« KHR 3rd Anniversary観戦記【入場編】 | トップページ | KHR 3rd Anniversary観戦記【二回戦~決勝】 »

2007.06.02

KHR 3rd Anniversary観戦記【一回戦】

【一回戦】

 さて審査員の紹介のあとは、さっそく一回戦から開催です。すでに予選を勝ち抜いた上位選抜十六体、それらが戦う一回戦は、八つの試合が行われます。

×赤ちゃん vs ○ファイマン

 まず一番手はこの二体。小さくとも見かけは見事にそっくりなKHR版ファイマン、対するは真っ赤KHRの赤ちゃんです。胸にHOSEIとか書いてある気がしますが……。
 リング中央まで歩み寄り、背中合わせに睨み合う二機。慎重に接近し、技をどちらも繰り出さない状況、まずはファイマンが仕掛け、赤ちゃんをファーストタッチで倒してまず1ダウン。しかし起き上がり直後の一撃は、ファイマンの伸ばした腕に赤ちゃんの攻撃が重なったのか、ファイマンがその場で一回転してしまいます。
 赤ちゃん、一回、二回と立て続けにダウン、さらに二回目のダウンの時にレフェリーから「足首が壊れた」との声が。10カウントぎりぎりまで起き上がりを試みますが、片足首に力が入らず。起き上がりが出来ず、ノックアウトでファイマンの勝利となります。

○さぶろー vs ×あしま~る

 白青のカラーリングがエレガンチックなウエダッチさんのさぶろー。対するはKONDO CUPの時からわくわくしながら見ていた、アッシマーロボットのあしまーるです。
 積極的に接近するあしまーる、しかし安定性にはちょっとした不安が。前方歩きで不安定になってしまいます。一方のさぶろーは、両腕を広げて横歩きを行う独特のモーション。しかしスリップで転倒したあしまーる、起き上がりにトラブル発生です。立ち上がる寸前まで行くのですが、前方にバランスを崩して、転倒を繰り返してしまいます。しかし10カウントぎりぎりでなんとか復帰…… しかししかし、さぶろーの攻撃が当たっていかないうちに、あしまーるまたもダウン。起き上がりを行うごとに前に進んでしまうあしまーる、三回目くらいのトライで腕が出てしまいリングアウト…… しかし、リングアウトは1ダウン扱い。ここで再び復帰、なのですが。さぶろーの下からめくるようなパンチはうまくいなしたところで、みたび転倒してしまいます。
 三度目の転倒からは復帰する事ができず。10カウントであしまーる、惜しくも敗北となってしまいます。

×コア vs ○fighting-γ

 腕に「警視庁」のマークも入ったモノクロロボットのコア。対するはバンブーブリッジの一角でもあるファイティングガンマ。今日のガンマは、両腕にパンチ用の角材をつけた戦闘モードです。攻撃を放った両者の腕がまずは中央で交錯、両者積極的に攻める展開から、γが綺麗な捨て身技を前方へ放ち、コアをなぎ倒して1ダウン確保。しかしコア、真っ向から進んで歩行にγを巻き込み、1ダウンを奪い返します。γ、しかし直後に角材の腕を伸ばして1ダウンを奪回。最後はにらみ合いからγがもう一発追い打ちを入れて、綺麗な展開で3-1。初めての3ダウンで、γが二回戦に駒を進めます。

×備品 緑 vs ○Cavalier

 頭にぬいぐるみの犬が乗っかった、緑色のKHR・備品緑。対するはサッカーバージョンのキャバリエ。両者立ち止まらない、素早い動きの勝負。リング中央での遭遇のあと、緑が素早く横に動き続けて攻撃をかわし、キャバリエがワンツーパンチを放って相手を沈めにかかります。
 緑、捨て身攻撃が外れてまず捨て身1カウント。その後は両者少し攻めあぐねる展開。キャバリエの頭から延びているアンテナらしきものが話題になります。緑の攻撃はスリップ。キャバリエ、引っかけから1ダウンを奪った後、ダッシュ攻撃を放って素早く2ダウン。逆襲に転じた緑ですが、浴びせ蹴りで相手を倒しきれず、逆立ちの姿勢のままのしかかってしまいます。
 緑の頭の犬が横にずれてしまいちょっとバランスが崩れたか、両者正面からのにらみあいで残り15秒のコール、ここで初の3分時間切れとなり、2-1でキャバリエが勝利を収めました。

×BLACKTIGER vs ○か~る

 第五試合は著名な改造機同士の対決。単眼鬼ブラックタイガーに対するは、最近「こか~る」と言う名前が定着しつつある、道楽、さんのか~る。の、小さいほうです。
 片足を前に出した独特の立ち姿勢が今日のブラックタイガー。か~ると双方が正面から突撃。か~るの攻撃はダウン気味、腕先が地面についてしまい、捨て身技としてカウントされてしまいます。
 ブラックタイガーがか~るの胸板を突いて、まずは1ダウン。ブラックタイガー、両腕を振り回し背面を攻撃するモーションを放ちますが、攻撃の途中のところでか~るに逆襲され、これで1-1。起き上がりの最中にブラックタイガー、ちょっとスリップしてしまいます。
 か~る、油断したところに足先から突っ込んで捨て身技、ブラックタイガー、腕を倒され2ダウン。ブラックタイガーも回転パンチを放ちますが、か~るを攻めきれません。いやブラックタイガーの反撃が攻撃を放ったか~るに絡み、腕先がついた姿勢で転んでしまいます。ぎりぎりでリングアウトしたものの、これで2ダウン。
 再開直後にしかし、2-2のまま時間切れ。ここで3分の試合時間を消化して、調整時間を挟んで2分の延長戦となります。

 なんかさっきからBリーグの方からすごい歓声が聞こえてくるんですが、あっちでは一体何が起きているのでしょうか。気になる。

 ブラックタイガー、慎重なバッテリ交換のあと試合再開。大丈夫でしょうか、ブラックタイガーの歩行にちょっと怪しい雰囲気が見えます。正面での一交錯から試合再開、両者横向きでのにらみ合い。両者、仕掛けてからスリップが目立ちます。か~る、ブリッジするように後方に延びて一撃放ちますが、これは詰め切れず。しかし最後には攻撃位置につけたか~る、綺麗な横突きをブラックタイガーに決めて、これが決勝。延長戦を制してか~るが駒を進めます。
 
×ホリ・ツー vs ○まつもとKHR

 ホリ・ツーはなにやら表現しがたい外見をした、非常に緑色のロボットです。まつもとKHRはサッカー選手のような外装をつけたプレーンなKHR。
 試合開始直後、ホリ・ツー、片腕を突き出したユニークな姿勢のままがたがたがたと突進! この横突き歩きが非常に早い、移動しながら攻撃を放つ姿勢です。一回二回の突進はかわされて、まつもとKHRの逆襲にあいダウンを奪われますが、しかしまつもとの移動中に突撃を当ててホリ・ツー、これで1ダウンを奪い返し互角に。まつもとのパンチでさらに1ダウン、ホリ・ツーの攻撃がまつもとの腕の出がかりを潰して、さらに2ダウン。素早い攻撃の応酬で、両者あっと言う間に2-2となります。にらみ合いから残り1分、決着がつくんでしょうか、と言うコメントが出た直後、後ろを取ったまつもとKHRが背後から捨て身技をヒット! ユニークな動きで新しい攻め手を見せたホリ・ツーですが、ここはまつもとKHRが駒を進めます。

○ホリ・ワン vs ×Purple Star

 次なる試合はホリ・ワンと紫のロボット、パープルスター。両者、腕をやや延長した、色遣いはともかく、似た感じの外見のロボットです。両者リング中央で小競り合い、攻めたホリ・ワンの腕にパープルスターが絡んでスリップ。積極的に攻めるホリ・ワンに対し、パープルスター、いまひとつ動きに精細がありません。横に滑る用に攻撃ポジションを取ったホリ・ワンに、何気なく伸ばしたかのようなパープルスターの攻撃がヒット! これで1ダウンと思った直後、ホリ・ワンがパープルスターに突撃するかのようにして、これで1ダウンを奪い返します。ホリ・ツーと同じような、腕を上げて突撃する攻撃スタイルですね。
 しかしちょっと間合いが遠いのか、歩いている最中に軌道が曲がってしまうせいか、ストロークの長い追突きもパープルスターを捕らえるに至りません。しかし繰り返される攻撃、ホリ・ワンのパンチがパープルスターを掠めてリングアウト、これで2ダウン。最後は復帰直後に追い突きを叩き込み、3ダウンを奪い取ってホリ・ワンが勝利となります。

○ピエール vs ×素体kun

 タキシードをきっちり着込んだうさぎさんなスタイル。あみだに被った帽子も洒脱な、着ぐるみ系のピエールに対するは、延伸した腕に力も籠もる、角材装備の素体kun。ピエール、仕掛けるもスリップ…… かと思いきや、突きを打ち込んで素体kunから1ダウンを確保! さらに真正面から、まるで掴んで投げるかのよう捨て身技。ファンシーな見かけによらないストロングスタイルな攻め手で、2ダウンをたてつづけに奪います。
 ピエール、横突きを貰い大きく前後に体がぶれますが、しかし突きをまともに貰ってもぐらぐらするだけで倒れません。攻撃ポジションを狙う素体kun、しかし通り過ぎてしまいます。いや背後を取った、背中をかすめるような一撃に巻き込んで、1ダウンを奪い返します。
 ここでしかし、3分間の試合終了。ダウン数で優位を取った兎ロボットのピエールが、二回戦に駒を進めます。

 ここで一回戦八試合が終了。このあとは、ただちに二回戦の第一試合が行われました。

|

« KHR 3rd Anniversary観戦記【入場編】 | トップページ | KHR 3rd Anniversary観戦記【二回戦~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/15293452

この記事へのトラックバック一覧です: KHR 3rd Anniversary観戦記【一回戦】:

« KHR 3rd Anniversary観戦記【入場編】 | トップページ | KHR 3rd Anniversary観戦記【二回戦~決勝】 »