« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 | トップページ | S.S.K.会合&ヤンセン展(☆☆☆) »

2009.02.28

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ランブル他】

 さて、最終競技ランブルです。全8機がリング上に一斉に登場して最後の対決を繰り広げます。あっと、通信トラブルがあった様子。録画された動画がのちのちアップされるとのこと。
 ここで試合に先立って、中間結果発表となります。

No.2 ガルー (くまま) 36
No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ)) 21
No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会) 16
No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部) 14
No.8 小雪 (シムカ) 10
No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房) 9
No.4 メイド号 (アニメイダー) 9
No.6 で・か~る (道楽、) 8

 圧倒的な優位となっているガルー。勝負は二位狙いになってきそうです。ところでこのランブルもスコアがあります。最初に落ちたロボットが1点、次に落ちたロボットが2点と、転落順にスコアがついていくことになっています。即席の解説席から仕込みの指示を飛ばす、会場に到着したえまのんさん。TOBBYさんやいしかわさんが一斉に「ざわ…… ざわ……」と言い出します。そんな賭博漫画は知りません。

 さあ、八角のリングそれぞれの面に選手が勢揃いしました。ピラニがちょっと無線の調整中。今日は一度も充電していない、と言うサイコロ1号爆弾発言。メイド号の頭が取れるところが期待されています。
 さて、ピラニもリングに復帰。いよいよ試合開始です。さあ、中央に殺到する全機、サイコロ1号はサイドへ逃げる。倒れた赤兎、なにかが取れた、でかーるの上に乗り上がった赤兎、起き上がりに巻き込まれて飛んでいく、誰か落ちたか、小雪脱落、メイド号、顔面からリングに打ち付けられる。大丈夫か。中央で団子状態、ピラニ動かない。動けない。しかし起き上がった、デュミナスのパンチをかわす。メイド号も起き上がる、起き上がったメイド号と赤兎をいっぺんに大きな腕で巻き込むでかーる、サイコロ1号転倒。ランブルに入る神の手。史上初かも知れません。中央での睨みあい、デュミナスとピラニが絡んだ、サイドで変形し、サイコロになったまま貝と化すサイコロ1号。首がひんまがってバッテリがはみ出てしまった赤兎。ホラーです。ここで再開、ガルーのパンチがピラニとデュミナスとでかーるをまとめてなぎ倒す、サイコロ1号動かない、これはどうしたものか、でかーる転がり出てアウト、これで残り6体。ピラニ動かない、赤兎がガルーの体に引っかかる。スタンディングダウンか、起き上がりの姿勢のまま止まってしまったピラニ。残念宣言とともに太鼓がぽん、ケーブル抜けでピラニがリタイア。赤兎頑張る。しかし起き上がれないか。サイコロ1号、余波に巻き込まれるがリング1号で踏ん張る、メイド号、デュミナスとのせめぎ合いに倒れる、デュミナス、起き上がりで腕がはみ出てリングアウト。
 残るは赤兎とサイコロ、そしてガルーの対決です。赤兎、ガルーに追い詰められる。正面からの睨みあい、反転してサイコロを狙う赤兎、しかしダウン。またバッテリが首から出てしまいます。内蔵をいろいろ出しつつ戦う赤兎。サイコロ1号との対決、しかし赤兎、サイコロ1号に仕掛けたところで自ら転落! 一瞬遅れてサイコロ1号巻き込まれ、こちらも転落。気がつくとリングに残ったのはガルー! 1位のガルーがサバイバーとなり、最高点を叩き出しての勝利となりました。

 さて、点数集計が行われました!

44点 No.2 ガルー (くまま)
26点 No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))

21点 No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部)
19点 No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会)
15点 No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房)
13点 No.4 メイド号 (アニメイダー)
11点 No.8 小雪 (シムカ)
10点 No.6 で・か~る (道楽、)

 最終結果は一位ガルー、二位デュミナス。この二機が最終決勝に進む形となります。
 三位と大健闘のサイコロ1号、残る選手は組み合わせに恵まれないところもありましたか。
 ともあれ、チキチキロボマッチ、第一予選これにて終了となりました!


 さて。時間差で実況されているネット上の中継を見て、いろいろコメントしております我々。……あれ-? 僕、ガルー無双なんて言ったことありましたっけ…… あったかもしれない(汗。

 さて、ここでいしかわさんが言い出してエキシビジョンマッチ。冗談かと思ってたら、ほんとにやるみたいです。
 8on8の対決、これを命名して「キューブ2.0」(その後「チームキューブ」に改名)。いしかわさんなつかし傾向のコメントです。
 7個のキューブを使い、2機ずつのチームでキューブのキープを奪い合います。と言う恐ろしいルール。チームは以下の通り。
 
No.2 ガルー (くまま)&No.6 で・か~る (道楽、)
No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))&No.8 小雪 (シムカ)
No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部)&No.4 メイド号 (アニメイダー)
No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会)&No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房)

 ろぼとまさんの八角形リングを使い、リングの端の狭いエリアだけがチームの陣地となる、と言う厳しいルール。もちろんロボットが落ちた場合はリタイアとなります。時間はとりあえず、3分のショートマッチとなります。

 四つのコーナーに分かれた8機のチーム。さて、実験的に試合開始です。太鼓で勝負開始、中途で激しいぶつかり合い、でかーる動けない、サイコロ1号もうまくからめない。キューブを崩しますが、いきなりリタイアのでかーる。キューブが落ちて戻されます。しかしどちらもキープしきれない、まずはデュミナスチームが一個をキープ、ぎりぎりで倒れた赤兎と@ピラニ、赤兎は復帰。デュミナス、キープしたキューブをガルーの圧力で落としてしまう。ドタンばんたと猛烈な緒tでぶつかりあい、ラインぎりぎりで一個キープしていたキューブを小雪が落とす、中途での睨み愛、きっちりガードしていくメイド号。結構頑張っている。しかし落とされる。ガルーも単独で一個をキープ、途中でのぶつかりあい、戻されるキューブ。しかしキューブをどこもキープし切れていない、ここで残り10秒を切る、時間切れ…… あっと、ぎりぎりにキープしていたデュミナスチームがスコアを取りました! これでデュミナス&小雪チームが点数を取り、エキシビジョンマッチの勝者となりました。

 さて、追加競技もこれにて終了です。
 今回初の試みとなるチキチキロボマッチ、会場からのネット中継や手頃な競技のシステム、また途中でスコアがこまめに発表され、観戦者にも経過が判りやすい運営など、非常に判りやすく理解しやすいイベントだと思いました。
 これから予選が三回行われる事になりますが、これからも楽しみにしたいと思います-。

 次の予選は3月8日、日曜日の三時からの開催となります。
 観戦希望の方はろぼとまさんか、ネット中継を御覧あれ。であります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 | トップページ | S.S.K.会合&ヤンセン展(☆☆☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

草加ロボットプロレス、第一試合アリキオン&Ms.H
vsガルー&デュミナスでの一節です。<ガルー無双

投稿: 梓 | 2009.03.01 01:43

 ややや、すいませんありがとうございますー(汗。
 現場で「あんなこと言ったかなあ…… 言ったかも知れない……」と、あれこれ考えていた次第です。不知火無双は5回くらい言った覚えがあるんですが(笑)。

 ひょっとしてと思ってガルー無双で検索したら、まんまとトップに出てきました……。まだこの単語を使った人は他にいないみたいですね……(笑)。

投稿: sn | 2009.03.02 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44204346

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ランブル他】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・Carry the キューブ】 | トップページ | S.S.K.会合&ヤンセン展(☆☆☆) »