« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・サイコロシュート】 »

2009.02.28

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】

 まず最初の競技はダッシュ5000。競技前にガルーが慎重にゴールをテストしています。
 一体ずつ出走する事になるこの競技ですが、事前の情報によるとコース真ん中あたりの床が微妙に盛り上がっているとのこと。コース取りも重要なファクターになってきそうです。


No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))

 さて、まずはデュミナスから開始となります。やや左に構えたデュナミス、左に曲がりながらスタート、おっと、操縦コーナーにひっかかったところで投げのモーションを繰り出してしまう。ロボットのコースの横にある操縦者コーナーのテープで足がすべったか、転倒してしまうデュミナス。パンチカーペットに足が戻ったところでなんとか復帰し、その後は順調にダッシュ。33秒38のスコアでゴールとなりました。

No.2 ガルー (くまま)


 続いての登場はガルー。スタート位置を慎重にテストしています。やはり左にずれてしまっている様子。最初から左向きに構えて補正する構えです。スタートしたガルー、かなりカーブして、操縦したくままさんの足下をかすめてそのままダッシュ。練習ではぶつかった浅草ギ研の看板にもぶつからず、7秒53でゴールとなりました。

No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部)

 続いての登場はサイコロ1号。スタートラインで自己紹介し、しゃきんと変形。これでスタート準備終了。体を左右に大きく振りながらスタート、そのあと横歩きからくるりんと廻ってしまい、後退してからの横歩き、
 ……おっと転倒。神の手申請が入ります。自力で起き上がれなかったサイコロ1号。
「ROBO-ONEで出るロボットってたいてい自分で起き上がれますからね」
 と言う言葉に、会場からつらい声が。体をゆすりながら後退するサイコロ1号、最後の最後、ゴール寸前で転倒して再度神の手が。ゴールぎりぎりで到達し、最後は変形してサイコロに。真上が6点となった状態で終了となりました。
 足の裏を1にしたばかりに、頭頂部が6固定になってしまったサイコロ1号。タイムは1分16秒+ペナルティでした。

No.4 メイド号 (アニメイダー)

 さあ、顔のついてないメイド号が登場。なんだかよくわからない状態ですが、最初からフェイスオープンで登場ということでよろしかったでしょうか。いきなりの本気モードです。おもいんでしょうねやっぱり。
 大股に足を上げてずっしんずっしんと前進するメイド号。思ったより結構早いですね-、と言われています。途中でちょっとカーブしてしまい、横に曲がってしまい、横歩行で位置を戻します。その場で一回転して位置を補正し、そのまま前進。ここまで一回も倒れていません。高速旋回で位置を取っていきます。頭がついてなければ早い、とのコメント。最後はダッシュに切り替えて高速、転倒しますがひねりざまにゴール。1分23秒44でした。

No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会)

 続いての登場はローリングピラニ。操縦コーナーにメンバーが待機しセッティングしています。がたがたと撥ねながら、しかし姿勢を落としていくような恰好でのっしのしと前進していくピラニ。ちょっとコースが曲がった。後ろに倒れてしまうピラニ、腕を伸ばしてスムーズに起き上がる。腕を上手く使ってますね-。旋回ざまに倒れるピラニ。床にテープが貼ってあるところにかかると引っかかりやすいみたいですねー。
 後ろに倒れたピラニ、ちょいと跳ね起きます。体を畳んで重心を安定させる置き方です。頭部がもげたピラニ。メインカメラがやられただけです。大丈夫。話題はまたメイド号の話に。
「メイド号なのに頭がないのもすごいですよね」
「ただの号ですからね」
 横歩きでのゴールダッシュは一瞬カーペットの芝目に嫌われますが、押し切ってゴールとなりました。2分12秒33です。

No.6 で・か~る (道楽、)

 満を持してでかーる登場。さあ腕を構えて……いきなり前向きに転倒、しかし前に一回転、腕を振り回して起き上がります。どんどんコースからそれて、でかーるは道楽、さんの足下に。なかなか操縦コーナーから脱出できません。
 前向きに倒れ、前転を繰り出し、と、なにやら不思議な姿勢に丸まりながら起き上がるでかーる。ヨガっぽいです。無線状態がよくないのか、操縦スペースぎりぎりまで体を伸ばしてアンテナを接近させる道楽、さん。あとちょっとと言うところで腕を伸ばし、最後に一回転して前転。体をゴールの向こうに放り出してのゴール、これで1分35秒45となります。

No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房)

 うさぎさんメカ赤兎登場。可愛らしい小刻みな歩行で、安定して前進する赤兎。ちょっと後ろにバランスが崩れたか、一瞬立ち止まって安定を取る席と、方向を切り替えてまっすぐ前進、ほとんど綺麗にゴールを切り、タイムは30秒77の好タイム! ここで暫定2位、綺麗なゴールとなりました。

No.8 小雪 (シムカ)

 最後の登場は小雪。スタートラインやや右に構えます。大股二前進した小雪、ちょっとバランスを崩しかけながれらも倒れず前進、左に舵を切って操縦スペースに入ってしまいますが、舵を切り直してそのまま前進! 最後は右側に戻ってダウンもせずに前進し、26秒55! 暫定2位を奪い返し……
 これで次の競技以降はガルーとの対決となる、と聞き、耳をつんざく悲鳴が上がっておりました。

 さて、順位は確定。一位はガルー、二位は小雪、三位は赤兎となります。
 続いてはサイコロシュートとなります!

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・サイコロシュート】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44204304

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・サイコロシュート】 »