« 王と皇帝。(☆) | トップページ | 今日も雨滴の新宿へ。(☆) »

2008.08.29

春眠暁に死すくらいの勢い。(★☆)

 いやもう、花落ちる事知る多少なんて暢気な有様じゃないです。根こそぎもってかれる。
 そんなわけでいまも続行中ですが、きのうからものすごい雨と雷です。起風発雷、と言う感じ。

 雨の音で眠れなかったのも初めてですけど、雷の音で目が覚めたのも初めて。普段は雷を見るのがわりと好きなほうの自分ですが、それにしたって音が光より先に来てんじゃないか実はくらいの勢いで連打されると、さすがにびびります。雷がどうこうと言うより、これ近場に落ちて火事にでもなるんじゃないか、とか、そういう方面でびくびく。
 幸いと言うべきか、うちの近所は歴史的に水不足に苦しみ続けたと言うほどの土地柄で、水はけは良すぎるわ土地は高台だわで、水でどうこうと言う事は(よほどのことがないかぎり)無いのですが。それにしても雷はなあ。

 通勤の行き帰りは幸いにも雨にぶつかりませんでしたが、駅の案内板はそこここで電車が運転見合わせ、と言う表示をどこに行っても見かける有様。地形を思い出しても、どうしてそこが通行止めになるのか判らないようなところが大雨のために運転見合わせになってたりして、軽く一線超えちゃった感じの激しさが感じられます。そんなわけで、金曜日だったものの特に寄り道もせず帰宅。八王子に住んでいる同僚は遅れて会社に来て、「来たはいいけど帰れるのかこれ」と始終心配していました。衛星放送が映らない、って嘆いてた人もいましたね、そういえば。

 ここいらで、大雨で電車が止まった、と言うと、もはや伝説の域に達した新小平駅水没事件なんてのがあったり。そういえば前の職場の目の前では、出来たばっかりの地下鉄の駅が、大雨で線路まで冠水したこともありました。すり鉢の底に地下鉄の駅があるようなもので、そりゃあampmの看板も流れていくと言うものです。

 ほかに雷で電車が止まったと言うと、むかし変電所に雷落ちて駅が停電になってた事がありました。あれはびっくりした。真っ暗な駅は、どんな女神転生だって思うようなまがまがしい雰囲気で。……そういえば、落雷で木が折れて、それが線路に転がって電車が止まった事もありましたな。あれもびっくりした。

 そんな話をしているそばから、またなんか雨戸の向こうでぴしゃりどしゃりと言う音がしてきました。また降ってきたし。
 愛知在住の知人友人の皆さんの無事と、これから豪雨になりそうな地域にお住まいの無事を祈りつつ。

|

« 王と皇帝。(☆) | トップページ | 今日も雨滴の新宿へ。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの親がそちらのおうちの心配をしていました
ダンナは高台だから大丈夫だと言っていましたが、やっぱりすごかったみたいですね

投稿: ヨッコ | 2008.09.01 00:17

 兄者の言う通り、雨はなんとかなんとかでした。
 土地がもうすこし低かったら、やっぱり色々危なかったでしょうねー。

 裏の墓地の林に雷が落ちて火事にでもなったらどうしよう、って、そっちをはらはらしてましたよ。

投稿: sn@散財 | 2008.09.01 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42322810

この記事へのトラックバック一覧です: 春眠暁に死すくらいの勢い。(★☆):

« 王と皇帝。(☆) | トップページ | 今日も雨滴の新宿へ。(☆) »