« 芝浦工大ロボットフェスティバル2008観戦記【準決勝~決勝】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【概略】 »

2008.05.24

芝浦工大ロボットフェスティバル2008観戦記【バトルブロック】

 さきほど終了しました個人戦でのバトルトーナメント、キャバリアの優勝で幕を閉じましたが。ここからは集団戦競技、バトルブロックが行われます。
 リングの上にはあやしのブロック多数。集団戦ということですが、これがどのように使われるのでありましょうや。

 さてまずはルールの解説から。ゲームは3on3の対決。リング上に展開しているブロックを、どんどんと相手側ゴールに押し込んでいく、と言うゲームです。わんだほーのキューブと似ていますが、キューブは自軍側でキューブを確保し続けるゲームですから、ルールとしては正反対になりますね。
 因みにリング上には得点とはならない障害物が二種(赤/青)あり、青は位置固定ですが、各チーム4つある赤い障害物は、各チームが自由に設置場所を決めていいことになっています。

「障害物は破壊していっていいんんですか?」「破壊していって結構です」

 とりあえずは1チームずつ、試合が開始となります。

----

Aonori2 & ファイター1号 & クロムキッド
vs
ラッキースター & マグネシア & ナアガ

 最初のカードはこの6体の対決、しかし障害物とロボットがひしめきあうと、かなり狭苦しい感じですね。ちなみにリングアウトの場合、ロボットはその試合から脱落になるそうですよ。ロボットをおっことす戦術に徹する人も出てきそうで、えー、わくわくします。

 さあ最初の試合、開始です。まず倒れたAonori、まず突っ込んだクロムキッド、ナアガは背中から押すような格好。立ちはだかってブロックするラッキースター、マグネシア、クロムキッドに追随を試みます。クロムキッドが、障害物を倒してポイントを奪いにかかる。クロムキッド、転落ぎりぎりのところにいる危険な状況です。ドリブル、なんかナアガから部品が飛んだ! しかしクロムキッド、まずはブロックを一個ドロップ。これで1点。ナアガ、ラッキースターとからまってもがいています。クロムキッド、コーナーのサイドを押しのけて脚が半分はみ出てしまう。ナアガも壁を吹っ飛ばして転倒。一方ではマグネシアが反対になってしまっています。クロムキッド、ポイントを入れて復帰。青のり、立ち上がれない。時間残り1分、クロムキッド、ナアガもろとも押して行きます。脚を組んだナアガ、脚の付け根がおかしい。脚がぷらんぷらんしています。アオノリ、一個ドロップ。これで3点目。ファイター1号とマグネシア、厳しい睨み合い。クロムキッド、ナアガとラッキースターを押しのけて2点箱を狙います。最後はラッキースターもろとも押し出して2点、これで5点で1ラウンドを先取します。

 あー、ナアガ再起不能との知らせが入りました。2-3の変則マッチとなります。審査員が大幅増員の状況下で試合開始、クロムキッドが一気にダッシュしてまず一個、アオノリが山と戦っています。ぎりぎりでちょっと恐いですが、戻したクロムキッド、二個目。マグネシアもこっそりこっそり1個運んでいますが、アオノリがこれをブロック。クロムキッド、三つの山を一気に押していく。2ポイントの赤い箱を出して、クロムキッド4点目。クロムキッド、ちょっと無線トラブル、しかし立ち上がる。審査員がそれぞれのロボットにひとりずつついてカウントを取っています。ファイター1号、残念ながらオウンゴールで脱落となります。アオノリもポイントを狙う。ラッキースターもリングアウト、気がつくと勝負は完全についた格好。ここでマグネシアがリタイア、相手チームが消滅したことにより試合終了となりました。

カオスベンダー & Perseuse & Gram(グラム)
vs
団暴流 & で・か~る & オーガストmk-Ⅱ

 第二戦、グラムの音がなんか変な感じですが、大丈夫なんでしょうか。一気に突っ込んだでかーる、グラムやオーガストや山と絡まって倒れてしまいます。いきなり取りのけられたのはペルセウスでしょうか、一方オーガストもリタイア、かーるが箱を回収、ダンボールも箱に絡まって起き上がりにくい、ちょっと嫌な音が響きました。かーる、抱え込むように箱を抱えて立ち上がる、赤い箱を運びかけていたダンボール、しかし自分自身が転がり落ちて転落してしまいます。グラムがリングアウト。気がつくとリングの上にいるのはで・か~る一人だけ、と言うことで試合終了となります。

 次は2ラウンド目。リタイアした選手もリング上に復帰し、第2ラウンドが行われます。
 いきなり蹴り飛ばしたかーる、試合開始。グラムが突っ込みますがダウン、か~るが派手な動きを見せます。ダンボールはバックで大量に搬送しています。オーガストがブロックしていますが、グラムを防御しきれず。グラム自身もリングアウトしたもののこれで2点。……あ、片方のチームが全滅しましたので、団暴流組の勝利となります。

キャバリア & Q-zako & 鬼怒(キヌ)
vs
パーボ & NACL3 & GAT

 さあ来ちゃいました、ガット来ちゃいました。しかも相手にはキャバリアがいます。なんでしょうこのえげつない絵は。いきなりのファーストタッチでいきなりガットを吹き飛ばしたキャバリア、吹っ飛んだガット、頭がいきなりもげながらも起き上がる、キャバリア、2点を押していきます、ナックル3は3点を取ってリタイア、ガットはどうなってんでしょうか今。起き上がりましたが、起き上がった瞬間にキャバリアに薙ぎ倒されてまたダウン、景気良すぎます。がんがんやられてます。ガットの周りにいる人が焦っています。ガットをおっことしたいキャバリア、ガットをおっことし、チームが全滅したことで1ラウンド終了となります。

 さて2ラウンド、まずはナックルを薙ぎ倒すキャバリア、こともなげにブロックを運んでいたガット、しかしキャバリアが追いついて殴り倒す。いつものように頭がもげるキャバリアです。再び転落、がちゃんと転倒したガット、落ちていた自分の頭を潰してしまいます。だめだおかしい、ガットの頭が。頭が胴体の下敷きになってつぶれてしまいました。なんか中から目玉が出てくるし、どこから出てきたんだあの目玉。ダメだおかしすぎます。今試合どうなってるんでしたっけ、ああ、キャバリアがナックル3を倒しています。横突きでリングアウトさせて全員リングアウトさせ、カウント付きのランブルと化した試合を制します。

Aonori2 & ファイター1号 & クロムキッド
vs
団暴流 & で・か~る & オーガストmk-Ⅱ

 さあ、なんか最初のチームが試合やったときと随分違うルールになった気がしますが、ともかく勝利チーム同士の組み合わせで二回戦が行われます。
 まずはでかーるとクロム、ダンボールとアオノリの睨み合い、そしてオーガストとファイター1号が微動だにしないと言う展開。クロムがかーるを抜いてまず赤いブロックを落とす、しかしオーガストがクロムキッドを押さえ込む、ここは倒しきれないで分ける。クロムキッドとアオノリが両端に分かれて攻め、かーる、いきなり脚をがーんと伸ばして踵落とし。クロムキッド、落としていく。これは集団競技な感じですね。いい感じですね。
 残り時間あと1分、クロムチーム優勢。でかーるとオーガスト、それにクロムキッド、リングの向こう側に残存機が全て集まる。アオノリ立ち上がるが、リングアウト。

 2ラウンド、空転したかーる、しかしクロムキッドをいなして落とす作戦か、一気に大量得点を得たクロムキッド、しかしダンボールとアオノリがリング脇に置いたポイントを目指し睨み合い。一気に状況はごちゃごちゃに。ポイントを放置しての睨み合い、クロムキッドの押しをダンボールがブロックのむこうで押し戻す、しかしポイントは入り、ダンボールは踏みとどまった。三機を相手にしてクロムキッド、一機で赤を押しのけてポイント。反撃でさらに躍り込みダンボールを吹き飛ばす。かーるリタイア、孤軍奮闘のダンボール、起き上がれるか、復帰した。残り15秒、ってあれー。ダンボールがリタイア。残り10秒くらいでチームメンバーが消滅し、アオノリチーム勝利を収めます。

AOSⅢ & BLACK TIGER NEO & TryNamo(トライナモ)
vs
キャバリア & Q-zako & 鬼怒(キヌ)

 さあこの勝負もどうなるでしょう、キャバリアが一気に突っ込む、ブラックタイガーを中心にロボットがごちゃごちゃになっています。何かやるたびにえまのんさんから「危ないですよ」と言う声が飛ぶのが気になります。頭がもげてしまうブラックタイガー、気がつくとリング上に残っているロボットはあと3体。キャバリア、トライナモを押しのけてリングの外へ。ブラックタイガー、赤ブロックに引っかかってしまっていましたが復帰。待ちかまえていたキャバリアが一気に押してリングアウトさせ、生き残ったのはキャバリア一機。1チーム消滅につきキャバリアチームの勝利となります。

 さて2ラウンド目。景気よく突っ込むキャバリア、トライナモとQザコ、ブロックを挟んで激しい押し合い。倒れたAOS、キャバリア凄い、AOSもブロックもその辺にあるものをもろともに押し出していく。ブラックタイガーネオ、赤箱を着実に出しに行く。キャバリアが戻っていく、転倒しリングに残ったブラックタイガー、しかしキャバリアが来た。来てしまった。ブラックタイガーに襲いかかります。情け無用の攻撃です。トライナモとQザコは激しい凌ぎ合い、その隙にブラックタイガーが得点を確保、しかし復帰できないブラックタイガーを一気にリングの外へ押し出し、これで残るはトライナモ一体。キャバリア、一気に押しのけていきます。横突きで吹き飛ばし、必死に逃れるように粘るトライナモ、ここで時間切れ。スコアは4-3、キャバリアチームの勝利となります。

 このあとは本日最後のプログラム、バトルブロックの決勝戦となります。
 なんか正当派チームと覇道チームの試合って言う感じになってきて、決勝での対戦相手キャバリアとクロムキッドがそれぞれ相手方にいるところがまた妙に変に熱い感じです。こりゃどうなっちゃうんでしょう。

Aonori2 & ファイター1号 & クロムキッド
vs
キャバリア & Q-zako & 鬼怒(キヌ)

 さあさ、いよいよ決勝戦です! いきなり突っ込んだキャバリア、ブロックが宙を飛びました! リング中央が激しいぶつかり合い、キャバリア徹底的にクロムキッドを狙っていきます、背中から叩かれて転倒するクロムキッド、キャバリアはリングを破壊しかねない勢いで大暴れ、クロムキッドに何か巻き込まれてます、あれはQザコでしょうか、ものすごい勢いで吹っ飛んだキャバリア、リング中央でなんか回転しています、あれはなんだったんでしょう。ファイター1号、前進してポイントを積極的に取りに行く。クロムキッド、一気に二つ落としてこれで5点。アオノリも落として1点、ポイントはクロムチームが圧倒的に優勢、キャバリアが台風のように回転しながら猛威を振るう、時間切れまで誰か生き残ればクロムキッドチームの勝利、残り1分さあどうなるか。キャバリア、猛烈な勢いでクロムキッドを責め立てます。リング脇にいる人恐くないんでしょうか。反対側ではQザコとファイター、アオノリの戦いです。残り20秒、キャバリア、腕がなにか変な角度です。ここで時間切れ、第1ラウンド、クロムキッドチームが失点無し、リタイアゼロで折り返します。

 ラウンド2試合開始、まず突っ込んだキャバリア、クロムキッドがさらに突っ込んで押さえに行く、キャバリアのターゲットを取るかたちでキャバリア、乱戦地帯を突っ切って、まずはポイントを押さえる! おっと、Qザコのコードがキャバリアに絡んだ。その間にクロムキッドがどんどんしまっちゃう。どんどんポイントを取っていく。アオノリ立ち上がり試合再開、ファイター1号、キャバリアを止めに行くも、さすがにそれは無理だ、いくら何でも無理だ。キャバリア、赤箱を取って2点、ファイター1号に襲いかかるキャバリア、ターゲットは再びクロムキッドに。残る箱はあと1個、クロムキッドとキャバリアの対決。また腕がおかしい感じになってしまったクロムキッド、復帰できるのか、復帰した。すごいです。さあ、残りのポイントを取りに行ったクロムキッド、Qザコリタイアのうちに全ポイントを取る。ファイター1号に襲いかかるキャバリアの前に立ちはだかるクロムキッド、アオノリ1号はリタイア、ここで時間切れ、クロムキッドチームが、ポイント確保、防御、強敵相手の盾役と分担し、見事な勝利となりました。

 さてさて、ここで全試合終了。
 格闘の優勝はキャバリア、準優勝クロムキッド、三位はガルー。
 バトルブロックはAonori2、ファイター1号、クロムキッドの三機からなるチームの優勝となりました。

 表彰式と写真撮影のあと…… 賞品が一般的なものが多いのが、なんだか新鮮な感じでした…… 全プログラム終了。このあとは全員総出で、わらわらと後片付け。
 小雨のぱらつきはじめた中を、打ち揃って散会となりました。

|

« 芝浦工大ロボットフェスティバル2008観戦記【準決勝~決勝】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【概略】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41319492

この記事へのトラックバック一覧です: 芝浦工大ロボットフェスティバル2008観戦記【バトルブロック】:

« 芝浦工大ロボットフェスティバル2008観戦記【準決勝~決勝】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【概略】 »