« Blaser Battle観戦記【Battle#1 -#5】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【Battle#11 -#15】 »

2008.05.25

Blaser Battle観戦記【Battle#6 -#10】

GPジュニア (こめた & レトロ)
vs
たぶち (ベレッタ & )

 スイッチをテープで補強して準備も万全のこめた、レトロも準備完了です。さあ試合開始、足踏みしながら突っ込んでいくこめた、レトロはビルの合間で前進防御、相手の前進を阻止する。たぶちチーム、こめたに押し込まれ攻撃態勢に入られてしまいます。体を張って阻止するものの、打ち倒されてしまう。レトロは何やら格闘に巻き込まれている構え、ゼロ距離での撃ち合いです。こめたは拠点に張り付いて打撃のチャンスを逃さない構え、一対一での撃ち合いはレトロが優勢、攻撃のチャンスを待ちます。しかしぎりぎりのところで体を割り込ませ、攻撃に出たこめたの胸元の隙に攻撃を打ち込む。一方では相手が起き上がったところを狙う戦術でレトロが激しい攻撃的防御。相手につけいる隙を与えず、GPジュニアの勝利です。

Team Blaser Joker (ATC2K & HAUSER)
vs
納期厳守 (締め切り2HV & サンダーボルト)

 今度は最強・ジョーカーチームと、納期厳守チームの対決。まずハウザーが猛烈な勢いで突進、集中放火を凌いだハウザー、迎撃を試みたサンダーボルトが援護に阻まれ轟沈、長距離での撃ち合いになっている、ハウザーが攻撃ポジションについた、しかしなんと拠点に反射した跳弾光を受け、自ら轟沈。障害物に反射したレーザーが受光部に当たり、自分が倒されてしまうケースがあるんだそうです。ハウザーが攻撃ポジションにつき、サンダーボルトが倒される。このフィールドは通常のリングに比べると、相当滑りやすいセッティングになっているんだそうです。納期厳守チーム、二機が両方上がって総攻撃の構え、しかしポイントを奪ってゆけない。ハウザー、反対側から援護射撃を行います。射撃を試みるものの、反撃を受けてしまう納期厳守チーム。ハウザーは三機団子の状況を遠くからねらい撃つ構えです。一方のジョーカーチームは二機に攻められながらも、まだ拠点は無傷。残り1分です。

 サンダーボルトが一撃を奪うものの、ジョーカーチームが凌ぎに凌いで勝利でした。

四川会ジュニア (ちょこちょこ丸 & おふろ)
vs
納期厳守 (締め切り2HV & サンダーボルト)

 さあアフロ&キョンシーがまた登場です。ここだけ見ていると何の試合なんだかちょっとわかりにくいくらい。まず長距離での撃ち合い、まだ脚が動かない、その状態からちょこちょこと納期厳守チームが突進、サンダーボルトが前進、中距離から脚を止めて撃ちに入ります。これはアイデア。後ろを向いて突進するちょこちょこ丸、床面での跳弾でおふろが沈没、ちょこちょこ丸大変だ。転んで首が半分もげたかと思ったら、完全に頭がもげてしまったちょこちょこ丸。頭がなくなったら動きが良くなってきました。レーザーがよく見えます。サンダーボルトとおふろはゼロ距離での睨み合い、サンダーボルトがおふろを凌ぎつつ拠点を狙う。攻撃はするものの、復活直後におふろを沈め返すサンダーボルト。凄まじい撃ち合いです。ちょこちょこ丸はのけぞってからの射撃モード入りにちょっと時間がかかっているんでしょうか、腕先に銃をつけている通常型の方が動きが素直なのかも知れません。復活狙いの相手を狙って沈めるちょこちょこ丸、しかし拠点を狙いきれない。残り10秒ほどでようやくちょこちょこが拠点にダメージを与えるも、これで終了。納期厳守チームが圧倒的勝利を収めます。

たぶち (ベレッタ & )
vs
Team Blaser Spade (アレク & Automo01)

 オートモとアレク、スペードチーム再び登場。両翼に分かれ同時に突っ込むスペードチーム、しかし見事な狙撃で返り撃ちに。立て続けに2ダウンを取られていきます。しかし一気に抜いたアレク、拠点に攻撃するポジションを取っていきます。一端戻って支援しつつ、拠点の無敵時間明けを読んで再び敵本拠へ。お互い、両サイドに分かれて一対一の展開となります。防御するオートモは、高速で旋回して、相手に的を絞らせません。倒れつつも相手の攻撃から拠点の受光部をガードしますが、倒れた隙を突かれて沈んでしまいます。
 時間ぎりぎりのショットの判定が問われつつも、最後はロボットの残りライフ争いと言う展開に。2ポイント差にて、たぶちチームぎりぎり勝利となります。

Team Blaser Joker (ATC2K & HAUSER)
vs
GPジュニア (こめた & レトロ)

 まずましぐらに突っ込んで中央でぶつかったハウザーとこめた。しかしハウザーはさらに前進して一機に拠点攻撃の構え、こめたは銃を構えたまま前進。ハウザーは攻撃ポジションで仁王立ちの構え、弱点の受光部を相手に向けたままなのに、びくともせずにレトロを沈めに行きます。
 こめたは腕を先に出したままの構えで拠点攻撃を狙うも沈められていく、一方レトロはハウザーに肉薄して防御に計りますが、レトロと拠点を交互に狙うハウザー、無敵モードなんじゃないかと疑うほどの落ち着きっぷりです。
 こめたも攻撃モードに映り、調子よく相手と拠点を交互に狙っていきます。しかし復活狙いを逆に狙われて沈むこめた。ちょっと拠点が動いちゃってますが、このまま続行。こめた逆転、しかしハウザーの狙撃を浴びて沈みます。ぎりぎりまでの狙い合いとなりますが、ここで時間切れで試合終了。ブレイザージョーカーチームが圧勝です。

 ここで10試合目。体験操縦会とちょっと休憩となります。なにやら同族対決だったそうなんですが。
 体験操縦会のあと試合再開です。

|

« Blaser Battle観戦記【Battle#1 -#5】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【Battle#11 -#15】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41319558

この記事へのトラックバック一覧です: Blaser Battle観戦記【Battle#6 -#10】:

« Blaser Battle観戦記【Battle#1 -#5】 | トップページ | Blaser Battle観戦記【Battle#11 -#15】 »