« チロルチョコロボット大会2観戦記【2m走】 | トップページ | チロルチョコロボット大会2観戦記【チョコゲッター】 »

2008.02.11

チロルチョコロボット大会2観戦記【チョコサーチ】

2008021117

 さて、次なる競技はチョコサーチ。リング上にばらまかれたチロルチョコにロボットが触っていき、指定された色以外のチョコに触れるとタイム短縮。リングアウトするか、時間切れまでのあいだにどれだけのチョコに触れるかを競う競技です。

 元々は自律を見越しての競技だった由ですが、参加者が居ないと言う事でいろいろルールの変更。スタートと同時に、「一つのモーションを再生しっぱなしにするのは構わない」と言う事になりました。つまり、スタートと同時にボタンを押しっぱなしにして、手を離さなければ(最初に再生したモーションを再生しっぱなしにするのなら)、それはOKと言うことですね。
 やおら「モーション仕込み合戦」のような様相を呈したこの競技。果たしてどうなってしまうのでしょうか。

No.1 ぎがーるうし (しばんずぺい)

 開始と同時に直進…… しますが、コントローラーから手を離した時点で終了、となってしまいます。残念ながら記録は0個、3秒での終了となります。

No.2 Nano-6 (ごーすと)

2008021118

 さてルールに迷わされましたが次はナノの登場。スタートと同時に孤を描いて前進、途中2個に触りましたが、1個だけがスコア対象。タイムは13.5秒でした。

No.3 フウガ (イガア)

 さて次はフウガの登場です。これはうまい、円を描いて旋回するように仕込んだフウガ、ぐるぐるとだんだん広がる円を描いて前進していき、次々にチロルにぶつかっていきます。8個のうちスコア対象3個、対象外5個。これはかなりの好スコアです。

No.4 ぽさ2号機 (向山正晴)

 さて次はぽさの登場。こちらも旋回しての動きが目立つロボットですが、すぽんとカーブしてリングアウト。ここまでに2個を落として12.4秒でした。

No.5 プティキャノン (平野)

 プティキャノンは一回目のトライ、棄権。二回目の挑戦に賭けます。 

No.6 チョコン2 (KENTA)

 さてチョコンのトライ。スイッチを入れたあと、コントローラーから手を離して様子を見守ります。螺旋を描いて少しずつ外へ外へと広がっていくチョコン。チロルチョコを順調に巻き込んで前進していきます。時間切れまで粘るか、バッテリが無くなるかの勝負。5分はけっこう長いです。チロルを取り除くまさゆきさん。そうこうしているうちに時間切れ、5つゲットで5つペナルティ、これはここまでの最高記録です。

 ちょっとしたトラブルでまさゆきさんのチロロッポが投げロボと化したりしたのち、競技再開。

No.7 チョコウサ (K(くぼ))
 
 チョコウサは直進ルート、バスタブソールで足裏を大きくして巻き込む領域を広げる作戦。一個ずつを巻き込んでコースアウト、スコアは一個です。

No.8 ちょろ丸紅 (ケイン)

 さあ最後はちょろ丸の登場、今度は自律でのコントロールです! ペンライトに反応して走り出したちょろ丸、頭を落としながら前進! 綺麗にチロルのないコースを辿り、0個のスコアで転落。ちょろ丸、0個で終了です。

 さて。さきほどちょろ丸の出番の当たりから、チロルチョコのマーキング場所が消えてよくわかんなくなっちゃってた事が色々問題に。そこでテープで再マーキングを行う事になり、ここでいったん調整タイムに入ります。

 このあと二回目の出走です。

2008021119

 さてさて。5分休憩のあいだにテープでもってマーキング。再び各競技者、ボタン一発のトライに挑みます。

No.1 ぎがーるうし (しばんずぺい)

 まずは先程苦杯を嘗めたぎがーる。旋回して前進、しかしまっすぐ手前に進んでコースアウト。中途で1個を収めてスコアを稼ぎます。

No.2 Nano-6 (ごーすと)

 さて先程は斜めに前進したナノ。今度はもう少しエリアを広げての孤を描いた前進でしたが、スコアは2個となります。

No.3 フウガ (イガア)

 さて先程、旋回トライを見せたフウガの登場です。手前向きに魔変えてから動きはいじめたフウガ、今度はちょっと旋回半径が大きかった、90度ほど回ったところで転落。2個をゲットです。

No.4 ぽさ2号機 (向山正晴)

 続いてはぽさ二号機。こちらも頭を振って回りながら野旋回。くるりと二個を巻き込んで前進するものの、一周したところで転落。記録は二個でコースアウトです。

No.5 プティキャノン (平野)

 さて、さきほど棄権のプティキャノンいよいよ登場です。有線でセットしたまま操縦、かしかしと前進していきます。特に旋回とかはなく、そのまま前進の様子。まっしぐらに1個ずつ巻き込んで前進しコースアウト、スコアは1個となります。

No.6 チョコン2 (KENTA)

 先程綺麗な演技を見せたチョコン2。今度は記録を伸ばして行くでしょうか。再びスイッチを入れて、コントローラーから手を離します。あとは腕を組んで見守る様、しかし今度は回り込みが甘かった、大きく回ったチョコンはリングのコーナーまでたどり着いて転落、ここまで2個を落とし、2個をマークします。

No.7 チョコウサ (K(くぼ))

 さて続いてはチョコウサ。足裏にまたなんか乗っています。「ビターで」「コーヒーヌガー?」「黒いほうですね」と言いつつ開始。
 いきなり後進したチョコウサ、リング脇まで歩いて旋回開始、リングをなめるように前進していきますが。こう仕込んだんでしょうか、「いえ、偶然です」 不思議な状況です。足先に仕込んだチロルチョコをばらまいて競技を混乱させると言う意図だったようなのですが。これはしかし見事な旋回、一掃してしまいかねない雰囲気です。一杯落としていきますが、落とした数は狙っていない方がやや多い。見事なトライではありますが転落、同時にバスタブソールが外れて足先のチロルをぶちまけるチョコウサ。最後の最後でネタをきっちり繰り出して、終了となりました。

No.8 ちょろ丸紅 (ケイン)

2008021120

 さて最後はちょろ丸の登場。今度はいくつ落とし…… おっと。また間隙を縫うように進むちょろ丸。一個は引っかけて落としたものの、コースアウトとなりました。

 さてさて、これでチョコサーチは終了。
 ここでKENTAさんのチョコン2が総合1位に上がっていきます。ごーすとさんのナノが総合2位をキープ。3位にぎがーるとチョコウサがつけている、と言う格好です。

 この状況で最後の競技、チョコゲッターに移行します。

|

« チロルチョコロボット大会2観戦記【2m走】 | トップページ | チロルチョコロボット大会2観戦記【チョコゲッター】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40091552

この記事へのトラックバック一覧です: チロルチョコロボット大会2観戦記【チョコサーチ】:

« チロルチョコロボット大会2観戦記【2m走】 | トップページ | チロルチョコロボット大会2観戦記【チョコゲッター】 »