« プリンハズカム、買ってきた!(☆☆☆) | トップページ | 【ゲーム】イッツ漢字テストタイム!(☆☆☆) »

2009.02.06

イヌガミケレヴォリューション。(☆☆)

 DSの犬神家の一族を一応終了してから、原作の犬神家の一族を捜してきて読み返した自分です。
 こうして読んでみると、なかなか元の筋立てをゲームにするために苦心してアレンジしたあとが伺えます。途中、行動で三択とかになるところがあるんですけど、実は(原作を忠実に再現すると言う観点からは)どこも正解じゃなかったりするんですよね。
 登場人物への感想として金田一が踏み込んだ意見を話したり、橘署長とそのあたりでかなり疑惑についてのやりとりをしたり。細かいところでは、終盤で顔を出す重要証人を序盤でチョイと出してみたりと、なかなかうまくバランスを取っている、と、改めて原作を読み返して苦心の跡を理解した次第です。
 確かに多少ディティールは変わっていますが、これなら小説からゲームに翻案した時点での修正としてかなり良心的な範囲でしょう。映画化とか映像化の時にアレがソレになってええええーみたいな思いをした事を考えれば、忠実にかつ敷衍させようとしているところにおいては、佳作かつ良作だと思います。

 ところで原作を読んでゲームをやっていない、おそらく大多数であろう人に耳打ち。
 原作でチョイ役だった大山神官、ゲームでもチョイ役ですが、なんていうかこうかなりダメな感じの人に演出されています。ダメっぷりが素敵過ぎるので、ぜひここのところはチェックしていただきたいかんじですね。

 ところで借りてきた原作本は横溝正史の自薦集の一冊で、連載された背景や横溝正史の仕事ぶりなどが書かれていて、おまけ資料がとても面白いものでありました。締め切りせかされて、「あんまりせかすと血ィはいちゃいますから」ってすごいよなあ。と思ったりした次第。

|

« プリンハズカム、買ってきた!(☆☆☆) | トップページ | 【ゲーム】イッツ漢字テストタイム!(☆☆☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/43976777

この記事へのトラックバック一覧です: イヌガミケレヴォリューション。(☆☆):

« プリンハズカム、買ってきた!(☆☆☆) | トップページ | 【ゲーム】イッツ漢字テストタイム!(☆☆☆) »