« 写真でROBO-ONE観戦記・予選その他編 | トップページ | はたらくどようび。はたらかないどようび。(☆) »

2008.10.17

希求読書の秋。(☆)

 ぼちぼちと読んでいた北方版水滸伝も、いまいよいよ19巻で最終刊です。
 さすがにこのくらいになると、戦争戦争また戦争な展開、かと思うとそうでもありません。合戦シーンが短くても、人が死ぬ時は潔いくらいの勢いで死ぬんだよなあ……。
 続編の楊令伝も気になりますが、文庫に落ちるのはたぶん相当先。図書館に入らないかなーと念力を送っておきます。

 そして本屋の店先で、何気なく覗いたらジェフリー・ディーヴァーの新作、『スリーピング・ドール』が。
 去年、『ウォッチメイカー』を読んでから一気に嵌って、図書館で過去作品をあさって読み尽くしたのです。分厚いけど無茶で面白いんだなあ。畳むかと思ったら一気にぐわっと広げる展開。あ、この雰囲気というか、いつ話が収束するんだろう、と言うはらはら感は、『ダークナイト』に相通じるものがあります。
 本作の主人公は、おなじみ五体不満足の科学捜査官リンカーン・ライム…… ではなく、『ウォッチメイカー』でライムと並んで一方の主役を張った、尋問の専門家キャサリン・ダンス。この尋問が、間合いを計り、詰め、打ち込みと、一対一の果たし合いのような雰囲気の描写で手に汗握るのですよ。

 手元にあった仏教関係の新書をまた読み返していたんですが、また色々読むものも増えて。重い鞄をかかえてふらふら、なんてことになりそうです。
 少しは荷物を整理するか、鞄を小さくしたほうがいいのかなあ。

|

« 写真でROBO-ONE観戦記・予選その他編 | トップページ | はたらくどようび。はたらかないどようび。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちのダンナも図書館に通って本いっぱい読んでるけど、守備範囲がぜんぜん重なってないのが面白いですね
わたしも学生のころまでは手当たり次第に本読んでたけど、わたしは文学、言語・文化・民俗・宗教関係ばっかりで、わたしともまったく分野が違います
わたしとsnさんのほうが近いですかね~?

投稿: ヨッコ | 2008.10.19 03:34

 僕はミステリとか新書とかが多いですね-。文化宗教とかは多いですが、言語は守備範囲外です。

 英米文学が好きというか、英米ミステリが好き、と言う感じですしね(笑)。あとは古代中国ネタはある程度網羅しとかないと。
 吉川三国志とシャーロックホームズから始まった読書歴を、そのまま引きずってる感じがすごくします(笑)。

投稿: sn | 2008.10.19 13:26

ミステリ、古代中国は、私は守備外です。。
英米文学なら、いちばん好きなのはS.モームですね~
あとは、ヘミングウェイ、ディケンズ、シェークスピアあたりは、岩波or新潮文庫で出てるのは全部読みました
ベタなラインナップですが、私ミーハーなので

投稿: ヨッコ | 2008.10.19 22:34

シャーロック・ホームズは、NHKの実写ドラマのヴァイオリンのテーマ曲が好きでした
パスカーヴィル家の犬
だったら実家にあります
その他、なんとか教授と組み合ったまま谷に落ちたりそのあと生還したり、のあたりは、小学校の図書館で子供向けに編集されたのを読んだきりかも

投稿: ヨッコ | 2008.10.19 22:41

 シェイクスピアは四大悲劇を半分読んだだけだったりします。残り二つが出てこない…… オセローと…… ええと。

 NHKで流れてたドラマは秀逸ですよねー。あの曲も印象深いですし、役者のジェレミー・ブレットは最高のホームズ役者だと思います。なんかやってそうな顔色の悪さまで込みで。
 ポワロの曲も心に残る名曲で、ときどきミステリチャンネルで再放送してると引っかかっちゃいますね-。

投稿: sn | 2008.10.23 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42820765

この記事へのトラックバック一覧です: 希求読書の秋。(☆):

« 写真でROBO-ONE観戦記・予選その他編 | トップページ | はたらくどようび。はたらかないどようび。(☆) »