« 自動改札の決闘。(☆☆) | トップページ | 消炎沈痛(★★★) »

2007.11.21

レントン教授ではないのでエウレカとは叫ばない。(☆)

リンク: 任天堂 DS ソフト | レイトン教授と悪魔の箱.

 というわけで。前作「不思議の町」も、週間配信のぶんは別として。一問だけ残してあと全部解いた、と言うくらいに気に入ってしまったこのシリーズ。早速登場の次回作も楽しみでならない昨今です。
 や、もともと「頭の体操」シリーズが大好きだったのに加えて、音楽やキャラクター、ちょこちょこ挟まるアニメシーンの動き具合といった全体の雰囲気が、実に統一感が取れていてステキなんですよね。なんというか、ユニークさとかわいらしさに、えもいわれぬ郷愁が満遍なく降り注いでいる感じと言うか。
 なにかにつけて「だったら麻雀で勝負だ!」級の強引さで謎解きを挑んでくる、前作の無茶な展開も好きでしたが、今回はもう少しお話に沿った謎が展開する形になるようです。
 ストーリーといえば、またこの舞台装置が古典ミステリしてていいんですよね。前作が閉ざされた村、今度は列車と来るわけですから。

 ともあれ、色々楽しみなこの悪魔の箱。しばらくはFFTA2とツープラトンでDSを振り回す事になりそうです。

|

« 自動改札の決闘。(☆☆) | トップページ | 消炎沈痛(★★★) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17156298

この記事へのトラックバック一覧です: レントン教授ではないのでエウレカとは叫ばない。(☆):

« 自動改札の決闘。(☆☆) | トップページ | 消炎沈痛(★★★) »