« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【入場編】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【紅白玉入れ合戦】 »

2008.08.24

ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【徒競走】

 さて、最初の競技ロボット徒競走。二機同士組で対戦する、直線2mダッシュ。2分以内に完走できなかった場合、もしくは途中でコースアウトしてしまった場合は、到達距離で順位を競います。
 対戦での勝者、ならびに順位に応じて、各チームに点数が配分されることになります。

 レフェリー浅野さん、今日は解説者、兼、予想外の事がなんかあったときのジャッジだそうです。「今日は辛口の解説者です」だそうですが、こはいかに。

No.1 ガルー (くまま)
No.2 クロムキッド (くぱぱ)

 最初の競技、いきなり夫婦対決からスタートです。昨日のバトル大会では三位決定戦でこの対戦カードが実現したとか。どちらのコースを選ぶかじゃんけんが行われ、両機スタートラインについて試走を行います。
 両機とも、肘を曲げて腕先を上に上げたバルタン星人みたいなポーズからスタート。ぶっちぎりの早さでダッシュした両者、しかしスピードを徐々に上げたガルーがまっしぐらに走破。タイム、実に4秒。走りきったガルーがコースアウトしてダウンしてしまい、クロムキッドも同時に前のめりにダウン。
 起き上がりを一回入れて、クロムキッドは13秒でのゴールでした。

No.3 BLACK TIGER NEO (IKETOMU)
No.4 ザウラー (KENTA)

 次は自律の勇者ブラックタイガーと、昨日の関東学院大での大会で優勝したNOVAGON改めザウラーの対決。今日はブラックタイガー、操縦での参加です。
 一足早くスタートを切ったブラックタイガー、両者コースを修正しながら前進。途中ちょっと姿勢を直しながらもブラックタイガー、先行してゴール。やや遅れたザウラーも横歩きを織り交ぜながらゴール、ブラックタイガー11秒、ザウラーは23秒でした。

No.5 サアガ (イガア)
No.6 エクセリオン (はっし~)

 さあ、注目のカード。サアガの走りはまさしく飛ぶが如く、エクセリオンもコンパスが長い。注目の組み合わせです。
 猛烈なスピードでダッシュしたサアガ、途中一瞬か二瞬だけ立ち止まったものの、ほとんど誤差のレベルの問題。まるで立ち止まる事無く突っ込んだサアガ、実に4秒! スタートでやや出遅れたエクセリオン、ゴール寸前で倒れてしまうものの、立ち上がって一歩前進しゴール。これもクロムキッド級の13秒です。

No.7 ATコア  (第一小隊)
No.8 竜鬼Ⅱ (AZM LAB)

 次の対決はATコアと、今日も光ってる竜鬼Ⅱの対決。安定して歩行した竜鬼Ⅱ、斜めに、おっと斜めにコースアウトしかねない勢いでしたが、方向を大きく曲げて安定優勢にゴール。一方でこちらも危なげなく前進したATコアもゴール! それぞれ10秒と9秒、好スコアを叩き出します。

No.9 で・か~る (ROBO道楽、)
No.10 ファイター1号 (ファイターズ)

 ここでちょっとハプニング。道楽、さんがコールされませんでした。びびったびっくりした。で・かーるトラブルかと思いました。お子さん操縦の、これはロボビーXでしょうか、ファイター1号との対決。レフェリー浅野さんの圧力により、道楽、さん奥のコースに陣取ります。
 で・かーるのトラブルに期待する浅野さん。で・かーる、右に回ってしまう。右の足首がちょっと弱いか、1歩、2歩歩くところでころんごろんと倒れてしまう。一方で順調に進んでいたファイター1号ですが、ゴール寸前で右に切れた機体がそのまま歩いてコースアウト! 残念ながらコースアウトとなってしまいます。
 なんとかかんとかゴールしたで・かーる、37秒。一方のファイター1号はタイム無し、距離は…… 2m丁度。なるほど、スタートが手前から、と言うことだったんですね。ぎりぎりだったんだなあ。

No.11 ファイター2号 (ファイターズ)
No.12 ゼルファー (白風M)

 続いては年少操縦者対決。ファイター2号とゼルファーの対決となります。黒いファイター2号は奥にコース取り、ゼルファー手前のコースで構えます。キット改造機同士の対決となりますが。
 まず先にゼルファーが出る、両者右にコースが切れるか。ファイター2号、右端ぎりぎりからコースから修正し、曲がりながらもゴールライン到着。弟さんがなんか出てきてました。ゼルファーは慎重に方向を修正しつつ、真ん中あたりにコース取りでゴール。ファイター2号は28秒、ゼルファーは48秒でゴールです。

No.13 YG不知火 (Dr.GIY)
No.14 Eorz (零型)

 さあ来ました、全試合完全燃焼。肩の001マーキングも眩しいYG不知火、いよいよ登場。対するは零型さんのEorzです。不知火、デモで圧倒的な歩行性を見せつけ、観客席からどよめきが起きます。
 大股でのっしのっしと前進した不知火、あっと言う間にゴールまで走破! Eorz、慎重に前進しましたがゴール寸前で転倒。前転起き上がりでゴールに到達しますがコースアウト、これは浅野さん判断でゴール有効と認められます。
 タイム、不知火は同点1位の4秒。一方のEorzは20秒でした。

No.15 Raku-01 (楽太)
No.16 ツクモキング (王様)

 さて最終コースはRaku-01。単独出走となりますが…… ここでなんと、助っ人としてロボット王国の"王様"、荒井店長が登場。ロボット大会に出るのは初めてと言う王様、KHRツクモキングを率い登場です。
 ほとんど同じ歩行パターンで綺麗に横に並んで進んだツクモキングとRaku-01、脚がすべっただけ出遅れたRaku-01がちょっともたついている間に、綺麗な前進でツクモキング、ゴール! タイムは14秒、ベストテンに入りかねないスコアで勝利となります。
 Raku-01のタイムは19秒でした。

これで第一競技終了、ガルー、サアガ、不知火と、いずれ劣らぬアスリートロボットが三機4秒の同率一位。同点トップで折り返して、二つ目の競技が行われます。

|

« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【入場編】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【紅白玉入れ合戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42259195

この記事へのトラックバック一覧です: ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【徒競走】:

« ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【入場編】 | トップページ | ツクモロボット運動会in秋葉原万世2008観戦記【紅白玉入れ合戦】 »