« 第十三回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【予選編(2) 26~49番】 »

2008.03.22

第十三回ROBO-ONE観戦記【予選編(1) 1~25番】

 さあ、まずはスロープ通過から。チャレンジは40秒、二回までトライが許されます。先川原さんと土田さんの競技紹介から。なんと決勝通過ロボットが少なかった場合は、少ないロボット数で決勝を行うとのこと。これは驚きです。
 ここで重心を判断する特性wii fitが紹介されたりしております。

1 No.437 Kinopy(小田利延)

 最後までネジを締めていた事をつっこまれていた小田さんのキノピィ、プレッシャーのかかる一番手。まずはスロープにトライです。お、なんと後ろ向きにトライ。危なげのない動作で通過、なんと5秒でクリア!
 ああ、準備時間は20秒しかないとのこと。ここでリングに上がったキノピィ。綺麗なセットアップでリングに上がります。
 はじめます、と言う合図とともに、キノピィが踊りだします。今日はアクティブボーイズの曲に合わせて踊る、と言うアピール!。 腕を振りながら踊ります。ロンダートへのトライは、側転を決めたところで転倒しますが、ここで起き上がります。慌てた様子がないところを見ると計算内だったんでしょうか。後ろを向いたところからもう一度ロンダート、これも着地寸前で転んでしまいますが制止。最後間近には後ろ回転で蜻蛉を切ったような状態。途中何度か手は入ってしまいましたが、止まる事なく踊り続けて
 あ、RBが出ました。ロンダートの解説用だったようです。手で動かしてますが、おおむね180度ひねりを入れた側転と言うことですね。180度回転ジャンプについて先川原さんが解説しますが、土田さんからルールの解釈に突っ込みが入ります。ここで再度西村委員長から突っ込みが入り返します。ジャンプして180度回転は色々な形がありみたいです。もっとも「美しいジャンプ」でないといけない、とのことですが。下半身だけ回転とかはダメ、と言うことですね。

2 No.57 AltairⅤ(成蹊大学制御工学研究室)

 あ、二番手アルタイル。リタイアです。

3 No.604 機竜(RMF-機竜)

 さてそんなわけで、実質2番は機竜。しかしスタート直後、脇に側転。胸から外装が取れてしまいます。二回目再スタートも、後方に転倒。あっという間の終了となってしまいました。

4 No.583 グロース(工芸大ロボ研)

 棄権とのことです。

5 No.68 HADES(まつしろ)

 まつしろさんのハーデス登場。赤い亡霊っぽいルックスに、肩を怒らせて前進するインパクトのあるモーション。しかし力強すぎて右側に展開、コースアウトしてしまいます。二度目のトライは順調に前進するも、上り坂で足が引っかかってしまったか転倒! 腕の爪を開き起き上がりの気配を見せましたが、これで失格となってしまいます。

6 No.575 G-Tune(SISO)

 残念ながら棄権とのこと。宇宙想定大会に専念されるとの情報が入っております。

7 No.407 ラッキースター(法政大学電気研究会)

 さあ、法政大チームがしばらく続きます。一番手は青と白のロボット・ラッキースター。一回目のトライは右に転んでしまいます。二回目のトライも慎重に前進するものの、やや登りにかかったところで足が滑ったように転倒。失格となってしまいます。
 
8 No.146 ドリラー(法政大学電気研究会)

 法政大の次峰を担うは、黄色いロボットのドリラー。凶暴な感じのルックスになっています。腕が激しく震動してしまっていますが大丈夫でしょうか…… ああ、いけません。一度目も二度目も右向きにスイングしながら前進してしまい、コースアウト寸前で転倒。失格です。

9 No.121 ローリングピラニ(法政大学電気研究会)

 さあ三番手ピラニ…… おっと、スタート直後に右に転倒! 側転するように一気にコースアウト、同じパターンで二度目のチャレンジもダイナミックな動きで転落してしまい、あやういところを待機していた部員の方がスーパーキャッチ。しかし失格となってしまいます。

10 No.263 スーパーディガー(ひろのっち)

 さあ、10番手は九州三銃士の雄スーパーディガー! これは綺麗なダッシュで一気にクリア、予選に入ります。まずはロンダート、側転し倒立した瞬間に腰がくるりと180度回転、前転からロンダート、と、転倒してしまいますがこれはロボットらしい綺麗な動き。さらに腕の倒立から足を広げてVの字立ち、逆立ちから肘を使ってにじりzネシン。腕を大きく螺旋のように巻いて、解放しながら一気に跳躍する回転ジャンプ。ちょっと飛距離が足りませんでしたが。ちょっと足が弱まってしまったんでしょうか、回転で立ち上がれません。最後はボールを掴んでリングの反対側にあるマトまで投擲、スイカに綺麗に命中して得意技スイカ割りをクリア。二機目の予選通過者となります。

 ここで資格審査の紹介。重心位置を高くすることと、スロープの幅を狭くすることで、足下を重くすることなくロボットの安定性を追求してもらう、と言う方向とのこと。

11 No.113 新GATTAR(NCCロボ科)

 さあ予選再開。綺麗なブルーに赤いラインの映える原色系ロボット新がッター。足を上げて前進します。上体を揺らしながら慎重に慎重に前進しますが、二度目のチャレンジも道半ば。ここで失格です。

12 No.142 武山(帝京科学大学 内田研)

 次なる登場は帝京大の武山。銀色と黒のモノトーンな舵がかっこいいロボットです。転倒する事なく小刻みな動作で前進していきますが、スロープに沿うようにコースを右へ右へ。坂道を越えられません。最後はスロープに沿うようにしてコースアウトへ一直線のところにリタイアの介入が入り、惜しくもリタイア。ロボットの歩行は安定していただけにさすがに惜しいところです。

13 No.213 GriffinR(チーム・ディラック)

 こちらも棄権とのこと。

14 No.439 ゲットオン(芝浦工業大学ロボット技術研究サークル)

 こちらも棄権とのこと。

15 No.95 Gram(芝浦工業大学SRDCチームウドンコ)

 ふたつとばして芝浦工大のグラムが登場。両腕を上げたポーズから、やや上体が不安定ながらも歩行を進めますが…… 残念ながら後方へ転倒。二度目のチャレンジはさきほどのバランスの崩れを吸収し、ここでクリア! 予選のリングへと進みます。

 スロープをクリアしてグラム。曲とともにアピール開始。リング脇から中心に移動し、腕を大きく振ったいかにもロボットな感じのダンスから、腰をちょっと小刻みに振るダンサブルなモーション。しかし座り込んでの転倒から入ったところでなんと痛恨の電源切れ。規定演技の坂道超えから再度再生となってしまいます。レフェリーから「クリア!」の声が。残り10秒、歩行の演技が続きます。
 ここで残念ながら時間終了。ロンダートと180度回転ジャンプは幻のまま終了となってしまいます。しかし今のところ予選通過資格者、まだ判りません。

16 No.198 ANFANGSR-2B(mask)

 アンファンと読むようですが、残念ながらこちらも棄権です。

17 No.291 アサルト(芝浦工業大学ロボット技術研究サークル)

 さあ、打って変わって小さいロボット・白いアサルトの登場。目を蒼く光らせ歩行開始…… しかし残念ながらスロープの段差に引っかかったか前のめりに転倒。二度目のチャレンジも、歩行の上体のブレが大きくなってしまい横にすとんと転倒。残念ながら失格です。

18 No.384 団暴流(芝浦工業大学SRDCチーム・Citrus Unshiu)

 これはええと、やっぱり段ボールって読むんですね。覚えた。頭と胴のあたりに茶色いパーツが見えます。スロープの端からスタートする戦術で望んだ段ボール、斜めに進み、歩行でのゆがみを調整する戦術で前進。一度目は後半で真横を向いてしまいコースアウトしてしまいますが、二度目のチャレンジは誤差の吸収に成功! 見事にコースをクリアします。
 しかしここで意外な事実が。最初のスロープ通過のことしか考えていなかったため、前進のモーションしか入っていなかったとのこと。マイクで2分もたせれば、と言う話をしていましたが、転倒した拍子に電源が切れてしまいます。グラムの先例もあり「芝浦工大共通の弱点でしょうか」と言われているうちに、足下からギーコギーコなにやらへんな音が。ギアが欠けている、と言う事で、ここで残念ながらリタイア。あ、測定は行われるみたいですね。ということは、予選は一応通過、と言うことになるんでしょうか。

19 No.588 Perseus(芝浦工業大学SRDCチームマタタビ)

 さああ、次なる芝浦工大のロボットはペルセウス。姿勢の低い構えからスタートですが…… 最初のトライは一歩目で残念ながら失敗。二度目のトライは腕をおろし姿勢を変更して挑みますが、これも転倒。残念ながら失格となってしまいます。

20 No.589 景虎(芝浦工業大学SRDCチーム荒塩)

 青いロボット景虎。胸に荒塩とか書いてありますが…… おっと、ゆっくりした動作ではありますが、安定した動きでスロープをなんなく通過。リングに挑みます。景虎、リングに上ってダンスを開始します。腕がぷるぷる震えながらのダンスから、前転モードへ。しかし転がりすぎてリング外に出てしまいます。ちょっとゲイナーダンスな感じの踊りから、ゆっくりしたロンダート側転にトライ。残念ながらひっくり返ってしまいます。これはなんでしょう。バランスを崩した状態になってしまいます。最後は起き上がったところで、残り8秒ほど残して決めポーズ。これで予選演技終了となります。

21 No.603 AOSⅡ(芝浦工業大学ロボット技術研究サークルチームT)

 こちらはエーオーエス、2はツヴァイですドイツ語です。一歩目で転んでしまいますが、二度目のトライ…… おっとなんか背中ぺちぺち叩いてますけど大丈夫でしょうか。レフェリーからもがんばれの声。あー、時間が時間が。ここでタイムアウト、スロープ失格。スロープタイムアウトは初の失敗かも知れません。

22 No.600 パーボ(芝浦工業大学ロボット技術研究サークル)
23 No.445 ニガトリ(ナスボタル)
24 No.606 ゲジモン改(福井高専ロボコン研究会)
25 No.607 Almin改(福井高専ロボコン研究会)

 ここで四体リタイアです。ゲジモン見たかったなあ。

 このあいだ特に休みなどはないのですが、長くなるのでここでいったん分割します。

|

« 第十三回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【予選編(2) 26~49番】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40601194

この記事へのトラックバック一覧です: 第十三回ROBO-ONE観戦記【予選編(1) 1~25番】:

« 第十三回ROBO-ONE観戦記【入場編】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【予選編(2) 26~49番】 »