« 二足歩行ホビーロボットがわかる本(☆☆) | トップページ | ひとりぼっちの麻布台(☆) »

2007.11.28

スリムなロビーとグランドチャンピオンシップ

リンク: 早大菅野研、人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を発表~受動的な人間追従能力を持ち、家庭内での介助補助等を目標.

 見た瞬間、外見は全く違うはずなのにロビーだ!と思ってしまったこのロボット。横から見たところなんか特に、パワフルさとユーモラスさが共存していてステキな感じです。どこかゴールキーパーに見えるのは、掌だけ色違いだからなのかも知れませんね。親指の付け根あたりは複雑になりすぎず上手い仕組みだと素人目にも思いますー。でも四本指なんですね。 
 スライドの写真にありましたが、胴体をくねっと曲げて足下のものを拾っている辺りなんか、なかなかキュートな仕草です。単体での能力もさることながら、周りの環境が整っているところでこそ真価を発揮しそうな感もあり。家庭や老人ホームとかよりも、まずは病院関係に先に入っていきそうな気がしますねー。

 さてさて、大ロボット博もあれば今年のロボット大賞もノミネートが発表され、残すところ一ヶ月ながらまだまだロボットづいている本年ですが。師走の皮切り、今週末の土曜、12/1は。国際ロボット展にて、ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ大会が行われます。
 ROBO-ONE GPとROBO-ONE決勝戦をミックスしたようなこのイベントは、1日限りで繰り広げられる大ロボットバトルイベント。ROBO-ONEのトップファイター連、所謂GP組のみならず、今年、各地方各大会で好成績を上げている強豪ロボットを招いての大トーナメントが行われます。
 関西のケルビムにヨゴローザ、九州のスーパーディガー、歴代開催地の飛騨からはニュートリノRX、長井からはフラワー戦隊ナガレンジャーに、迎え撃つGP組はYG不知火、キングカイザーをはじめ言わずと知れた強豪揃いの皆さん方と言う。

 この日、一日トーナメントを見れば、ROBO-ONEの強豪戦士の多くが見られると言う(マジンガアが参戦していないのは残念なところですが)、年末格闘祭りを先取りの豪華な一日。ぜひぜひ皆さん、ご都合の宜しい方はぜひぜひ。一度ライブものを観戦しにいらしてくださいー。

|

« 二足歩行ホビーロボットがわかる本(☆☆) | トップページ | ひとりぼっちの麻布台(☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17218214

この記事へのトラックバック一覧です: スリムなロビーとグランドチャンピオンシップ:

« 二足歩行ホビーロボットがわかる本(☆☆) | トップページ | ひとりぼっちの麻布台(☆) »