« 第十二回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【重量級一回戦】 »

2007.09.16

第十二回ROBO-ONE観戦記【軽量級一回戦】

軽量級一回戦 第1試合
○No.478 ありまろ7(チームアリウス&ハイテック・ジャパン)
vs
×No.35 ガシャペリオン(SLAN)

 スミイファミリーの皆さんが不在につき、ハイテックの人が代理で操縦することになったありまろ。対するはバトルでの戦績は未知の部分が多い紫の巨人ガシャペリオンです。正規操縦者不在からガシャペリオン有利の声もありますが、初戦はどうなりますでしょう。
 軽量級一回戦、まずは両者慎重な立ち上がりから、ガシャペリオンなぜか背中から突進。両者慎重な接敵から、リング中央で攻撃開始。ガシャペリオンがスリップしますが、両者慎重な攻め口です。ガシャペリオン、両者交錯時の再度のスリップで1ダウンを奪われます。

 しゃがんで回転攻撃を仕掛けるガシャペリオン、接近してのしかかりますが有効打にはならず。ありまろ、巻き込まれてスリップ。これで1ダウン、ガシャペリオン攻めますがスリップダウン、これで2ダウンになってしまいます。がちゃっと言う音とともに巻き上げるような打撃のガシャペリオン、しかしありまろも立ち位置を調整して、ガシャペリオンの打撃位置を避けていきます。
 ここでありまろ、腕を先に出してガシャペリオンに絡み…… これは! 姿勢を持ち上げて、ガシャペリオンの上体をひっくり返します。これが「相手が完全に空中に浮いた投げ技」として大技となり1-3、ありまろ7が投げ技を決めて勝利を収めます。
 ガシャペリオンは調整中に落下してしまい、高速での動作が不安定になってしまったとのこと。2ダウンから大技を決めたありまろ、史上初の4ダウンを奪う格好。初戦を快勝で飾ります。

軽量級一回戦 第2試合
×No.122 青かじろう(ナベ☆ケン)
vs
○No.24 ivre(遊)

2007091601

 いきなり大技が出た第一試合に引き続き第二試合。フラットトップの天使・青かじろうに、こちらは従来機のivreが襲い来たります。姿勢の低いイーヴ、だいぶ小さく見えますね。
 一気に殺到したイーヴ、いきなり襲いかかって巻き込むように青かじろうを倒します。一気に接近し、長い腕先を伸ばして一気に足先を狙うivre。かじろうも両腕を伸ばしてすくい上げを狙います。

 ファイトの声に距離を取った両者、しかしイーヴ、青かじろうの背後を取ります。引っ張るようにダウンを奪ったivre、さらに後ろから殴りつけるように青かじろうがころんと転びますが、これはスリップ。青かじろう、正面にイーヴを捉えますが円運動を取って回避するイーヴ。しかし追随しようとした青かじろうが正面に滑り、これが2スリップ! 3-0でivre、試合を支配して勝利を収めます。

軽量級一回戦 第3試合
○No.241 ファイマン 7(AIR)
vs
×No.480 ナガレ イエロー(フラワー戦隊 ナガレンジャー)

 さてこちらは、両機ともにバランスの取れた中量級同士の対決。どちらもスマートなデザインのイッツロボット!な感じの対決です。今回はリング脇に操縦者ボックスが設置されてるんですねー。
 第三試合、両者接近。ややファイマンが攻め気味、しかしファーストコンタクトが遅い。両者睨み合いから、背中合わせに接近。攻撃しながらの交錯、ナガレイエローの腕がファイマンに当たりますが、これはスリップ。ファイマン、どうしたんでしょう。ちょっと歩行がおかしい。膝が伸びきらないような、妙な歩きになってしまっています。スリップでファイマン、1ダウン。ナガレイエローを巻き込んでスリップを奪いますが、これは自分もスリップです。小刻みな横歩きで攻撃しつつ移動、ナガレイエローは慎重に位置を狙い、強烈な横突きでのダウンを狙います。背中合わせに突撃するファイマン、ナガレイエローを押し倒します。これでスリップによりファイマンは2ダウン、ナガレイエローは1ダウン。距離を取っての睨み合いのうち、ナガレイエローも1スリップしてしまいます。睨み合いからの攻撃はすかしスリップ扱い、両者2ダウン。時間ぎりぎりまで睨み合いと位置の奪い合いが続きますが、最後は時間切れ。1スリップビハインドしていたファイマンですが、スリップ数はダウン数に影響しないと言う事で、ここで延長戦に突入します。

 正面歩行の調子が悪かったんでしょうか、横歩きと後進を中心に試合を組み立てていたファイマン。しかし休憩時間の間、慎重に調整を行っているのはナガレイエローのほうです。これはどう…… 両者準備完了。サドンデスの延長戦に入ります。

 慎重気味に接近した両者、先に仕掛けたのはファイマン! 出会い頭にヘッドバッドで突撃を放ち、ナガレイエローを吹き飛ばして一気に決着。ファイマン、延長戦を制して二回戦に進出します。

軽量級一回戦 第4試合
×No.547 DOKA 2(ドカファイターズ)
vs
○No.60 L7A3 Thunderbolt(48)

 続いての登場は親子ユニット・ドカファイターズのドカ2。2のほうは息子さんの操縦です。対するは48さんのカスタムマシン、L7Aシリーズも三代目となるサンダーボルトの登場です。
 試合開始、スピーディに接近するサンダーボルト。放った蹴りがドカ2に絡んだのか、スリップしてしまいます。腕を伸ばし相手に絡めようとするサンダーボルト、何かを狙っています。ドカ2はその間にスリップ。何かを狙っていたサンダーボルト、引っかけてドカ2を倒し、これで1ダウン。しかしドカ2が立ち上がりません。動けません、どうしたんでしょう。観客席からタイム、タイムの声が飛ぶ中、これでタイム申請、2ダウン目になります。
 ドカ2、必死の調整。観客席からアドバイスが飛ぶ中、しかしドカ2、びくとも動きません。どうしてしまったんでしょう……。お、なにかちょっと動いたようです。リングの上に復帰したドカ2、ちょっと腕が動いたみたいですけでも…… 通信系統のトラブルの様子、腕はちょっと動くみたいなんですけども……。

 ……あ。「有効な攻撃でダウンした場合はタイムは取れない」と言う事で、どうやらタイムを認めたのがジャッジミスだった、と言うレフェリーからコメントが。「私も忘れてました」と言う事ですが、そういうルールだったのか……。
 そんなわけで、これは10カウントによるタイムアウトのようなもの。と言うことで、サンダーボルトが勝利を収めます。

軽量級一回戦 第5試合
×No.437 Kinopy(小田利延)
vs
○No.450 YOGOROZA-V.5(だうと)

2007091602

 さあ、軽量級注目の対決。未知の木人拳キノピーと鉄の爪ヨゴローザの対決です! 軽量な回り込みで横へ横へと位置を取るキノピー、突進するヨゴローザの横へ横へと回り込みます。ヨゴ、起き上がりにキノピーを巻き込んで倒しますがこれはスリップ。今度はすれ違いざまにヨゴローザの攻撃がキノピーにヒット、転倒したキノピー…… 立ち上がれるでしょうか。立ち上がりにちょっと…… あ、腕が。腕が取れてしまっています。片腕が取れた状態のまま必死に起き上がろうとするキノピー、しかし立ち上がれません。レフェリーのカウントは10カウント、残念ながらキノピー立ち上がれず。
 10カウント後に立ち上がり一歩歩いたのですが、わずかに及ばず。10カウント、3-0でヨゴローザが駒を進めます。

2007091603

軽量級一回戦 第6試合
×No.13 Neutrino-RX(飛騨神岡高校)
vs
○No.486 ガルー(kupakuma)

 飛騨代表・ニュートリノと対峙するのは、もうクロムのコピーとは言わせない、赤い襲撃者ガルー。セコンドにはくぱぱさんと何故かクロムキッドも付き添いです。
 リング上で睨み合う両者。一歩立ち止まってから歩を進めたのがガルー。リングのニュートリノ側で接敵。攻撃を積極的に仕掛けますが、腕が地面についてしまいガルースリップ。今度はニュートリノ、打撃が外れスリップしてしまいます。掬い上げて腕を振るガルーの攻撃、しかしニュートリノが軽いのでしょうか、当たっても跳ねるように攻撃が外れます。がちんと言う攻撃と共に叩き付けられるガルーの腕、しかしニュートリノも崩れません。絡んだ状態で両者スリップ、これで1-1。リング脇からニュートリノ進撃。中央で交錯、ガルーのフックが頭の上を通過するような攻撃でなかなか…… 胸板にヒット、ニュートリノ倒れます。これで2ダウンから、ニュートリノスリップ、不利になったところに真横からガルーのアッパー、胸では躱されていた攻撃が肩と腕には綺麗に引っかかり、見事に吹っ飛んでいったニュートリノ。好位置をキープしたガルーがフック一本で勝利を収め、3-1で勝利を収めました。

軽量級一回戦 第7試合
○No.263 スーパーディガー(ひろのっち)
vs
×No.42 KZR-5(KAZZ)

 さあこれも注目の対決、不屈のドリル魂ディガーに対するは地元高松の大会を制したKZRです。突撃したディガー、リング中央でKZR、姿勢を下げて防御の姿勢。ちょっと大儀そうに横歩きを見せたKZR、リング中央でディガーと絡んでしまいます。長い腕を伸ばしての攻撃の中、リング中央で交錯しKZRがスリップ。ちょっと横歩きが遅めでしょうか。接近したディガーにカウンターを打ち込み、KZR1ダウンを先取。ディガー、両腕を振り回す旋回パンチを放ちますが、KZRを攻撃ゾーンに誘い込めません。しかしKZRの方はスリップしてしまい、これで2ダウン。やや回転パンチの半径はKZRの方が拾いんでしょうか。KZR,さらにスリップで2ダウン。前方歩行が不安定なんでしょうか、ちょっと歩いた時にバランスを崩してしまいます。
 前に2歩歩いたところで1スリップ、気を取り直し回り込もうとした前進中に、なにげなくなんと後方へと転倒。KZR、惜しくもスリップ6回で1-3の敗退、スーパーディガーが勝利を収めます。

軽量級一回戦 第8試合
×No.469 ヒーホーハット(のむむ)
vs
○No.537 Asura-Tiny(KwangWoon Univ. Robot Game Team ROBIT)

2007091604

 さて最後の対決は。ヒーホーハットと軽量級唯一の韓国チーム、アスラタイニーとの対決です。いきなり後ろを向いたヒーホー、旋回しながら接近。アスラタイニーと交錯際に横突きを繰り出し、いきなりの1ダウンを奪います。腕を伸ばして旋回を行うヒーホー、しかしアスラの前で転倒した後、攻撃の手先がついてしまいこれで2スリップ1ダウン。
 アスラタイニー、転倒のあとヒーホーの攻撃に巻き込まれ2スリップ。さらに両者バランスを崩してヒーホーも転倒これで2スリップとなってしまいます。攻撃の位置の取り合いのうち、ヒーホー攻撃中にひっくり返ってしまいます。突きを繰り出した瞬間に後方へと倒れてしまい、ヒーホーハット惜しくもスリップ! 2-3までもつれ込んだ勝負でしたが、アスラタイニーが勝利を収めます。

 さて、ここまでで軽量級八試合が終了。
 このあとは引き続き、重量級の試合開始となります。

|

« 第十二回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【重量級一回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/16465859

この記事へのトラックバック一覧です: 第十二回ROBO-ONE観戦記【軽量級一回戦】 :

« 第十二回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十二回ROBO-ONE観戦記【重量級一回戦】 »