« 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【ボトルトラクション】 | トップページ | 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【キューブ】 »

2008.01.13

第4回わんだほーろぼっとか~にばる【サイコロシュート】

 さて、いよいよ150秒の運試し。1on1のなんでもありのロボットサッカー、サイコロシュート。なんでもありと言うのはほぼあらゆる意味でなんでもあり。なにしろボールはサイコロ、そして得点はゴールしたときのその出目なのです。いかれたルールのロボットサッカーが第三競技、サイコロシュートの開始となります。
 ここから組み合わせが変更。これまでの2競技でのスコアを鑑みて、組み合わせが決定されます。

1組 ガルー vs YOGOROZA

 さあ、まずはガルーとヨゴローザ。いきなり飛び込んだガルーが幸先宜し、出目6点を叩き出します。再開直後、ガルーのコーナーからスローイン。中央に転がったサイコロはヨゴローザの後ろ、回り込もうとしたヨゴローザが転がり落ちている隙に中央から再開。ガルー。つかんで投げようとしますがこれは空転。ヨゴローザがサイコロを再度に投げます。ややガルー押し気味のところから再開、しかしこれもサイドに転がってしまいます。ヨゴローザを押すようにサイコロを押し込んだガルー、これで5点。11点となります。
 ヨゴローザとガルー、中央での激しい押し合いを一歩も譲らず、さらにヨゴローザごと押し込んでもう1シュート。16-0、いきなりのとんでもないスコアで第1試合終了となります。

2組 フィアス'LL vs ナアガ

 さて次はフィアスルとナアガの対決です。まずは片腕でかるがるとサイコロを掴んで投げ込んだナアガ、サイコロを投げ込んで3点を奪取! 一方のフィアスル、シュートで反撃しますがそれはサイドへ。ナアガ、コーナーに転がったボールを掴んで投げますがなんとこれが痛恨オウンゴール、3-4でフィアスル逆転です。今度はフィアスルのキックをナアガが凌ぐ。サイドに転がったサイコロは中盤からの再開。いきなりのシュートですがナアガも適確にこれをブロック。ナアガの逆襲のシュートはゴール寸前で停止、しかし突っ込んだナアガ、体で押し込んで追加点。
 しかし今度はフィアスル、奇襲のロングシュート! しかしサイコロの出目は非情の1。中央での押し合い、フィアスル、ナアガを転倒させますが、横にブロックしていくナアガのラインを押し切っていけない。バランスの拮抗した勝負です。掴みの姿勢で前進したナアガ、脚でボールをキープして孤を描きボールをキープ、なんだかギアのきしむ異様な音がしている中。フィアスルごとサイコロを押し込んだナアガ、11-5でこの勝負を制します。

3組 rsv3 vs トコトコ丸

 さあ、今度は日本代表のユニフォームのトコトコ丸とrsvの対決。サイコロシュートにこの服装はややいいんでしょうかと言う感じですが、トコトコ丸がボールを持ち上げてキープ、しかしrsvがブロック。ボールを抱えたままのトコトコ丸、背中を向けてサイコロを守りますが、なんてことでしょうかrsv、業を煮やしてトコトコ丸ごとサイコロをトコトコサイドへ。トコトコ丸もろともサイコロはリング外のゴールエリアへ。もろともに放り込まれた格好ですがまだサイコロの目は未確定、そこでトコトコ丸を離してみると出目は非情の1。
 またもサイコロを掴んだトコトコ丸、さっき同じ展開かと思いきや、離された手は6を出します。これを押し合う展開と見るや、今度はrsv3が片腕でサイコロをキープ。このまま投げ飛ばすかと思いきや、サイコロを押さえたrsv3の投擲、なんとトコトコ丸に跳ね返って出目は2。
 最後はラインぎりぎりに転がったサイコロの奪い合い。手で機体を起こした隙に殺到したトコトコ丸の袖を掴んで止めるrsv、しかしトコトコ丸が押し込んだサイコロの出目は5。7-1、トコトコ丸が勝利を収めます!

4組 黒かじろう vs そうじつ君

 さあ、次はそうじつ君とかじろうの対決。機体は大きいが軽快な動きのかじろう、サイコロを相手陣地に押し込みますが、そうじつ君のブロックに割り込まれサイドに落ちる。かじろう、またもそうじつ君を躱してサイコロを叩き込み、3点を先制。そうじつ君、軽快にボールを押し込みますが、かじろうラインぎりぎりでサイコロを奪う。たくみにサイコロとそうじつ君の間に体を押し込むかじろう。ちょっと起き上がれず手で起こしたりもしますが、ここで2ゴール目4点。これで7点となります。
 再開、黒かじろうは腕を広げての防御態勢、そうじつ君黒かじろうを抜いて後方へ、しかしサイコロはぎりぎりサイドから零れる。かじろう、ドリブルで抜いて攻め込んでいく、そじつ君がブロックしてサイコロはサイドへ。0-7、黒かじろう勝利を収めます。

5組 ivre-VIN vs T-Storm

 さあ、これは注目の勝負です。イーヴとTストーム、Tストームのスナイピングキックも恐ろしいですが、さりとて存在そのものが恐ろしいのがイーヴです。
 試合開始、Tストームはキックを繰り出しますが制せず、部品を落としてダウン。大シュートを繰り出すイーヴ、しかしこれはサイドへ。台風か何かのようなイーヴの防御が崩れた隙を突いて、Tストーム後方へ割り込んでまず先制ゴール。イーヴ、ゴールへ突っ込んでほとんどTストームもろともサイコロを押し込むも、これは1点に終わります。。
 股の間にサイコロをキープしたイーヴ、しかし歩行の勢いでサイコロがイーヴサイドへ、ひとつ間違えばオウンゴールの距離。これは危険、これは危ない。Tストーム、キックの途中にイーヴに弾かれてシュートは不発、逆にイーヴ、なんとフィールドの反対側から超ロングシュート、ラインぎりぎりから蹴り込んだサイコロがTストームサイドへ、点数は5! 
 再開直後の時間切れぎりぎり、操縦しているTom-iさんのあたりまで飛んでいく最後のシュートも決まり、サイコロの出目は2。8-3でイーヴの勝利となります。

6組 ff(フォルテシモ) vs ビリジアン

 さあまずはビリジアンの攻めていく展開、いきなりの速攻で6点を奪います。小さいですが動きの綺麗なフォルテシモに、ビリジアンが慎重に攻める。キーパーモーションを繰り出したフォルテシモ、しかしちょっと防御が早かった、そのまま停止してしまいます。手で起こしているあいだにビリジアンが着実に前進。フォルテシモ、自分よりもかなり大きなサイコロをなんと手で掴んでクリア。サイドに転がします。
 押されているところからフォルテシモ、なんと見事な逆襲を見せます。小刻みなドリブルでビリジアンを押していき、ゴール寸前でダブルダウンするも立ち直ってゴール! 3点を繰り出します。
 ドリブルで距離を稼ぎビリジアンを幻惑するフォルテシモ、いい動きを見せますが、6-3でビリジアンが勝利を収めます。

7組 Kinopy(キノピィ) vs BBR5

 さて、次なるはキノピーとBBRの対決。いきなり開幕直後、腕を振り回すBBR、旋回足払いのような動作に、サイコロが吹き飛ばされて逆サイドへと飛んでいきます。ボールはサイドへ、中央からの再会。キノピー、持ち上げにかかりますがなかなか上手くいかない。BBR攻める、持ち上げモーション、もしくは腕でボールを弾くモーションでしょうか、しかし不発になってしまう。
 一転攻めたキノピー、BBRのダウンの隙に攻撃を押し込みますがこれはサイドへ。両者同時に持ち上げを繰り出しますが、これはお互いに干渉してしまって成功せず。しかしBBRが転倒した隙にキノピー持ち上げに成功、最後は両者、サイコロもロボットももろともにBBRラインへタッチダウン。サイコロを掴んだままのキノピーが手を離すと、転がったサイコロの出目は3。これで3-0でしょうか、キノピーが勝利を収めます。

8組 Feynman vs Cavalier(キャバリア)

 さあ、次はファイマンとキャバリアの対決です。ファイマンが力で押し込んでいく展開、しかしファイマンが転倒した隙にサイコロを奪ったキャバリア、旋回しながら逆襲しまず先制。しかし出目は1となります。
 再開、パワーではファイマンに理があります。脇から押し込んでいきますが、キャバリアサイドのぎりぎりにサイコロが停滞。ファイマン、サイコロを掴んでシュートを狙いますが、これは成功せず。再開後中央での押し合いからキャバリア、転倒したところから復帰して速攻で相手を抜きますが、ロボット同士が絡まって転倒してしまいます。キャバリア押し気味の位置からの再開、キャバリアの攻撃モーションが繰り出されます。ファイマンの隙をついて2ゴール目、ところがこれもサイコロの目が1。ゴールして出目を見た瞬間にえまのんさんが自ら転がってしまいます。
 2シュートでしたが2-0、キャバリアが勝利を収めます。

9組 Gram vs BLACK TIGER NEO

 さあ次はグラムとブラックタイガーの対決、腕でサイコロを押し出そうとするグラム、ブラックタイガーをかわしてサイコロをキープしますが、ブラックタイガーに押し出されてしまいます。サイコロはブラックタイガーサイド、どちらも手が出せない状態での睨み合い、グラムぎりぎりまで押していきますが、ブラックタイガーも防御態勢に入って凌ぎます。やや脇へ、中央へ転がったサイコロ、しかしグラムの攻撃をブラックタイガー凌ぐ。ボールは逆側のサイドへ、シュートチャンスが続きますが点数が入れられない。ここで1分30秒、ブラックタイガー押された状況での押し合いが続きます。ここでブラックタイガー押し返した、攻め返せるか、しかしサイコロが体の後ろに行ってしまう。ブラックタイガー抜いたか、サイコロはグラムの背後へ。しかしここで時間が足りない、ノーゴール、0-0のまま試合終了。初のノーゴールゲームとなりました。

10組 fighting-γ(ファイティングガンマ) vs 竜鬼Ⅱ

 さあすごい選手の登場、強豪サッカーチームバンブーブリッジの要・γと竜鬼の対決です。軽く交錯からリング中央へ、両者横歩きのようにしてサイドへ。ファイティングγ、押していきますが竜鬼、パンチで相手を薙ぎ倒してしまいます。サイドでの睨み合いから竜鬼、隙をついてゴール! この出目は3。再開直後、パワーで優れる竜鬼が力強く押し込んで行きます。ファイティングγ、サイドからかわして押し込み出目は6。めまぐるしい勝負です、すかさず押し込んで反撃に転じた竜鬼、シュートしてこの出目は5。押し合いでは竜鬼が優位か、次々とシュートを決めていきます、こんどの出目は3。ここで残念ながら試合終了、11-6で竜鬼が勝利を収めます。

11組 KRAFWERK(クラフトワーク) vs NOVAGON(ノバゴン)

 続いてはクラフトワークとノバゴンの対決。ノバゴンボールでの開始となります。
クラフトワーク、ノバゴンの転倒の隙をついて前進するも局面は不利に。クラフトワーク押し戻そうとしますが、まずはノバゴンが先制します。
 再開からクラフトワーク、押し戻しを試みますが、ノバゴンが割り込んでシュート、しかしサイコロはサイドへ。クラフトワークのドリブルで再開、横へ横へ展開が移動します。移動しながら旋回して場所を変えたクラフトワーク、5点を収めます。押し戻してひさびさに場面はノバゴンサイドへ、競り勝ってノバゴンを倒したクラフトワーク、シュートを狙いますが勢い余って機体がサイコロの向こうへ、その隙に復帰したノバゴン、ドリブルでサイコロを奪い返します。前方は無人、ノバゴン残り6秒シュートできるか、ぎりぎりで4点を入れたと同時に終了。10-0、ノバゴンが勝利を収めます。

12組 シーラカンス vs で・か~る

 続いてはシーラカンスとでかーるの対決。ちょっとなんていうか読めない展開に…… でかーる、なんとまっすぐ突っ込んでいきます。コースアウトするまで直進、どうなっているんでしょうかと言っているうちにでかーるまたしても暴走。しかし直進したあいだにサイコロを巻き込んで先制を収めます。
 両足を広げてブロックしたでかーる、腕を振り回してサイコロを飛ばす、シーラカンスその隙にサイコロを奪ってシュートに持ち込む、点数は5点。でかーる、再開。横向きに構えます。突っ込んでいった、しかしサイコロが転がる、両腕を広げて展開、なんとシーラカンス、でかーるの腕に引っかかって引き寄せられてしまいます。でかーる、起き上がりに巻き込んでサイコロを押します。シーラカンス、まるで腕でキープしているような格好になってしまいます。にっちもさっちもいかないところにでかーるが突っ込みサイコロ落下、これで2点。でかーる、シュートでぎりぎりまでサイコロを持ち込みますが、これは時間切れで攻めきれず。5-9、でかーるの勝利です。

13組 たぬたぬさん vs アサルト

 次は期せずして小型ロボット勝負、たぬたぬ、小さい歩幅でサイコロを押してきます。アサルトもブロックの構えを見せます。ロボットが小さいためかリングが広く見える展開、サイドラインぎりぎりのサイコロは手が入って中央へ。アサルト、サイコロを奪って反撃に入りますが、処理に手間取っているうちにたぬたぬが戻って回り込みます。しかしアサルト、さらに押し込んでいく展開。たぬたぬのブロック、しかしアサルトが体を入れた、しかし攻撃に入れません。たぬたぬとサイコロの間にアサルトが入った形に乱暴なチャージ、さあなかなか局地的な攻防が続きます。アサルトのサイコロですが、やや試合はセンターへ戻されつつあります。おっと、これでサイコロがサイドへ。たぬたぬボールで再開、残り30秒。しかしサイコロはまたもサイドへ。なかなか厳しい勝負、アサルト、残り5秒でラストのシュートチャンスを掴むも攻めきれず。0-0で引き分けとなります。

14組 おふじゃんびぃZ vs Whil(ウィル)

 さあ、今度はなんだかずいぶん体格差のある組み合わせ。おふじゃんびぃとウィルの対決です。まずは押していくおふじゃんびぃ。転倒してしまいますが、突っ込まれるとサイコロもろとも、シュートでゴールされてしまうほど軽いウィル。おふじゃんびぃ、サイコロを入れて6点。おふじゃんびぃの突進をさすがに止められることができない、体格差が大きいです。ウィル、中央でサイコロに接近しますが、おふじゃんびぃはサイコロもろともウィルを押していくくらいの勢いです。攻めていくおふじゃんびぃ、転倒に巻き込まれるウィル。サイコロはなんとかサイドに逃しますが、これも実らずおふじゃんびぃがゴール。これも6点となり、点数は12-0。勝ったおふじゃんびぃZ、2シュートで12点と言う最高得点効率を叩き出しました。

15組 ローリングピラニ vs Eorz(イーオーアールゼット)

 まずは一礼から、押していくEorz。しかし絡まったところから再開、今度はローリングピラニ押し込んでいきます。EorZも押していきますが、正面勝負となるとピラニが強い。しかし押し切れないところで転倒となり睨み合いとなり、進展がなかなか進みません。1分経過、両者転倒しつつも、サイコロは着実にEorzサイドへ移動していきます。ピラニどうしたんでしょう、マシントラブルでしょうか。いや復帰します。なんていうか、正面でぶつかりあって転倒、の繰り返しです。しかしサイコロがゴール前へ。押していくEorz、しかしピラニがサイコロを奪う。しかしここで転倒。押し切りたいところです。ピラニ、シュートチャンス。このまま押していって、落ちたサイコロは出目6。時間ぎりぎりで6-0、ピラニ、勝利を収めます。

16組 Metallic Blue vs Battistrada(バティストラーダ)

 さあ次の勝負はメタリックブルーとバティストラーダ。青い機体同士の勝負となります。まずはバティストラーダのキック、しかしサイコロが動きません。バティストラーダ、どうしたんでしょう。倒立かなにかを繰り出しかけます。前転でサイコロをキープしたバティストラーダ、しかしメタリックブルーは起き上がりで苦心しています、もあいて起き上がれません。そうこうしているうちに、サイコロは中央で停滞、しかし両者ともなかなか、なんだろう。前転をくり返すバティストラーダと、いまいち歩行が安定しないメタリックブルー。バティストラーダ、ひたすら前転です。ボールをキープしたバティストラーダ、サイコロはややバティストラーダサイド寄りですが、メタリックブルーも攻めきれません。後転に巻き込まれて転倒、残り時間6秒、シュートはいけるか、歩けるか。時間ぎりぎりのキック、これは有効と見なされて1-0。メタリックブルー、ぎりぎりで1点を奪って勝利となります。

17組 フルフィ vs ゼルファー

 さあ、次はフルフィとゼルファーの対決です。ゼルファー、ボールを取って接近、フルフィも戻ります。横歩きをするとなにやら頭が左右に揺れて妙な感じですが。攻めていたゼルファー、しかしサイコロをキープしたフルフィを攻めていけません。横歩きで着実にサイコロを押すフルフィ、コースを修正しながらシュート、しかしシュート寸前で前方に踏み出して転倒、この隙にゼルファーが戻る、フルフィとサイコロの間に割りもうとします。フルディ、体もろとも転がり込みつつシュート。これで5点となります。ゼルファー、なんとか反撃したい。センターから押し込んでフルフィが転倒、攻撃位置につきます。しかしフルフィ、動きが上手い。ゼルファーからボールをかすめて中央へ試合を戻します。ゼルファーのブロックに、フルフィもヘッドセットを落としながら奮闘するも。時間切れ、5-0でしょうか、フルフィの勝利となります。

18組 ゴーレムくん vs wheeler

 さあ、サイコロシュート最後の試合は、これはなんてことでしょうか。有線ロボット同士の対決となります! ホイーラーとゴーレムくんの対決、コードをさばくスタッフもしっかり配置につきます。静かな立ち上がり…… おっと、ここで会長の裁定が! 1/4リング4枚を使っていた対決が、1枚での勝負に変更となります。いやー、これはなんていうか。よく見えない勝負です、
 ゴーレムくん、ファーストタッチ。ゴーレムくん、攻め込んでいく。ホイーラー、変形してもいいよ、と言う許可の声。ゴーレムくんその間にゴール! ゴーレムくんの初ゴールに「信じられません」の声の飛ぶ中、ホイーラーは車両モードに変更。ゴーレムくんは仁王立ちの防御態勢。足下に突っ込もうとするホイーラー、ゴーレムくん足下を狙われて倒れそうに。ホイーラー、走行できないんでしょうか、サイコロをそれてゴーレムくんの足下へ。なにも起きていないのにゴーレムくんが転倒しそうになります。ホイーラー、微妙に角度を調整しながらサイコロを狙う、ゴーレムくん、倒れそうになるところを神の手に支えられて立っている。カウントぎりぎりまで睨み合っての勝負、3-0でゴーレムくん、変則マッチを制して勝利を収めました!

 最後でものすごい展開の試合を差し挟み、これにてサイコロシュート終了。
 このあとは17時より、キューブが開催となります。

|

« 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【ボトルトラクション】 | トップページ | 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【キューブ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/17686896

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【サイコロシュート】:

« 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【ボトルトラクション】 | トップページ | 第4回わんだほーろぼっとか~にばる【キューブ】 »