« 【地上最大の散財!】半分くらい片付いたかな?(☆) | トップページ | 擾乱するは我にあり! 大旗英雄伝堂々登場(☆☆) »

2007.07.30

みーんなのーわんだほー♪ がニュースになりましたよ。(☆☆☆)

リンク: 第3回「わんだほーろぼっとか~にばる」開催~ROBO-ONEタイトルホルダーから4軸ロボットまでが楽しめる空間.

 というわけで、先々週に行われた第3回わんだほーろぼっとか~にばるがニュースに掲載されましたよー。わーいどんどんぱふー。
 改めて見返して、台風接近のうえに冷房のあんまり効かないあの状況下で、あれだけの方が来て下さったのはどんだけ感謝しても有り難いことだなあ。とほろり。でした。そしてキノッピーはやっぱり大人気。キューブの男塾的展開もしっかりフォローされています。あと優先操縦ロボット同士の空中架線(人力)合戦も(笑)。
 個人的には、リザルトシートに触れて貰えたのが嬉しい限りでありました。じつに個人的には、ですけども(笑)。

 すでに第四回の方針もいしかわさんからちょろちょろ聞いている現状下。個人的には、わんだほーからイメージされるような、いかにも草の根ー、な競技会って、もっともっとあっちこっちであっていいし、あってもいいと思うんですよね。ROBO-ONEが国体なら、当方は市民運動会みたいな。そんなノリで。
 いしかわさんが既存の競技会からわんだほーを発案したように、もしわんだほーを見て「こうしたほうが面白いかな」と思った人がいたら、独自にその人がまた競技会を作って開いちゃうみたいな。そんなアグレッシブな無秩序さが許されるどころか推奨される雰囲気が、今はあるんじゃないかなーと思います。
 そんな競技会がまたあったら、出かけていって観戦する楽しみが増えて、実にいい! と、個人的には思っておりますー。

 記事とは、直接関係はないのですが。
 付け加えて思ったんですが、二足歩行ロボットの世界と、PBMの世界って、……この両方に足をつっこでいる(突っ込んでいた)のは、日本でも僕と烏羽さんとえまのんさん位じゃないかとか思うんですけど(笑)、ある意味では似通っているんじゃないか、とか思うんですよね。
 もちろん技術的な面や、物理的な実体があるかどうかとか、全く似ても似つかない部分は、非常に限りなく多いし、むしろほとんど重なる分野のない世界だと思うんですが。なんというか、心的な構造で、似ている面があると思うのです。

 PBMでは、プレイヤーに対するPCが、二足歩行ロボットでは、ロボットビルダーに対するロボットが、それぞれ「本人に対する分身」の役割を果たしている。あるいはそれは(こういう言い方を妥当と見なして頂ければですが)、愛犬家(あるいは愛猫家)とペットの関係に近い、と言ってもいいと思います。
 自己の、あるいは自己愛の投影として、PCが、ロボットが、そしてペットがある。皆、その人たちにとって、作品でありそれ以上の存在であり、かけがえなく可愛い「我が家の子」なんですよね。

 自分のロボットに注目されて、嬉しくない人がいないわけがありません。僕は他の人のロボットが好きだし、自分のロボットを大事にする人の姿が非常に好きですし。その上で、自分のロボットだけではなく。他の人のロボットを好きになれて尊重できる人には、それはもう、ものすごく尊敬します。
 PBMプレイヤーの人は、上の「ロボット」を「PC」にぜんぶ置き換えて読んでみて頂ければ。この全く関連のないはずの二つのジャンルが、どこか心的に似通ったものがある事を理解して貰えるかも知れません。

 というわけでですねー。ロボット競技おもしろいですよ見にきてくださいましよ、と。友人知人の皆さんに向けて誘ってみる次第でした。実は宣伝でしたー! で、〆とさせていただきまする。

|

« 【地上最大の散財!】半分くらい片付いたかな?(☆) | トップページ | 擾乱するは我にあり! 大旗英雄伝堂々登場(☆☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/15953058

この記事へのトラックバック一覧です: みーんなのーわんだほー♪ がニュースになりましたよ。(☆☆☆):

« 【地上最大の散財!】半分くらい片付いたかな?(☆) | トップページ | 擾乱するは我にあり! 大旗英雄伝堂々登場(☆☆) »