« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【大玉転がし】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記インデックス »

2008.08.24

ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【生き残り合戦・表彰】

 さてさて、最後の競技はロボット生き残り合戦。制限時間5分の仁義無き吹き飛ばし合戦、ランブルファイトとなります。
 スコア制はちょっと独特。時間切れまで生き残ったロボット全機に、点数20点が頭割りとなります。1機だけ生き残った場合は20ポイントが1機に、2機生き残った場合は10点ずつ入る、と言う寸法ですね。ランブルのルールとしては面白いものだと思います。

 さて、参加する8人がそれぞれスコア順で紹介されます。

No.1 ガルー (くまま)
No.5 サアガ (イガア)
No.13 YG不知火 (Dr.GIY)
No.8 竜鬼Ⅱ (AZM LAB)

No.2 クロムキッド (くぱぱ)
No.6 エクセリオン (はっし~)
No.4 ザウラー (KENTA)
No.3 BLACK TIGER NEO (IKETOMU)

 総勢八機が揃って試合開始、まずはリング中央に激しくぶつかる全機、エクセリオン、不安なところでバランスを崩す。ザウラーが棄権なところに。起き上がりがあぶない、ブラックタイガー、しかし復帰。なんとかなるか、エクセリオン危ない、これはあっと。玉突き衝突状態でブラックタイガー落ちた。こんな激しいランブルは久しぶりです。クロムキッドの攻撃でザウラーが跳び、エクセリオンの攻撃に巻き込まれて落ちる。最初の1分で4機となった、竜鬼Ⅱはどこで落ちたんでしょうか、クロムキッドがサアガを抱えている。ガルーがガードを固める、なんか異様な音が響いている、大丈夫dしょうか、クロムキッド倒れて立ち上がれない、起きた、起きました。不知火、後ろ向きに倒れる。異様な音を立てているのが誰なのか特定しにくい、クロムキッドおかしい、サアガ突っ込んだ! クロムキッドを掴んで脚から落とす、そして不知火転落! サアガ仕掛けえていく、クロムキッド動かない。サアガ突っ込んでいきますが、そのままガルーを押していく。倒れたガルーがそのままサアガ二押されて回っていきます、後ろ向きに倒れたクロムキッド、ここでスタンディングダウン。サアガとガルーの対決に。後ろから回り込んだサアガ、掴んだものの投げ飛ばせない、打撃で後方につるーっとすべるサアガ、戻るところにパンチを入れて滑ってすっ飛ぶサアガ、これって確かランブルでしたよね、見ている子供達から声援が俄然沸き起こる。掴む構えで突っ込んでいくサアガ、しかしガルーがばちがちんと弾き返す。一回転して前転するサアガ、そのまま一気に突っ込んでいく、後ろから組み付いたがガルー倒れた、そのまま押せるか、押し切った! 投げの捕まえに行ったモーションのまま倒れたガルーをそのまま押して押して押しきってリング脇から突き落とす、リングの上に残ったのはサアガただひとり、残り21秒! 最後には一騎打ちとなった対決を制し、サアガが生き残りバトルで優勝を勝ちとりました! 会場割れんばかりの拍手。とてもじゃありませんが、これはランブルの雰囲気じゃありません。この人達が出てくるとしかし、なんでこんなに盛り上がるのか。

 最後は特別、参加者全機による参加賞を賭けたランブルが行われます。万世賞がビールってとこが独自ですね。
 買った順に好きなものが選べる賞品バイキングランブルです。すごいことにまた。

 さあ、激しいぶつかりあい、中央にものすごい数のロボットが殺到する。竜鬼Ⅱが倒されたのがかろうじて見えました。何が起きたか、ファイターが落ちたようです。中央での激しい睨み合いでATとブラックタイガーが落ちる、中央で団子になったロボット同士の睨み合い、ファイターとゼルファーが脇で倒れている、危険な状況。激しい声援が飛びますが状況がいまひとつわかりにくい、二三機倒れたまま動くに動けない状況です。エクセリオン、リング脇で倒れている。ザウラー落下。Raku01残っている。リング中央で激しい絡み合いに。Eorz潰されている。なんか猛烈な声援が飛んでいますが誰が応援されているんでしょうか、ファイター落下! 事故のようにRakuも落下、なにか部品が落ちています。でかーる、独自の戦い。大開脚キックで一気に突っ込んでそれっきり動かなくなります。なんか抜けたか切れたみたいです。脚を捕まれて変な生き物みたいに摘み出されるでかーる。残り7台、エクセリオン生き延びています。竜鬼Ⅱとゼルファーも頑張っている、しかし相次いでEorzとゼルファーが落下、残り5機、なんと不知火が止まった。止まってしまった、サアガが仕掛け始めた、誰彼構わず押していきます。ガルーは中央で睨む構え、ここでタイムアップ。

 リングの上には、サアガ、ガルー、竜鬼Ⅱ、エクセリオン。この4機がバイキングランブルの勝者となりました。じゃんけんで順位を決めて、欲しい賞品を上位の人から選んでいくんだそうですよ。
 このあと表彰式が行われます。

 表彰式、解説の浅野さんから講評の後、特別賞ランブルの賞品の配分から。イガアさん一位。じゃんけんでも勝ったそうです。すごいなあ。ビール含めいろいろな賞品が配分され、荒井店長からも特別賞品のラジコンが贈られます。

 上位三名に賞品が出るんですけど、なんていうか賞品が凄い。お肉にお米にすき焼き鍋です。強烈だ。そしてプレゼンターとして肉の万世の社長さんが登場ですよ。
 三位のDr.GIYさん、二位のくままさん。そして1位のイガアさんに賞品が贈られます。
 肉の万世の社長さんのご挨拶で〆となり、これにて本日。全編終了となりました。

 さてさて。総合順位は順位は以下の通りになります。

----
 
No.5 サアガ (イガア) 71p

No.1 ガルー (くまま) 52p
No.13 YG不知火 (Dr.GIY) 43p

No.8 竜鬼Ⅱ (AZM LAB) 37p
No.2 クロムキッド (くぱぱ) 31p
No.6 エクセリオン (はっし~) 30p
No.4 ザウラー (KENTA) 25p
No.3 BLACK TIGER NEO (IKETOMU) 17p

No.9 で・か~る (ROBO道楽、) 15p
No.11 ファイター2号 (ファイターズ) 13p
No.15 Raku-01 (楽太) 12p
No.14 Eorz (零型) 11p
No.7 ATコア  (第一小隊) 10p
No.12 ゼルファー (白風M) 7p
No.10 ファイター1号 (ファイターズ) 6p

No.16 ツクモキング (王様) -

----

 さてさて。目の前ではただいま、選手全員での写真撮影が行われております。
 これにてツクモロボット運動会、二日目の終了となりました。

 いやいや、面白かったです。昨日も見にこられればよかった……。少しずつ変化球を織り込んできた競技そのものの工夫をこらした面白さもさることながら、主催者側の皆さんの熱意が非常に現れていた大会だと思いました。こういう競技会があるって言うことと、それに出場できるって言う事は非常に幸せなことなんだろうなあ、と思いつつ。観客席から工夫の数々を見入っていた自分です。
 あのホワイトボードの点数表とかは非常に憧れるところですよね。ああいうことできればいいなあ、とか、色々と学ぶ事を反芻しつつ、帰路についた日でありました。

 ……それにしても。あそこにずっといたら、お肉食べたくなりましたな、さすがに……(笑)。

|

« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【大玉転がし】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記インデックス »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42259278

この記事へのトラックバック一覧です: ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【生き残り合戦・表彰】:

« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【大玉転がし】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記インデックス »