« ロボファイト7観戦記【SRC二回戦】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【SRC準々決勝~決勝】 »

2008.05.17

ロボファイト7観戦記【SRC三回戦】

 さてさて、午後の部門から開始です。

 まずは演技部門から。この部門は一体の参加。リッコ・デヤンスのマジックショーから開始となります。リングをステージに見立てて、ショーを行うと言う風情なんですね。
 リッコ・デヤンスは手に鈴を持った、着物風の外装のロボット。足のあたりがちょっとマノイっぽい雰囲気ですけども。音声ボードから本来発生する予定だったんですが、予定外のところがあってパフォーマーやPCから音声や曲を流していたんだそうです。

 さて、このあとは三回戦と2x2バトルが同時進行で行われます。
 すいません、片方しか見られないもので、三回戦のほうに神経を集中させて、進めたいと思います。

■三回戦

【A組】

×激炎丸 vs ○ぷぁちすと

 三回戦はこの組み合わせからの開始となります。激炎丸とぷぁちすと、着実に勝ち上がってきた印象のあるぷぁちすとですが。さて試合開始、一気に詰めたぷぁちすと。いったん離れて再接近ですが、攻撃の拍子にスリップしてしまいます。両者余裕を持った状況から再接近。ぷぁちすとはなにやら鳥脚っぽい構造ですね。胸板をついて激炎丸を倒すも、ぷぁちすと再びスリップ。ぷぁちすと、積極的に仕掛けますがスリップを多く取られてしまっています。攻撃を耐えた激炎丸、しかし腕が激しく震動している。片腕を突き出して自分もろとも激炎丸を倒すぷぁちすと。激炎丸も腕を伸ばして攻撃を仕掛けますが、これは有効とは言えない打撃。激炎丸、立ち上がりでもたつくもなんとか復帰。ぷぁちすとの攻撃を凌いでいます。しかし胸板に突っ込んだ攻撃で後ろに薙ぎ倒し、ぷぁちすとが正面から倒してベスト8進出です。

○エクサFREEDOM vs ×やまぴー

 シードとして登場、非常に動きのよかったエクサフリーダムと、軽快な動きで一回戦から勝ち上がってきたやまぴー。高速の勝負が期待できそうな勝負です。試合開始、まず駆け寄ったやまぴー、両者慎重に距離を詰めていきます。ちょっと離れ接近、まずは胸板の付き合い。しゃがんだエクサフリーダム、やまぴーの攻撃を受けて…… いや、コントロールがおかしくなったか。いきなり脱力したエクサフリーダム、タイムを申請して復帰。これで2ダウン。
 もうあとがない、積極的に接近したエクサフリーダム、伸ばした腕の戻りをやまぴーのマフラーに引っかけて1ダウンを奪い返す。積極的に攻めるエクサフリーダム、やまぴーをリング脇に追い詰める。リングから落ちかねない攻撃を仕掛け2ダウン、最後はエクサフリーダム、しゃがんだ態勢から回転パンチを繰り出して一回転。やまぴーを一気になぎ倒し、逆境を跳ね返しての勝利です。

○フィアス'LL vs ×Sigma

 これも好カード、フィアスとシグマ、これもどちらも非常に動きのよかったロボット同士の勝負です。こちらは重機体同士の勝負ですね。まず接近したのはフィアス、慎重に位置を執る、シグマは横から距離を取って接近、フィアス、両腕突きから片腕でのパンチをワンツーと繰り出し、シグマの崩れた姿勢を一気に押し切って1ダウン。積極的に詰めるフィアス、今度は正面からシグマに両腕突き、押しのけて2ダウン。
 シグマ、ちょっと問題が。起き上がれません。起き上がってくれない、しばらくもがいていましたが、8カウントあたりから完全に沈黙。最後は10カウントで、フィアスの勝利となりました。一気に押し切ったの勝利です。

×ぺけぽん♪ vs ○案山子

 A組最後の組み合わせは、ぺけぽん♪と案山子の対決。片や白拍子、片や黒装束の対照的なロボットの組み合わせです。ぺけぽん、手が長いとされ、減点から開始。案山子が攻め込んでいく、ぺけぽん押し込まれた状況で反撃を試みるもスリップ。案山子、相手を攻撃正面に捉えています。ぺけぽんが突撃するも、これはぶつかって自分がダウン。ぺけぽん突きに出ますが、これはスリップ。案山子は足下を狙うような伸びる突きを立て続けに、最後はぺけぽんがリングの脇から滑り落ちるほどのクリーンヒット。案山子が四つ目の席を占めました。

【B組】

○ジローちゃん♪ vs ×シーラカンス

 ここからはB組を勝ち上ったロボット同士の対決。まずはシードのRB系ジローちゃんと、関東からやってきた、生っぽい外装は唯一無二、クリーチャーライクなシーラカンスの対決です。
 慎重に距離を多くシーラカンス、ジローちゃん一気に距離をつめてパンチ、シーラカンスなんとその場でスピン、一回転してしまいます。ジローちゃんの激しいパンチにシーラカンスがダウン。ジローちゃんの腕がなんとも強い、シーラカンスの伸ばした腕を本体もろともはじき、強引にダウンを奪っていきます。最後はジローちゃん、シーラカンスの体を抱え込んで横へとなぎ倒す! 投げ技を決めジローちゃん、勝利を収めました。

×あいぼーA vs ○ゴン蔵

 調子が悪いとか言われながら勝ち上がってきたゴン蔵、一方は胸に分厚い、真っ赤なバンパーのようなものをくっつけた、あいぼーA。この対決です。
 まず横歩きで素早く詰めたゴン蔵、あいぼー、ちょっと歩行が危なっかし感じが。しゃがみこみながら上体を回転させる攻撃をしかけるあいぼー、しかしゴン蔵は離れて詰めて攻撃を効かせません。再び小刻みに接近したゴン蔵、攻めは慎重です。ワンチャンスを狙っている格好ですが、あいぼーの攻撃でダウン。あいぼー回転パンチを、いや掴みでしょうか、連続して繰り出します。ややリング淵でのパンチの撃ち合い。ゴン蔵、スリップ。小刻みな接近から、おっとあいぶない。あいぼー、リング脇に行ってしまった。ゴン蔵、あいぼーの攻撃を受けてダウン。しかし移動しようと片足をふらふらさせたところを、ゴン蔵があいぼーにパンチ。調子が悪くなってきたか、起き上がり直後にたたみかけ、ゴン蔵が勝利を収めました。

×白衛門 vs ○アフ・ロゥ

 最初はハロっぽと対決、次が不戦勝だった白衛門と、微妙な色合いのアフロも渋い、アフ・ロゥとの対決。第七試合です。開始直後、左右に韜晦するアフロゥ、旋回して回り込むもスリップ、しかし立ち上がった瞬間に白衛門を薙ぎ倒し1ダウン。白衛門の正面を小刻みに移動し、何かを狙っているアフ・ロゥ。横突き、斜め後ろからの打撃を二つ続け、二発目で白衛門からダウンを奪う。試合を支配している感のあるアフ・ロゥ、最後も好位置からの攻撃を放ち、白衛門から3ダウン目を奪う。危なげのない試合運びで、アフ・ロゥの勝利です。

×EZ-FIGHTER vs ○いちごちゃん

 さあ、三回戦最終試合。イージーファイターといちごちゃんの対決です。そこかしこにKHR系の意匠の見えるイージーファイターに、どこからどう見てもお人形にしか見えない。しかし安定性を見ていると中身も相当なもののはず、いちごちゃんの対決です。
 試合開始、両者リング中央で接敵、イージーファイターがちょっと接触を嫌いましたが、いちごちゃんはリング脇に陣取ります。両者攻め込んでいきません、どうしたんでしょう。リング中央、片方が攻めると片方が引く展開、どちらも位置取りを許しません。さて、先に仕掛けたのはいちごちゃん、打撃を放ちますが、イージーファイターは背後へ。しかしお互い有効打が出ず、再び距離を置きます。リング脇を移動するイージーファイター、いちごちゃんが追い詰める。イージーファイタースリップ、この試合両者あわせて初めてのスリップです。お互い安定性がなんとも高い。背後をとったイージーファイター、後ろから攻めていきます。いちごちゃんの攻撃はイージーファイターを背中から押した格好、半回転して倒れたイージーファイターにダウンの判定。さらにいちごちゃんの攻撃でイージーファイターがダウン。しかしリング脇に回り込むイージーファイター、横に逃げるいちごちゃんの背後からぴたりと離れない。のけぞった姿勢からマトリックス復帰するイージーファイター、しかしのけぞっての背後への攻撃も空しくタイムアップ。いちごちゃん、圧倒的なスコア差で勝利。ベスト8に進出します。

 さあ、ベスト8決定。ここからちょっと時間をおいて、13:30より準々決勝が行われます。
 準々決勝のカードは、以下の通り。

ぷぁちすと vs エクサFREEDOM
フィアス'LL vs 案山子
ジローちゃん♪ vs ゴン蔵
アフ・ロゥ vs いちごちゃん

 こうしうているあいだにも(準々決勝待ちの整備時間の間にも)、2x2バトルは着々と進んでおります。ランサー&ハロっぽ組がリング上に登場ですよ。

|

« ロボファイト7観戦記【SRC二回戦】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【SRC準々決勝~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41239042

この記事へのトラックバック一覧です: ロボファイト7観戦記【SRC三回戦】:

« ロボファイト7観戦記【SRC二回戦】 | トップページ | ロボファイト7観戦記【SRC準々決勝~決勝】 »