« 第十二回ROBO-ONE観戦記【二回戦(軽量級/重量級)】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【決勝戦~総合優勝決定戦】 »

2007.09.16

第十二回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦】

 さて、10分の休憩の後はデモのビデオから再開となります。
 ここからはリングアナさんの呼び出しが入りますよ! 壇上に勢揃いした各選手、八機八組による意気込みが語られます。
 軽量級はスピードと手数で攻めるタイプが多い。中でもパワーに優れるガルーがどう暴れ回るかが見所ですねー。
 
軽量級準決勝 第1試合
○No.478 ありまろ7(チームアリウス&ハイテック・ジャパン)
vs
×No.60 L7A3 Thunderbolt(48)

 え これってまさか     なんてこと! なんかこれはハイテックvs近藤科学と言う対決なんでしょうか。いいんでしょうか、なんか大変なことになってる気がするんですけども。
 最終調整も慎重なサンダーボルツに対し悠々のありまろ。慎重に両者、離れたままで睨み合います。ありまろ接近、サンダーボルトの背後を取り攻撃しますがこれはスリップ。サンダーボルト、旋回しながら位置を計ります。ありまろ殺到しますが、しかしこれは両者スリップ、サンダーボルトは1ダウンとなります。背後を取りに行ったサンダーボルト、構えて掴みを狙っている様子。スリップから捨て身技を繰り出しますが、これで2ダウン。厳しくなったサンダーボルト、さらに捨て身技を放ちますが飛距離がありまろの足下へ。これでスリップ、追い込まれます。ありまろ、掴んで投げを仕掛けますが、これは空転。……しかし巻き込まれたサンダーボルト、足を引っかけられて倒れてしまい2スリップ! これで3ダウン、壮絶な代理戦争はありまろが勝利。なんと決勝までも到達します!

「もうちょっと気を楽にしてやっていただくと。大丈夫ですよ、たいしたもん背負ってないですから」。いえあの社長さんがですね。うしろのほうにその。

重量級準決勝 第1試合
×No.79 Aerobattler MON☆(なぐ)
vs
○No.395 GADGET-F(GADGET TEAM)

 あ、今度は軽量級と重量級の試合を入れ子にしてやるんですね。三位決定戦の関係でしょうか。そんなわけで、星の壁モンスターとガジェットチームF型、ガジェットFの対決です。
 まずガジェットが突撃、モンスターは慎重に仕掛けて中央に陣取り回転パンチを仕掛けます。ガジェットの重さに攻撃が聞きにくいのか自分が回転してしまうモンスター、しかしまず回転パンチを当てて1ダウン、しかし反撃を受けてガジェットF、横突きで倒して1ダウン。さらに再開直後にもう一度横突きを叩き付けて2ダウン目に。一気呵成の畳みかけるような攻め、位置取りもそこそこに突っ込んだ最後の一撃でモンスターがリングに轟沈! 3-1でガジェットF、決勝へ駒を進めます。

軽量級準決勝 第2試合
○No.486 ガルー(kupakuma)
vs
×No.263 スーパーディガー(ひろのっち)

 再び軽量級の試合に戻ります。くぱぱさんとくままさんが揃っての登場。一方のスーパーディガーは、ひろのっちさんの背後に九州三銃士の盟友HOLYPONGさんが控えます。バックアップ万全の両者の対決です。
 スピーディーに中央で交錯した両者、掬い上げるようなガルーフックがスーパーディガーを出会い頭になぎ倒しまず1ダウン。ディガーは距離を置いてフックの攻撃範囲を外れ、ディガーはパンチを押し込んでガルーをリング脇に追い詰めますが、そのパンチの隙をかわして中央方向へと離脱していきます。ディガーも掬い上げるような攻撃を仕掛けていくのですが、ガルーが打撃範囲に入っていきません。背中合わせに同じタイミングでパンチを放つ両者、真横で睨み合ってパンチを撃ち合います。ガルー、追い詰められたところにさらにディガーが一撃! かわしきれずガルーがリングから転落、1-2となります。
 スコアを戻したディガー、再びリング脇にガルーを追い詰める作戦、ガルーのパンチも手数を非常に多く打ち込みますが、ディガーもガルーも掬い上げるような攻撃が頭上に飛んでいきます。ここでディガーの攻撃が腰にヒット、ガルーが前のめりに倒れ2-2! ガルーが倒れ九州勝ちどきを上げますがこれはスリップ。時間ぎりぎりを過ぎてガルーの一撃がスーパーディガーを倒しますが………… なんと、これは3分の時間を過ぎてからの攻撃です! 実際に有効だったのは2-2のまま、と言う事で、これは延長戦に入ります。

 さて延長戦。両者、似通った戦闘スタイルと似通った戦法を使いこなしますが、どちらもバトルの経験豊富。リングのあちこちにネジが散らばる有様の様子です。
 延長開始、まず突っ込んだディガー。後ろに構えたディガー、ガルーを狙います。ガルー、斜め方向に放った攻撃の火力スポットにディガーが突っ込んでいった形でダウン! 延長まで届いた熱戦を制し、ガルー決勝へと進みます!

重量級準決勝 第2試合
○No.396 GADGET2(GADGET TEAM)
vs
×No.14 キングカイザー(マルファミリー)

 重量級の運用には一日を遙かに超える長のある韓国勢。ここまで無類の安定性を誇っているガジェットチーム、しかし戦うのは決して崩れぬ鉄壁の皇帝。ガジェット2とキングカイザーの対決です。
 試合開始、積極的に仕掛けるキングカイザー、しかし上半身にぶれが見える。大丈夫でしょうか、ちょっと心配になっていたらガジェット2の攻撃がヒット! いきなりの1ダウンを奪われます。肩を広げたような格好のキングカイザーに、真横を取って攻撃を仕掛けるガジェット2。キングカイザーは腕を掴んでの投げを計ります。掴んで倒せない、しかし相手が重い、これは大丈夫でしょうか、重さが違いすぎます…… いやヒット! 押し倒しに成功、しかし再開直後2秒、ガジェット2の攻撃がキングカイザーの胴体に当たりヒット! 最後はリング脇に追い込まれたキングカイザーにガジェット2の攻撃が当たり、勢い良く薙ぎ倒して3-0、一気に押し切られたキングカイザーがまさかの崩落!
 これでガジェットチームが勝利、決勝戦はガジェットチーム同士の対戦となります。

 このあとは引き続き、三位決定戦となります。

軽量級三位決定戦
×No.60 L7A3 Thunderbolt(48)
vs
○No.263 スーパーディガー(ひろのっち)

 まず突っ込んでいったディガーに対し、余裕を持って待ちかまえたサンダーボルト。真ん中で背後を取り、つかみ投げの腕を突き出して背中から突き倒して1ダウン。しかしスーパーディガーも直後にダウンを取り返す。サンダーボルト、移動中にスリップし2スリップ、これで2スリップとなります。
 リング脇ぎりぎりを走り抜け、スーパーディガーをリング脇に誘い込むかと見えたサンダーボルトですが、中央に復帰したところでスーパーディガーの一撃がクリーンヒット。連撃を浴びたサンダーボルトが沈み、スーパーディガーが三位をもぎ取ります。

重量級三位決定戦
×No.79 Aerobattler MON☆(なぐ)
vs
○No.14 キングカイザー(マルファミリー)

 青コーナーで待ちかまえるモンスターに対し、テーマソングをかき鳴らしてキングカイザー登場です。さっきはそういえばテーマソングが無かったですな。モンスター、中央にゆっくりと歩み寄り、キングカイザーと中距離で睨み合います。回転パンチ戦術を繰り出さないモンスター、キングカイザーの接近に合わせてパンチをくりだしまず1ダウン。モンスター、しゃがみ込んだまま伸ばす腕で攻撃を繰り出します。キングカイザーは先程まで見せなかった横突きからの掴み、一方のモンスターも正面からカイザーにつかみかかりハグ、しかし投げのところでカイザーの体がすっぽ抜けてしまいます。腕でカイザーの足のあたりをつかみますが、投げに入らないまま分けられていまいます。
 後ろに回り込むキングカイザー、回って回避しようとするモンスター。しかし背後を取ったのはキングカイザー、しゃがみ姿勢の上から強引に攻撃を叩き込み、1ダウンを奪い返して1-1に戻します。中距離からお互い、しゃがんで長いリーチでパンチをたたき合う展開。しかし最後まで両者攻撃を出し切れず時間切れ、延長戦に突入となります。

 延長戦開始、横突きを放つキングカイザーに対し、モンスターは一歩退いて大投げの構え。しかしキングカイザーを火力スポットに捉えられません。キングカイザー、動き回って攻撃ポジションを狙います。つかみ投げに拘るモンスターに対し、背後を取ったキングカイザー。背後から隙を見て打撃を仕掛けて薙ぎ倒し。キングカイザー、三位をもぎ取りました。

 さあ、いよいよ最後は軽量級・重量級、それぞれの決勝戦となります!

|

« 第十二回ROBO-ONE観戦記【二回戦(軽量級/重量級)】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【決勝戦~総合優勝決定戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/16465876

この記事へのトラックバック一覧です: 第十二回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦】:

« 第十二回ROBO-ONE観戦記【二回戦(軽量級/重量級)】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【決勝戦~総合優勝決定戦】 »