« KHR 4thアニバーサリー観戦記(3) | トップページ | エイトム(☆☆) »

2008.06.08

KHR 4thアニバーサリー観戦記(4)

 休憩のあとはいきなり面白い展開。自律型ロボットによるランブルが行われます。オートサーチ型の自律ロボットによるランブルと言う非っ常に面白げなこの展開。どうなりますが、これはかなり面白…… おっと、ここでいきなりルール変更。志願すれば操縦型もまぜてくれるとのこと。
 
 この後色々ありましたが、最終的には自律同士の対決をもう一度、と言うことになったようです。

○こめた vs ×ROBOSPOT

 リングの上にはこめたが二機登場。一機は自律型、もう一機のこめたは操縦タイプと、二つのこめたが登場です。しかも操縦型はブレイザーモデルこめた。コディガアどうしたんでしょう。コディガアは目下調整中とのこと。まずはこの三体で、あ、こめたは自律型だけなんですね。ランブルと言うか普通に一対一の勝負です。

 まず最初のファーストタッチからスリップ、こめたが起き上がらない…… おっとここでタイム。ランブルでタイムは史上初かも知れません。タイムでこめた復帰。あ、普通の勝負に戻ったみたいですねこれは。こめたはタイムで1ダウン、ロボスポットダウンを奪います。大股に旋回して位置取りを行うこめた。死角に入ります。足下を狙って一気に詰め、ロボスポット一気に倒れる。これでこめたの勝利となります。

(こめた vs ROBOSPOT vs BLACK TIGER NEO)

 今度はブラックタイガーネオを含めて三機の勝負。やや離れたブラックタイガー、こめたとロボスポット叩き合い。ブラックタイガー、リング脇。人間を認識してしまったか、相手を探し出す事が出来ない情勢です。手が入ってリングへ、中距離に離れたブラックタイガー、しかし発見できない。ロボスポット転落、ここでようやくブラックタイガーがこめたを発見。引っかけての一撃で倒しますが、足首がおかしいか。ここでタイム。ちょっとおかしな感じです。レフェリーを敵だと認識したこめたと激突。ブラックタイガーは調整が行われます。
 すいません、電池関係でじたばたしているうちに試合終わってしまいました……。

 このあとはブラックタイガーとロボスポットのエキシビジョンマッチが行われる、とのことでした。今日はブラックタイガーネオとロボスポットの試合が、つごう3回行われるとのことです。

×ROBOSPOT vs ○BLACK TIGER NEO

 ちょっと脚の動きがおかしい感じのブラックタイガーネオ、腕が引っかかっていたのか、いったん分けて外します。動かないロボスポット、一歩二歩と全身して相手を差がします。ブラックタイガー、攻撃。腕の戻りに引っかけますがこれはスリップ。立て続けにフックを繰り出して倒していきます。パンチを受けて吹っ飛んだロボスポット、ブリッジで耐えますが、これはダウン。ロボスポット、横向きに攻撃を繰り出しますが倒れない。ブラックタイガー、後ろから一撃。ストレートに攻撃を打ち込み、勝利となります。

 自律バトルはここでいったん終了。
 通常のトーナメントの準々決勝に戻ります。

 ここでノートパソコンは完全に沈黙し、手書きのメモが頼りと言う有様に。
 以後の試合は書いてある内容がかなり当てにならなくなりますが、まことに申し訳ないんですが御容赦願えればと思います……。

第22試合(準々決勝第1試合) :
○Cavaliar vs ×EZ-FIGHTER

 サイズで言うとキャバリアのほうがだいぶ大きい、KHRとしては体格差のある勝負です。キャバリア、リング中央まで進出しサイドへ。旋回しながら攻めるイージーファイター、距離をつけての叩き合い。大きく震動しながらも攻め続けるイージーファイターですが、待ちかまえるキャバリアが伸ばした腕先に攻撃をぶつけていきます。積極的に攻めたイージーファイターでしたが、移動してバランスを崩したところでダウン。キャバリアを崩せず敗北となりました。

 イージーファイターは初代KHRベースで、ジャイロを搭載せずバッテリも初期型の小さいものを使っている、とのこと。これで倒れないのは機体のバランスがいいからだ、と審査員席より。優勝を狙ってはいたが、全力を尽くせたので楽しかった、とのことでした。

第23試合(準々決勝第2試合) :
×KHR-赤 vs ○ガルー

 サイズ的には似通った両者の対決、どちらも腕先に長い武器を持った同士の対決です。まず突っ込むKHR赤、しかし前につんのめって倒れる。やや引いて構えたガルー、リング脇で待ちかまえる。足首を掴んで倒すようにKHR赤を倒し、ダウンを奪います。
 試合再…… おっと、レフェリーがガルーのコネクタを抜いてしまった様子。これはノーカウント。復帰。距離を取っての睨み合い、ガルースリップ。ガルー、慎重に様子を見ていきます。胴体を捲り上げるようにダウン。KHR赤、大股に旋回して素早く後ろを横へ逃げて行きますが、ガルーに後方を取られる。これで3ダウン、ガルーが危なげなく勝利を収めます。

 非常にかっこいいKHR赤の外装。材料はプラ板なのだそうです。

第24試合(準々決勝第3試合) :
○クロムキッド vs ×デシュミット

 次なる対決は、先程の試合、シーラカンスのトラブルのため久々の試合となるデシュミットとクロムキッドの対決です。移動に早いデシュミット、クロムキッドは旋回から両腕を上げて攻撃。クロムキッド、小刻みに旋回、自分も倒れてしまうものの横突きでダウンを奪います。
 クロムキッド、移動して横へ。デシュミットの腕をめくりますが倒れます。後ろからの狙い、デシュミット離れる。歩いたところに追撃されてダウン。
 クロムキッド、隙を伺う。真後ろを取ったデシュミット、しかし離れる。両者打ち合うが倒れない、デシュミットは距離を置きすぎてリング脇へ。クロムキッドの攻撃を凌ぎ、攻撃したクロムキッドが反動で、勢い余ってリングアウトしてしまいます。ここで時間切れ、2-1でクロムキッドが勝利となります。

 デシュミットのGR2さん。さきほどのKHR赤のブラックさんともども、ロボスポットで稽古を重ね、クロムキッド&ガルーのくぱくまさんが師匠格なのだとか。なるほどー。

第25試合(準々決勝第4試合) :
○ホリ・ワン vs ×黒かじろうJr

 リングに設置、真横に構えたホリ・ワン。真正面を向いた黒かじろうはまず一礼。するっと言う素早く横歩きで接近したホリ、接近して一撃。かじろう吹っ飛んで倒れる。動きの素早いホリがかじろうを圧倒、後方を取ったホリに対し、かじろう自ら倒れるように仕掛けるものの、攻撃の出がかりにはすでにホリが離脱している様。反撃を受けてリング脇へ飛んだかじろう、レフェリーの手を借りて復帰。試合後はリング中央から逆サイドへ、ホリ・ワン、頭突き様の突撃でかじろうを吹き飛ばし、スピード決着で勝利となります。

第26試合~第29試合
ランブル(x4)

 1回戦~2回戦敗退の選手によるランブルが、4回行われました。
 さすがに落っことすのは難しいのか、勝敗はなかなかつかず。どの勝負もだいたい最終的に、社長のジャッジ→お客さん判断→じゃんけん、と言う段階を踏んで決着となっておりました。

第30試合(準決勝第1試合) :
○Cavaliar vs ×ガルー

 まず準決勝の第一試合はこのカード。まず接近したキャバリア、背中を向けるがガルーのパンチを躱す。スリップ、キャバリア、背丈がやや小さい。ガルーの攻撃が抜けていきます。勢い余って横に一回転スピンするガルー。同じ方向へのパンチの撃ち合い、これもスリップ。ガルー、横に一回転してしまいます。
 ガルーのめくるような攻撃、しかし反動でリングアウトしてしまい、ガルーがダウンを失う。旋回しつつの様子見からガルーコウgきを放ちますが、キャバリア倒れない。足裏が重いのか、攻撃がからぶった反動で両者絡む。攻めますがガルーの攻撃が引っかからずめくってしまう。キャバリアの胴体前が真っ平らなせいでしょうか、引っかかるところがなく倒せないのかも知れません。両腕を広げるパンチ、しかしこれでも倒れない。
 最後は時間切れとなり、先程のリングアウトが決め手に。キャバリアが勝者となりました。

第31試合(準決勝第2試合) :
×クロムキッド vs ○ホリ・ワン

 親子と夫婦、この勝負は予期せぬ男の戦いです。素早く接近するホリ・ワン、クロムキッドに突撃しまず先制してダウンを奪う。一撃して離脱する戦法、クロムキッド、機体をぶつけらスリップ。すれちがいざまに引っかけられて倒されますが、有効な攻撃ではないと見なされ舞う。
 クロムキッドは反対に機体を寄せて、溜めを作って強力なパンチを放つのですが、これはちょっと相性の悪い相手。足の速いホリ・ワンに、溜めの間に距離をおかれてしまうのです。ホリ・ワン、突っ込んだ後、いったん立ち止まってパンチ。これでクロムキッドから2ダウン。ちょっと調子を悪くしたか、クロムキッドは反動パンチのあとスリップしてしまいます。
 最後はカウンター気味に攻撃を入れられてクロムキッドダウン。ホリ・ワン、強敵を制して決勝へと進みます。

 ちなみに今回は三位決定戦がないため、このあとトーナメントは決勝を残すのみ、となります。
 その前に、自律バトルの決勝戦と、エキシビジョンが行われます。


第5試合(決勝) :
○ゴリアテ vs ×やりすぎTHKR

 まず突っ込んだのはゴリアテ。やりすぎTHKRがめくって倒す。ゴリアテ起きるやるしぎも前へスリップ、絡んだおを分けます。ゴリアテは旋回してサーチ、相手を発見。腕を伸ばしやりすぎが倒れる。ゴリアテ攻撃して2ダウン。
 やりすぎはスリップ。ゴリアテ、後ろへダウン。両者サーチ合戦となり、先に掴んだのはゴリアテ。しかしスリップしてしまいます。後ろ向きに距離をつめるやりすぎ、ゴリアテ攻撃し、これでダウン。やりすぎ2ダウン。最後は相手を探し突っ込んだところを押し戻され、ダウンではないものの、やりすぎスリップ。これが決勝となり、ゴリアテが自律バトルの優勝者となりました!

 ゴリアテは膝裏に二つ、腕先に4つの距離センサーをつけており、例えば首のようなところにセンサーをつけることを避けることで、相手を機体、胴体正面につねに捉えるようになっている、とのことでした。
 一方巨大な頭部のTHKR、頭に画像認識センサーとボード、それに距離センサーをつけているものの、相手が赤いボールでも頭につけていないと、画像認識はできない、と言うことで、距離センサーのみでバトルをしていた、とのことでした。

 審査員からは「自律クロムキッドと自律ガルーのバトルが見てみたい」との声が飛んでいましたが、聞いていたくぱぱさんはなんか渋い表情でした。結局、どっちも作るのはくぱぱさんですもんなあ。

 バトル決勝に先立ち、ロボスポットとブラックタイガーネオ、さらにはブラックタイガーネオとゴリアテによるエキシビジョンマッチが行われました。
 いずれも自律となるこの勝負、ブラックタイガーが両方に圧勝。貫禄の勝利となりました。

第32試合(決勝) :
○Cavaliar vs ×ホリ・ワン

 まず前進、そこから横井堂へ切り替えるキャバリア。ホリワンは移動しながらの攻撃。キャバリアは位置を整えつつ移動、両者素早く位置を取りながらの攻撃。ホリ・ワン、背後をとられ1ダウン。足を使った勝負、双方の腕が打ち合わされてスリップ。
 駆け寄ったホリワン、キャバリアの肩に腕が絡む。のしかかった状態で安定してしまい、これもスリップ。レフェリー分ける。ホリ・ワンの脇を駆け抜けるキャバリア。ホリ・ワン、左右に動きながら攻撃のスキを取れない、と行っている間に一撃。残り10秒で1-1、ちょっとずれた位置からの撃ち合いになったところでタイムアップ。決勝は延長戦にもつれ込みます。

 サドンデスの延長戦。開始後、キャバリアは横に避けて様子を見ていく展開、リング脇にホリ・ワン、追い詰められる。ホリのパンチを凌いでいくキャバリア、小競り合いから両腕パンチを繰り出し、突っ込んできたホリ・ワンを押し戻す。カウンターでダウンを奪いこれで決着、キャバリアの勝利となりました。

|

« KHR 4thアニバーサリー観戦記(3) | トップページ | エイトム(☆☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41478079

この記事へのトラックバック一覧です: KHR 4thアニバーサリー観戦記(4):

« KHR 4thアニバーサリー観戦記(3) | トップページ | エイトム(☆☆) »