« 第十三回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【三位決定戦~決勝戦~総合優勝決定戦】 »

2008.03.23

第十三回ROBO-ONE観戦記【準決勝】

 さてさて。ここで企業PRのお時間と、インフィックスのお二人のミニライブが挟まります。

 そのあとはいよいよ準決勝。リングアナ松田さんとROBO-ONEラウンドガールの皆さんもここからの登場。さあ呼び込み、軽量重量それぞれベスト4の登場です。
 まずは軽量級。百戦錬磨のガルーを皮切りに、破竹の東天紅レグホーン、鋼の徒手空拳Automoに韓国最強テコンVと言う顔ぶれです。さあ続いては重量級。来ましたよファイブ、頭がやっぱり外れている。オムニゼロ、イーヴ、そして大締めを務めるは、正真正銘これぞグレート、グレートキングカイザー。
 競うは八傑、残るは一強。まずは一人一人意気込みの紹介。緊張あり謙虚ありそして自信あり、しかし実力はと見れば、いずれ劣らぬ強豪揃い。
 先川原さんの注目はレグホーンの鋭い突きと、ファイブの圧倒的な質量。これをどう突き崩していくか、と言うのが問題点です。審査委員長は、これから難しい微妙な審査が多くなるだろうと思われるため、レフェリーの判断をこと細かに見ていかなくてはいけない、とのことでした。

 さあ、いよいよ試合開始です。

【準決勝】

軽量級準決勝 第1試合
○No.486 ガルー(kumama)
vs
×No.424 レグホーン(NAKAYAN)

 まずは一番手…… これまでもそうだったんですが、吉日ブギウギをBGMにガルー登場。松田さんの重々しい雰囲気とのギャップが著しいです。そしてアイムチキン!のコールとともにレグホーンの登場です。

 深めに構えたガルーに対し、ややレグホーンは手前の位置からのスタート。
 開始、まずは両者身長に、レグホーン突っ込んでガルーの手前で止まる。両者の伸ばした腕がカウンター気味に交錯します。どんどんと攻めるレグホーン、ガルーをリング脇に追い詰めますが、しかしレグホーンが逆襲を浴びて1ダウン! さらに攻め手を緩めないガルー。レグホーンが回転攻撃を放ったところに、カウンターを腕先に重ね、突き倒しこれで2ダウン、さらに回転攻撃を放つレグホーン、ガルー回り込んでこれを回避します。猛襲する回転パンチをしゃがんで凌ぐガルー。リング中央でレグホーン、いきなり飛び込んで攻撃。しかし飛び込んだ格好は投げ技か、すり抜けた腕が地面に落ちてしまいます。これが2スリップ目と見なされて。、一気に3ダウンを決めてガルー、3-0で見事な勝利を決めていきます。

「現実は厳しい方向ということですね。練習量がハンパではない…… 負けました」とNAKAYANさんのコメントでした。

 最後の攻撃は、投げ技のような捨て身技、と言う事でした。間合いがちょっと遠かったので当たらなかったとのことです。

軽量級準決勝 第2試合
×No.533 automo03(Sandan)(holypong)
vs
○No.136 Taekwon-V(Jeon Young Su. Taekwon-V)

 さあ、次なる試合はこれも注目、オートモとテコンV、手数の多いロボット同士のカードです。一回戦では同じような戦い方で、同じような注意を受けた両者ですが、これはどうなるでしょうか。ロボット空手バカ一代、オートモサンダン。そしてテコンVの対決です!
 さあ、開始、一気に攻めるてテコンV、連続でパンチを放ちますが、オートモを倒せない、いやオートモを倒しました、しかしオートモも一気に返す、屈んで攻撃姿勢のテコンVの攻撃を、さらに弾き飛ばすようなダウン。
 しかしオートモ、真後ろを取られたところをテコンVに弾かれ2ダウン。激しいダウンの奪い合い、テコンV、伸ばしきった腕がオートモの立ち上がりに押しあげられ、これはスリップ。
 激しい試合です。不用意に近づいた方がやられるか。テコンVの接近に、オートモがカウンターを入れて2ダウン。テコンVはさらに姿勢を低く取ってパンチ。オートモ通りすがりにテコンVに体が当たり、スリップしてしまいます。激しい、これはスリップしたほうが負ける勝負。テコンVの間合いの微妙に外側で、オートモとテコンVの睨み合い。テコンV、いったん距離を取り、さらにジグザグに移動しながら接近。攻撃の位置を狙います。ここでオートモ勝負に出る、一気に仕掛ける突きはしかし、テコンVのしゃがんでの回避。頭上を攻撃が通過する。返したテコンVの連続攻撃を、これを断続的に姿勢を上下させて回避させるオートモ、しかしいったん距離を置き、再接近したところにテコンVの攻撃! これがオートモにヒットして3ダウン目、接戦を制してテコンV、決勝戦へと進出します!

 さあ、これで決勝戦のカードはガルーvsテコンV。三位決定戦はレグホーンとオートモの勝負となります。
 
重量級準決勝 第1試合
○No.601 ファイブ(ロボットフォース/佐々機)
vs
×No.6 OmniZero.5(前田武志)

 さあ、今度は重量級の勝負。何度見てもとんでもない大きさ、85cmの身長を誇るファイブがまずは堂々の土俵入り。対するはオムニゼロ、こちらも60cm、相当な大型ロボットです。このファイブの驚異の安定性を、オムニゼロがどう突き崩すのか。注目の勝負です。
 ファイブが深めに陣取った勝負、まずはのしのしとオムニが接近。ファイブの胴体を、まるでオムニが体を乗せて押していきますが、ファイブが倒れない。それじゃあと回転しながら延びるパンチを放つオムニですが、これでもファイブの体を押しきれません。そのまま前進して攻撃を放つファイブ、オムニの攻撃にファイブの腕が重なり、姿勢を崩すオムニ。しかしこれはスリップ。2スリップで1ダウンです。
 さらにファイブの攻撃、オムニの体をまるでかすめるようにして微妙に姿勢を崩していきますが、どれも倒してはいかない。浅いと言う判断。あ、まるで握手するようにオムニの伸ばした腕にファイブの腕が重なります。力は拮抗しているのか、そのまましばらく制止状態。お互い、自力で分けます。腕を斜め下に構えたオムニ、今度はファイブのズボンを掴みますが、これも崩すに至りません。。
 膠着した勝負はしかしリング脇、ファイブの隙をついてオムニが突き一閃。バランスを崩したファイブ、ダウンを通り越して一気にリングから転落。クッションでとんと弾んだあとリング外へ。リングアウト、1ダウンを奪われます。
 さあ再開直後、今度は持ち上げるかたちでオムニ、またも釣り出すようにファイブを1ダウン。さらにリングの外へと落としていきます。弱点見えたか、最後はもう一度攻撃を仕掛けたところに服を持ち上げるような攻撃、しかし腕が滑ったか力が足りなかったか、オムニが腕ごとずるりと倒れ、これが痛恨の2スリップ。都合6スリップを重ねたオムニゼロが惜しくも星を落とし、ファイブが決勝へと進みます!

 韓国ROBO-ONEの代表より、「ファイブの中を見てみたい」とのことが。確かに見てみたいです。人は入っていないでしょうが。

重量級準決勝 第2試合
×No.385 ivre-VIN(遊)
vs
○No.14 キングカイザー(マルファミリー)

 さあ、いよいよ準決勝も最後の試合! これもかつての決勝カード、因縁の対決、奇手の剣豪イーヴとキングカイザーの対決です。これまでの対決はマルファミリーが制していますが、それでも戦いたくない相手と認識されている新手一生の強敵。挑むは不壊の皇帝、キングカイザーが青コーナーに登場です。

 さあ勝負開始。まずは慎重に攻める両者も、キングカイザーが接近して攻撃モード。これを脚で猛烈に押しのけるイーヴ、しかしキングカイザーともろともに姿勢を崩し、両者スリップ。ジャンプしながら向きを変え、回転攻撃を放つイーヴですが、なんと伸ばした腕とキングカイザーの攻撃が両者交錯し、イーヴダウン、いや両者ダウンか。とにかくリングの反対と反対に、二機がそれぞれ吹っ飛びます。
 再開後、リング中央での睨み合い。にじり寄るように距離を詰めるはイーヴ、キングカイザーも攻めあぐねる様子。ここで新しい攻撃パターン、これまで畳んだ盾を一気に伸ばして攻撃に出るキングカイザー。腕を全て大きく伸ばし攻撃を仕掛けますが、これも有効打にはなっていきません。イーヴにさらに腕を伸ばして攻撃、いかしイーヴのかがんだ胴体の上を通過してしまいます。イーヴ相手に空振りの攻撃は危ない。盾を伸ばしたキングカイザー、前のめりの格好は、両腕の先をうつぶせにリングについてしまい、これで2ダウン。
 イーヴ、屈み込むと当たりません。キングカイザー、今度はシールドを全て伸ばしての旋回攻撃。こんなパターンもあるんでしょうか、次々と新しいパターンを繰り出します。イーヴ、スリップを取られます。にじりよるイーヴ、しかしキングカイザー、後退して攻撃の打点を回避。キングカイザー、距離を取っていきます。イーヴがどんどんと、横移動でにじり寄り距離を詰めてくる、それを回避し続けるキングカイザー、どんどん移動して逃れていく。何か魂胆がありそうです。向き直る、と言うか、リング中央で背中合わせから回転攻撃、なんと両者ここで絡んだ。背中合わせの状態のまま絡んだ状態でレフェリーが分ける。分ける前からすでに時間切れ、ここでなんと、今大会初の延長戦に突入です。

 両者、バッテリの交換を挟んで延長戦へと挑みます。新手を次々と繰り出すキングカイザーですが、イーヴも全く崩れない。この勝負は一体どうなっていくんでしょうか。

 さあ整備時間も終わり、両者順調に駆動しています。試合再開。
 横向きに構える両者、開始直後から目が離せない。一閃を狙います。開始! 速攻ではなく正面に向き直るキングカイザー、にじりよるイーヴは脚先を出して一気に迫りますが、なんとキングカイザー、横に逃れ、屈んでイーヴの攻撃を回避…… 仕掛けたイーヴ、まるでキングカイザーの肩に乗ってしまったような格好。立ち上がったキングカイザー、肩車か肩で投げるように、イーヴを押しのけます。イーヴ、まるでキングカイザーの肩の上をぐるりと回るかのような格好で、リング脇に落下! 押し出しを狙ったイーヴ、しかし複雑な姿勢でリング脇へ。起き上がりでぐるりと回って、なんとリング下へ転落してしまいます!
 なんと痛恨のリングアウトで延長戦の決着! キングカイザー、イーヴを制し、決勝に進みます!

「鬼門です。どっかいってほしいです」と、心の叫び遊さんでした。

|

« 第十三回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【三位決定戦~決勝戦~総合優勝決定戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40617685

この記事へのトラックバック一覧です: 第十三回ROBO-ONE観戦記【準決勝】:

« 第十三回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十三回ROBO-ONE観戦記【三位決定戦~決勝戦~総合優勝決定戦】 »