« 【コネタマ】今年の漢字- 『縮』(☆) | トップページ | インデックス多種多様。(☆☆☆) »

2008.11.14

MTU2004F稼働待機中(☆☆)

リンク: MTU2400F 製品情報.

 かつて一世を風靡したテレパソの登場は、もちろんアナログチューナ全盛の時代の出来事でした。カノープス、エルザ、エスケイネット、そして周辺機器界の双璧たるアイオーデータとバッファロー(当時はメルコ)もこのリングに上がり、USBあり、PCIあり、グラフィックボード一体型あり(ATIにもグラボ一体型がありました。あれ好きだったなあ)、テレパソにあらずんば人にあらずとでも言いたげな、華やかな時代があったものでございます。人々は競ってMPEG-2の高画質記録に勤しんだものでございました。

 時は流れて地上デジタル放送の時代。アナログチューナもアナログテレビも過去の遺物の烙印を押され、猫も杓子もアナログ停波のご時世です。我々はと言えば、ワンセグテレビの画質を云々してみたり、家にあるB-CASカードの数を競い合ってみたり、ダビング10でかろうじて利便になったねえ、と喜んでみたりする、青色吐息のそんな日々を送っている次第です。まあもともとあんまりそんなテレビ見ないんですけどね。あ、しまった。終了してしまった。今のは無かった事に。

 微妙な顔色で皆さん迎えているダビング10ですが、まあアナログ録画に関して言えば、それこそ番組や局番によって実情さまざまとは思うんですが、相変わらず制限はあんまり厳しくはないんですよね。
 そこで、デジタルチューナで受信→アナログ出力で発信→アナログキャプチャが信号入電!ワレ電波受信セリ!エンコード開始→MPEG-2ファイルがいっぱい。と言う図式は、今日ではさらに有効に成り立つんですよね。
 まして、アナログ全盛だった時代に比べても、マシンの性能は飛躍的に進歩し、ストレージの価格は劇的に下がりました。ファイルサイズ的に決して取り回しが良いとは言えなかったMPEG-2ファイルにしてみたところで、1TBのHDDがお得な特価で手に入る現状を考えれば以前ほど考慮に厳しくはないと思います。まして、Atomのような省電力コアが存在している今日であればなおさらです。

 何の因果か知りませんが、往年のUSBキャプチャの名機MTU2004FXが二つもある(一個は要修理)我が家。アナログキャプチャ専用マシンを一個仕立ててでも、これを活用する機会を作る甲斐はあると思った次第です。

 ……それにしても、こんなにipodが便利なら、多少無理してでもMPEG4でエンコードしてファイルを残すべきだったなあ、と思っている昨今。
 DivXで全話エンコードしたゼーガペインが、微妙に取り回しが悪いです。        エンタングル!

|

« 【コネタマ】今年の漢字- 『縮』(☆) | トップページ | インデックス多種多様。(☆☆☆) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/43115211

この記事へのトラックバック一覧です: MTU2004F稼働待機中(☆☆):

« 【コネタマ】今年の漢字- 『縮』(☆) | トップページ | インデックス多種多様。(☆☆☆) »