« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【グループC・D 第1~3試合】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【PK戦】 »

2008.07.05

第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【グループC・D 第4~6試合】

 さてさて、残るは6試合。最後のブロックとなります。
 ここまでグループCは全試合引き分けと言う驚愕の展開。グループDの法は、Dog-Oneのリタイアによりトリニティが2勝、一足早く決勝進出を決めています。バンブーブリッジと電通大チームのいずれが二位を取りに行くのか、と言うところ。

グループC 第4試合
関東学生連合 vs G-Quintet

 さあさあ、これも面白い勝負。小粒だが粒の揃ったGクインテットに、野心的な構造の目立つ…… あれ。最後のロボットの名前がミニジュビロになってます。しかも控えじゃなくて応援だそうです。なんてことだ。
 関東学連のキックオフで試合開始。まずはキックオフ、殺到したGクインテット、ドリブルで抜きにかかりますが抜ききれません。しかしピラニが倒れたところを抜いて突撃、開いているボールに突っ込みますが、この歩行だと高速で歩くのにはちょっと無理があるのかも。審判が分けて試合再開。ボールの前にクロガネが入りコースをそらせる。Gのコーナーキック、これは飛距離画の微直井が、グラムの足下。コーナーポスト寸前のボールをグラムが弾き、スローイン。しかしクロガネの足下にボールが転がる。しかしピラニがのしかかってしまう。Gクインテット、押している展開だけに得点が欲しい。またボールがラインを割ってしまう。
 ピラニのスローイン、落下した、クインテットが攻撃を仕掛けるところに、Eorz、起き上がりにボールを巻き込んでしまう。フリーキックからGロボ、渾身のキック。しかし両腕足を広げたグラムが見事にブロックしてしまいます。
 センターにボールが戻りスローイン、転がってしまったボールをクロガネが巻き込む。どうも起き上がりモーションにボールを巻き込んでしまい、それがハンドとなるケースが多いようですね。残り1分、ぎりぎりで攻めますがピラニが綺麗にカット、凌いでいきます。Gロボ抜けたが、しかしボールがついていかない。キーパーチャージと言うか、キーパーの方が3倍くらい大きいのでそれもどうかと思いますが、この勝負もここで時間切れ。Gクインテット、終始攻め込むも攻めきれず、0-0の引き分けとなります。

グループD 第4試合
電気通信大学ロボメカ工房 vs RFCバンブーブリッジ

 さあ次の試合です。これが事実上の緒戦となる電通大ロボメカ工房と、先程はトリニティ相手に苦杯を嘗めたバンブーブリッジの対決です。石井さんが操縦するのはやっぱりナアガなんですね。
 電通大チームは先程出ていなかったジューダスが登場。ゴールキーパーはなかむラビット俊輔です。
 さあ、サアガのキックは真横に出て宗0郎が押さえる、これで攻めこんでいきますが、それよりも電通大チームが一斉に転んで藻掻いているのが気になります。宗0郎のキックはうさぎチームがブロック。脇を抜きたい宗0郎ですが、マークが厳しく膠着する。強引なキック、なんだか違うところでバッテリが落ちてます。大丈夫でしょうか。
 さあ、綺麗なラインでキックを転がした宗0郎、キーパーが横に転がしたボール、しかしシュートを撃ちたい、ナアガ、ボールを一気呵成にゴールに押し込んでまず1点。ラインを見てドリブルで押していきました。
 試合再開、短いキックを受ける宗0郎、サアガとナアガが横から回り込むように続きます。電通大チャージからのキック、しかしこれはナアガがキープ。素早く後方に回り込みますが、3機で味方同士でも絡んでしまう。サアガ、ボールの正面へ。綺麗に切ったボールは、キーパーとゴールの僅かな空隙に躍り込む。これで2-0、サアガのシュートです。
 再開直後、今度はちょっとボールを横に出してしまった。ジューダス、横向きの投げでパスを出すも、サアガが一瞬の隙にボールを奪い取ってドリブル、そのままボールをキープしたままでまっしぐらにゴールまで駆け込んで、これで3-0となります。
 ナアガ、再開したボールを止めてドリブルで敵サイド。棒立ちになったまま動かない電通大チームのロボット、どうしたんでしょう。スローインして試合再開、直後に時間が終了。3-0、ひさびさの大量得点差でバンブーブリッジ勝利となります。

グループC 第5試合
静岡県立浜松工業高等学校 vs G-Quintet

 さあ、これは非常にもどかしい感じのしそうな顔合わせとなりました。粘り強い守りを見せたチーム同士の対決です。時間ぎりぎりまで極限の睨み合いとなりそうな試合ですが、どうなんでしょうか。

「みんな同点だったらどうしましょう」「戦いましょうか」 それは勘弁してくれと言うアピール。ええ、それは去年……。
 そんなこと言ってるうちに、ミニジュビロが参戦してキックオフ。転がりながらも痛烈なキックでGクインテット側に攻め入る浜松工業。ミニジュビロ、うまいところに回り込んでボールをきっちり運んでいきます。ミニジュビロ、思わず相手を蹴ってしまいイエローカード。これはまずい。キャラものがけっぽってはいけません。展開としてはGクインテット有利、ボールを三機で群がって運んでいきます。抜けたボールを押し込めるか、しかし立ったままのキーパーがボールを押させない、しかし背中から回り込んだビバーチェが回り込んで押し込み、Gクインテットが得点を先制します! ここでミニジュビロ交替、下がります。
 あれ、三機から試合再開のクインテット。ミニジュビロ、結局復帰したようです。もう一機がどうしても動かないみたいですね。クインテット、スローイン。ボールはライン上に転がって静止する、ボールをライン上に止め、ロボットがじょじょに集まってくるのですが、なかなかキックを放てません。前をちょこちょこと歩いてキックのラインに割り込むGクインテット、隙をついてボールを奪います。ぶつかると倒されてはしまいますが、細かくドリブルをつないでボールを先へ先へと進めていきます。センターライン上での小競り合いで試合終了、なんとGクインテット、1-0で勝利! 小刻みな対決を制しました。

グループD 第5試合
Dog-One vs RFCバンブーブリッジ

 これも棄権により、バンブーブリッジの不戦勝となります。

 さて、これで残りは二試合。この結果で決勝に進む全てのチームが決まる事になります。
 グループCは、1位か二位かは判りませんが、Gクインテットが決勝進出決定。グループDはトリニティ圧倒的有利ですが、まだ判りません。

グループC 第6試合
関東学生連合 vs チームアリウス&ハイテックジャパン

 さあ、グループC最終試合となります。まだフィールドに出ていないゼルファーの出番はあるのか、うしくんの真の実力は明らかになるのか。学連のキックをアリキオンが弾き返す。クロガネ攻めますが、アリウスがマークして動かさせない。アリウスのキックが大きく抜ける、グラムが押さえて転がす。しかしアリウスが接近してくる、ピラニがディフェンスに入る。ちょっとモール状態になってしまいます。ここでハンドの判定、フリーキックに。アリウスチャンスです。
 クロガネとEorzが防御の魔替え、ボールは中央、しかし転がったボールをグラムはよく反応、ボールはコーナーへ。アリウスのコーナーキックはポストに当たり届かず、ゴールキックに変更です。
 中途半端な距離になってしまったキック、アリウスがこれを押さえる。Eorzとクロガネ、アリキオンが団子になって倒れてしあいます。ありまろのスローイン、かなりの距離ですがピラニがブロック。アリキオンと一対一の睨み合い、しかしアリキオン、モール状態を抜けてゴール前へ。ありまろが倒れていたところにボールが、起き上がりに巻き込まれてハンド。グラム、ゴールキック。あー、ボールは非常にハンパな距離に、アリキオンボールを持って突撃、圧倒的有利な情勢ながらもここでスリップ。転んだキーパーがボールを足で挟むようにしてキープ。キーパーチャージを取られたアリキオン、神速のシュートを見事に凌ぎきるグラム。守りは堅い。非常に固い。最後は時間ぎりぎりのシュートを腕と足の間に挟んで食い止め、これで0-0時間切れ。なんと最後の試合もドローとなりました。

 さて、結果としてグループCも2位が決定しない、と言う展開に。このあとPK戦が行われる格好となります。
 
グループD 第6試合
電気通信大学ロボメカ工房 vs トリニティ

 さて、最終試合となる第24試合。電通大ロボメカ工房と、トリニティの対決がこの試合の締めくくりとなります。
 トリニティ、今回はキャバリアがゴールキーパーとなるようです。サイズから言うと順当な感じですけども。まずはキックイン、ガルーのキックはいきなりゴール脇まで飛んでいく。ゴールキックから再開、クロムキッドにきっちりマークしてぼるに接触させない、しかし構わず押していくトリニティ。団子状態からボールをゴールに放り込み、クロムキッドのシュートで1-0。トリニティ先制です。
 次は電通のキックから再開、スローインは足下に落ちてしまう。しかし何故か積極的に攻めていかない、ボールを横に出したrsv、クロムキッドは大きなシュートを出しますが、これが相手に引っかかってしまう。ボールを背後に庇う電通大チーム、事実上二人で守っている状況、ボールは電通大ロボットの集団の中に。動きません。シンが提げられた、クロムキッドの前ですが、相手が倒れた所でネットに引っかかったまま動けない。クロムキッド、押し込みかねたところで、横に転がったボールをrsv3がフォローして押し込み、これで2-0。
 なにげなく三機の後ろまで行った電通大のキックインですが、すぐに返されてしまう。ガルーが早業で追い抜いて、蹴ったボールはキーパーとディフェンダーの間を通り抜けて、あっと言う間の3-0。いいキックインだったんですが、ホイッスル前、クロムキッド、ロングシュートを真ん中から放つも、これはキーパーに弾かれる。ボールはロボットに挟まれるようにゴールの前に。ガルーはボールもろとも相手までゴールに押し込む強攻策に切り替えますが、これは時間切れギリギリのアクション。同時とみなされますが、得点とは認められず。3-0、トリニティが大量点を奪い取り、全勝で決勝へと駒を進めました。

----

グループC 第4試合 △関東学生連合 vs △G-Quintet (0-0)
グループC 第5試合 ×静岡県立浜松工業高等学校 vs ○G-Quintet (0-1)
グループC 第6試合 △関東学生連合 vs △チームアリウス&ハイテックジャパン (0-0)


グループD 第4試合 ×電気通信大学ロボメカ工房 vs ○RFCバンブーブリッジ (0-3)
グループD 第5試合 ×Dog-One vs ○RFCバンブーブリッジ (-)
グループD 第6試合 ×電気通信大学ロボメカ工房 vs ○トリニティ (0-3)

----

 このあとは、グループB、及びグループCの二位通過を決めるPK戦が行われます。

|

« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【グループC・D 第1~3試合】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【PK戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41747432

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【グループC・D 第4~6試合】:

« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【グループC・D 第1~3試合】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【PK戦】 »