« 逆つく。(☆☆☆) | トップページ | 怪ロボットあらわる! ブラックオックス登場の巻(☆☆☆) »

2008.03.11

中華街にいってきたよ。(☆☆☆)

 最近多いパターンですが、ひょんなことから飲みに誘われまして。
 最初は烏羽さんちに飲みに行く、と言うお誘いをもらい、行きます行きますと二つ返事でOKを出すと、なにやら横浜中華街で食事をしてから飲みに行く、と言うプロジェクトだった様子。
 実はこれは渡りに船なお話でした。近々中華街に行くつもりだったんですが、実は中華街と言う土地に行った事がなくて。いや実はわしは中華街と言う土地が初めてなんだ。カレーばかり食べていて熱病か何かにでもすぐにかかってしまいそうなイメージがある。と言う冗談はさすがにちょっとアレなので置いといて(実際にはサンドマンさんに言おうと思ってすっかり忘れていたんですが)。
 せっかくなので下見をしようと、集合時間より30分ほど早く集合場所の石川町駅へ。さっそくはしゃぎにはしゃいで、駅の掲示板でおおむね中華街方面と書かれた方へと出かけます。

2008031101

 石川町側の入り口。ものすごく中華街って書いてあります。

2008031102

 目を横に転じると、高架にからまるツタも素敵な雰囲気。これは期待が持てそうです。

2008031103

 北上すると、ふたたび中華なかんじの門(延平門)が。ここからサンドマンさんいわく、プレ中華街に入ります。

2008031104

 延平門のすぐ近くには、地図を添えた案内板が。中華街初心者にはうれしいお話です。
 そんなこんなで直進し、門をもうひとつ超えたところが中華街。中に入ると急に雰囲気が変わる…… とまでは言いませんが、人と店頭販売といろいろなものでごったがえす雰囲気は、なるほど周りの町並みとは一変した活気ある雰囲気。このざわめき。この雑駁な雰囲気。道の狭さや張り出すいろいろなもの多さ、飛び交う色彩のやりすぎ感。なるほど思い描いた感じの中華街です。なるほどでも、もうちょっとでも道は広いと思ってたんだ。フィールドの狭さと人の多さの結実として、とにかく濃い。濃密にむせ返るほどの人の気配。素敵だなあ。

2008031105

 撮って帰った写真の中でも、とりわけわけのわからなかったカット。このごちゃまぜさ加減が素敵です。

2008031106

 中華街の反対側の端、朝陽門。赤と金とに限らず、色鮮やかで素敵です。のちにサンドマンさんと合流したのち、「ローマの石像も昔は色がついていたらしい」と言う話に。極彩色のラオコーンとか見たくないよなあ。

2008031107

 関羽聖君のおわします関帝廟。だから艦艇病ではないと言っておろうスタースクリームこのおろか者が。大変失礼いたしました。もちろん言うまでもなく中国民間史上最大の英雄の一人。三国時代の立役者、桃園に誓いを立てた関張劉備の義兄弟。関羽将軍が死後に神格化された神様です。

 関帝廟といえば、おもしろい話があります。むかしむかし中国本国のお話。誰かが大家のにわとりを盗んで食べた、と大事件になり、その家に居候をしていた男がぬれぎぬをかけられた。男はとんでもない、とばかり、関帝廟に詣でて真実のお告げをもらうことに。ところがお告げ(正確にはポエ。占いの一種)で男が犯人と出てしまった。おかげで男は下宿先をたたき出される羽目になった、と言うお話。

 本当のお話は、ところがここから。数年後、男はもといた大家の近くを通りすがると、神がかりになっている巫女を見かける。話を聞くと、どうも関帝さまが降りてきているらしい。そこで男は昔の恨みを思い出し、口汚く関帝さまをののしった。巫女が、というか関帝さまが言うよう、「まああの時は悪かった。しかしあのとき、本当の犯人の名前を出せばその人は間違いなく殺されていた。人の命を守るために、しかたなくお前に罪を着せたのだ。天帝さまも私の判断をほめて、位をあげてくださったのだぞ」と。
 俺は追い出されたのにあんたは出世かよ、と、話の後半にやや釈然としないものを感じながらも。人の命がかかっていたのならまあまあ仕方ない、と一応納得した男。ふいに不思議に思うよう、「関帝さまのような位の高い神様でも、さらに出世することがあるのですか」と聞いてみる。すると関帝さまだと思っていた巫女は、こんなことを言い出した。「実は私は関帝さまではなく、この関帝廟の担当をしている代理の神なのだ。いま天地には関帝廟があふれていて、いくら関帝さまの霊験があらたかだと言ってもとても全部の面倒を見られるものではない。そこで私のような下級の神が、関帝さまの代理として各地の関帝廟の面倒を見ているのだ-」。

 つまりフランチャイズらしいです。チェーン店らしいです関帝廟。陸遜もびっくりのお話ですね(出展:「タオの神々」より)。おとなりは普通に民族学校らしくてこれもびっくりです。

2008031108

 ぐるっと回って、戻ってきました地久門。
 この時点で集合時間の10分前ほど。うわー到着してるのに遅刻しちまうー、と大慌てで駅に戻ろうとしていると、なにやら駅から中華街に向かう人の波波波。さては昼飯時にあわせて大襲来かー! と、人の波に逆らいつつさらに減速にやられつつも。なんとかかんとか、時間前に集合場所に戻れた次第。ほとなくサンドマンさんと丸山三内さんとの合流に成功。サトゥさんも出現、遅れると言っていた紅葉屋さんも結局時間前に到着し、ほどなく全員そろって移動を開始した次第でした。

 このあとはみんなそろって食べて飲んできましたな話に終始するわけですが、場合によってはまた後日続きを、と言うことで。

|

« 逆つく。(☆☆☆) | トップページ | 怪ロボットあらわる! ブラックオックス登場の巻(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいなあ中華街
もう2年以上行ってない
中華街じゃなくてもいいから、中華料理屋さんにいきたいよ~

投稿: ヨッコ | 2008.03.12 00:37

>ヨッコ姉さん

 こないだ初めて行きました次第ですよ。
 そしてもうすぐ二回目行ってきます。お袋連れてくもんで。はい。

投稿: sn@散財 | 2008.03.15 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40456581

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街にいってきたよ。(☆☆☆):

« 逆つく。(☆☆☆) | トップページ | 怪ロボットあらわる! ブラックオックス登場の巻(☆☆☆) »