« お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【入場編】 | トップページ | お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【午後編1】 »

2008.08.17

お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【午前編】

 さあ、まず第一の競技は卵つかみ。最初の選手はドカプロジェクト…… おっと、何かちょっとトラブルみたいですね。大丈夫でしょうか。

 ステージの上にドカ1登場。人間の腰くらいまである大きなロボットで、滑り止めのついている4本指が非常に特徴的。頭の上にはカメラと無線LAN部、ネットタンサーの上半分がそのまま装備されています。
 選手はステージのロボットが動作しているところに背を向けて、ロボットとステージが目視できない格好で競技に臨みます。スイカ割りって仰ってた方がいましたけど、なんかちょっとばかりそんな雰囲気です。
 無線LAN経由で操縦するネットタンサーですが、無線LANの仕組みそのものがあまり動的ではないと言う難しさもあって、ちょっと色々ネットワーク関係でうまくいかないところがあるみたいですね。
 と言うわけで、ドカ1は調整中。やっぱり法律的な問題をクリアしようとすると、無線LANが一番現実的みたいですね。あー、画像が絡むと帯域的に厳しいところがあるみたいですねどうも。
 ……あれ、なんかステージの上に机が一個追加されました。何事でしょうか。ああ、次に登場するチームの調整用みたいですね。

 無線LANのお話が審査員席では続いております。やっぱり法律的な電波の制限が色々難しいみたいです。そうこうお話が続いておりますが、ロボットの方は…… …………ドカファイター、動かないですね。あ、どうも順番を入れ替える事になったみたいです。

No.2 : 652 Aero-Blue(CAPプロジェクト)

 というわけで。なぐさん率いるCAPプロジェクト、アエロブルーが先に競技をすることになったみたいです。胸に液晶ディスプレイみたいなものがついた…… いや、どうもPCそのものが埋め込まれてるみたいですね。バイオみたいですよ。バイオU。そんな面白い感じのロボットです。ちょっと俯き加減にセットアップして、動作開始を待ちます。
 胸のバイオがちょっと重すぎて歩行がおぼつかないとのこと、大丈夫でしょうか。なぐさんが付き添いのように真横につきます。小刻みに動作を開始しますが、床に引っかかってがくがくしてしまいます。なぐさんが思わず操縦者に教えてしまって減点を貰ってしまう。っと、前向きに突っ込んだ! 机の角にモロに顔面を叩き付けたアエロブルー。なぐさんが至急で調整し、胸の前に手をかざしてすぐにフォローに入れる構えです。どきどきしましたが、一生懸命歩いてきたアエロブルー、なんとか卵の前まで辿り着きました。小刻みに前進し、慎重にテーブルとの距離を詰めます。立ち止まると上体が前後にぶれて非常に不安に。なぐさん非常に不安そう。指示を出しそうになって、注意を受けて止められてしまいます。慎重に慎重に距離を詰めて、おお、腕が上がります。籠の中に腕をぐっぐっ、と動かして籠の中に腕を突っ込み、卵を掴んだ! やや斜めに傾いだかたちで見事に起きました!
 次は二度目のチャレンジ、籠の中に腕を突っ込んで…… ちょっと押して籠が落ちそうになったところを、腕をいったん籠の外に出して押し戻す。二個目の卵を掴んでスタンドへ、置けるか、置けるか、おっと横を向いていますが起きました、これで残り30秒。籠の中の最後の一個を掴むか、掴めるか。籠を押し戻し、残り10秒で最後の一個を掴んだ、最後の一個を両腕で掴んで……
 おっと、大変だ。大変なことになりました。最後の最後で、やめ、を言った後に卵スタンドを押して、卵を全部を落としてしまいました。ざわめきが起きます。なんと卵はゆで卵かと思っていたら半熟卵でした。黄身が綺麗に床の上にこぼれています。二つはOKのはずだったんですが、こんなありさま。審判の皆さんが非常に悩んでおります。一方では解説サイドでなぐさんのブロックサインが問題になっていた様子。

 無線LANがトラブルしたり卵ぜんぶぶちまけたり、あまつさえその卵が半熟だったり審査員席に塩が用意してあったり、予想外のことが起こりすぎた最初のトライでありました。最後ぶちまけは狙ってたんでしょうか素敵なところです。

 さて、続いてTシャツ畳みが行われます。Tシャツの入っている籠と、これから入れる籠は選手が自由に配置。再びさきほどのスタートラインから、アエロブルーが競技に挑みます。再びテーブルまで辿り着けるかが問題になってきそう。
 ……あれ、ぴくりとも動きません。大丈夫でしょうか。トラブルでしょうか。頭が上がった、かくんと下がった。ええと、歩き…… 画面を覗き込むなぐさん。お、腕がびくっと動きました。操縦チームの人が後ろ向いたので減点になったみたいです。しかし、おっと、いきなり動き出しました。ひょこひょこ、ちょっと安定を失って支えられながらも、アエロブルーがテーブルの脇に辿り着きます。さっきあそこで頭ぶつけたんだよなあ…… 下を向いて、籠にじわじわと近づきます。慎重に、慎重に近づくアエロブルー。お、ポジションで膝を畳んで、ぐっと沈み込みます。上から伸ばした腕を籠の中に突っ込み、シャツを掴みます。解説の三条さんに「状況がわかるような実況をしてはいけません」と突っ込み飛びまくる中、残り30秒。籠の中に一枚入った状況で時間が残り10秒、伸ばした腕はシャツではなく、籠を掴んで持ち上げてしまいます。ここで時間切れ、Tシャツ掴みの競技は終了。籠の中にはかろうじて入っている、と言う状況でした。

No.7 : 154 くまたろう(Team MSS)

 ……あれ、なんかすごい順番飛んでませんか? アエロブルーの次はくまたろうの登場。現在無線の調整が行われています。お、動いた動いた。いけそうです。……このくまたろう、なんかちょっと恐い感じです。お手伝いロボット用に改造されたくまたろうなんですが、なんだかくまたろうの背中からロボットが生えてるような感じです。むしろくまたろうがなんか乗っ取られてるみたいな感じです。肩車のイメージで皆さんご覧下さいとのこと。

 次は卵掴み競技、小刻みに非常にスムーズに歩いていましたが、後ろ向きにぱたんと倒れてしまう、腕を伸ばして自動起き上がりにかかりますが、くまたろう起き上がれない、何かに引っかかってしまったんでしょうか、ちょっと上体が重すぎるのかも知れません、なんとか上体のバランスを取り戻し、復帰、今度は審判が立たせます。床がでこぼこしているのがちょっと問題みたいですね。復帰したくまたろう、再び歩き出します。操縦者を見ると、パソコンの画面は受像専用で、操縦は普通のコントローラーで行われているみたいですね。そうこうしているうちに、慎重にテーブル前に接近したくまたろう、位置を微調整。時間はまだ半分残っています。さあ、後ろのネットタンサーの頭がくくっと角度を下げました。角度的に目視できる場所に近づいてきた用紙、姿勢をくっと落とし、腕を振り上げました。そのまま籠ごとひっくり返した、卵が割れてしまう、補充を受けて何事もなかったかのように競技続行。くまたろう、腕を伸ばして再び卵を掴みに行った、腕が籠に引っかかり気味ですが大丈夫でしょうか、残り10秒。手が変な角度で止まってしまいました。ここでタイムアップ、時間切れとともに、「タオルを…… 、貰えますか」と力弱く小林さん。

「何が大変だったかって言うと、半熟卵だったってことですよね」と三条さん。新しく追加した方の卵は固茹で卵だそうです。今度は無事に行くといいのですが。

 さて、引き続き、くまたろうによるTシャツ畳みが行われます。籠のセッティングは先程のアエロブルーと同じ、くまたろうが再びスタート位置に着きます。先程と打って変わり、順調に歩行したくまたろう。やや回りすぎたか、机の前のところでやや立ち止まって調整。少し姿勢を落とし、後ろにぱたんと倒れます。レフェリーに支えられて起き上がり、くまたろうが上体を捻って籠の方に角度を変え、首の角度はかなり下の方を向いて状況を睨んでいます。ここでちょっと止まった。ややバランスを崩し支えられる、微調整に苦労している様子。Tシャツに手を伸ばす事ができません。頭の重さがネックになってしまっているようです。あっと、体が横に。大丈夫でしょうか。まだ時間は十分にあります、頑張って欲しい。おっと体が籠に引っかかってしまった、籠ごとひっくり返るくまたろう。まずは籠をテーブルの上に戻す必要がある。腕を大きく上から伸ばしたくまたろう、おっと。ロボットの腕がくまたろうの頭に引っかかってしまっています。ロボットがくまたろうを襲っているような絵になってしまい、籠がなかなか掴めません。なにか企んでいる感じの背中のロボットです。ここで残り10秒、残念ながら最後に後ろ向きに倒れかかったところで、時間切れとなってしまいました。

 途中で腰の旋回軸が戻らなくなってしまって、回らなくなってしまったとのこと。Tシャツは練習していなかったので、卵と30分レースに賭けます、とのことでした。

 産業振興会館の方からは、「カーペットが染みになっていないか心配です」との声が。そりゃあまあそうでしょう。このステージに半熟卵を4つもぶちまけたイベントは史上初なんじゃないでしょうか。「次はクリーニングロボット大会を」と西村委員長の声も飛びます。

 さてさて、ここまでで四体を消化するはずだったみたいなんですが、ここで2体で午前中の競技終了。午後は1時10分から、後半戦が開始となります。

|

« お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【入場編】 | トップページ | お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【午後編1】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42195368

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【午前編】:

« お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【入場編】 | トップページ | お手伝いロボットプロジェクト予選観戦記【午後編1】 »