« ポメラ、テキスト入力専業機 | トップページ | 右に左にオーバーターン(☆☆) »

2008.10.22

ポメラとキーボードと不気味の谷。(☆)

 きのう発表になったポメラ、早速ロードテストの記事がItmediaさんに掲載されていました。とはいっても、さすがに初日ということでファーストインプレッションだけみたいですが。
 読んだ感じ、やっぱりキーボードの感触は普通のPCとはかなり異なるようで…… まあ、同じだったらそれはそれでびっくりするんですが…… やっぱり購入するかどうかは自分でさわってみないとなんともなあ、と云うところ。Thinkpadのキーボードに比べると、ストロークが浅いのはもうしょうがないにしても、縦に潰れているのが気になる、とのことでした。裏側がないから当たり前なんですけど、やっぱりたわむんですよね……。ノートPCですらたわむことはありますからねー。ううん。

 やはりこれって、なまじっかフルサイズのキーボードに似ているがゆえに、返って違うところが目立ってしまう、という、言わばキーボード版の不気味の谷じゃないか、と思う次第です。不気味の谷って云うのは、ロボットとか人形とかで云われている話で、まあ大雑把に言うと、人間に似せれば似せるほど、却って人間とは違う部分が目立ってしまい、それが不気味さとなって立ち現れる、と云う話ですね。
 翻るとCEマシンをさわっている時も、昔そんな風な「ウィンドウズに見えるのに微妙にウィンドウズじゃない」と云う、不気味の谷とはちょっとちがいますが、思い込みとは違う、と云うもどかしさに苦しんだ事がありました。
 ルック&フィールを似せることで、他のハードやソフトに慣れたお客さんを呼び込みやすい、と云う反面、ちょっと慣れた感じの人にはこういう気になる点も出てくるんだなあ、と云うところ。
 でもまあ、これこそ、あちらを立てればこちらが立たずで。難しいですよね。とりあえず、もう少しこちらは追跡していきたいと思います。

|

« ポメラ、テキスト入力専業機 | トップページ | 右に左にオーバーターン(☆☆) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

IBMトラベルキーボードとPDAがあれb(略

とはいえ着眼点はすばらしいと思います…PCにしろ携帯にしろいらん機能多すぎ。

しかし剛性のないキーボードとは…う~ん、折りたたみ式に文句つけるのも可哀相ですが、今の環境がノート=thinkpad、デスク=FILCOのメカニカルなのでなおさら…(笑

投稿: Lizzy | 2008.10.22 23:56

 僕も僕も、僕も思いました(笑)>キーボードとPDAの組み合わせ
 w-ZERO3が合体できるクレードルのついたキーボードとかないかな、とかさんざん思ったクチなので嗤い。

 やー、やっぱり比べちゃいますよね、キーボード……。Thinkpadのキーボードと他を比べるのは酷だとは思いますが……(笑)。
 FILCOのメカニカルってあれですか、たたくとがちがち凄い手応えのあるやつ。さすがです……(笑)。

投稿: sn | 2008.10.23 20:35

ガチガチの手ごたえは黒軸(キートップ固定用のプラ成型色で判別します)仕様のやつですね。
うちのは茶軸なんで下手なラバードームタイプよりスコスコと軽い上に、スイッチ固定用シャーシが一枚の鉄板なんで一切たわみなしなのがいい感じ。

難点は、前述の鉄板シャーシのおかげで水分こぼしたらアウトな点(グリス・湿度管理にも注意…錆びます…)と、有接点ならではの寿命の短さかなぁ。

投稿: Lizzy | 2008.10.24 04:16

 へえー、柔らかいバージョンもあるんですね……>茶軸 あのがちがちしてる方の、指に死ぬほど負担かかりそうな打鍵感が結構好きだったもので(笑)。
 そういえば昔、むやみに重いキーボードがあって驚いた記憶があります…… と思い出そうとして、FILCOのキーボードで真っ先に出てきたのは、なんか半透明の奴なんですが。なぜなんだ。

 ノートのキーボードにもトラックポイント付きキーボードにも特に不満はないんですが、時々、大量に数字を入力する用事があるときだけは、普段仕舞い込んでる別のキーボードをつなぎかえたりしております。
 噂のテンキーになる電卓とか気になってるんですが、今度試したらここに上げてみますねー。

投稿: sn@散財 | 2008.10.25 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/42874303

この記事へのトラックバック一覧です: ポメラとキーボードと不気味の谷。(☆):

« ポメラ、テキスト入力専業機 | トップページ | 右に左にオーバーターン(☆☆) »