« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・入場】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 »

2009.02.28

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・デモンストレーション】

 なんだかライブの中継画面に「提供」の文字などがCM風に流れております。なんかかっこいいなあ。

 さあ、いよいよお時間です! もう居場所はある意味諦めました。
 さて、最初はまずデモンストレーションから開始となります。

 さて、いよいよチキチキロボマッチ開幕となります! いきなりテレビ風の解説と自己紹介から開始となります。続いて解説のうっちーさん。「解説に自信がないんですが」と言うコメントに、「参加されている立場からコメントをお願いします」とのこと。

 まずは競技の説明から開始となります。まずはデモンストレーションから開始し、そのあとは一体ずつの出走となるダッシュ!5000、そして対戦競技となるサイコロシュートとキャリー・ザ・キューブ、ランブルと続きます。さて、まずは各選手のデモンストレーションからです。

No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ))

 最初はデュナミスの紹介から。カッティングシートでピンク度と輝度が増し、デザイン的にパワーアップしております。
 わんだほーに出た事がないので、サイコロシュートなど経験のない競技が多く緊張しています、とのこと。右左を間違えないようにしたいと思います、とのことでした。

No.2 ガルー (くまま)

 つづいて二番手はくままさんとガルーの登場。わんだほー殿堂入りの狼の覇者です。機体を実際に動かしてのデモンストレーション。サッカーボールを掴んでスローイン、ちょっと腕が外れてしまう。こんな感じで投げていきます、と言うことで、豪快な横投げの構えを繰り出してのデモンストレーション。今日も機動は順調です。
 改良で足が長くなっているとのこと。確かにちょっと不思議な足の形になっています。

No.3 サイコロ一号 (東京理科大学Ⅰ部無線研究部)

 さて、続きまして登場のサイコロ1号。サイズ的にもデザイン的にも非常に群を抜くサイコロ具合。自他共に認める、サイコロシュート最強のポイントゲッターと認定されています。なにしろサイコロ1号に関しては特別ルールが適用され、最大瞬間12点をたたき出せる可能性を秘めている唯一の存在なわけですからね。
 リング上で自己紹介するサイコロ1号。移動速度も改良をアピール。これまでのスピードと、倍速に近い移動を披露。普通に機動性が上昇しています。自らゴールに飛び込み3点を繰り出します。「サイドに6点を書けばいいんじゃないか」と道楽、さんの声が飛びます。

No.4 メイド号 (アニメイダー)

 来ちまいました! アニメイダーさんのメイド号が登場。
「選手で登場するアニメイダーさんを見るのは初めてなんですけど」
「でも第一回ROBO-ONE出たんですよ」
「それは黒歴史じゃないんですか」
「可愛い顔がついてますねー」
「こちら専門ですからね」
「専門と言うわけではないんですけど」
 アニメイダーさん突っ込まれすぎです。そしてサーボ4個分の重さのある顔面の話題に。動き出すといきなり後頭部が ごろん と落ちます。
「後頭部がなくても動くよ!」
 若干ホラーなメイド号でした。

No.5 ローリングピラニ (法政大学電気研究会)

 法政大電機研究会のピラニ登場。赤い外装の鎧武者風ロボットです。リング上にて実演、チームは5人での参加となります。下からすくい上げるようなパンチのモーションと、体をゆすっての歩行。横からケインさんがこまごま喋る事の指示を流している感じです。
 サイコロシュートに注力していると言うピラニ、結果はどうなりますでしょうか。

No.6 で・か~る (道楽、)

 さて、道楽、さんので・か~るが登場。今度は腕のしゃもじの先に肉球がつきました。なんだかグミっぽい感じの肉球は綺麗な蛍光オレンジ。頭のたっぱにはいつもバッテリが入っております。
 リング上で一礼し、なんと自律デモを開始したで・か~る。センサーでサーチして移動してきます。今日の商品であるラーメンをリングの上に載せます。多少迷いましたが、箱に向かって依ってきたで・か~る、腕を大きく振り回して商品の箱を自律で薙ぎ倒します。これはランブルが楽しみですね-。

No.7 赤兎 (電気通信大学ロボメカ工房)

 続いては電通大の赤兎が登場。シックな装いの兎型ロボットですが、巨大な円盤状の腕などに外連味を感じるロボットです。安定性は向上し、頭の固定もばっちりとのこと。アピールもリングの上で行われます。
 挨拶と、両手をかざし、腰を振ったりして愛嬌を振りまく赤兎。それにしても円盤状の腕が非常に気になります。前回ランブルで沈められたと言うことで、今回はランブルでのリベンジを誓います。

No.8 小雪 (シムカ)

 最後の登場は小雪。KHR改造機の色味を感じるサッカー用の機体です。
「キューブとか得意じゃないですか」
「そうでもないです」
「自信はありますか」
「ないです」
 男らしいです。
 リング上で技を繰り出す小雪。再び登場のさっぽろラーメン、小雪が掴んで…… 投げでしょうか、離したところで箱が倒れてしまいますが、横薙ぎになぎ倒すモーションを繰り出します。
 ちょっとパワーが有り余っていて震えが来ている感はありますが、歩行も安定している様子。ダッシュでのスコアも期待したいところです。

 さて、これで全機体の紹介が終了! いよいよ最初の競技から開始となります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・入場】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44204284

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・デモンストレーション】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・入場】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第一回・ダッシュ!5000】 »