« アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第1試合~第5試合】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第11試合~第15試合】 »

2007.10.21

アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第6試合~第10試合】

第6試合:KB-1 (千葉工業大学 TRYMARKSvs四川会ぶるぶる)

 さて休憩開けの第六試合は、コメタ二機とRブルーから為る四川会ぶるぶる。対するは青い外装が眩しいトライマークス、この対決となります。
 まずは四川会のRブルーのキックインから。ちょっと不発のキック。あっと、これで開始。ちょろっとしたキックをカットした千葉工大チームですが…… うーん、転倒に転倒をくり返してしまいます。どうしちゃったんでしょう、そうこうしているうちにRブルーが蹴り込んで、あっと言う間に1点を先制します。
 試合再開、中盤での押し合いを制して、Rブルーがキープではなくドリブルで距離を稼ぎ、ボールを千葉工大側へ押していきます。千葉工大側どうしたんでしょう、動けません。キーパーは防御モーションのまま制止してしまいます。ゴールして再配置されますがまだ広がったままです。ともあれ、2-0で四川会スコアを上げます。
 ちょっとお互い動きが良くありませんが、全体としては四川会がボールを支配する展開。コーナーでの攻防となりますが、こめたがボールを押し出してボールは千葉工大へ、しかし千葉工大チームが押せません。2,3歩歩くと転んでしまう、そんな状況がどの機体も続きます。あとKHRが立ち上がる時、リングをキーってひっかくのがちょっと厳しいです。ボールはゴール前に転がり、これをコメタが追いすがってゴール、3-0。再開直後に時間切れ…… いや、20秒ロスタイムと言う事で再開です。Rブルーが起き上がりに千葉工大を巻き込んでしまっていたりする中、時間切れ。千葉工大の三機がひとときに転倒して、時間切れとなります。

 さてここでインターバル、千葉工大に激励と言うか激が飛ぶ中試合再開です。
 今度は千葉工大のキックからの再開。キックをRブルーが綺麗にカット、しかし蹴ったRブルーも転倒してしまいます。千葉工大大変です。転倒したロボットが近くにいた味方二機を巻き込んで、一気に全員倒れてしまいます。ボールは中央で遊んでいる展開、コメタがキープモーションを繰り出してボールを凌ぎますが、ここでキーパーチャージのジャッジ。コメタのキックはコートの中央へ、しかしボールにロボとが追いついていきません。キープモーションをとったコメタを攻めきれないトライマークス、ボールはサイドへ。あー、キーパー機でしょうか、腕に足裏みたいなパーツがついている機体が一機ありますね。
 ボールは中央、センターサークル上。四川会ぶるぶる、おっとトライマークスのキックが綺麗にコメタへのパスに。がらあきの空間に転がり込んだボールはトライマークスのチャンス、しかしコメタが早めに戻ってゴールをキープ。再び四川会の攻勢、ボールは無人のゴールへと全機が一斉に殺到します。Rブルーのコーナーキック、コメタが停止状態からボールを蹴り込みますが、これはゴールエリアの前で止まります。……なんかちょっと焦げくさい気がするんですが、大丈夫でしょうか。時間切れ寸前、両チーム倒れつつ転倒しつつの展開。気がつくとキーパー以外のロボットが粘りますが、あっと言う間に4-0となります。ええと、起き上がれない謎解明。どうやらジャイロが逆に聞いていたようです。倒れたら起こしてあげますから、と言うジャッジの声が出ますが時すでに試合終了。4-0の圧倒的差で四川会、勝利を収めます。

第7試合:OA-3 (トリニティvsチーム Aero)

 さて今度はトリニティとチームアエロ。クロムキッドとペント、ワントップチーム同士の対決となります。機動性のクロムキッドと長射程のペントの対決。両者同速度でサイドへ、クロムキッドのキックはペントの前掛けで跳ね返ります。遊んだボールはトリニティ側、ペントが殺到して押し込みますが、ボールはサイドへ。ペントのキックは孤を描いて跳びますが、これはクロムキッドとrsvが挟んでカット。ペント、ボールもろとも突進して突破を狙いますが、これは失敗。ボールは逆サイドのアエロキッドのもとへと飛びます。ペントのくちばしがいつの間にか取れてます。ペントのキックインは弾き返され、今度はクロムキッドがスローイン。ペントの頭上を抜ける大きなボール、キーパーのコロボの足下まで転がったボール。蹴って戻そうとしますが、再びサイドを割ってクロムのスローインとなります。しかし投げ込まれたボールはキャバリアの脇を割る。ペントのサイドキックでまたボールは一気に戻り、ゴール前へ。rsvがはさみを広げますが、ちょっと投げ込みに失敗。ボールはサイドに転がり出て、トリニティ側での睨み合いとなります。ペントが下がってキックの体勢に入ったところにクロムキッドが割り込んで位置を外すも、ペントのサイドキックは直接ゴールとなり、これは無効に。rsv、ゴールキックはペントの間を抜けて一気に逆サイドまで。キャバリアの追いすがってのパス、しかし押し切れません。コロボ、ボールをなんとかキープしてゴールキック。こうして見ると脚が長くてちょっと怖いですコロボ。ペントの脇を抜けたボールは中央で遊ぶ、クロムキッドのキックはペントの脇を抜けて背後へ…… ここで時間切れ、前半戦は0-0での折り返しとなります。

 最後にくちばしをつけたペントが調整終了。マウスピース説が流れます。
 さあ、ペントのキックインで試合再開。意外にもドリブルから試合再開です。ボールはサイドへ転がり、再びペントのキックイン。しかしキャバリアが弾いたボールはペントの背後へ、あわやオウンゴールかの危機ですが、エンドラインを割ったボールはクロムキッドのキックイン、しかしキャバリアの脇を割ったボールは一気にトリニティ側に。ボールはサイドライン、キャバリアからペントへ、ペントのキックは綺麗なカーブを描いて頭上を飛んでアエロキッド2の足下へ、しかしボールが決まりません。乱戦の最中一体何があったのか、転がったボールはゴールの対角線を描いて一気にサイドへ、キャバリアのキックをしかしコロボが止めてゴールキック。飛んだボールをクロムキッドが止めますが、真後ろにボールを抱えてしまったペントが動くに動けません。ここで残り2分。
 クロムキッド、密集状態を突破できません。着実にカットするコロボ、あっと。アエロキッドがボールにのっかってしまいました。再開後、ゴール前での押し合いを抜けたのはクロムのキック、しかし微妙に軌道は外れコーナーキックに。クロムのコーナーはキーパーに当てる構えとみましたが、コロボがカットしてゴールキック。しかしゴール前での押し合い、クロムキッドが鋭いシュート! 横に並んだペントとコロボの間を擦り抜けるようにしてゴールを決め、後半残り40秒にして先制点となります。
 再開後はトリニティ押された展開、しかしrsvがゴールキックでボールを掴んで、ゴールキック代わりのスローイン。これはアエロキッド2の頭に跳ね返ります。一方でクロムキッドのスローインはペントの頭に当たります。時間切れぎりぎりの二度目のスローインも、綺麗にペントの頭に跳ね返り、これで1-0で時間切れ。トリニティ、勝利を収めます。

第8試合:OB-3 (フラワー戦隊ナガレンジャーvsワールドコミュニケーションズ)

 さて次なるは、ロボットの座り方がなんか可愛いナガレンジャーと、ワールドコミュニケーションズの対決です。まずはナガレンジャー押し気味の展開、今回は青かじろうがリザーバーに回ります。ナガレブラックとWC三機のゴール前での睨み合いから、スローインが…… おっと、うまくいきません。ゴールごと転んでしまいます。ボールを掴んだままゴールのWC側前でのもみ合い競り合い、ボールを同じチーム同士で取り合ってしまうような展開でやや動きは停滞していきます。ナガレイエローのキックをWCがカット、しかし再びナガレイエローがキックイン、ナガレブラックのコーナーキックはゴール前へ、一対一のマークで押し合いとなりますが、両者とも重量が拮抗しているためかなかなか押し切れず。ナガレンジャー、押しているにも関わらずシュートチャンスに恵まれません。センターからWC側での押し合いはしかし、久しぶりにナガレンジャー側に。ナガレンジャー側前にもみ合いの位置が動いているうち、押し込んで1点を先制します。
 さて再開、中央での睨み合いから再びワールドコミュニケーションズ押していきます。転んだまま起き上がれませんが大丈夫でしょうか。時間ぎりぎりでエンドラインにボール、ここでしかし時間切れ。インターバルに入ります。

 おっと、後半戦は青かじろうが投入されるようですよ。
 キーパーが交替し、ナガレンジャーチームは青かじろうがキーパーを務めます。一点押されたナガレンジャーチーム、積極的に攻勢を仕掛けてボールはゴール前でフリーに。いきなりの大チャンスですがナガレブラックが大きなキックを放ってしまい、ボールは飛んでしまいます。ゴールはしかし未だにWC側サイド、ナガレンジャー、サイドスローから真横へのキックなどを繰り出しますが、起点が攻撃のラインにつながっていきません。ボールはさらにナガレンジャー側へ、しかしナガレブラックが蹴り戻して試合はWCサイドへ。WC側が一体満足に動けない状況ですが、ナガレイエローもいまひとつ全力を発揮しきれません。サイドから再開、転がったボールをナガレイエローが蹴り込みかけますがこれはカット。背中で押すようにワールドコミュニケーションズ、反転して押し着込みます。青かじろうが上がってカットしますが、ボールはキーパーの後ろに。空いた間隙をナガレブラックが凌いでいるうちに、青かじろうがゴールエリアに復帰します。
 しばらくはゴール前でのもみ合いでしたが、ナガレブラックのキックから反転、転がったボールは微妙なスピードでの動きの末にゴール前に転がる。ナガレブラックが相手の後ろを回り込むようにゴールに滑り込み、残り30秒で1ー1に盛り返します。
 最後はワールドコミュニケーションズのキックイン、これがなぜかスローインになってしまったところで試合終了。1-1の引き分けとなります。

第9試合:KA-2 (ミステイクスvs第二小隊)

 さて今度はKHRクラス、ミステイクスに対するは個人チームの第二小隊です。あれはロボスポット仕様のKHR2でしょうか? 今回はミステイクス、シーラカンスがキーパーとなり、センガとラビュットが前衛に回ります。試合は第二小隊押し気味の展開、第二小隊がしかし挨拶をしている間にセンガが反撃に転じ、ゆっくりとしたゴールではありますがミステイクスが一点を先制。
 ゆっくりした睨み合いからボールはサイドへ、センガのスローインは止められず逆サイドへ。両者ボールを挟んでのにらみ合い、ミステイクスサイドから徐々に徐々に第二小隊サイドへと上がっていきます。センガのキック、しかし進路を塞ぐ第二小隊チーム。ボールを持っての睨み合いは、ややミステイクス側のサイドで推移です。ボールは睨み合いからセンガのキックで中央へ、なんだかロボットが縦に一直線に並んでしまうような状態。センガのキックは脇からアウト、ここから第二小隊のコーナーキック。シーラカンスとセンガが間に挟むようにクリアし、センガのスローインから再開。ボールは転んだ相手にぶつかってやや軌道が変わる。最後は全員、シーラカンスまで攻勢に入ったところで前半戦終了。1分間のインターバルに入ります。

 さてここでインターバル終了。両チームコートに復…… あれ、第二小隊、一体だけです。大丈夫でしょうか。大丈夫そうです。良かった良かった。
 さあここで試合再開、TKHRのキックインを前衛二機がカット。サイドに出たボールをキックしますが、これも綺麗にカット。中央に遊んだボールを、センガかカット、第二小隊チームが間違ったモーションで長めのデモに入ってしまった隙をつき、ミステイクスチーム、シュートを決めて2-0。優勢に入ります。
 試合はミステイクスサイドへ、シーラカンスがちょっと動かなくなって心配されていましたが。ボールは中央へ、しかしどちらも安定が失ったか、ちょっとばたばた倒れてしまいます。第二小隊も前進し全員攻撃、しかしキーパーが必死に戻っている間にスローインのミス、試合は中央での戦いに戻ります。シーラカンスもセンターまで上がって攻撃参加。ミステイクスも三機での一斉攻撃に入ります。素早い横歩きですが、シーラカンスがなかなか狙ったところに辿り着けません。エンドラインを割ったボールはキーパーからセンターへ、後ろ歩きでのバックドリブルで距離を稼ぎますが、ボールは中盤でフリーに。ミステイクス側に押し込みきれないうちに、ボールは逆サイド、シーラカンス前に。気がつくとラビュットがゴールを守っています。やはりこのポジションが本来の姿なんでしょうか。
 最後はボールが転がってオウンゴールの危機直前の中ですが、ここで時間切れ。2-0でミステイクスが勝利を収めます。

第10試合:OA-4 (四川会まじまじvsRFCバンブーブリッジ)

 そりゃもう、タマが動き回るだけで子供達ったら大喜び。四川会とバンブーブリッジの対決、今度はタマは控えに回り、メタリックファイターが前衛に加わります。それにしても豪華なメンバーだなあ。
 試合開始、バンブーのキックはメタリックファイターの間を割って中央へ、押し戻したボールはしかしカットされて四川会側が押されている展開。ゴール前でトコトコ丸と1対1となりますが押し切れず、トコトコ丸のキャッチで試合再開。キックで中央までボールが戻りますが、これをセンターでバンブーがカット。再びゴール前でボールを挟んでキーパーとの睨み合いとなります。ボールを絡んで6体の勝負、メタリックファイターのサイドキックとマジンガアの突撃で試合の展開はバンブー側へ、しかしフォーメーションの変更の素早い事、あっと言う間にバンブーが防御フォーメーションに戻ります。
 ゴール前で睨み合い…… しかし、ああ。ここでマジンガアに攻撃行為と言う事で、今大会初のイエローカードが繰り出されます。さて足首を使っての微妙なキックを繰り出すマジンガアですが、バンブーがこれを凌いで弾き返し、一方ボールの位置のせいで起き上がれないメタリックファイター。転がったボールを背中で受けたバンブーブリッジ、そのまま背面ドリブルでトコトコとの睨み合い。サイドにこぼれたボールを掴んでスローインを試みますが、メタリックファイターの頭部に当たってボールが跳ね返ります。残り30秒でボールはエンドライン寸前、メタリックファイターのキックをマジンガアが綺麗に止めます。しかしそのボールに絡まっている間に、バンブーブリッジがフリーになったボールをキープして反撃に…… と思いきや、ここで時間切れ。前半終了となります。

 2-3であることを気付かせないほどのいい動きを見せていたバンブー、後半では得点が見られるでしょうか。後半戦に出るのかどうか、タマがボールを蹴って思いっきり蹴り飛ばされています。……あ、タマはハーフタイムショーだけの登場だったようです。トコトコ丸が何事もなかったかのようにコートに復帰。

 あー、動かないのはファイティングγでしょうか? なんと2対3での後半戦開始です。脚でこねるような微妙なマジンガアのキックインから、メタリックファイターの隙をついてボールは中央へ。メタリックファイターとバンブーの睨み合い、しかし蹴り出されたボールをスローイン、味方の足下に綺麗に飛んだボールですがほんのわずか追随しきれずボールはサイドへ、しかしメタリックファイターのキックはバンブーへの綺麗なpさうと為ってしまいます。転がったオールはゴール前に転がり、バンブーの二機が転倒して動きを見失ってしまいます。復帰するまでの間にここでゴール、1-0となります。
 再開直後、マジンガアのキックから試合再開…… おっと、ここでメタリックファイターが下がってタマが登場します。試合は四川会が押し気味の展開、しかしバンブーが適確にカットを決めて四川会チームmオオしきれません。タマが転んで…… うわなんだ!? ぱーんと言う音とともにタマの頭が破裂します! 風船の破片をぶら下げたまま起き上がれません。キーパーが起こしましたが動けません。なんでしょう、音声認識の誤作動で動けなくなったと言う説がりますが。そんなことをしているいちに試合は0-0のまま睨み合い、やはり四川会が押し気味のまま推移しています。残り15秒、最後はボールを奪って素早い追い上げを見せますが、ここで惜しくも時間切れ。さすがに三機中の一機を失ったビハインドはあまりに大きく、バンブーブリッジ惜敗。四川会、1-0で勝利を収めます。

|

« アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第1試合~第5試合】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第11試合~第15試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/16823519

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第6試合~第10試合】:

« アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第1試合~第5試合】 | トップページ | アキバ・ロボット運動会2007 第7回KONDO CUP観戦記【第11試合~第15試合】 »