« 直訳コンスピラシー(☆☆) | トップページ | 駅で偶然このポスターを見た時、僕はper4mを思い出したと言う塩梅。(☆) »

2009.02.12

関東ロボットヘビー級タイトルマッチ&懇親会inかがやハウス(※ネタバレ注意!)(☆☆☆☆)

 なんで飲み会の話なのにネタバレ注意なんだって普通の人は思いますよね。書いてる僕がそう思ってるんですから、僕に聞かれても困ります。
 最初に言っておきますが、これはきのうの水曜日、休日に飲み会に行った時の話をほとんどそのまま書き記したものです。なんていうかもう「起きたことをありのままに話すぜ」状態なわけですが。

 これから新橋のかがやさんに行って、心臓弱い人はやめておいたほうがいいほどびっくりしたい方は、この下の記事は読まない事をお勧めします。そして実際に行ってみてくれ。僕からのお願いだ。騙されたと思って。やあい騙された。なんの話でしたっけ。

 そうそう。時々これは夢オチだったんじゃないかと24時間経った今でも思うような、そんな飲み会の記録であります。

 そもそものきっかけは、年の暮れにロボットビルダー&プロモーターであるオマタさんから頂いた飲み会のお誘いでした。その時から何かしら、普通の飲み屋ではありえない何かを漂わせる物言いに、漠然とした不安を感じてはいたのです。その時は。
 なんだか鳥のすり身を詰められちゃった魚の骨みたいな、漠然とした居心地の悪さを感じながら、やってきました当日が。それほど珍しくないはずの新橋の、駅のすぐそばの飲み屋の筈なのですが。集合時間の15分前になっても誰もいない。怪しい。あまつさえ飲み会の待ち合わせで立っているだけなのに宗教の勧誘を受ける。怪しい。梓さんを皮切りに、ロボスポットで練習していた皆さんが陸続と現れて、なんとか一安心。
 会場まで移動しつつ、なんとなく耳をつかまれて持ち上げられてる、狩られたウサギみたいな心境で。横にいるオマタさんにしきりと「なにか判らない事があったら質問してくださいって、何もかも判らない場合はどうしたらいいんでしょうかね」みたいな事を。よっぽど不安だったみたいです。

 そして新橋からまったくすぐ近くのビル。その地下一階に、そのお店はありました。
 看板のゆるんだ雰囲気がどことなく怪しく思えるのは、きっと不安になりすぎていて神経質になっているんだ、一見不思議に思える現象だけどきっと科学的に説明がつくことばっかりさ、と思いつつ、地下へ。
 地下へ降りる最中、重厚な木の「加賀屋」と言う看板が。こっちを表に出していてくれれば安心出来るのに。と思いつつ、一同着席。

 隠れ家的な、と言うより、家庭的な、と言うか、よそのおうちにお呼ばれしているムード満載のこじんまりとした構えです。さすがに20人前後(+ロボット複数)が入っただけあって、お店は一杯。

 着席して落ち着いて、さて、飲み会が19時30から開始となるわけなんですが。
 ここからは、持ち込んだ初出動のポメラで書いた文章を、出来るだけそのままのかたちでお送りしたいと思います。しょっぱなから泣き言ですけど、あの雰囲気を文章で書くのは、無理であってなおかつ無理ですよ。いやほんとに。


2009/02/11 19:38

 飲み会開始。なんですが、マスターの「いらっしゃいませ」と静かなつぶやきと共に、巨大アンパンマン(電動)が頭におしぼり乗せて登場。一回転しておしぼりを配ります。おしぼりを受け取り、いっそ全部頭に乗せちゃう梓さん。そしてアンパンマン(の後ろにいるお店の人)から突然衝撃の発言。その梓さんがいきなり、三年前に家を出た、あずささんのお兄さんにされてしまう。

「高知のおまえの家にも行ったんやー!」

 梓さん、とっさの切り返しで見事な応戦。やなせたかしさんは高知の出身だそうです。
 ちなみに遅れて来た小田さんは「こんばんわ。熱いですか」と、動揺しつつもふつうの挨拶。がちがち暴れた(マスターがうしろでキープしているアンパンマンと)握手。

 マスターのオーダーの確認がわりと普通だったのは気にするところなんでしょうか。どうなんでしょう。と、その時は思っていたんですが、このテンションのシームレスな感じがこの人の懐の深さなんだと。気づかされる事になるのは、もう少しあとの話dす。

 そして出てきた飲み物のメニューが。ジャポニカ学習帳に書いてあるのはどうしたらいいのかと。なんか埼玉県民50円とか書いてあるし。そして最初のあたりだけ書いてあって残りは白紙。3ページくらいしか使ってないのはどうなんだろうと。
 とりあえずめいめい飲み物を頼んで、ビールが来るまでの間にちょっと待機時間。読めない漢字の話とか、なつかしのデジカメの話とかになります。しかしみんなカメラ出しすぎですよどうしちゃったんですか。普通の飲み会の雰囲気では、明らかにありません。

 なんか飲み物の出し方が何種類かあるみたいです。出し方って…… とりあえず、『中国』式を選んだビスコさん。

 そして中国がやってきました。いきなり怪鳥音をつんざいて、黄色い服着たマスターがいきなり奥の部屋から襲来。素手の型から酔拳に入り、梓さんを奇襲して壁に手ついて休んだ後、油断していた方角の森永さん辺りの席の壁に、懐手から流星錘をブチ込んで終了となりました。そしてそのあと普通にお酒が出てくる。いや中国。確かに中国だけど、なんかお酒関係ないし。

 退場前にマスターが、GIYさんの後ろから頭に手を伸ばして指を摺り合わせると。なんとうっすら白い煙が指の間から! これはこれは! これは「ふしぎなゆびけむり!」 とり・みきの漫画でしか見た事のないものがいま現実に!

 ここでようやく乾杯です。
 僕はもう疲れました。

 GIYさんがメールで何か問題になりそうな行動を起こしているところに、お食事がそろそろ出て参ります。長井のプロレスの話をしているところに、箸置きを自由に選べるサービス。カニにマツタケ、ビット(エルメス用)に悪魔超人とよりどりみどりです。何の話してるかわかんないでしょう。今、校正してる僕にもわかんなくなりつつあります。
 そしてマスターがフリーダムに、かつアーティスティックに箸置きに割り箸を並べていきます。割り箸を置く様を固唾を飲んで見守る一同。そして芸術的に割り箸が置かれるたびに嘆息が漏れます。最後なんかもう箸置きの束縛すら解放される、なんて発想の自由さ。不思議すぎます。

 判断に困るのは、切り干し大根とかひじきの煮付けとかじゃがいもとか、普通に料理がおいしいところなんですよね。なんていうか、地味にもふもふおいしい。飲み会に来ているのとはまた違う感じで、よそんち感がさらに倍増。なんかすごい不思議な感じ。

 このへんは普通にあれこれとロボット話。
 4月のわんだほーの話になってから、「ROBO-ONEはサイコロを求めていないですからねー」と梓さん。おっしゃる通りだと思います。なんか最近チェックしていなかったら、次のROBO-ONEは一回戦と二回戦でルールが違うと言う話になり。ごはんがおいしいおいしいと思っていたら、話は今後のGPとかの話になっています。GP選手の皆さんは、やっぱり色々大変そう。きょうは何曜日だっけ、そうか平日なんだと言う話になってみたり。長井の帰りは電車というか新幹線が駅で止まったんだそうです。長井に行かれた皆さん、おつかれさまでした……。見送りで電車が止まって困ったのはナガレンジャーの皆さんも一緒で、「電車を追いかけてお見送り」のデモンストレーションが切り出せず困られていたのだとか。そして長井でIKETOMさんがブレイクした様子。なにがあったんだ。Youtubeにアップしていいかどうか悩むくらいのレベルだそうで。ナガレンジャー関東支部では今後、IKETOMさんを強烈にプッシュしていくという事だそうです。わんだほーぷちIKETOMさん記念大会と言う話も出かかりましたが、すいませんそれ言ったの僕です。

 わんだほー二日連続開催の如何についての話から、最初のロボゴングはKHRばっかりで見ているのが大変だった、と言う話をしていたあたりで、引間さんが到着です。
 GIYさんはスポンサーの話をされてました。お絞りオンステージと言う事で、みたびアンパンマン登場。しかし当方に迎撃の準備あり、オマタさんもロボットの用意をしていました。迎撃するだんだだん、だんだだん頭部からおしぼりが繰り出す、思わずかっとなったマスターの人が、梓さんにアンパンマンのお面かぶせてパワーアップ。梓さんが頭頂部におしぼり乗せて引き渡し、もはやネタはひとたび出れば大空中戦の様相です。


 とりにくに喜んでいたり、視力の話題にひとしきりなっていたら。なんかまた頼んだらしいです。今度はなんだ。なになんだ。銅鑼が鳴り響いてます。なんかえいほえいほ声が聞こえてきました。ケチャだケチャだバリ島だ。ケチャのあとはこれはなんかバリって言うかヒンドゥーの舞踏っぽいアレです。トランス来た。神様降りてきた。するっと戻った。素に戻った。この切り替えの素早さがすばらしい。インドネシアですね。インドネシアだ。納得した。そんなわけで引間さんもそろって改めて乾杯です。途中でときどき飲み会が静止します。固唾を飲んで見守る会です。

 ここでオマタさんに占いを要求されたマスター、一言ぼそりと「よくばりな女です」と。箸置き占いだそうです。カニか。カニの判断なのか。ビットはなんだろうと言う話に。「ひとりだと不安とかどうですか」と言ってみる自分。
 オマタさんがキャッチャーで取ったって言う鯛が大人気、テーブルの反対側では、懐かしいDAKARAのサーバ(小便小僧のアレ)から出てくる烏龍茶かなんか。Jinsatoさんのところで見たことある! と思っていたら、それはいしかわさんがあげたものだそうです。
 わんだほーのサイコロの話になって、わんだほー休暇はどうかと言う話になったりする。
プロモーター談義から、道楽、さんとえまのんさんでヒールと言うプランが。なんだかはぐれ悪魔コンビみたいです。

 わんだほーは最近登場キャラのネタが固まってきたと言う話と、ROBO-ONEで「5回優勝すれば100万になる」って言う話。コントーローラーと旧えんぱくの関係を云々していたら来ました次が来た。今度はなんだ。BGMで判る、ブラジルだ。今度はブラジルの、サンバの曲で前奏かと思ったら、マスター一瞬登場したと思ったら、奇声一発すぐに退場。そしてすぐに普通の格好で再登場。シームレスです。
 頼んだグラスはなんかぶるぶる震えるグラスです。なんなんだこれは。奇襲返しに動揺しつつ、ぷるぷるしながらコーラを飲んでる吉田さんといしかわさん。人によって電池の量に大小があるみたいです。長井の雪合戦の話で肩が痛いと言う吉田さん。長井はなんか雪合戦やったりスノーモービルやったり楽しかったみたいですが、状況が想像しづらい気がひとしきり。長井でのロボットプロレスのフィニッシュホールドは腕十字だったらしいですが、そのシーンはお蔵入りだったみたいです。一体なにがあったんだ。
 そしてやがて、お話はご家族から離れた人がいかにハジけるかと言う微妙な話題に。なんかちょっと気の毒な話も入ってきてますが。

 ROBO-ONEの参加者一覧をテキストで出して頂けると有り難いですねーと言う話をしているその最中も、グラスを持ち上げるたびにぷるぷるかちかちする電気グラス。ああもう。うっとしいとか言われる始末ですほんとにもう。

 このあたりは、ちょっとゆっくりムード。皆さんもうさすがにつっこみ疲れてきたみたいです。グラスの底はエネループじゃなかった様子。
 週末のKONDO CUPはここ新橋、タミヤの会場で行われるそうですが、マノイ団が出られるかどうかでちょっとした議論になっています。そしてくぼさんはグラスの底に悪魔超人を入れている。振動で氷と一緒に掻き回された後、「だめだ」と言うことでまた瓶の口に戻されるミスターカーメン。マキマキ。何の話をしているかさっぱりわからないと思いますがこれを読んでいる方。それでいいんです。あってます。打ってる僕自身なにがなんだかよくわかってないんですから。
 ご飯もの登場。おひとりさまカレーです。これがまたおいしいんだ。

 危うく何しに来たのか忘れそうになっていましたが、ここでタイトルマッチが始まるみたいです。
 のっぴきならない事情によりベルトを返上する事になり、サアガと不知火のタイトルマッチをここで行う事になったみたいです。すっかり忘れてましたが、そういえば元々そういう話でした。ポメラで書く初めてのレポートがこれって言うのもどうかと思いますが大丈夫でしょうか。頑張ってみたいと思いますが。
 ここで不知火がまずは登場。ベルトのデザインがくまたろうとのこと。シンウォークにするために改造された新不知火の初お目見えです。居酒屋で。さっきからコントローラーと左右逆って言われてるレフェリーロボも地面を走り回り、松田さんがアナウンスの仕込みをしています。オマタさんは即席リング(東急ハンズ調達)を用意する状況。

 ロボット出せる人は総出で出すみたいです。なんかもう大変なことに。レフェリーロボがサアガに投げられて目ェ回してます。すでにファントムやデュミナスもリングと言う名の四角い紙に上がり、大変な事態に。結局、8体でトーナメントになります。なったみたいです。

 ええと、ファントム、サアガ。デュミナス、くまたろう、ガルー、キノピー、不知火、さくら2号。しめて8体がエントリーということになります。………………なんなんでしょう、この物凄い豪華なカード。こういうのを地下プロレスって言うんでしょうか。ちょっと違うか。

『こんにちわ! ぼくキノピー!』
「知ってる」

 まずは前哨戦、引間さんの絶対零度の突っ込みが冴え渡る。キノピーとくまたろうがダーティファイトを繰り広げます。

 ここで組み合わせ発表。まずは一回戦。

キノピー vs 不知火
くまたろう vs ファントム
サアガ vs デュミナス
さくら2号 vs ガルー

 となります。5分3本勝負での勝負と発表の中。アンゴルモアいしかわのレフェリーロボが迷走しています。

【一回戦】

×キノピー vs ○不知火

 よろしくね、と開始のキノピーに、いきなり不知火、剛拳大上段打ち下ろし、シラヌイインパクトを炸裂。お店の床に。後ろをとった不知火、しかしキノピー逃げる。不知火、追いつめますがキノピー躱す。不知火のキックは不発、キノピー、体当たりで崩れてしまいます。シラヌイインパクトを連打する不知火、しかしキノピーは倒れません。リングアウトはないんでしょうか。リングアウトリングアウトと言われていたキノピー、リングの外を走り回った後、中に復帰します。
 ダウン中にタイムを申請し、 1ダウンを失って不知火復帰。不知火の挑発ポーズに、キノピーも挨拶で応戦、しかし不知火の挑発ポーズにぶつかってキノピーダウン、これで2-1。キノピーの腕がおかしい。ネジが落ちたか。不知火の攻撃に末期込まれた瞬間、手の甲が取れてしまうキノピー。そのまま不知火の猛烈な攻撃に巻き込まれてキノピー3ダウン、これで1-3、で不知火の勝利となります。

×くまたろう vs ○ファントム

 第二試合はロボスポ対決。「ファントム、わかってるよね?」と森永さんから声が飛びます。試合開始、ぼこぼこになった床にとまどうファントム、くまたろうと位置の取り合い、しかし操作ミスの隙にファントムがダウンを奪う。レフェリーロボが邪魔で復帰できないくまたろう。両者ダウン。しかしファントム調子が悪いのか。横向きにダウンしてしまい起きあがれない。手が入って復帰、つい背中に倒れそうなったところにブラックさんが手を添えてしまう。歩けないと言う声が飛ぶ中、くまたろう正面からラッシュで崩し1-1。手がぷらぷらしてるファントム、キノピーに続いてまた手がとれてしまう、激しい試合になりました。うっかり巻き込まれるくままさん。リングの反対側では激しいぶつかりあい、長い勝負になってきました。くまたろう、離れかけたところにダウンを奪われ2-1。再開から、ファントム、後ろむきにぶつかったところで倒れ2-2。マッチポイント、くまたろう後ろに回り込んだ。ファントムの攻撃はしかしスリップ、くまたろう正面から地味な蹴り。最後は密着からくまたろう崩され、3-2でファントム勝利。くまたろうを下しました。

○サアガ vs ×デュミナス

 次はサアガとデュミナスの勝負。開始直後、いきなり投げにかかったサアガ、デュミナスを崩し、足裏がとれるほどの投げを打ちます。しかし直後、投げかけたところにカウンターで痛撃を浴びて1ダウン返し、こんどは掴みに来たサアガの腕をぎりぎりかわし、さらに外側から長い腕で抱え込んでデュミナス逆襲投げ、しかしこれは不発。リーチの長さを生かしてデュミナスが投げにきたサアガを打ち返し、これで2ダウン。伸ばした腕同士がぶつかりあい、がちんとすごい音が。あ、また足の裏が取れたみたいでえす。どんどんとれる足の裏。結局両方とも取ったみたいです。さすがに安定が悪くなったか、ぶつかったデュミナス倒れ2-2、投げを食らわせにきたサアガがスリップさせる。投げの構えのサアガ、最後はきれいに抱えて持ち上げ、一瞬二瞬制止したあと、無理か、と思った瞬間に頭から叩きつけて3-2。サアガ、安定した勝利となりました。

×さくら2号 vs ○ガルー

 一回戦最後の試合はさくらとガルーの戦い。開始直後、長い腕をたたき込むガルー。さくらが巻き込まれ転倒。頭とばしちゃえ、と言う声とともにさくらが後ろに吹っ飛んだ、と思いきや、さくら、切り返しの崩し投げに巻き込んで、ガルーがダウン。こぜりあいから中央でのにらみ合い、両者投げの打ち合いから、何か樹脂的なものが割れる不吉な音が。さくらの投げをガルーがかわし、位置を取りながら、ガルーも打撃ではなく投げ中心の構え。しかし再開直後に腕をぐわりとのばした横殴りの一撃で3ダウンを奪い、ガルーが勝利を納めました。

【二回戦】

○不知火 vs ×ファントム

 正面から交錯、腕を伸ばして打撃を放った後、スリップする不知火。ファントムの歩行はまだ安定しないか。密着して積極的に仕掛けていく不知火、しかし自分の攻撃の勢いでスリップして倒れてしまう。ファントム、リングぎりぎりで模様を睨んでから正面へ、パンチを放った状態で不知火の打撃を受け流していく。不知火、薙ぎ払って腕を大きく使った攻撃の連打。ファントムも回り込み、姿勢をうまく落としてかわしていきます。しかし一撃をもらった、これで1ダウン。不知火、スリップからファントムが腕をのばして受け、不知火の連打を受け凌ぐ構え。しかし崩れたファントムがくままさんに当たってこれがダウンに。え。くままさんのダウンですか。どうなんだ。
 不知火の攻撃が背中から入ってスリップ、間を置いて、不知火旋回して回避。旋回して攻撃のチャンスをうかがう不知火、真ん中でファントムも機会を狙う。もうなんだかカウントがわかんなくなってきました。一回、ファントムのために整備時間に。インターバルを置いて再開です。1-1らしい。
 しかし再開直後、もう一度中断の合図。ファントム、断線かギア欠けか、片足がダメになってしまった様子。TKOで不知火の勝利となりました。

○サアガ vs ×ガルー

 いきなり投げの構え、両腕を突き出し突撃し続けるサアガ、しかしガルーはカニのように姿勢を落とした防御の構えでこれを回避。腕を掴むが、扁平に構えたガルーを持ち上げられない。
 その防御姿勢の正面に回り込んだサアガ、打撃にシフト。真っ正面から一撃を入れて、ガルーからダウンを奪う。肩がはずれたと言われたガルー、しかし回復直後に逆襲、ダウンを奪いかえす。一度は崩したガルーの平面防御をサアガなかなか投げられない崩せない、一方、肩がへんなほうにくるっと回ってしまったガルー。ここでタイムが入ります。
 抜けた肩を直して、ここで再開。2-1から再開。サアがとガルー、背中合わせに回避…… あっと、なにか起きたのか、ガルーがここでリタイア。サアガの勝利で決勝進出となります。

【決勝戦】

×不知火 vs ○サアガ

 なんと決勝戦のカードは、そのままヘビー級の防衛戦の対戦カードに! 関東ロボットヘビー級タイトルマッチ、兼かがやハウスタイトルマッチ決勝戦であります。ダブルタイトル? うん、たぶんそう。

 さあ、ここは松田さんのコールから始まります。コールされたサアガがきちんとアピール、不知火もアピール返し。いいなあ。レフェリーはアンゴルモアいしかわです。ベルトの変換式は? と言われて、なんかあれはバービーちゃんでしょうか。出てきました。
 試合開始、サアガと不知火、位置の取り合いから速攻でサアガが投げ、まずはダウンを奪う、中央に移りたたき合い、サアガが背中から崩されてダウン。しかし直後、不知火腰から抱え込まれて2ダウン眼、追い込まれる。反動をつけての攻撃でスリップし、自分の勢いに振り回され転げ回る不知火、サアガ、攻撃から立ち直ったところにシラヌイの打撃を貰い、2-2。
 サアガ、投げの構えで猛追も、不知火を持ち上げられず一旦ブレイク。再び猛烈な勢いで接近するサアガ、不知火はシラヌイインパクトを床にたたき込むも、目前のサアガを叩けず懐に入られる。一回は投げの間合いをはずしかけるも、離れないナアガにそのまま投げつけられ、3ダウンでサアガが勝利を収めました!
 マスターからなんかぴかぴか光るベルトも貰い、お面のように首にヘビー級のベルトをかけたサアガ。これでベルトを確保、ダブルタイトルマッチの勝者となりました!

 ここでびっくり、なにやらお店の奥からロボサピエン登場! しかし情け無用サアガ、一回目の投げは空振りますが、二度の一撃は情け容赦皆無、頭から床面にロボサピエンが突き刺さる! ある意味でどこでも見られないようなすさまじい攻撃。リング上ではレフェリーロボが殴る蹴るの暴行を受ける始末。止めにサアガにぽこんと投げられておりました。それで今度はなんだ、アンパンマンだ! おしぼりアンパンマンが登場だ! 質量無敵、突進してくる攻撃にサアガと不知火がいっぺんに倒され…… おっと! アンパンマンが崩れた! アンパンマンが倒れた! 不知火の一撃にアンパンマンが崩れた。ここでアンパンマンソルジャー(梓さん)まで登場。不知火さすがにいくらなんでもこれは無理です。無理ってものです。
 見事な混沌具合に陥りつつ、かがやハウスタイトルマッチは終了。この試合終了と共に飲み会も終了となり、皆さんそれぞれ、退室した次第でありました。

 外に出てみると。肌寒い空気に、一気に現実に戻ってきた気がします。酔っぱらいのサラリーマンや客引きの人が行き交い、月と競うて明里の灯る、そこは常の、新橋の夜の風景でした。
 振り返って階段が無くなって、狐や狸に化かされたと言っても、僕は納得したかも知れません。あくまで不思議で、なんとも謎な、パフォーマンスとロボットとおいしい和食の飛び交った、フロイト的に解釈したくなるような、なんとも不思議な三時間の出来事でありました。

 ……。

 いや、なんていうか、念のため申し上げますが。
 これ妄想じゃなくて現実ですよ? みんなだいたい、明日平日で仕事なんですよ?

 どう言えば真実だと信じてもらえるのか、かなり今日のエントリは。自信のない自分です。

|

« 直訳コンスピラシー(☆☆) | トップページ | 駅で偶然このポスターを見た時、僕はper4mを思い出したと言う塩梅。(☆) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ロボット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、。こじろうです

夢落ちだったんじゃないかというような
飲み会だったんですね
楽しそうでいいなと思いました
普通に料理がおいしいのはいいことですね
私はあまりおいしいもの作れないので
そんなの食べれてうらやましいです
またきます

投稿: 小次郎(視力回復訓練中) | 2009.06.17 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44042062

この記事へのトラックバック一覧です: 関東ロボットヘビー級タイトルマッチ&懇親会inかがやハウス(※ネタバレ注意!)(☆☆☆☆):

« 直訳コンスピラシー(☆☆) | トップページ | 駅で偶然このポスターを見た時、僕はper4mを思い出したと言う塩梅。(☆) »