« 起こした奇跡が五万回。(☆☆☆) | トップページ | 名古屋の人ってビールにも。(☆) »

2008.04.11

バーチャライズドペンギンカード。(☆☆☆)

リンク: JR東日本:モバイルSuica.

 乗り継ぎが悪かったんです。しばらく前までは。
 私鉄からJRへ乗り換える駅が、ってまあ西武新宿なんですが、新宿と直通してなかったもんで、定期を二枚持たなくちゃいけなかったんですね。Suicaと磁気定期、って言うと何かと思いますけど、普通の定期券ですね。
 昔の磁気定期しかなかった頃は一枚だったんです。Suicaに乗り換えて二枚、まあこれはしょうがない。PASMOのサービスイン初期に判ったのが上記の事実。じゃあSuicaとPASMOにしようかとも思ったんですが、駅員さんの「磁気とSuicaにしといたほうが、間違えなくていいですよ」とのアドバイスに深く納得し、二タイプ二枚を持ち歩く日々でした。ありがとうございます西武の駅員さん。あなたの言う通りでした。

 それから幾星霜、知らないうちに西武新宿が乗り換え駅に追加。これでようやく、Suica(もしくはPASMO)一枚にまとめられます。まあ、Suicaは今でも持ってますし、PASMOは新しく頼むと(オートチャージ型の場合)それなりに時間がかかります。それじゃあ、ってんでSuicaにまとめることにしたんですが、拙者の散財の虫は眠る事あれど死ぬるにあらず。
 手元にある携帯電話、P905iのFelicaポートが何かを訴えるように光っていました。16サイクルの架空紫外電波に洗脳され、急に思い立ってモバイルSuicaに機種変更する事に。

 思い立ったはいいんですが、移行するにつけても。わからんことが一杯で非常に不安。上のモバイルSuicaのページをながめつすがめつして、ようやく納得して機種変更に乗り出しました。

 流れは色々あると思うんですが。

 「PCから、モバイルSuicaのサイトで仮会員登録」
→「携帯電話でモバイルSuicaのアプリをダウンロード、立ち上げて初期設定」
→「携帯電話でiアプリを立ち上げて、さきほどの仮会員登録で入れたパスワードでログイン」
→「先程、仮会員登録で入れた情報が間違いないか再度確認」

 ここまでで、とりあえず登録終了。仮会員登録の時に入れた「携帯電話のメールアドレス」が、IDみたいな使われ方をするのですが、そこだけちょっと判りにくかった(連絡先のメールアドレスと携帯のメールアドレスを、仮会員登録時には両方登録する必要があったので)。

 で、ここからがデータの移行。
 Suica定期を手元に用意して、裏側を見るとSuicaのIDがあります。こいつをiアプリの登録画面に打ち込んでやると、定期券の「権利」が、Suicaから携帯電話に移動します。1分くらい待つと移行完了。これで、もうこのSuicaは定期として使えなくなり、かわりに携帯電話が自動改札でピーとか言うようになったわけです。

 ちなみに、定期券の登録は夜中の午前2時までしか受け付けてくれないようです。僕みたいに残り1時間とか焦らないように、時間にはゆとりをもってとりくみましょう。

 さて、Suicaにはまだ、電子マネーことチャージことストアードフェア略してSFが残っています。こいつを移行するには、モバイルSuicaに登録してからリアル零時またぎもとい午前5時を越す必要があります。この時間を超す事で、電子マネーの使用履歴が〆られ、前日の残高が確定するから、らしいです。
 ここで移行の手続きを行うと、ほいほいと電子マネーの移行も終了。これで元々のSuicaは、定期機能も電子マネー残高も携帯電話に吸い取られ、ただのダシガラになってしまいました。くしゃくしゃ丸めてごみ箱にポイしてはもちろんいけません。どんど焼きで供養してもいけません。JRさんにお返しすればデポジット500円を返して貰えるので、軽いお昼代を回収しに行きましょう。

 因みに、あとで携帯電話でSFの利用履歴を見ていたら、興味深い事実がわかりました。上記の「SFの移行手続き」が、「紛再」として履歴に記録されているのです。
 普通に読めば、紛失再発行の略と判ります。なるほど、Suicaを無くして再発行する、と言うような手続きを踏む時には、上記のような手続きを踏んでいるわけなんですね。

 定期券のデータも移行していたので、あとはこれを区間変更してやれば完成。区間変更は現在の定期を払い戻し→新しい定期を購入、と言う手はずを踏みます。ただまあ、残り1日とかだったので、払戻金額は余裕で0円だったのですが。これも金額が発生するようだと、払込先の入力とか色々面白かったのかも知れませんね。

 ここまでやったのが、昨日の夜から今日の明け方の話。今日の通勤はどきどきもので初モバイルSuicaでした。
 携帯電話を改札にかざすのは、初めてSuicaを使った時のような「ホントに大丈夫なのかこれ」感でした。慣れればなんてことなくなる、のは、経験からして判っているんですが。やっぱりなんか、違和感ありますよなあ。うっかり財布の中の元のSuicaをかざしそうになること二回(間違えないよう、予め抜いておいたにも関わらず)。

 そんなわけで、バーチャルペンギンがビルトインされました僕の携帯電話。
 何が不安っておっことすといよいよ大損害なので、重々、取り扱いには気をつけたいと思います……。

|

« 起こした奇跡が五万回。(☆☆☆) | トップページ | 名古屋の人ってビールにも。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おいらは11か月前から使ってまっせ、もばいるすいか。
この前から名古屋地区でも使えるようになりました。最近は新幹線も携帯で改札通ってますよ。

投稿: まさゆき | 2008.04.11 23:13

ということは、携帯電話を忘れると、切符を
買わないといけないんですね

投稿: ヨッコ | 2008.04.12 20:30

>まさゆきさん

 さすがでございます(笑)。
 新幹線の予約のできるEX-ICも正直興味があるんですけど、持ってるカードビューカードでもエクスプレスカードでもないので使えないんですよね……。今後のバージョンアップに期待したいところであります。

>ヨッコ姉さん

 まあ、そうなんですよね(汗>切符
 逆に考えれば、財布を落としても携帯があれば電車に乗れる、携帯を落としても財布があれば電車に乗れる、と言うわけで、ある種リスクヘッジと言えなくもないですね。実際に落としたら、それどころじゃないと思いますけども(笑)。

投稿: sn@散財 | 2008.04.12 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/40850750

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャライズドペンギンカード。(☆☆☆):

« 起こした奇跡が五万回。(☆☆☆) | トップページ | 名古屋の人ってビールにも。(☆) »