« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 »

2009.02.28

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・サイコロシュート】

 続いてはサイコロシュート! 広いフィールドでこの競技が行われるのは初めてのこと。どういう展開になりますでしょうか。


No.2 ガルー (くまま) vs No.8 小雪 (シムカ)

 最初の対決はガルーと小雪の対決。従来のサイコロシュートに比べて非常に広いフィールド、TOBBYさんは点数が入らないのでは、と言う懸念も出ております。ファーストタッチやワンキックでゴール、と言う勝負はなかなか成立しにくいと思いますが、どうなりますでしょうか。

 ガルーが起動し、両者リング上で唸りながら睨み合う。時間は2分30秒、いよいよ開始です。長いストライドでサイコロを取りにいったガルー、小雪を薙ぎ倒しサイコロを奪い、しかしサイコロをキープした小雪がいや逆になぎ倒される。サイドに落ちたサイコロは中央へ。マジックハンドでサイコロが回収されます。実用品です。
 試合再開、中央でのへしあい、サイコロは小雪の後ろに落ちる。しかしガルーが押し切らないうちに小雪が戻した、勢いが良すぎるガルーのキックで、サイコロ自分のサイドに戻ってしまう。サイコロはアウト、ここで中央へ。再び中央で交錯、一気にガルー抜いた! サイコロの目は2点、これで2-0。
 リスタート、ガルーが駆け寄ってサイコロを蹴る、小雪に当たってサイコロスピン。リングぎりぎりに粘ったサイコロ、しかしガルーが慎重に寄ってキック、なんと出目は6。これで8-0、再びガルーの突進に押し負ける小雪、押し合いになるとなかなか。ガルー、腕の振りでサイコロを自ら戻してしまう。押し切れないうちに、再び転がすガルー。小雪押される展開から転落、この隙にガルーが三つ目のシュート、これで10-0。圧倒的な点差から残り16秒、なんと激突の瞬間に小雪とサイコロをまとめて倒し、出目は6!
 ガルーの威力が爆発し、この時点で16-0。残り10秒、リング中央での睨み合いで試合終了、圧倒的な点差を繰り出した

 ガルー、12ポイント…… あっと修正。得点16点、勝ち点修正入れて、+2で18ポイント。18-0の圧倒的点差で、ガルーが勝利を収めました。

No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房) vs No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))

 さて、次の勝負は…… おっと、無線トラブルの様子。試合は後回しになります。

No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部) vs No.4 メイド号 (アニメイダー)

 先にこちらの対戦が行われます、サイコロ1号とメイド号の対決。メイド号は顔面が装備され、今やパーフェクトメイド号に。一方のサイコロ1号もプリテンダー状態はばっちりです。わんだほー因子の溢れちゃった対決。どういう勝負になるでしょうか。
 サイコロ1号、自力で前進していく、リング中央での交錯、一方のメイド号もサイコロを掴みに行きます。ダッシュしたサイコロ1号、そのまま一気に振り切って猛ダッシュでゴール! このサイコロ1号の変形スコアは2点。2-0となります。
 メイド号、サイコロを取りに行く。サイコロ1号、今度はドリブルでサイコロをきちんと押していきます。メイド号は割り込んでブロック、そのままドリブルしていたサイコロ1号を、サイコロもろともに押し戻していきます。しかしサイドに落ちてしまうメイド号。サイコロ1号を狙いに行くメイド号、しかしワンタッチで倒してしまう…… サイコロ1号、起き上がれない。神の手で起き上がるサイコロ1号、しかしその間にメイド号はサイコロを掴み、ゴールにかなり近づいている。復帰したサイコロ1号、ドリブルでサイコロをゴールに押し戻す。しかし終わってみると接戦で2-0、僅差での勝利となりました。
 勝ち点2を加え、4-0となります。

No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房) vs No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))

 赤兎とデュミナス、機動ロボット同士の対決。あの円盤の手が気になります。いきなり前に倒れた赤兎。デュミナスは大きなキックと機体サイズの優位を生かし、どんどんと押していきます。ゴール前での睨みあいから豪快なキックを放ち、デュミナスの蹴ったサイコロは、はるか大きくゴールから飛び出す。ああ、なるほど。ゴールエリアにサイコロが入らないといけないから、大きすぎるキックはダメなんですね。
 再びゴール前での睨み合いからサイコロを奪い、見事にゴール。デュミナス先制点を奪います。続いてはデュミナス、サイコロの目の前でキックし、しかしこれを赤兎もブロック。デュミナス、後方にサイコロを置いてしまう。中央にサイコロが戻ったところで再開、ここでデュミナス倒れてしまう、赤兎この隙にサイコロを掴んで持ち上げた、しかし戻ってきたデュミナスにぶつかって倒れてしまう。再開後、再び掴みに行った赤兎、しかしデュミナスが後ろから倒れかかり、回避。デュミナス、うまく回り込んで赤兎にサイコロをキープさせない。先制点を守る戦術に出たか。赤兎、サイコロを目指します、このまま小刻みなドリブル、しかしデュミナスがカットしたところで両者ダウン、起き上がったところで試合終了。
 スコアは5-0、デュミナス、勝ち点+2を入れた7点で勝利を収めました。

No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会) vs No.6 で・か~る (道楽、)

 最後の対決はピラニとでかーる。長い腕で猛威を振るうアウトサイドファイターので・か~る、ピラニがどうブロックをかけていくんでしょうか。
 腕を大きく振って横歩きで接近したでかーる、しかし転んでもがいている隙に、すくい投げでサイコロを前進させたピラニ、でかーる暴走気味のドリブルで一気にサイコロを運びますが、飛び込んだピラニがカットを決める。しかしでかーる優勢の構えのまま、ピラニ安定を失って…… おっと、倒れ込んだ頭がスライディングでサイコロを押し出す。これで試合再開、道楽、さんが操作をミスし、サイコロは一気にピラニがゴールの前へ。で・かーるが復帰にもがいている間に、ピラニがゴール直前のサイコロを体当たり気味にシュート! 4点を叩き出します。
 試合再開、再び横向きから突進するで・かーる、しかし起き上がり際に…… おっと、これはすごい。で・かーるの起き上がり際に、大きな腕の脇の下をくぐりぬけるようにして、ピラニのシュートが一気にゴール。でかーる、再開直後、今度は投げを打つ構え、横に転がったサイコロはで・かーるの長い腕に振り回されて右に左に飛んでいく、ピラニがドリブルしたサイコロを、でかーる自分のゴール側に飛ばしてしまう。オウンゴールの危機のでかーる、最後はサイコロもでかーるもピラニもまとめてリングの外に消えたところで試合終了残り0秒、7-0でピラニの勝利となりました! 勝ち点を加えてピラニ9点となります。

 さて、これで試合終了。次は新競技、Carry the キューブとなります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44204323

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・サイコロシュート】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 »