« 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:開会 | トップページ | 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:ボトルトラクション »

2007.07.15

第3回わんだほーろぼっとか~にばる:ダッシュ2000

 ……さて、そうこうしているうちに、時間はすでに1時を回りつつある頃合い。
 いしかわさん帰還後、システム設営を行ったり、さきほどのレーザーで準備段階で非常にごたごたしまして。いろんな方に協力を願って、ようやく13時15分より開催となりましたが、非常にこのあたりは反省すべき点が多かったなア。とくさくさ思っているところであります。はい。

 それはともかく、13時15分より、いよいよ第三回わんだほーろぼっとか~にばる、堂々開始。アニメイダーさんの司会と仕切りの元、まずは参加全選手の自己紹介と挨拶から。全参加選手の自己紹介がエントリーNo.1番から順次行われたのち。いよいよダッシュ2000から、予選競技の開始となります。

【ダッシュ2000】

 まず最初の競技はダッシュ2000。これまでも行われていた第一競技ですが、今回はルールがやや変更。スタートラインから1mの地点にパイロンを設置。この周りをぐるっと回って、Uターンしてスタートラインまで戻る、その距離を競う事になります。
 ただ走るだけではなくして、旋回性能も求めたダッシュ2000改。どういう競技になるのか、いよいよ第一組から開始です。
 そして開始直後、自分はといえば。状況の変化に身構えつつBGMを鳴らしたり止めたりで手一杯で、気持ちに余裕ができるまでしばらくかかりました……。最初がスピード系競技だと、思ったより辛いですね。うむ。

1 くぱぱ クロムキッド
2 スミイママ ありまろ7

 さて最初のダッシュは、クロムキッドとありまろ7。快速無双のクロムキッドと、新鋭ありまろの対決。大きな軌道を描いたありまろに対し、やや出走軌道が斜めになったクロムキッド、出遅れてゴール。
 
3 遊 noir(ノワール)
5 くまま ガルー

 第二出走、ノワールvsガルー。ノワール、勢い良く飛び出すぎて転倒してしまいます。ガルー、ややパイロンでの回転時に引っかかったものの先行してゴール。ノワール、まっすぐ走るよりも早いのか、小刻みに方向を変えつつジグザグ気味の走行でゴール。

6 tom-i T-Storm
7 SUMY ARIUS

 アリウス、横歩きから素早い旋回であっと云う間のゴール。Tストームも遅れたものの、やや出遅れたもの引っかかりなく、これも素早くゴール。困りましたね、これはどうも。どちらもスムーズに素早かった一戦でした。

8 Isuzen(いすぜん) AEROKID2(アエロキッドツー)
9 ナベ☆ケン かじろう

 かじろう、ぎりぎりまで配線を調整。なんか勝手に走り回ってますけど大丈夫でしょうか。ある意味暴走状態。
 ……かじろう、いきなり横歩きを開始して、コースから真横に飛び出てしまいます。。エアロキッド、着実な横歩きでやや旋回しながらもゴール。入れ替わるように出遅れたかじろうがスタート、Uターンの途中で転倒してしまいますがなんとか起き上がり。コースを二コース分横切るような横歩きでゴール。ゴール後もちょっともがいてしまっていたかじろう、無線の混戦でしょうか、しかしなんとかゴールに到達。第一競技をクリアします。。

10 オマタ アタモ
11 マリア ガノア

 今日はガノア、制作者のウエダッチさんがセコンドに回り、操縦はお子さんが行います。専用BGMも持ち込みで用意されて気合い十分(ちなみにあの方、ウエダッチさんの娘さんだとばっかり思っていたんですが、あとで聞いたらどうやら違ったみたいです)。

 ともかくもそんなガノア、着実な歩行で前進し、向きを変えて後進でゴールを目指す。出遅れてパイロンを蹴飛ばして距離を伸ばしてしまったアタモ、しかし歩行の早さでカバーし、新操縦者のガノアを追い越して先行。最後は競り合いとなりましたが、アタモ、先行してゴールを飾りました。

12 石井 英男 fighting-γ(ファイティングガンマ)
13 吉田 rsv3(アールエスブイ スリー)

 ファイティングγ、ちょっとバランスを崩したか転倒しているあいだに、着実に距離を稼いだrsv3が先行。横歩きで追いかけるファイティングγですが、rsv先行してゴール。一勝でスコアを稼ぎます。

14 えまのん キャバリア
15 FrostyDesign フロスティ

 引っかかり無くダッシュしたフロスティ、ゴール寸前で転倒しましたが非常に早いゴール。キャバリア、最後は後ろ歩きでゴール。非常な早さでフロスティが勝利を収めました。

16 IKETOMU BLACK TIGER NEO
助っ人 AIR ファイマン

 ここで助っ人ファイマン登場。ブラックタイガーネオとの対決になります。歩行の早いブラックタイガー、ファイマン立ち上がりちょっともたつきますが、横歩きは非常な早さを誇ります。あっと言う間に追いすがったファイマンですが、前方歩行はブラックタイガー非常に早い。最後は横に構えを取ったファイマン追いすがるも、ブラックタイガーが先行逃げ切り、勝利を収めます。

17 道楽、 で・か~る 
18 法政大学Aチーム ローリング・ピラニ

 超足長で・か~ると、法政大学第一のロボットローリングピラニ登場。で・か~る、素早いダッシュですが先行直後に転んでしまいます。しかしで・か~る、そのまま前転して前進! ゆっくり歩行していたローリング・ピラニの進路に介入、絡まって倒れてしまいます。ダッシュなのに絡まってレフェリーが分け、ピラニは転んだ拍子に頭がもげてしまいます。
 泥沼の様相と言うかいい勝負と言うか、両者転倒してリングアウト。なんか落としながら歩くピラニに対し、横歩きで着実に距離を稼ぐか~る。震動しながらの横歩きで、しかし転倒しつつ転がりつつしているうち、ネジを落としながらも前進したピラニ、着実に前進して逃げ切り!
 最後は転倒していたか~る、神の手が入って直立したところでゴール。恐らく本ダッシュもっとも長い勝負だったでしょうが、ここで対決です。

19 酉旦那(トリダンナ) KRAFTWERK(クラフトワーク)
20 法政大学Bチーム ドリラー代理

 中部からいらっしゃいましたクラフトワークに対し、調整中のドリラーに代わって、その名もドリラー代理が登場。あー、クラフトワークは足が逆関節なんですね。対するドリラー代理は、軸数の少ない小型ロボットです。両者、慎重に準備を行います。というかちょっと間隔が開きます。

 クラフトワーク、着実かつ大幅なライン取り。後進、じゃないですね、関節逆なのか。ポールを回って着実な歩行でゴールを目指します。一方のドリラーもゆっくりとではありますが、大股でわりと安定した歩きでぱっちんぱっちんゴールを目指します。有線操縦なんですねー。
 ドリラー、つま先がゴールラインを割ってゴール! なかなか両者好タイムであります。

21 SLAN ガシャペリオン
22 gons 電龍(デンリュウ)

 さて紫の大型ガシャペリオンに対するは、これもマッシブな電龍です。電龍、まっすぐ歩きますが左にコースアウト、ガシャペリオンは着実な歩きのあとターン、後進でスタートへと戻り先行してゴール。これは素早い。一方の電龍、着実に向きを変えて小刻みにUタンを目指しますが、旋回でやや手間取る。途中で後進戦術に切り替えて着実にゴールとなります。

23 まさゆき ころいどくん
24 日本電子専門学校 電気クラブ・アイズ モアイ

 非常に怖い顔のついたころいどくんと、黄色いケーブルが目印のモアイ。初めから後ろ歩きで前進するころいどくんに対し、モアイ、転倒を繰り返してコースアウトを繰り返してしまいます。モンキーダンスかなにかのように腕を振りながら着実に歩行を重ねたころいどくん、先行してゴール。モアイ、Uターンにかかりますが、起き上がりから…… あー、また転倒してしまい、ポールの上に乗っかってしまいます。ポールがワープしますが転倒した拍子に腕が。腕がもげてしまいます。起き上がる時に外れた腕が一緒に動いてるのがかなりホラーです。しかし腕を頭の上に載せて横歩きでゴール。モアイ、満身創痍なれど完走です。

25 Alpha2 Metalic Blue
27 日本電子専門学校 電気クラブ ストロングカシン1号

 脅威のハイブリッドマシーン、メタリックブルーに対するは、KHR-2に実用的なラインのついたストロングカシン1号。カシン、小走りのような素早い歩行ですが、一回の転倒が響いて出遅れてしまいます。メタリックブルー、非常に安定した歩きで前進、旋回、そしてゴール。なんかからんからん不安な音は響きますが、「まちがえましたー」の声も響く中、カシン1号も遅れてゴールに到達します。

28 伊藤健太 I・BO-(アイボー)
30 日本電子専門学校 電気クラブ 突撃ET君

 改造ロボノバ、アイボーに対するは、日本電子の最後の刺客・突撃ET君。突撃ET君、着実な前歩き。体重を非常に沈み込ませたような、特徴的なゆっくりした動きです。一方のアイボーは強化改造された大きな腕を振り回し、バランスを取りながらの前歩き。体は大きく前後に揺れるのですが、腕でうまくバランスを取っているような感じですね。転びそうで転びません。
 これは珍しくダッシュらしい好勝負、両者横に並んだところでアイボー、しかしコースアウト! 突撃ET君、着実な歩きで先行してゴール、やや遅れてアイボーもゴール。珍しい好勝負でありました。

32 B作 おふじゃんびぃZ
33 コイズミ 竜鬼Ⅱ

 青く光るおふじゃんびぃと赤く光る竜鬼の対…… あ、おふじゃんびぃZ、電池切れ。ここでちょっとインターバル、電池交換となります。
 スタート! 順調に歩行を出したおふじゃんびぃに対し、竜鬼、おふじゃんびぃ型コースに大きく出てしまいます。しかしコースを修正した竜鬼、オフじゃんびぃが転倒してしまっている間に挽回! なぜかパイロンを押しながらゴールを目指します。見事なドリブルでパイロンをゴールしてしまい、竜鬼ゴール。
 おふじゃんびぃ、転倒したまま沈…… ああ、再度の電池切れ。ここで棄権となってしまいます。

34 平野康博 メカボンB
36 まこ ガンダム

 ここでガンダム登場! いよいよガンダムが競技に出走する歴史的大瞬間です。どんなアニメでも見られませんよ、ガンダムが一生懸命に走る姿などはこう。
 横歩きでダッシュするガンダム、しかし転倒した拍子に肩アーマーがもげてしまいます! 小刻みな歩行で着実にターンするメカボンB、安定した動きでタイムを稼ぎます。見事な動きでメカボンB、先行してゴール。遅れたガンダムも横歩きが速度に乗り、きっちりゴールにたどり着きます。

37 あるば~と ブレイブスタリオン
38 ブラスト ビリジアン

 ここに至るまでに部品がいろいろ無くなってしまい、足腰だけになってしまったブレイブスタリオンに対し、やなか6丁目チームのビリジアンの対決。着実な歩行で好タイムを叩き出したビリジアン、危なげない歩行でゴールを目指…… ゴール地点に、転倒したブレイブスタリオンが。
 なんとか立ち上がったブレイブスタリオンですが、マシントラブル。ここで棄権となります。

39 あまね いちろー
41 やなか6丁目 ばけーしょん

 ここは予期せずご子弟同士の対決。いちろー、ばけーしょん共に改造KHRの勝負です。斜めに飛び出してしまったいちろー、コースを修正してポールを回ります。一方のばけーしょん、ちょっと出過ぎましたがポールを回る。いちろー、調子良く歩行してゴールに到達!ちょっと遅れてしまったばけーしょんもごー…… 最後にコントローラーがおっこちて電池が散らばったりしましたが、無事にゴール。キットベース同士、非常にいい勝負でした。

42 小田利延 Kinopy(キノピィ)
43 カイン技師 マヌイ

 ここはキャラクター対決実現。木のロボ・キノピィに対し、メイドなぬいぐるみの外装マヌイ。素早い横歩きの歩行でキノピィ、ポールを回転しマヌイの進路上に交錯。「手をつなぐのか! 手をつなぐのか!?」と実況のアニメイダーさんもメートルを上げる中、キノピィ素早い折り返しでゴール! マヌイ、旋回する時に腕を横に上げての可愛らしい動きでポールをゆっくり周ります。ポールを回った後、慎重な位置取り。前方へゆっくり着実に着実に前進。ここまで一回も転倒していません、なかなか安定していますねー。

44 ごーすと Whil(ウィル)
45 B.W チビ助(チビスケ)

 さあさあ、最後は超小型ロボット同士の対決です! BWさんの新型チビ助に対し、チロルチョコロボット大会でエレガンス賞を取ったごーすとさんのWhillです。
 体そのものを傾けながら前進するウィルに対し、横歩きで小刻みに小刻みに進んでいくチビ助。ゆっくり、しかし確実に先行したチビ助、先行してゴール! 一方シリアルケーブルを引っかけて前進したウィル、ポールを引きずりながら、足踏み足踏みゴール!
 さて、これでダッシュ2000、全競技終了となります。

|

« 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:開会 | トップページ | 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:ボトルトラクション »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/15771773

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:ダッシュ2000:

« 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:開会 | トップページ | 第3回わんだほーろぼっとか~にばる:ボトルトラクション »