« 喜べ野郎共、ラムの配給だ!(☆☆☆) | トップページ | 古風麗しき骨太の作品、ソーマブリンガー(☆☆☆) »

2008.03.02

行ってきたのはdeepbluesさんというところでした。(☆☆)

リンク: 【ラム酒専門 船のバー】RUMBAR deepblues-千葉県船橋の海-.

 肉うめえ! ラムうめえ!(挨拶) そんなわけで、きのうの話の続きです。
 ことのおこりは金曜夜。「今週土曜日飲みにゆきませんか」と言うお誘いメッセがmixiで来たのがきっかけでした。
 今週土曜日って         明日かよ! と思いつつ、行きますよーと返事。すると待ち合わせ場所は船橋とのこと。
 船橋?
 船橋で飲むのは初めてだなあ。面子を見ると東部に住んでる人が大部分だからなのかも。と思いつつ、何も知らずに出かけたわけなのでした。
 船橋で待ち合わせるのは初めてで、中央改札でいいのかなァとか思いつつも待っていると、呼集したKKさんと合流。お店までは駅から結構歩くということと、会員制なので身分証か何か持ってます? と聞かれる。会員制? 不思議に思いつつも色々話をしていると、「どういう飲みなのか聞いてないです?」と言う事。いいえ全然全く。
 そしてここで初めて話を聞いてびっくり。船の上にある(正確には船の中にある)、ラム酒の専門店とのこと。どうやら本当に海の上に浮いている船の中。google mapで お店の座標を開くと、マジ水上です。おひょほ。
 わくわくしながらも出席者全員が合流。風の吹き荒れる寒い中を(一部勢いでさくらやに寄ってゲーム買ったりしながら)お店へ移動。駅からひたすら南下南下。真っ暗な道のりを、京葉道をひょいと超えてたどり着いたところにそのお店は、いやなんていうか、その船は停泊していました。ハーバーにヨットな感じ。クルーザーと言うかなんというか、本気で船です。

2008030201

 「携帯電話を落とさないように注意してくださいね」と言う黒霧さんの声におっかなびっくりキャットウォークから舷側へ。通路狭い! 階段急! ちょっとだけど揺れる! 頭上注意の狭い場所は、風波さんはしゃがみパンチよりもっとしゃがまないと通れない有様(帰り道に見送ってるお店の方も笑ってました)。もうこの時点で雰囲気は満足気味。

 船の中はカウンター席と、奥に5人くらい入れるキャビンスペースがあるくらいでいっぱいと言う感じ。カウンターは向こうにラムの瓶がびっしり、船室の外はもちろんすぐに海。それはもう素敵なスペースです。キャビンはキャビンで、あえて狭いとしか思えない空間の中、灯りはキャンドルと、ランタン風のスタンドランプ。周りのスペースには木造の船の模型にコルセアがもってそうな銃とこだわり限度突破風味。
 そしてメニューを見て一同うなり声。お店のページのラムのメニューフードメニューの長さの違いを見れば、大体雰囲気わかっていただけるのではないかと。フードメニューの一番下はあえて頼みませんでしたがきっとたぶんオチです。ビールのつまみはやっぱりビールです。
 たとえばソフトドリンクのメニューはライムジュースとレモンジュース限定です。大航海時代、壊血病を防ぐためにライムジュースが使われていたことにちなむ事は言うまでもありません。因みにお料理の付け合せは必ずザワークラウトがついてました。これもビタミンCの供給源。すげー。

 ラムのことは初心者が多かったので、アドバイスに沿って、と言うかお任せ状態であれこれお願いしてみることに。お料理も一通り頼んでみますが、そのかんもテンションは変なほうにあがりっぱなし。入会のために会員証を書いている間に「そいつの名前を控えろ!」と切り出して、ラムがワイングラス(違うのかも)で出てくると「(ちーん)はっはっはっはっはっはっ」と髭男爵の話で盛り上がり、どういうものかいまひとつ判らず頼んだシービスケットをしげしげ眺めていて、お店の人にどういうものかを教えて貰って、ひとしきり大航海時代ネタで盛り上がったり。
 シービスケットはビスケットにラードが乗った船員食。これはもうお前のラードが俺のより大きいとか、船員レベルの喧嘩をシミュレートして盛り上がり、一方の塩漬け豚肉は、厚切りベーコンと言うかんじの普通にすごい美味しい一品。しかしすでにテンションラム色の我々、食べるなり「肉うめえ!」「肉うめえ!」と感想どころか叫び合唱。店員さんの「これは船長とかえらい人しか食べられなかったんですよ」と言う説明が火に油を注いだのかも知れません。
 因みに塩漬け牛肉オートミールは残念ながら品切れで食べられず。「野郎共、今日は牛肉はナシだ!」から始まり、話題は「塩漬け牛肉オートミール」の想像図に。すっかり雰囲気は「船長とか普段何食ってんだろうと邪推している下っ端水兵」ムード。
 色々頂きましたラムも、それはもう香り高く濃厚で。サカパ・センテナリオ、非常においしゅうございました(忘れないようにメモしてるし)。こんなもん支給されたらそりゃあ士気も上がりますわ。チェイサーのお水を小さじ一杯入れると違った香りになりますよ、と言う教えに従うと、またふわりと微妙な感じ。これは美味しいなあ。

 途中KINGSの話をしたり偽島の話をしたりFFXIの話をしたりまた髭男爵の話をしたり、そんなこんなで終電間際まで盛り上がり、盛り上がりすぎて船橋駅まで急ぎ足で戻る羽目になっての。史上まれにみる船飲み会でありました。うわー、楽しかったー。
 人数に非常に限りがあるのが難しいところではありますが、こりゃああまりにもステキ。元ネタの判る人と示し合わせて、また行きたいものでありまする。うむ。

2008030202

|

« 喜べ野郎共、ラムの配給だ!(☆☆☆) | トップページ | 古風麗しき骨太の作品、ソーマブリンガー(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

てっきり
羊を食いまくったのかと思いました

投稿: ヨッコ | 2008.03.02 22:10

私も肉うまいから
ラム肉だと思ってました。

がラム酒のほうだったのですね。

投稿: rainplug | 2008.03.02 23:45

いいねえ!
ラムは好きなお酒で、HNの「キャプテン」はプエルトリコの「キャプテン・モルガン」から来てたりするのですよ。

♪亡者の箱まで、はってのぼった15人
 いっぱい飲もうぞ、ヨー・ホー・ホー!
(『宝島』より海賊の歌)

投稿: キャプテン | 2008.03.03 01:35

>ヨッコ姉さん
>rainplugさん

 僕も自分で書いといて、あとからそう思いました(笑)>ひつじ肉かと。
 ひつじの肉は昔北海道旅行に行った時に食べた思い出が忘れられませんねー。男子高校生ばっかり100人有余でひつじむさぼり食ったとですよ……。
 自由見学のコースにサッポロビール園を入れて、先生のチェックで当然のように弾かれてた人がいたのもいい思い出です。ボクジャナイデスヨ。

>キャプテンさん

 なんとそんな由来が! キャプテン・モルガンも頂戴しましたよ。味見させていただいたと言う程度ですが(汗。ゴールド・スパイストおいしゅうございました。シルバーよりもあっちのほうが好みな感じで。

 是非是非、何かで東下りされた折には船橋まで足を伸ばして下さいやし。波や風が強い時はお休みかも知れませんが(笑)。

投稿: sn@散財 | 2008.03.03 22:23

う ら や ま し い な

投稿: サンドマン | 2008.03.04 05:35

うらやましい、うらやましいね。
そんな店に行っただなんて。
ねたましい、ねたましいね。
美味しいラムを飲んだなんて。


……snさんのバカー!?(脱兎)

投稿: 烏羽 | 2008.03.04 09:26

>サンドマンさん
>烏羽さん

 いや妬み先間違えてますよ!? 風波さんも黒霧さんもKKさんも行ってるんだからなんで僕だけ!?

 一度に行ける人数こそは限られますが、機会があればぜひぜひどうぞ。今回の経験からは、どこかでお腹に何か入れてから向かわれる事をお勧めする所存ですよ。肉うまいですけど。

投稿: sn@散財 | 2008.03.04 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40341915

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきたのはdeepbluesさんというところでした。(☆☆):

« 喜べ野郎共、ラムの配給だ!(☆☆☆) | トップページ | 古風麗しき骨太の作品、ソーマブリンガー(☆☆☆) »