« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【1回戦】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【宇宙大会選抜競技】 »

2008.07.06

第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【準決勝】

 さてさて、午後のお時間です。
 まずは体験操縦会からスタート。サッカーのミニゲームから開始です。なんか壇上にお二人しかいませんがどうしたものか。
 GロボとKHRの二種類のロボを体験操縦出来ると言うこのイベント。ぶじDVDも捌けて、さあ二回戦から試合再開です。
 まずはチアリーディングから再開となりますよ。

■2回戦&チアリーティング

チアリーディング
5 静岡県立浜松工業高等学校

 さあ、次は静岡県立静岡工業高校のパフォーマンス。ロボットは4機が縦一列に並んでの構えです。軽快な音楽とともに…… おっと一台倒れた。これは昔ロボノバがやってたデモに似てますね。一体トラブルで離脱してしまいますが。ボールを掴んでスローインのデモですが、残念ながらボールを掴めない感じで終了となりました。
 先川原さんの解説は極めて真面目なフォローでした。珍し、いやいやいや。おっと。最後にもう一度トライしましたが、残念ながら成功せず。これにて終了となります。

準決勝 第1試合
Dr.GIYと不死鳥のロボ団 vs RFCバンブーブリッジ

 さあ、四川会を下したロボ団。リティは頭の旗が無くなってパワーアップ気味です。そして圧倒的ポテンシャルを見せつけてGクインテットを退けたバンブーブリッジとの対決です。あ、ここでルールの解説。後半残り1分を過ぎたところでは、ボールが出て中断した時には時間も止まる事になったのだそうです。
 調整に少し時間のかかっていたロボ団、不知火&旋風丸とリティは登場しましたが、ああプティも来ましたね。因みに今はサアガとクロムキッドが得点王でタイなのだとか。展開が気になります。

 前半、不知火のキックは平べったくしゃがんだサアガの頭にぽこんと弾かれます。一気にドリブルで抜けたサアガ、一気に速攻の構え。リティが構えてブロック、サアガと宗0郎がタッグを組んで攻めていく。戻った不死鳥のロボ団、しかしファールを取られてしまう。いきなりのチャンスバンブーブリッジ、宗0郎がゴール寸前からフリーキックチャンス、蹴ったボールはリティの足下へ、プティが倒れてブロック。キーパーチャージ、ボールはゴールキック。リティ、後ろに倒れてしまう。これでは良くない、機体がゴール前に密集うします。bごー瑠キックは不発、旋風丸と不知火が倒れてしまいバンブーのハンド。不知火のキックで再開です。おお、大きく出たキックはサアガに当たって不知火のスローインから再開、あ、宗0郎が倒れた。カットしたサアアガがそのままドリブル、不知火との競り合いはナアガが確保、またボールはライン上での争い、弾かれたボールは宗0郎がヒールキック、後ろに飛んだボールをリティが転がす、不知火に宗0郎が足を引っかけてしまってファール、不知火のキックはブロック。ゴール前での競り合い、再び団子になってしまいます。あっとこれはいけない、サアガ起き上がりにボールを巻き込んで仕舞います。ハンドを取られ、不知火のフリーキック。一列に並んでガードするバンブー、しかし不知火のキックは大きく上がり、肩の上を乗りこえてゴールへ、惜しいところでポストに当たってゴールは逸れます。
 ゴールキックから試合は一気にロボ団サイドのゴール前へ、サアガのコーナーキック、しかしちょっと後ろに行き過ぎたか、プティを追い抜いてナアガが確保、旋風丸とナアガが絡み合い。ボールを中央に転がしたままでぶつかり合い、ここでファール。ナアガがキックを行います。大きなキック、しかし旋風丸が後ろにダウン、転がったボールはフリーになった、不知火とキーパーの一対一、しかし後ろからサアガがチャージ気味に突っ込んでシュートを止める。ここで時間切れ、前半が終了となります。

 さあ、後半戦です。サアガのキックから…… あれ、無線トラブルみたいですね。プティが復帰しません。どうもプティが復帰できないようです。回復し次第コートに戻るようですが、3対4の勝負となります。
 硬軟線開始、サアガのキックは不知火がカット。サアガ、ボールを頃がして追いかけます。ライン上でのボールは転がる、旋風丸が間に入りつつもボールはコートの前へ、リティが倒れたところでボールはポストのわずか脇に、転がったボールを捕まえた宗0郎、落ち着いて押し込んで1-0。
 さすがに一人差は厳しい。旋風丸のキックをサアガがカット、しかしその蹴りを旋風丸トラップ。もみ合いからボールはロボ団サイドへ。抜けたボールを追いかけたサアガ、しかしリティ、倒れたまま動けない。そこにカットに入る旋風丸ですが、倒れたところにボールがぶつかり、そのままボールはゴールへ。2-0、速攻でバンブーが点を重ねる。リティは転がっていましたがなんとか復帰。ゴールキックで復帰、ファールを取られるナアガ。しかし不知火の直接シュートを頭でブロック。プティが復帰、しかし、ロボ団サイトががらあきになったところをナアガが一気に相手側にボールを押し込みます。不知火のスローイン、しかしナアガが絶好の位置でカットしてシュート、しかしボールはリティにぶつかって転がる、リティが転がったまんまの状況のところにサアガがシュートを狙いますが、これでキーパーチャージ。不知火のキックですがトラッピング、ロボ団のピンチは続く。ハンドとなりナアガのフリーキック、これはしかししゃがんだままのリティの足にぶつかった、しかし転がったボールはオンラインでポストの外側の微妙な位置。不知火回り込んで強烈なキック、しかし宗0郎がセンターライン上でカット。不知火、スローインから再開です。遠距離弾にはならず、転がったボールはサアガがカット。最後はロボ団側コートにボールが移ったところで、時間切れ試合終了。膠着したかと思った情勢が一気に崩れ、2-0でバンブーブリッジが一気呵成に制します。
 
チアリーディング
6 電気通信大学ロボメカ工房

 さあ、電通大ロボメカ工房はうさぎ部隊の登場です。うしろにはロボっぽいのが二つ居ますね。V字陣形から、これは綺麗だ。いかにもチアリーディングと言う感じのちゃんと止めも入れてぼんぼんをリズミカルに振り回しています。ああ、いいなあこれ可愛い。後ろでカタいデザインのロボットが応援団っぽい気合い入れてるのもいい感じです。最後は前のうさぎ三つが一回転してぱっとポーズ、これで仕上げ、と見事なデモンストレーションでした。いいですねこれは。可愛いかったですよ。

準決勝 第2試合
カイザー・オール・スターズ vs トリニティ

 さあ次なるも力と力の真っ向勝負、カイザーオールスターズとトリニティの対決です。西村委員長の前にミニジュビロが戻ってきました。キングカイザー軍団に対するは、得点王候補のエース・クロムキッドを擁するトリニティです。
 因みにキャバリアが足のあいだにボールを挟むのは有効ですが、ディフェンダーにぶつかった場合はチャージとなります。

 さあ、まずはガルーのキックから開始。カイザー軍団はくさび形陣形で守備、ボールを止めて散開し攻め込みます。センターライン上でカイザーとボールの奪い合い、カイザー軍団をかき分けるようにキャバリアがボールとディフェンダーをもろともに圧力をかけていきます。ボールは転がってライン上、キャバリアが戻そうといますが、ボールに誰もさわれない。クロムキッドのキックも距離が出ない、さあ転がったボールはキャバリアの前に、しかしボールは後ろへ。待っていたカイザーがドリブルしますがこれも阻まれる。センターライン上でのもみ合い、ファールのようです。両者分けて、クロムキッドフリーキック。しかしカイザー軍団これをカット。ガルーが前進を阻んでいる間に、ワイドに使って攻め込むカイザー軍団。クロムキッド、腕で相手を倒してしまい、ファールとなって少し分けます。転がったボールはクロムが防ぐ、おっとガルーが大きく勧めたボールはラインの外へ、大きく後方からカイザー軍団のスローインとなります。キャバリアが立ちふさがって壁になる、グレートもちょっと前進しています。巨大ロボット同士の睨み合い、だしかしキャバリアの肩に当てたボールは逆サイドへ、さらにカイザーのスローイン。着実にボールを戻していきます。
 再びのスローイン、おっと、グレートがコーナーに避けた。カイザーの大きなスローインはキャバリアの肩を越す、しかしrsv、落ち着いてボールを切る。カイザーが突っ込みますが、ボールを一気に戻したキャバリア。さあ、逆サイドからグレートアンダースロー、キャバリアがコート中央に立ちふさがって足でボールを止める。しかしキャバリア、突撃をチャージと取られる。さあ残り15秒、カイザーボールを掴んで慎重な睨み合い、しかしボールは斜めの方向の外へ。クロムキッドのスローイン、間に合うか。投げ込んだところで時間切れ、0-0で前半戦終了となります。

 さあ後半戦。等間隔に横に並んだカイザー軍団、攻撃の陣形です。一斉に横に開いたトリニティ、ボールは弾かれますが三機並んでカイザーが突撃する。ボールはサイドに転がり、クロムキッドのスローインから再開。大きく飛んだボールはディフェンダーの上を大きく飛び、直接ゴールを狙いかねない構え。しかしゴールキック、キックがトリニティのディフェンスを抜けてrsvのゴールキック、これはまずい。これは危険だ。しかしクロムキッドが間に立ちふさがったところに、ガルーが後ろから体当たり気味にキック、これがファール。フリーキックはしかし壁を破れず転がる、キーパーとrsvの一騎打ち、しかしキーパーがボールを横に弾いた。密集で動きにくい構えからサンダーが蹴り、シュートを相手の体に当ててゴールに! これで1-0、オールスターズ先制します。
 トリニティ攻めかかりますが、転がってきたボールをrsvが弾く、シュートを弾き返したガルー、キャバリアともども右サイドから攻め上がります。正確にグレートの目の前に落としたスローイン、待っていたクロムキッドが攻めかかりますが、グレートの分厚い壁を押し切れません。キーパーチャージを取られてしまい、グレートのキックから再開、センターラインで待っていたファイアーのところの正確に繰り出されたパス、しかしドリブルからシュートのチャンスでファイアまさかの転倒。ここでもみ合いとなり、ガルーが大きくボールを戻します。再びカイザー側の陣営で密集して睨み合い。ファールを取られてカイザーのキック、味方に当たって後ろに戻ったボールを蹴り返しますが、クロムキッドがサイドに転がったボールをスローインボールをキャバリアがトラッピングしますが、カイザー軍団の壁に阻まれて攻めきれない。そのまま押し合いが続く情勢で時間切れ、一瞬の隙の1点を守りきり、カイザーオールスターズ、トリニティを退けて、決勝へと進出します。

 さあ、決勝のカードが決定しました。
 三位決定戦は、Dr.GIYと不死鳥のロボ団とトリニティの勝負。
 決勝はRFCバンブーブリッジとカイザー・オール・スターズの対決となります。

 このあとは休憩のあと、宇宙大会選抜競技が行われます。投げちゃうヨ。

----

準決勝 第1試合 ×Dr.GIYと不死鳥のロボ団 vs ○RFCバンブーブリッジ (0-2)
準決勝 第2試合 ○カイザー・オール・スターズ vs ×トリニティ (1-0)

----

|

« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【1回戦】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【宇宙大会選抜競技】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

いつも速報をありがとうございます。↓誤字のようなのでお知らせします。

シュートを相手の体に当ててゴールに! これで1-0、オールスアーズ先制します。
    ↑
    ”タ”だと思います。m(__)m

投稿: non-non | 2008.07.06 20:53

 ご指摘ありがとうございますー。
 今回は急ぎでアップしてあとで直そうとか思っていたので、いつもより色々ヒドいかも知れません……(汗。ともあれ、ありがとうございました。他にもあると思いますので、ちょいちょい直しておきますね。

投稿: sn@散財 | 2008.07.08 20:14

偶然見つけた誤字だったのでお知らせしました。
いつもレポを楽しみに読ませていただいています。
特に何処よりも早い!と言う所がお気に入りです。
長文で大変でしょうが これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
PS.このコメントと指摘しましたコメントは削除して下さってOKですよ(^^)v

投稿: non-non | 2008.07.08 22:53

決勝戦の所で2箇所見つけましたm(__)m
”t”と”m”の二ヶ所です

しかし過tまった状況、カイザーが起き上がれない、
     ↑

ああ、やっと復帰。サアガのキックを宗0郎につなげるが、分厚い壁のせいでボールが動かせない、ゴールキーパーが壁になってふさぎが、カイザー二機がまた絡んでいる。ここでキーパーチャージ、オールキックをナーガが正面から止めた、宗0郎に渡すが、これもキーパーチャージ。
 グレートのキック、これも宗0郎が止めた。ナアガ、キックが出せない、出し切れないカイザーにぶつかって弾き返されているが、これもキーパーチャージだ。グレートのキック、mこれを宗0郎がまたも弾く、
                             ↑


ちょっと攻めきれない、ナアガの正面に来たボール

投稿: non-non | 2008.07.09 08:53

 すいませんおそくなりましたー、修正しておきました(汗。

 あとでまとまった時間ができたときに、残りも見直しておきます……。結構げんなりするんですよねこれ(笑)。

投稿: sn@散財 | 2008.07.12 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/41754499

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【準決勝】:

« 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【1回戦】 | トップページ | 第2回ROBO-ONE SOCCER観戦記【宇宙大会選抜競技】 »