« 類似。 | トップページ | 第1回バトルカップ観戦記【予選グループC・二回戦】 »

2008.04.20

第1回バトルカップ観戦記【予選グループC・一回戦】

 さあさあ、戦慄の前哨戦となった関東組ロボット練習会を越して、やってきました予選三日目Cグループ。驚愕のデビューを飾り、サアガ、不知火、果てはガルーと、強敵を手玉に取ったくぱくまさんのコガルー。
 そしてその姿を一日早く目の当たりにした道楽、さん、吉田さん、佐藤さん達がどう対策を練ってきたのか。観客の人数も毎週増えてくる第三戦、道楽、さんが遅刻するかもーするかもーとか言われてましたが、いよいよ試合開始です。

 ルールは1R、3ダウン先取の格闘ルール。転倒は即ダウンと見なすスリップ無し、時間切れはダウン数に関わらず両者引き分け。そしてリングアウトは落ちた方の負けとなる、サドンデスリングアウト。スイス式トーナメントで各機三戦を戦います。

 さあまずは一回戦、組み合わせ抽選が発表されました。

fighting-δ vs ラッキースター
団暴流 vs ミラージュファイター小雪
コガルー vs で・か~る
おふじゃんびぃZ vs さくら2号

 解説のDr.GIYさんも凶悪認定、注目のコガルーは第三戦で登場。まずはで・か~るとの戦いとなります。

■一回戦

×fighting-δ vs ○ラッキースター

 さあ、まずは第一戦です。
 石井さんのファイティングデルタは…… おお、白いあれはロボビーXですね。脚にはなにやら重りが入っている様子。対するはラッキースター、こちらは学生さんのチームでしょうか。細い胴体が特徴的なロボット。胸についているのは学校のマークでしょうか。

 さあ立ち上がったラッキースター。結構大きいロボットです。さあ開始。まずは慎重に進み出て、ちょっと止まったδ。歩行音を立てながら移動、ちょっと旋回して後方へ、そして横歩き、あ、ちょっと進みにくいですね。δのひじ打ちでファーストタッチ、しかし直後にラッキースターが回転パンチ。δを倒すもラッキースターも倒れ1-1。再開、旋回ながらのパンチを放つラッキースター、δしゃがんで回避、立っているところに辺り、かつんと言う音とともによろけますが倒れない。二回三回と耐えます。正面から突きを叩くδ、しかしラッキースターも倒れません。ラッキースターは大きく状態がふれますが、倒れそうで倒れません。おっと、δ攻撃を出してバランスを崩したところに、ラッキースターのパンチ。これで2-1。
 「バックが出来ないので」ということでラッキースター、手動移動でちょっと後退します。回転パンチで左右から殴られるδ、しかし倒れない。ひじ打ちを果敢に繰り出してラッキースターの上体がぶれますが、しかし残り20秒のアナウンス。ラッキースターの回転打ちでδがぱたーんと倒れ、3-1でラッキースター、まず最初の勝者となります。

○団暴流 vs ×ミラージュファイター小雪

 さあ次なるは、団暴流と書いてダンボールと、ちょっと不知火似の外装、青白のミラージュファイター小雪との対決です。
 やや大きいダンボール、小雪が軽快に接近。横にちょっと避けますが、リング中央で交錯。手を小刻みに繰り出すパンチの小雪、まずは横パンチでファーストタッチ。しかしダンボールの反撃で薙ぎ倒されダウン。しかしモーション不調で起き上がれず、ここでタイム。2ダウンとなってしまいます。
 再開直後、両者正面から接近! しかしつんのめって倒れた小雪、倒れた頭が団暴流の頭に引っかかってしまいます。 一瞬睨み合いとなりますが、結局小雪の転倒に巻き込まれ団暴流もダウン。3-1で団暴流、勝利を収めます。

 さあ、なんかすごい光景です。イガアさんのナアガとRB2000のエキシビジョンマッチ、と言うかもうなんか、ちぎっては投げちぎっては投げ。ホームラン競争みたいな状態です。
 さてここでちょっと順番変更。第四試合と第三試合の順番が入れ替えられます。

×おふじゃんびぃZ vs ○さくら2号

 さて試合の順番を入れ替えて、おふじゃんびぃとさくら2号の対決です。吉田さんのさくら2号は昨日初登場のロボット。色は鮮やかなピンクながら、機体形状はやや小振りなrsvと言った風情です。さあ、開始、圧倒的な勢いで接近したさくら2号、おふじゃんびぃは連続パンチを繰り出しますが、攻撃の拍子にバランスを崩しダウン。1-0となります。
 激しい腕の震動が心配ですが、さくら2号は安定した歩行を見せています。おっと、おふじゃんびぃ。なんでしょう、片腕をついて側転で突撃するような姿勢、さくら2号にのしかかりますが、これは自らダウンの態勢となってしまいます。2-0。さあ横向きに接近したさくら2号、おふじゃんびぃと叩き合いになりますが、軽快な横突きを突っ込ませておふじゃんびぃが3ダウン。3-0でさくら2号、軽快な動きで勝利を勝ちとります。

○コガルー vs ×で・か~る

 さあ、いよいよ注目のコガルーの登場。最初の相手はで・か~るですが、ちょっと安定性的にどうなのか。心配です。 いきなり試合開始前から、か~るから何かが落下してしまっています。コガルーは真ん中にツメが一本増えている風情。
 さあ開始、まずは突っ込んだコガルー、腕を伸ばして下向きに攻撃する背の高いで・か~ると激しい叩き合い、しかし腕が倒れて地面につき、1ダウン。
 試合再開から叩き合い、ゼロ距離での叩き合い。下から突き上げるコガルーと、上から打ち下ろすで・か~る。しかし攻撃中にで・か~るバランスを崩し、前転での転倒に巻き込んでしまって、コガルーも潰されて両者ダウンの1-1。コガルーからツメ先カバーが落ちてしまいます。

 2ダウンから距離を置いてやや睨み合い、中距離からやや手を控える両者。攻撃が同時に交錯し、がごんと鈍い音が飛ぶ。最後はしかし、横向き歩行で接近しようとした最中にで・か~るの体から力が抜け、崩れ落ちるように3-1。コガルー、まずで・か~るを下して勝利を収めました。
「押しつぶせばいいのかー」、と、後続へ向けて手応えを掴んだ感じの道楽、さん。ここからコガルー、連勝街道が始まるんでしょうか。注目の第二戦はGIYさんの抽選のあとです。

|

« 類似。 | トップページ | 第1回バトルカップ観戦記【予選グループC・二回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40941654

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回バトルカップ観戦記【予選グループC・一回戦】:

« 類似。 | トップページ | 第1回バトルカップ観戦記【予選グループC・二回戦】 »