« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【デモンストレーション】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【二回戦~決勝戦】 »

2007.12.09

ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【ランブル~一回戦】

 さあ、ウルトラセブンがエスカレーターで去った後また戻ってきたりしたあと、14時から大会再開です。
 まずは先程デモを行った各選手が再び呼び込み。ステージ上に勢揃いします。
 今日はアリウスが娘さんの操縦と言うことで、活躍が期待できそうです。逆にグレートマジンガアは正規操縦者ではなさそうなところがやや不安材料かも知れません。ところで、遊さんが大阪から参戦って言われてましたけど、これは何かの間違いじゃないかと。
 優勝を狙うキングカイザー、操縦者が今大会で卒業となるプティチーム。親子対決への意気込みを語るアリウスとアリキオンチーム。皆さんそれぞれ意気込みを語ります。

 さて、ここでトーナメント表が発表となります…… なります…… あれ、出てきませんね。あ、出ました出ました。
 ……あれ、なんと全9機のうち、6機しかトーナメント枠が埋まっていません。
 残る枠は二つ、余っている機体は三機。イーヴ、タマ、レトロ。これはどうやら、残る三機で敗者復活戦を行い、そのうち二機が一回戦への出場権を得る、と言う形のようです。
 問題は敗者復活戦のスタイルですが、ここでルール解説。ルールはバトルロイヤル、ランブルでの対決のようです。
 三機中二機が生存、と言うことで、生存率66%の180秒ランブル。因みに決着がつかなかった場合は、恒例のもので決めるのだそうです。お客さんにじっくり見ていて下さいと言うコメント。つまりこれはアレですな。

【ランブル:敗者復活戦】

 さあ、そんなわけでしょっぱなはランブルです! まずはレトロ、そしてイーヴ。さらにタマ。この三選手でのサバイバルマッチとなります。
 左にレトロ、右にタマ。真ん中にイーヴと言う配置。まずは中央! 割って入ったイーヴ、レトロとタマの両方ともなぎ倒しかねない勢いです。まずは頭を切り離し投げたタマ、リング脇で様子を見ます。イーヴはリング脇で転倒、起き上がろうと転げ回ります。この起き上がりがとても危ない、しかし立ち直って、レトロを押していきます。この間、なんとタマが…… リング脇で状況を睨んでいたかと思いきや、リング上から転落してしまいます! 残り二台、イーヴががんがん押す、しかし匍匐前進の姿勢のままレトロが耐える。そこから匍匐後進してイーヴのプッシュから脱出します。一瞬体を入れ替えたレトロ、しかしリング脇からイーヴは素早く復帰。レトロ立ち上がるも、だんだん力弱くなっていたところを、回転パンチで薙ぎ倒されてしまいます。イーヴが押していく押していく、レトロ、逃げようとしてリング脇で転倒。、起き上がろうとした片腕がリング淵から滑り落ち、レトロがリング脇から転落! ここでイーヴが勝ち残り、1位で敗者復活戦を通過となります。

 真っ先に自ら落ちてしまったタマの菅原さん。「すいません」「頭がとれてバランスが崩れたんでしょうか」「そういうことにしといてください。スパリゾートハワイアンズには自腹でいきます」とのことでした。

 ここでイーヴとレトロが試合決定。イーヴ、トコトコ丸との対決を選びます。自動的にレトロの相手はグレートマジンガアとの対決。さあ、これでいよいよ対戦カードが確定しました。このまま第1試合、四試合が行われます。

【一回戦】

一回戦 第1試合
○キングカイザー
vs
×プティ

 さて、まずはキングカイザーとプティ。両選手の呼び込みのあと、調整時間にルールの説明が軽く行われます。捨て身技一回のみ有効のルールなどが…… あ、イエローカードは1スリップ、レッドカードは1ダウンと同じ扱いなのだそうですよ。

 さあ、ここで試合開始。まずは横から寄ったキングカイザー、出会い頭にプティに横からパンチ、ここでプティがダウン…… おっと、いきなりここでタイムです。腕の配線が、パンチの時にコネクタが抜けてしまったようです。あとで伺ったんですが、なんとキングカイザーの腕先の爪にコードが引っかかり、配線のコネクタが抜けてしまったのだとか。出てしまいました、ROBO-ONE奥義『紐切り』です。
 開始するなり2ダウン。追い込まれた横を向いたプティ、慎重に接近しますが、キングカイザー、素早く向きを変えて絶えず正面にプティを捉えます。プティ、正面に飛びかかりスリップ。ダイビング攻撃の構えと見ましたが、キングカイザーの体まで届かず落ちてしまいます。最後は中ぐらいの間合いでプティが立ったところに、横からキングカイザーが強襲パンチ! 試合時間30秒弱、素早い試合運びでキングカイザー。3-0でいきなり勝利を収めます。

 引退試合ということで、でトーインフェニックスチームのお二人がインタビューされます。これまで4回挑戦し、重量級4位をベストとした、とのこと。後輩の皆さんにはには「どうにかやってくれ」とのメッセージでありました。

一回戦 第2試合
○アリウス
vs
×アリキオン

 さて次なるはスミイファミリー親子対決! アリキオンとアリウスの対決です。スミイファミリー、ご夫婦の対決と言うのは今まで何度か見た記憶がありますが、娘さんの試合運びには定評があります。この勝負どうなりますでしょうか。立ち位置に悩んでいる感じのお父さんは、あちらこちらと目を配っています。
 両方とも同じような感じで震動している中、試合開始! 両方とも横歩きで接近した両者、アリウスとアリキオン、双方めくるような横突きを放ちますがなかなか当たっていきません。なんだかアリウスの攻撃が、アリキオンのスカートに引っかかってめくり上げている体勢なんですが…… おっと、アリウスの攻撃が、アリキオンの体を掬い上げるようにヒット。これで1ダウンです。
 アリキオン、アリウスの攻撃正面から回り込みを試みますが、しかしアリウスの攻撃レンジにずっとアリキオンが入っているような格好、しかしアリウス、ちょっと突きが深かったか、自らスリップしてしまいます。やや後ろをを取ったアリウス、しかし手数は放ちますが攻撃は入っていきません。真っ正面を捉えたアリウス、アリキオンの胸元を突いて、自らもスリップしながらも2ダウン! リング脇にアリキオンを追い詰めたアリウス、背中から追い詰めていきます。アリウスの攻勢が続く。背中合わせでの横突き、バランスを崩したアリウスが2スリップで1ダウン、さらにアリキオン、すかさず横突きを放って2ダウン! 2-2の状況からしかし、アリキオンの状況がおかしい。足首が歪んでいます、起き上がれません。転んでいきますが起き上がれない、このまま10カウント、2-3でアリウス、親子対決を制して二回戦に進みます!
 アリキオン、足首のサーボが壊れてしまったようですね。どっちが勝っても負けても突っ込まれる運命のお父さん。ともかくも二回戦へ進みます。

一回戦 第3試合
○トコトコ丸
vs
×ivre

2007120911

 さあ三試合目。激しい叩き合いとなりますか、イーヴとトコトコ丸の対決です。会場からかわいいー!の声の飛ぶトコトコ丸ですが、大きさの違いすぎるイーヴを相手にどう攻撃を当てていくのか。トコトコ丸には厳しい勝負となりそうです。
 まずは一気に間合いを詰めたイーヴ、トコトコ丸はリング脇を回って背後を取ろうとしますが、なかなか背後を、おっとこれは作戦だったか。攻撃を仕掛けよう、と背を伸ばしたイーヴにトコトコ丸がカウンターを打ち込み、1ダウン!
 イーヴ、またも攻撃しようとしたところを叩かれて腕が着地、瞬く間に2ダウンを奪われてしまいます。しかし慎重に接近したイーヴ、服の上から強引にトコトコ丸を薙ぎ倒し1ダウンを奪います。トコトコ丸、接近したところを自らスリップし2スリップ。これでダウン数は2-2、イーヴンとなります。
 さらに両者1スリップを重ねサドンデス状態。絶えず動いて動いて回り込むトコトコ丸に、立ち止まって攻撃チャンスを練るイーヴ。しかし腕を伸ばしたところを狙っていくトコトコ丸…… なんと、おっと! イーヴ、旋回した拍子に伸ばした腕がバランスを崩し、この腕が着地! バランスを崩したところで2スリップを取られ、3-2。接戦を制し、トコトコ丸が二回戦に進みます!

 遊さん、トコトコ丸の視界の影にイーヴが入ってしまい、立て続けに2ダウンを取られてしまったとのこと。しかしこれは、なんとこれは網野さんの作戦だったようです…… 最初、攻撃にかからずに位置取りを慎重に行っていたのはこれが狙いだったんですね。
 操縦者とロボットの連携を絶つ奇襲作戦が功を奏して。トコトコ丸が強豪イーヴを破りました!

一回戦 第4試合
○グレートマジンガア
vs
×レトロ

 さあ一回戦最後の試合、レトロとグレートマジンガアの対決です! ちょっと本調子ではない感じのレトロに対し、グレートマジンガアがどう攻めていくのか。今日のレトロはバーチャスティックじゃないんですね。一方のグレートはマスタースレーヴのテストも順調。スクランブルダッシュも凛々しくリングインです。

 試合開始、まずは両者詰める。、リング中央でレトロのパンチ、しかし躱したグレート、見事な攻撃で1ダウン。レトロ、脇から突いていますが、グレートよろけはするが倒れない。レトロ、グレートに背後を取られたかと思った途端、後方へバンザイ状態に捨て身技を発射! グレートを巻き込んで奇襲のダウン攻撃、これで1ダウンを奪い返します。
 しかし接近したレトロ、今度は前方捨て身技を繰り出してしまいます。1試合に1回までのルールに抵触しこれでイエロー。レトロ、パンチを出したあとよろけてしまいます。グレート、マスタースレーヴでパンチを放ちますが、レトロに引っかかって前へと転倒してしまい、これで1スリップ。しかし再起後、レトロの背後から接近。強力なパンチを繰り出し後ろから薙ぎ倒します。レトロもパンチを放ちますが、グレートよろけても倒れません。凌いでいきます。
 最後はレトロがパンチを放ちますが、グレートを倒せないままバランスを崩し、前方へスリップダウン。これが3ダウン目となり、スコアは3-1でしょうか。グレートマジンガア、レトロを倒して2回戦へ駒を進めます。

 さて、ここで一時休憩。3時30分から二回戦となります。

 ええと、ここでウルトラセブンが再度登場。今度はステージ上に子供達を上げて、撮影会を行っておりました。お姉さんはもちろん孤軍奮闘でずっとアナウンスです。

|

« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【デモンストレーション】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【二回戦~決勝戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17323646

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【ランブル~一回戦】:

« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【デモンストレーション】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【二回戦~決勝戦】 »