモデム接続できません。
 出かける前にドライバの再インストール等試みるものの、やはりダメ。うーん。
・心残りを残しつつ、外出。散財本部(仮)を電車から見ると、もう屋根をかけはじめていました。すごい!
・背広をクリーニングに出そうと思ったら、いつものクリーニング屋さん、GW開けまで休みです、と言うつれない張り紙が。しょぼーん。

・しょんぼりに灯りをつけながら池袋へ。ふと立ち寄ったセブンイレブンで、旧に思いつきnanacoにチャージ! 効果音は当たり前なんですがEdyと違い、なんともこう擬音では形容しにくい音でした。
・そのまま埼京線に乗って、久我山さんところに陣中見舞い。仮面ライダーChangersのスタートセットを分けて貰い、そのまま4時頃まであれこれと雑談。「GWだから誰か来るかと思ってた」って、すっかり読まれてます(笑)。

・帰りは東上線経由で新宿へ。ベルトだとかジャケットだとかあれこれ購入。携快電話のVista対応版を買おう、と思っていたのをすっかり忘れていたのは、電車に乗ったあとでした。まあいいや、焦らなくても。

・家の図面を見せて貰う。調子に乗ってというか、つい出来心でと言うか。まあ、どうせ減らされるだろうと思って、全部の部屋にLANポートをつけて依頼書を出してみたら、そのまま通されてしまいびっくり。「普通はこんなにつけません」と言われ、軽く凹み深く納得。新本部は、全部屋LAN端子完備です。……どんなビジネスホテルですかそれ。
・ちなみにテレビのアンテナ差し込み口もついてます。

・そのテレビ、4th mediaを頼もうかスカパー!光を頼もうか悩んでいたんですが、どうもヒストリーチャンネルを見るには、スカパー!光が選択肢な雰囲気。なんかこう、ディスカバリーチャンネルとかヒストリーチャンネルとか、すごいよく見るもんで…… はい。後、個人的には、カートゥーンネットワークがあればほぼ不満はありません。

・明日は一応フリー…… なのかな? たまった用事を片付けなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俺たちのゴールデンウィークは始まったばかりだ!(☆)

 もう終了かよ!? ていうか打ち切り!? と言うわけではもちろんなく。

 のんびりと午前中を、GWの過ごし方の打ち合わせをしつつ過ごしておりました。……一見合っているように見えて、実は間違っています。家族の退職祝いの席のセッティングをしてみたり、蕎麦屋でお酒を飲む会についてメールの返事を書いたり。メールの返事を書いたりメールの返事を書いたりメールの返事を書いたり。すぱーん!(ちゃぶ台返した!)。やることため込みすぎです全く。

 テレビ朝日のちい散歩スペシャルで、秋葉原とROBOSPOTが出るヨと言う情報を得たため視聴視聴。この番組、普通に面白そうだなあ……。なんだか散歩行きたくなってきました。
 秋葉原→いろいろ最先端→とりあえずメイドとロボット、と言う構成からすると、ロボット王国とROBOSPOTは言わば「秋葉原+ロボット」を象徴する存在。なればこそ、こういう取材もやってくるのでしょう。固定された拠点を持つと言うことは大きな意味があるんだなあ、と深く納得した次第でした。
 そしてROBOSPOTのコーナー。「サラリーマン」と言う、そのあまりにくくりの大きすぎる紹介の仕方がちょっとツボに来ました(笑)。

 さて、外はお天気も絶好に良いですし。もうひと仕事ふた仕事したら、僕も散歩に行こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.02

第二四半期ロボットイベント予定帖(☆☆)

 さて、今日で中日出勤もひとだんらく。GWも後半戦に突入です。
 前半は実にこの、三日中三日がロボ関係のイベントに出かけると言う、ロボ率100%のGWでした。ローボロボロボロボ(笑い声)。出かけて見て面白いのはいいんですけど、さすがにこれだけ続くと疲れました……。いやまあ、僕見てただけなんですけど(笑)。

 しかしまあ、改造X41TVと忍ばせたATOKの威力たるや、これは大したもので大助かりでした。だって「えすぷれ」まで打ってSHIFT+ENTERで、「エスプレッソスギウラ」って一発で入るんですよ。単語登録しなくても、2,3回変換しただけで。すごいや。
 時間を見つけてちゃんとチューンすれば、打鍵速度をもうちょい上げられるかも知れません。まだまだ指がおいついていない&誤変換訂正で時間取られすぎなので、もう少し余裕を持って打てるようにしないと。まあ、ホームポジションをいい加減身につけようよとか、人間側をチューンしないといけない部分のほうが多いんですが。とりあえず、サッカー用語は、もっときちんと勉強しないとダメですね……。
 タイピングソフトとか買ってきたら、もっと高速化させられますかねー。うーん。

 さてなんの話でしたっけ。そうそう。GWが開けても、初夏はまだまだロボットの季節です。全国に跨りますが、ちょっと拾い上げただけでも、結構な数のロボットイベントが各地で開催されますよ。
 このうち、主立った気になったイベントだけを軽くピックアップ。まあ、ほとんどは、自分が見に行く予定のところなんですが(汗。

■5月

12日(土) (★ロボファイト5大阪産業創造館))
 関西最大のロボットイベント。今回はなんと92体のロボットがエントリー! 認定大会であるこの大会、優勝者は、9月に行われる第12回ROBO-ONE決勝への出場権を得ることができます(以下★)。

 実は一回も見に行った事のないロボファイト。今回も仕事が抜けられなくなり…… ムネンアトハタノム。

19日(土) 関東組練習会
 これは大会とかではないですが、ほぼ毎月恒例、関東のロボット制作者さん達が集まって、作業したり対戦したりしなかったりする、そんな会です。

26日(土) 芝浦工業大学ロボットフェスティバル2007芝浦工業大学 大宮キャンパス
 芝浦工大の学園祭・大宮祭にあわせ開催されるロボットトーナメント。学内どころか関東圏かどうかも問わず、有力ロボットが続々登場する隠れた名イベントです。去年見に行った時もすごい面白かったので、近隣の方は是非。

■6月

2日(土)-3日(日) KHR 3rdアニバーサリー秋葉原UDXビル2F)
 近藤科学の生みだしたホビーロボットのマスターピース・KHRシリーズ。その三度目の誕生日を祝って行われる、近藤科学主催、KHRシリーズメインのイベントです。
 2日はKHRによるバトル大会、3日はKHR&オープンクラスによるKONDO CUPサッカー大会が行われます。

2日(土)-3日(日) (ROBO-ONE ASIA大会(釜山))
 韓国ROBO-ONE委員会主催による、第三回アジア大会。前回第11回で優秀な成績を収めたロボットも招待されて参加するとか。さ、さすがに韓国まではちょっと……。

30日(土)-1日(日) ROBO-ONE Special CUPパナソニックセンター東京
 夏の名物は、ロボットによる大運動会・ROBO-ONEスペシャル。今回はこれまでの複数競技を統合した「ROBO-ONEサッカー」が初登場。複雑怪奇なコースを走破するROBO-ONEイーグルはもちろん健在、そしてさらには、2010年を目指した「宇宙大会選抜競技」も!

 さてさて、この後は7月以降の予定も。こちらはまだ先なので、軽く触れる程度と言うことで。
 早い年であれば、このくらいの月からROBO-ONE有力選手による年間グランプリ、ROBO-ONE GPが開催されている…… かもしれないはずなので、そちらも楽しみです。

■7月

14日(土)-15日(日) (★姫路ロボ・チャレンジ(姫路科学館))
15日(予) 第3回わんだほーろぼっとか~にばる

■8月

4日(土) (★第2回ロボット・バトル in 大同工業大学(大同工業大学))
19日(土) (★夏戦Ⅲ in Robo Country IV(さぬきこどもの国))

 そしてもちろん9月には香川県にて。第12回ROBO-ONEが行われます。

 探せば結構、あちこちで行われているロボットイベント。入場無料のものも多いですというか、そっちのほうがわりと多数派です。近場で行われているイベントの時には、是非是非足をはこんでみていただければと。そんな風に思う次第ですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.01

第4回KONDO CUP観戦記【写真編】

 というわけで、レポートはきのうで終了。
 こちらはおまけということで、撮りためた写真をからめていろいろご紹介を。

2007050101

 おそらく本日の得点王であろうAeroのペント。
 ペンギンの外装は前掛けだけ、と言うことで、珍しい後ろからのショットを。

2007050102

 インフィニティチームの三機、ガシャペリオン、サンダー、フロスティ。

2007050103

 赤い旅団、カイザー・オールスターズ。専用のBGMがあるのはこのチームだけ!
 外見だとさすがに分かりませんが、最新型であるキングカイザーF型を含めた編成とのことです。

2007050104

 対照的な青い一陣、こちらはエスプレッソスギウラ。
 この写真では、ダイナマイザー(四代目)、ダイナマイザー(三代目)、レトロによる編成です。

2007050105

 オープンクラス前回優勝、チーム・トリニティー。
 快速のクロムキッドと強力キックのrsv3、キーパーのキャバリアからなるチームです。

2007050106

 もちろんアフロも光って回って元気です。
 今日のアフロは宇宙仕様バージョン。胸にはNASUのマークです。

2007050107

 ハーフタイムに休憩中のダイナマイザーの皆さん。
 くたーっと言う感じ。

2007050108

 インフィニティ対トリニティー戦、サンダー奮闘! 腕が折れても立ち上がり、ゴールの前に立ち塞がります。

2007050109

 狭い空間に、六体のロボットがひしめく大乱戦。

2007050110

 こちらはROBO-ONEアイドルチーム、チーム四川会。アフロ、トコトコ丸、メタリックファイター。うしろにはマジンガアも控えています。

2007050111

 予選、全試合終了時点の星取表。
 Bリーグは三チームが同率一位と言う、恐るべき結果に。

2007050112

 そして試合はPK戦へ。Aeroへの挑戦権を賭けた戦いです。

2007050113

 決勝戦を待つペントを、真上から撮ってみましたの図。

2007050114

 戦い終わって、日も暮れて。
 おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »