« ロボファイト7観戦記【ORC入場編】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【ORC3回戦】 »

2008.05.18

ロボファイト7観戦記【ORC1回戦~2回戦】

 さて、本日は棄権された選手が割合に多いとのことで、昨日とは違ってリング一つで進行するかたちになるようです。

 まず最初の試合は、逆トーナメントの1試合目。この組み合わせの人達だけは、他の人達より1試合余計にやるかっこうになっています。緒戦となるカードには、いきなりゴーレムくんが登場ですよ!

1回戦 続・直線番町 vs ゴーレムくん

 しかしあれですね。ゴーレムくんが試合をする姿を見られると言うのも一種の感動を覚えます。戦うのは直線番町。頭にカタパルトのようなと言うかパンチ発射機構と言うか、一種主砲的なものを搭載しているロボットです。横向きにパンチを打つかたちになっていて、自分は倒れない、と言う仕組みになっているようですが……。

 ゴーレムくんは人形つかいさんがパソコンをリング上に持ち出して、ぎりぎりまで調整が続いています。リング上では直線番町のパンチ機構についてデモが行われます。実証してベニヤ板製のパンチ機構を披露、連打連打に会場からは爆笑と拍手が。
 そのかんも調整が行われていたゴーレムくん、電源の再投入が行われます。「このあと締めていきましょう」。直線番町はずっと手で持っていて待機。ブレードをつけていると寝かせられないので、ずっと持っていかないといけないそうです。

 さて、ゴーレムくんが立ち上がりました。会場からは割れんばかりの拍手。いよいよ試合開始です。まず横歩きで近寄った番町、ゴーレムくんも小刻みな歩行で前進、ぎりぎり連続パンチの間合いの外に立っていたゴーレムくん、三回目の攻撃で吹っ飛んでダウン、後方に倒れ吹っ飛んで頭が飛んでいってしまいます。あおむけに倒れたゴーレムくん、起き上がりを行いますが、立ち上がりはしたものの勢い余って、ぱたーんと行き過ぎて前方に倒れてしまいます。テンカウントは続行、ゴーレムくんはうつぶせでは立ち上がり不能、と言うことで、試合終了となりました。

 一方の直線番町も、どうやら発射機能にトラブルが生じた様子。いろいろとトラブルを残しての一回戦終了となりました。

A組2回戦 第1試合 YOGOROZA vs コーネリアス

 ここからは2回戦、事実上の1回戦開始となります。いきなり強豪登場のヨゴローザ、おさるの外装を被ったロボット、コーネリアスとの対決です。コーネリアス、これもユニークな感じの腕ですね。まず横を向いたのがヨゴローザ、接近してヨゴローザ一撃、さらに二発目のパンチをふるってコーネリアスの頭を強打、まず後方にぱかんと倒してワンダウンを奪います…… しかし、ここでヨゴローザにまさかのトラブル、右腕が根本からもげてしまいます。ケーブルで右腕をぶらさげたまま果敢に攻めるヨゴローザ、コーネリアスも死角から死角からと接近しながら回転パンチを繰りだそいと試みます。そうこうしているうちに頭の外装もとれてしまったヨゴローザ、ネジをリング上にばらまきながらも戦い続けます。コーネリアス、死角から間合いに入ろうと試みますが、間合いに入った瞬間にヨゴローザの左腕の打撃を受け続けます。最後は連続でダウンを奪い、ヨゴローザ満身創痍ながらも勝利を勝ち取ります。

「片腕がなくなっても、有利になったとは思わなかった」「10分もあれば直ります」 すごいコメントです。

B組2回戦 第1試合 ガルー vs カイレイ

 次に登場は、両肩にガルーキャノン的なものを装備しているガルーです。対するカイレイ、棄権のため、ガルーの勝利となります。

A組2回戦 第2試合 HAUSER vs ブラスト・リベリオン

 さあ、黒と銀の渋いカラーリングが光るハウザー。対するはブラストリベリオン…… 選手も棄権、と言うことで、ハウザーの勝利となります。

B組2回戦 第2試合 HADES vs micro-shost

 赤い兜、飾る覚悟の六文銭。ハデスとマイクロゴーストの対決です。回転パンチを繰り出すハデスですが、伸ばした腕先をマイクロゴーストがさらに持ち上げ、ハデスがダウンを奪われる。伸びる横突きでマイクロゴーストの上半分をつつき、吹っ飛んだマイクロゴーストはリングの外まで転落、これで1ダウン返し。マクロゴーストがスリップ。ハデスが腕を上下に振る攻撃にマイクロゴーストの伸ばした腕が引っかかり、ダウンとスリップ。マイクロゴースト追い詰められます。ハデスの回転パンチでよろけるが倒れない持ち直す、しかし往復で帰ってきたハデスのパンチがマイクロゴーストを倒し、これで3ダウン。
 勝利デモで逆立ちに挑んだハデスですが、兜がちょっともげてしまいました。ともあれ、バトル初披露のマイクロゴーストを下し、ハデスが勝利を飾りました。

A組2回戦 第3試合 rsv3 vs カッチ・デヤンス

 rsv3の吉田さんが棄権により、カッチ・デヤンス不戦勝となります。

B組2回戦 第3試合 ヨコヅナグレート不知火 vs ballistic barukai

 さあ登場、YG不知火…… この試合も棄権のため、不知火勝ち抜きます。

A組2回戦 第4試合 ivre-VIN vs Gadget Frog

 さあまたも強豪登場イーヴヴァン、略してヴァンの出陣。相変わらず長い腕脚です。そして対するのはガジェットフロッグ…… これはなんでしょう、緑色のボディに赤い、なんていうか、関節三つくらいある舌が生えた、ものすごく変わった構造のロボットです。
 蹲踞したみたいなイーヴ、長い足を伸ばしてにょろっと接近、フロッグ、赤い舌先が接地してダウンしてしまいます。舌先が地面から離れ、復帰。イーヴ、一歩でリングの半分以上を移動するような一気呵成な詰めから、回転パンチを繰り出します。ゆっくりした連打を浴びながら、フロッグ連打連打を受けてゆっくりと崩れる。これで2ダウン、起き上がりバトル再開。イーヴ、縮んでがっしがっしと小刻みに飛ぶように前進。一気に詰めて姿勢を落とし回転パンチ、フロッグが叩き倒され、3ダウンを奪い、勝利を奪いました。

B組2回戦 第4試合 GAT vs で・か~る

 さあ、超大型機ガット登場! この相手にでかーるが挑みます。まず接近したガット、しゃがんで回転パンチ…… いや、しゃがんだだけです。何気なく接近したかーるのパンチでガット、後方にすぱーんと倒れます。いや、これはスリップ。外装が剥がれながらもガット立ち上がる。ちょっと外装を取りのけますが、なんとか復帰。かーる、ちょっと離れたところから接近。ガットの調子が悪くなっている、と言うところに一気に突っ込み、ダウンを奪います。ちょっとゆっくりしたカウントのところで復帰、さらに両腕パンチでダウンを奪うガットですが、自分も勢いでスリップしてしまいます。脚が動かなくなってかえって安定したんじゃないか、と言われたガット、しかしあおむけに倒れたまま起き上がれなくなってしまいます。なんとか起き上がれるか、脚を広げてたたみ込み、ゆっくりとですが起き上がります。またなんか外装が取れました。さあ立ち上がった。起き上がりで30秒くらい取ったんじゃないかとかアナウンスが流れますが。最後はかーるがいる方と逆のほうにパンチを繰り出してしまいます。ここで時間終了、ああ、時間切れです。最後に勘定したところでは、星数僅差でで・か~るの勝利となりました。
「(笑いを取ったという点では)私の勝ちだと認識しております」と、くぼさんのコメントでした。

A組2回戦 第5試合 クロムキッド vs Robobie-XSF

 さあ、こちらも肩にクロムバスターもといクロムキッド砲を搭載したクロムキッドに対し、ロボビーXSF…… え。あれ。いや、どう見てもこれオムニ…… いやなんでもないです。なんでもロボビースペシャルと言う名前で量産する経過kうがあるとか。
 まずは右前方を取り、発射体を連続で打ち出すクロムキッド。しかしこれは当たらない、素早く位置取りを行い、連続してパンチを繰り出すクロムキッド、ロボビーはゆっくりした動きで回転パンチを繰り出します。ツメの角度がちょっと変な感ですが大丈夫でしょうか、クロムキッドは回転パンチをしゃがんで凌ぎますが、立ち上がりかけたところに回転パンチがヒット、これでダウンを奪う。伸ばした爪先がクロムキッドの背中のケーブルに引っかかりかけます。長い間合いで回転パンチ、さすがに回転している間は攻撃を掛けられないクロムキッド、間合いぎりぎりから隙を狙います。
 伸ばした腕のぎりぎりのところで耐える。ああ、ロボビーの伸ばした腕先がクロムの腕に引っかかる。ロボビー本体が回ってしまいます。パンチで両者ダウンとスリップ。しゃがんでのロボビーの回転パンチを、これも自分もしゃがんで耐え凌ぐクロムキッド、残り5秒、4秒の攻防。しかしロボビーが起き上がりかけたところにクロムが遅れて姿勢を持ち上げる、立ち上がったロボビー、下から突き上げられ、立ち上がってもなお勢いが止まらない。さらに立ち上がりすぎて倒れたロボビー、これが決勝のダウン。クロムキッド、ぎりぎりの勝負を制しました!

B組2回戦 第5試合 KZR-6 vs F325

 これはマノイATですね、F325。KZR-6が棄権のため、不戦勝となります。

A組2回戦 第6試合 鬼丸3 vs アドバンス・ラゴウ

 鬼丸登場! 対するは、白と赤の外装が印象的なアドバンスラゴウ。昨今の巨大化傾向はありますが、どちらも大型寄りのロボット同士の勝負です。鬼丸はちょっとコントローラーとの連絡が良くないのか、ちょっとトラブルが続いています。待機している。おっと、復帰しました。恐竜的な頭部、歯の恐い外見です。
 さあ、試合開始…… あれ? コントローラーの調子がまたよくない様子です。再びちょっと調整タイム。コントローラーの…… さあ、鬼丸立ち上がった。いよいよ試合開始です。
 まず寄った鬼丸、ラゴウは待ちかまえる、鬼丸横向きに倒れてしまいます。これでスリップ、ラゴウが、回り込んで攻撃の構え、しかし鬼丸スリップしてしまいます。リング脇ぎりぎりを動くラゴウ、中央で鬼丸に攻め込む。正面から同士の押し合い、ラゴウが鬼丸をあおむけに倒しダウン。ラゴウ中央に、ここで小脇に抱えてからの短いパンチ、鬼丸がラゴウを倒しダウンを奪い返す。足踏みする鬼丸に対し、ラゴウは右に左に機体をぶれさせながら接近、しかし接敵したところでスリップしてしまいます。
 ラゴウ、ちょっと離れる。鬼丸に一気に詰めて体当たり、スリップを奪う。残り1分。距離を置いたところから一気に詰め寄ってスリップを奪う戦術に切り替えたラゴウ、体当たりを打ち込んで鬼丸を倒しスリップを誘う、これが決勝のスリップとなり、ラゴウが勝利を収めました。

B組2回戦 第6試合 Cyclops-x vs 建御雷神

 黒いボディのサイクロプスX、対するは雷神の名を冠したタケミカヅチとの対決です。強力な腕先が印象的ですね。リング中央、積極的に攻めるサイクロプス。背中合わせで対決する両者。位置を取り合い、サイクロプスが連打、まくられたタケミカヅチがスリップ。やや距離をおいての睨み合い、タケミカヅチ、やや後方から腕先を伸ばしてパンチを狙います。距離を置いたサイクロプス、しかしリング脇に行ったところでタケミカヅチが追い詰める。リング脇においつめられた格好のサイクロプス、体をかわし横に回ろうとしたところをダウンを奪われる。中距離からの撃ち合い、しかしどちらも攻撃姿勢でしゃがみこむためなかなか攻撃力に結びつきません。タケミカヅチの伸ばした腕がサイクロプスの腕を掴んでしまい、しかし自分だけ転んでしまいスリップ。サイクロプスの後方に回り込んだタケミカヅチ、残り30秒で何か狙っていくか。サイクロプスの操縦者も激しく姿勢を変えています。リングの中央での睨み合い。
 ここで時間切れ、スコアは同点。しかしジャッジの判定でタケミカヅチが勝利となります。

A組2回戦 第7試合 レグホーン vs BABEL

 ニワトリロボット・レグホーン、ここで登場。対するのは腕に無骨な構造をつけたバベルです。まず接近したバベル、素早い動きで回り込んだレグホーン回転パンチ、しかしこれでは倒れない。バベル、非常に素早い動きで後ろにつく。振り回した腕でレグホーンしかし、自分のほうが回転してしまい吹っ飛んでしまう。レグホーン、腕先がバベルの体に引っかかってしまいます。
 再開直後、後ろに回り込みかけたレグホーンをバベルがパンチ、これでダウンを奪う。今度は前方から接近したバベルですが、右に左に回転パンチを食らい、右によろけ左によろけ最終的にダウン。さらに起き上がりかけたところに異様な振動音、いや右足の裏が90度横に曲がってしまっています。
 レグホーンを操縦しているNAKAYANさんがびっくりするほどの立ち上がり、バベルが復帰。驚きの立ち上がりですが、しかし復帰した次の瞬間にはレグホーンが手羽で一撃。3ダウンを一気に奪い、レグホーンが勝利を勝ち取りました。

B組2回戦 第7試合 cavalier vs gunちゃん

 さあ足長マシンのキャバリア登場。ですが、対戦相手のgunちゃん棄権につき、不戦勝となります。 

A組2回戦 第8試合 FANTASYSTA vs Automo 03(Sandan)

 カラテロボ・オートモサンダンの登場、しかし対戦相手のファンタジスタ棄権により、これも不戦勝となります。

B組2回戦 第8試合 unfix Mk II vs 続・直線番町

 赤い外装とツノが印象的な最後の選手アンフィックス・マーク2、対する対戦相手はと言えば、最初の試合に登場した続・直線番町です。故障した強力パンチ機構も修理が完了、これもまたすごい展開になりそうです。
 試合開始、移動するアンフィックス。ゆっくりと攻撃チャンスを狙う番町、しかし攻撃レンジに相手をとらえきれ…… 捉えた! 真ん前に立ってしまったアンフィックス、直線番町のパンチで一撃、ダウンを奪われます。再開後、再び直前に回ってしまったアンフィックス、しかし番町主砲パンチを放たない。どうしたのか、普通のパンチ。なんてことだ、どうやら一回パンチを打ったところで壊れていまった様子。普通の腕で普通の回転パンチなどを放つ番町、アンフィックスのチャンスか、しかし番町もしゃがんでアンフィックスの攻撃を凌いでいきます。結構耐える、頑丈です。アンフィックス、後方に回り込むなど攻撃を仕掛けますが倒せない。立ち上がりにアンフィックス、直線番町を持ち上げてしまいます。なにか飛んでいってしまう。
 時間ぎりぎりにアンフィックス、番町を倒しますが自分自身もスリップ。しかし、この最後の同時スリップがなんと決勝ポイントに。番町、次の対戦へ駒を進めます!

|

« ロボファイト7観戦記【ORC入場編】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【ORC3回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41250605

この記事へのトラックバック一覧です: ロボファイト7観戦記【ORC1回戦~2回戦】:

« ロボファイト7観戦記【ORC入場編】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【ORC3回戦】 »