« ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【二回戦】 | トップページ | ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝戦】 »

2007.12.02

ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【準々決勝】

 さて、20分の休憩のあとは、いよいよ準々決勝の開始となります。
 ベスト8に残ったのは、なかなか順調に勝ち上がってきた8機。ここのところ登り調子のクロムキッド&ガルー。古豪復活のきざはしを見せる皇帝キングカイザーと古強者メタリックファイターと、見逃せない組み合わせになります。

準々決勝 第1試合
×Aerobattler ぺんと (なぐ)
vs
○ivre (遊)

 さてこの対決は豪腕対決となりますか、見かけによらず強力な攻撃モーションを持つペント、見かけによらず重量級となるイーヴとの対決です。
 開始直後、リング中央に攻めていく両者。ペント、やや横にかわして出方を待つ。イーヴ、中央から旋回し、足下を狙うような回転御パンチ! これでイーヴ、足下を切り払って1ダウン。離れたところから横にじわじわと接近するイーヴ。ペントも同じような攻撃を放つものの、背丈が違いすぎてペントの攻撃が頭上を潜り抜け、イーヴにヒットしていきません。イーヴ、さらに攻撃を加えスリップ。最後はイーヴとペント、両者の伸ばした攻撃腕が交錯し、当たったペントが相殺状態でダウン! これが3ヒット目となり、イーヴが勝利を収めます。

準々決勝 第2試合
×クロムキッド (kupakuma)
vs
○キングカイザー (マルファミリー)

 さあ、またまたテーマソングと一緒に登場キングカイザー。最前列のお子さん達に端から端まで思いっきりアピールしての登場です。そして相対するは高機動のクロムキッド。これはどういう対決になっていくんでしょうか。

 試合開始、旋回するクロムに対し、中央からキングカイザー、横に突きを繰り出しまします。これはまるで、手先を広げて掴むかのような牽制のジャブ、と言うかストレート状態。やや間合い的には遠いところに立たされたクロムキッド、ジャブで押し戻され接近しきれない状態。速攻でクロムの接近を阻んでいる形のキングカイザー、クロムキッドは斜め後方から接近して掬い上げるフックを放ちますが、しかし反撃に見舞われる。まず1ダウンを奪われます。
 ガードを固めたキングカイザーに正面から接近したクロムキッド。しかし真後ろを向けてしまっていた関係で攻撃の間合いに入れず、離れてしまいます。一寸離れたところ、遠ーい間合いからキングカイザーのパンチが突っ込み、クロム、攻撃ポジションを場所を取れないまま押しのけられ2ダウン!
 自分の戦いをさせてもらえないままに追い込まれたクロムキッドですが、間合いを詰められない状態から後方から接近、クロムキッド、しかしスリップしてしまいます。キングカイザー、ジャブを繰り出してどんどんと牽制していきます。クロムキッド攻め手を見つけられません。見つからないまま。これはどうなる。接近はするんですが、キングカイザーのパンチで後ろに押されてしまって、クロムの間合いから微妙に離れてしまうんですね。最後はキングカイザーがパンチ! クロムキッドの頭を本当にもぎ取ってしまい、勝利を収めます。
 勝利したマルファミリー父さん、お子さん達にカードを配るそつのない宣伝活動。キングカイザーが勝利を収めました。

 因みにモーション、お父さんが作って提案したら息子さんに思いっきりダメ出しされたそうです。お子さん専用と言う事で、これで操縦者が変わると全力を発揮しきれないだろう、と言うお話でありました。

準々決勝 第3試合
○Aerobattler MON☆ (なぐ)
vs
×ケルビム (ロボットフォース)

 さあ続いてはケルビムとモンスター、大中それぞれ赤いロボット同士の対決です。かなりサイズの違う対決なんですけども、ケルビムがこのサイズ差をどう攻めるのかの勝負になりそうです。
 まず接近したケルビム、モンスターは旋回攻撃の構え。いやなんとケルビム、いきなり投げ技です。モンスターの足下を掴んでいったんは止まったものの、二度目に持ち上げて崩すようにモンスターを倒します! これで1ダウン、一方のモンスターも正面からケルビムを掴みますが、これは倒しきれず。さらにモンスターが旋回した腕もろとも後方スリップのあと、再度はなった旋回攻撃がケルビムにヒット! 頭か、パーツが一部もげてしまいます。いや胸だ、胸の外装が取れてしまいます。最後は足下に放った攻撃の腕先にモンスターの攻撃がヒットし、捲り上げるようにケルビムを持ち上げる! これが3ヒット目となり、3-1。モンスター、準決勝に駒を進めます。

準々決勝 第4試合
×メタリックファイター (森永英一郎)
vs
○ガルー (kupakuma)

 さあ、これも面白い対決です! 高速の勝負が期待できるガルーとメタリックファイター、上り調子同士の選手同士の対決です。これはまためまぐるしい勝負になりそうだ。
 まずはメタリックファイター、孤を描いて旋回し、側方から接近、序盤から激しい撃ち合い、同じ方向に両者パンチを放ちます。ちょっと離れたところからメタリックファイターが素早い横歩きで一気に詰める。そのままガルーの正面を通過し、逆サイドに入ってそこからメタリックパンチを放ちます。冴えるコントローラー捌き。メタリックファイターの鋭い攻撃、ガルーも間合いを掴めず攻撃がなかなか入っていかない…… いや、間合いを広く取りすぎたかメタリックファイター、なんとリングから転落! みずからリングアウトしてしまいます。
 今度は復帰直後、何かをやりかかったメタリックファイターの胴に、真っ正面からガルーのパンチがヒット! まるで体をくの字に折り曲げるようにしてメタリックファイターが吹っ飛びダウン、これで2-0、このあと大技の不発でスリップを取られ追い込まれたメタリックファイター。ガルーとパンチの撃ち合い、腕先がぶつかりあう激しい打撃戦、最後は斜め前方から入ったガルーのパンチがクリーンヒットとなり、これで3-0。激しい戦いながらもスコアは3-0、ガルーが勝利を収めました。
 試合の感想を聞かれ「何も覚えていません」と森永さん。ガルー、スピード勝負を制して準決勝へと進みます。

|

« ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【二回戦】 | トップページ | ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17246220

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【準々決勝】:

« ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【二回戦】 | トップページ | ROBO-ONEグランドチャンピオンシップ in 国際ロボット展2007観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝戦】 »