« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【入場編】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【ランブル~一回戦】 »

2007.12.09

ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【デモンストレーション】

 まずは試合に先立ちまして、9体のロボットそれぞれに、観客へのアピールタイムが設けられます。というわけで、ここからは各ロボットのデモンストレーションとなります。
 一番手はベルトホルダー、キングカイザーからスタートとなります。

【デモンストレーション】

1.キングカイザー

 まずトップバッターは、鉄壁の皇帝キングカイザー。マルファミリーお父さんの解説からスタートです。プロレスなどをモデルにした肉弾戦スタイルから、ボクサースタイルに転向したキングカイザー。お父さんの指示で息子さんがジャブやパンチを繰り出します。
 持ち出したのは2lのペットボトル。やや遠目の間合いから左ジャブ、続いて右ジャブでそれぞれペットボトルを倒します。パンチ力は約2kg以上、さらにビニールテープでボトルを一本に束ね、これをもパンチ一発、4kgを倒します。

2007120903

 ここからは先端でねじりを加えたワンツーパンチ、さらに対イーヴを想定しての下段を狙うパンチ、腰を捻っての高速ターンを披露していきます。
 わずか一週間の間に、グランドチャンピオンシップからさらに進化してきたキングカイザー。今日はどこまで勝ち進むでしょうか。

2.プティ

 さあ続いては、ちょっととぼけたアルカイックな笑顔が魅力。胸にPの字のプティです。グランドチャンピオンシップではあまり活躍できませんでしたが、今回は如何でしょう。
 リングの中央でスポットライトを浴びたプティ。講説を受けつつまず一礼、そしてプティと言えばこれ、気色の悪い逆関節屈伸を含めた準備運動。くねくね手首足首から、横に立ってる人と一緒にブートキャンプ。ツイストから片足上げ、腕ブンブン。そして次はいきなりお茶立て。正座して茶筅を持ち、茶碗をごしごし掻き回します。最後はちゃんとのの字のあと、ささどうぞ、と。下げた頭がぴくぴくしています。
 そして最後はネタを繰り出しますよ。「そんなの関係ねえ!」「おっぱっぴー!」と流行ものをそつなく繰り出して、お客さん大喜びのうちデモ修了となります。

2007120904

 使用軸数、ちなみに22軸、とのことでした。

3.アリウス

 さて続いてはスミイファミリーのフラッグシップ、アリウスの登場です。こないだついていた頭部先端の突起物カバー、今日は外れているようです。
 まずはサッカーボールとゴールがリング上に。軽快な動きで横歩き、位置を調整したアリウス。お父さんの解説で今日は娘さんの操縦です。左足で放ったシュートは見事ボールを捉え、ほとんぼボールとジャストサイズの小さいゴールに滑り込みます。

2007120905

 アリウスといえばヘッドバットですが、今回のヘッドバットはひとしきり凶暴です。なんと長い腕を伸ばしたままでヘッドバット、まるで水飲み鳥のごとく頭頂部が孤を描いて襲います。これは怖い。
 続いては腕と頭部のセンサーを使い、泥棒避けのデモ。泥棒役のロボノバが目の前を通ったのを発見し、アリウスが自動攻撃を仕掛けます。ちょっと遠すぎて認識できなかったり、攻撃を仕掛ける前にロボノバが倒れちゃったりしましたが、見事、自動攻撃を仕掛けて修了となります。

 ここでROBO-ONEを生で見た事ある人? と言うアナウンスで問い合わせが入りますが、手を挙げたのが関係者っぽい人ばっかりだったのが一寸ショックでありました。予想通りでしたけども。ええ。

4.アリキオン

 さてそんなインターバルをちょっと挟んで、次なる登場はアリキオン。こちらの操縦はお母さん、デコレーションはクリスマス風スタイルです。細かい事ですけど、右腕に大きな鈴をつけたままで歩き回ってるんですよね。明らかにバランス崩れてるはずなのに凄い話です。
 さてアリキオンのデモは、喋って歌って踊ると言うもの。トランスミッタで、リング上に置いたラジカセに音声と曲を飛ばし、メリークリスマス! とアリキオンが踊り回ります。そのあとは左右に攻撃のデモを少し交えて、デモンストレーション修了となります。

 さて解説で突っ込まれているのはお父さん。なんかいきなり初戦がアリウスとアリキオンの対決だそうです。どちらのセコンドにつくのかと聞かれたお父さん。「ガチンコで強いほうを残します」とのこと。

5.トコトコ丸

 さあ、こちらもクリスマスバージョン、サンタなカラーのトコトコ丸の登場です。まずはご挨拶から前方旋回の歩行、あ、なんか後頭部にでっかい絆創膏が貼ってあります。応急修理済みの様子。
 次は腕先から扇子を伸ばし、舞のモーションを披露。扇子を広げたままで決めポーズから、上体をかるーく揺らして阿波踊りのモーションを二回。さらに横突きから自動起き上がり、最後は扇子を収納モードに切り替えて、デモンストレーション修了となりました。

「ロボットに服を着せるといろいろ問題が起きると思うんですが」
「一番の問題は温度です。服の中に冷却装置を仕込んでいます」

 とのこと。要請に答えて服の中身(注:機械)をチラ見せして修了とあいなります。

2007120906

6.グレートマジンガア

 さあひさびさに見た感のあるグレートマジンガア、ご存じ元祖、マスタースレーヴのハーネスも健在…… おっと、今日は娘さんが操縦されるようです。
 まずは縄跳びから繰り出します。座ったまま高速で二回飛び、五回連続飛びを二回目までクリア。そして縄を外します。縄は子供用のものでしょうか、掴みのところが普通のものに見えますね。
 次はマスタースレーヴ…… 電源を入れた途端にマジンガアが変なポーズに捻られてしまいます。おっと、ちょっとマスタースレーヴの調子が良くない様子です。どこか配線が抜けているとかでしょうか。コントローラーでの操縦披露に切り替えます。ちょっと娘さんにレクチャしつつ、マジンガアがリング上をぞろぞろと動き回ります。
 最後は押されても倒れない自動防御能力を披露、なのですが、ちょっと押されて倒れてしまいます。リトライし、今度は成功。押されると、力のかかった方向に機体が自動で後退し、衝撃を吸収して転倒を避ける、と言うデモです。

 時間切れの後ですが、マスタースレーヴのシステムがここで復旧。操縦者のパンチに追随し、マシンガアが右に左にパンチを放ちます。マジンガアの強みである、戦略の柔軟性を支えるマスタースレーヴ。ひさびさに見ましたが、試合のほうも楽しみです。

7.ivre

2007120907

 さあ次なる登場は、遊さんの小型重量級ロボット、豆タンク・イーヴ。トゲの山ほどついたハリセンボンみたいなボールを携えて登場です。コントローラーは小さいですが、アンテナがものすごく長いです。
 腕先を振り上げた独特のポーズのまま前進後退、長く重い腕を旋回するように振り回しての攻撃モーション、そして続いては…… 押しても倒れない、と言うデモなのですが、これがまたすごい。
 中腰のような体勢で腕を広げたイーヴ、何をされても倒れない、衝撃を吸収してしまいます。腕で思いっきり突き飛ばしても、足がびよんびよんとバネのように震動して衝撃を吸収してしまいます。遊さんがボールを投げつけたのに続いて、会場のお子さんがもう思いっきり、そりゃあもうさすがお子さんってくらいの遠慮無さでボールを何度も投げつけますが、それでも倒れません。ぐにゃりびよんと言う感じで衝撃を吸収します。

 衝撃を受けると、ジャイロを使って、足首を前に、膝などを後ろに倒れるように動く事で、ぐにゃっと上体を歪めて衝撃を吸収しているとのことです。いやあもうなんか、新手の生き物のような動きです。
 天性の防御力にさらに磨きをかけたイーヴ。どうやって他の機体はこれを攻め崩すんでしょうか。

8.レトロ

 さて、実はイーヴの前にデモをやるはずだったスギウラブラザーズのレトロ。ここで登場。いつも二人組のスギウラブラザーズですが、今日はお一人で面倒を見られるようです。
 レトロはまず歩行を披露。作られてから時間が立っている、と言う事でしょぼしょぼと言っていましたが、前方へ横へと着実に。そのあとはボクサースタイルでのガードの構え。後楽園ホールの近くだけに亀田スタイル。そこからレトロのオリジナルと言えるような火星大王っぽいロボットをリング上に用意、これに肉薄してからジャブで倒します。
 そのあとはランブル用のモーションと言うことで匍匐前進を披露なのですが…… なんと前方へ倒れ込んだ時に、すぽーんと頭が吹っ飛んでしまいます!

2007120908

 頭がとれた状況から匍匐前進、匍匐後退。「頭の取れた状態でこの絵は大丈夫なんでしょうか」と言うところで、最後に戻った頭とともに、「こんなの関係ねえ」のアピール。

 ロボットで頭が取れるのは定番ですから、と井上さんの解説。そしてこの後登場するのは、もちろん……

9.タマ

 さあ最後は勿論タマの登場です。風船で出来た頭部のインパクトが強すぎて、胴体部の印象がかすんでしまうすごいロボット。音響センサーで合図をキャッチし、さまざまなデモを繰り出すタマですが、今日はやや性急な様子。と言うのは、タマのセンサーがどうやら会場の(アトラクションズの中だけあって、会場はジェットコースターが頭上を走り回る有様です)騒音に反応してしまっていた様なんですね。

 まずは会場のお子さんをリング脇に招き、招いて、タマとキャッチボールのデモから開始となります。タマの頭が切り離されて空中を漂い始めると、会場からなんだこりゃー、とリアクションが飛びます。キャッチしたお子さん。一回ほど投げてみたあと、おそるおそると言う感じでそろそろとボールをタマに投げる、と言うか手渡しに。これにタマが反応し、風船ヘッドをぴっとキャッチ。
 今日は綺麗にキャッチボールが決まってちょっと安心の菅原さんですが、とか土田さんに言われてますが、今日は会場の音にタマが敏感に反応してしまっています。この次はタマに接続されたシューターから、会場で拍手の一番大きかったところにボールが飛んでいく…… はずだったのですが、会場の騒音を合図の手拍子と認識してしまったタマ、すぐに射撃体勢に入り、速攻で会場のど真ん中にタマボールをシュート! 周りを置き去りにする勢いで、デモをきびきびと進めてしまった今日のタマでありました。

「東京ドームも近いので今日はぜひ優勝して欲しい」と言う励ましとともに、タマのデモンストレーションは修了。これで参加9選手、全機のデモが修了となります。

 で、次はなんかウルトラセブンが出るらしいんですけど……

【ウルトラセブン】

2007120909

 12月29日より、東京ドームプリズムシティにて、「あけましてウルトラマン」と言うイベントが開催されるとのこと。こちらのウルトラセブンは、平成セブンではなく昭和セブンみたいですね。初代セブンなBGMが流れております。
 ……

 なんでしょうこれは。すごい無茶な絵です。と言うか、おねえさんがステージ上がってますし。遊びに来たそうですウルトラセブン。40周年だそうですウルトラセブン。
 お姉さん「セブン率いるウルトラファミリーですが」って言ってますけど、いつの間にセブンがリーダーに。ゾフィーの立場はどうなってしまうんでしょう。
 お正月のイベントの紹介なんですが、当たり前ですけどセブンは喋りませんので、お姉さんはかなり孤軍奮闘状態です。お手元にチラシが…… 貰っている人はいるんでしょうか、大丈夫でしょうか。

 お正月の数々の疑問をウルトラマンがパネルで紹介するとのこと。かなり無…… いや、頑張っている。頑張っている感じがします。
 あ、カネゴンが神社になるそうですよ。カネゴン神社。金運にかなり御利益がありそうです。お賽銭食べちゃいそうだ。カネゴンはウルトラQじゃないのかなあと言う疑念も浮かびましたが、この疑問は家に帰ってから解決したいと思います。
 「みんなセブンのショーを見た事がある人いるかなー? ……あー、何人かいるねー!」
 不屈のリアクションです。さすが、プロはすごい。

 そして知らないうちに、会場左手には前売りチケット販売会場が。ウルトラセブンに気を取られているうちにチケットブースを設営する見事な心理トリックです。さすがです。いやデモやってる間に設営したのかも知れませんが。

 最後はセブンと写真撮影会。最後はエメリウム光線のポーズで記念撮影のあと、握手会と記念撮影会。ウルトラセブンがステージから降りて握手会の構え。何も知らず会場に走り込んできた女子の皆さんが、いきなり出てきたセブンに怯えて後ずさっておりました。

 リングの上から、人がぞろぞろセブンのほうに。なんていうか、この光景が凄いです。
 握手会の間もお姉さんはステージ上で孤軍奮闘。「セブンと握手をすると、パワーを貰って風邪を引かないかも知れないよ!」 不確定だ!?

 混乱をセブンが連れて行った格好で、リング脇は秩序の度合いが増している感じですけども。なんかこんな状態のまま、試合開始を待ちます。

2007120910
(エスカレーターで会場を後にするウルトラセブンさん ※イメージ映像です)

|

« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【入場編】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【ランブル~一回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17323602

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【デモンストレーション】:

« ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【入場編】 | トップページ | ROBO-ONE GP 2007 IN 東京ドームシティ【ランブル~一回戦】 »