« 49.1%(☆) | トップページ | これもi それもi(☆☆☆) »

2008.10.01

「偽装 国際郵便船」「この世に響く耳鳴りの数々」(☆☆☆☆)

 毎週水曜更新ですよ! 今週の忘念のザムドは第3話・第4話。やっぱり毎週2話ずつ更新みたいですね。

 話の中心は、アキユキと垣巣中佐の二人。第2話ラストでザンバニ号に拾われたアキユキ=ザムドが、紅皮船長を中心とするザンバニ号の面々と対立→受け入れられるまでの話と、ザムドとして適合する為の訓練の話となります。考えてみれば2話続けてザムドに変身していない(一部腕だけ)と言う訳で、なかなかチャレンジングな構成です。
 話の焦点は微妙に紅皮船長とナキアミの話が中心にシフト。紅皮船長とユンボとの対比の描写も多いですねー。複雑な性格らしい船長ナキアミのバックボーンの話が早く出てきてほしいところ。それにしてもユンボと言う人物が、この我の強い船の中でどれだけ重要かよくわかります。あと天心様の言うことは割と分かる。

 話の背景も、2話までに比べるとぐわっといろいろ出てきました。垣素とアキユキ父の関わり、ヒトガタ兵器とザムドの関連、ヒルコが「作成」される過程がちょっと出てきたりと、散らした複線を丁寧に掘り起こしている感じ。まだまだ楽しみでありまする。

 今回の見所は、南大陸自由圏軍のパワードスーツっぽいロボット。こっちのほうがよっぽどヒトガタっぽい感じですね。
 あと、ちょっと出てきた鬱々な学生さん、設楽さんがすごい気になります。チョイ役かと思ったら、なんか次回予告にも顔出してましたし。重要キャラになってくるのかも知れませんが、なんかひょいっと死んじゃいそうな気もすごくする。こちらも注目してきたいと思います。

|

« 49.1%(☆) | トップページ | これもi それもi(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42654613

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽装 国際郵便船」「この世に響く耳鳴りの数々」(☆☆☆☆):

« 49.1%(☆) | トップページ | これもi それもi(☆☆☆) »