« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・サイコロシュート】 »

2009.03.08

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・ダッシュ!5000】

 最初の競技に先立って、解説うっちーさんによる解説が行われています。
 学生対決などで「今週はちょっと喋ること考えてくれた?」「いやまったく」 今日もうっちー先生の名解説でお楽しみ下さい。

No.9 キャバリア (えまのん)

 開始、いきなり3歩目で転倒するキャバリア、まさかの不安定、立ち上がりの勢いが良すぎて、立ち上がると同時に連続転倒してしまうキャバリア。「(わざとダッシュの点数を下げて)サイコロで弱い相手と戦う作戦か!?」とか言われているうちに、神の手が入って復帰。復帰後は中央にラインを戻しつつ前進。中央ライン上で進みますが、さすがにちょっと苦戦してしまっています。後方に倒れてしまうキャバリア。これで10回は少なくとも転倒しています。大丈夫でしょうか、足が滑っている、と言うか振動が吸収しきれなくなっています。
 ゴール寸前で最後は横歩き、まさかの苦戦でキャバリアのクリア。タイムは1分47秒20、以外なタイムからスタートです。

No.10 さくら2号 (チームさくさく)

 つづいてはチームさくさく。専用の足裏を用意してのトライ、これは早い、ものすごく早い。ほとんどブレもしないでダッシュ、途中で一回転倒しますが、勢いが余ってつんのめり、頭から床に突っ込んでしまいます。ぽっとすぐに復帰してゴール、どよめきの起こるゴールは12秒14、恐るべき大会暫定二位でのクリアです。

No.11 Actaeon(アクティオン) (機工部)

 走る、と言うか、大股に安定して歩いて行くアクティオン。途中で左にコースがずれてしまい、転倒。起き上がったところで一回転してしまいます。
 起き上がって復帰、歩き出しますが、バッテリが胴体からこぼれてしまいます。えまのんさんが神の手状態で突入、回復させる。
 一歩歩くたびにちょこんと姿勢を沈ませ、安定を取り戻しながら着実に歩いて行くアクティオン。だいぶコースがずれていますが、転倒せず着実にゴールを目指していきます。左側にずれたオー巣を修正し、転倒を二回繰り返して復帰。転びだすと止まらなくなり、神の手えまのんさんが発動。最後は後ろ向きにセットして後進ゴール、2分9秒86のスコアとなりました。

No.12 福大_ジョウナン君 (福岡大学2足歩行ロボットプロジェクト)

 学生チーム一番手、福大のジョウナン君登場。コースの右端ぎりぎりにセットアップしたジョウナン君、コースをやや左にそれながら、左右に体を小刻みに振るような動きで着実に前進していきます。なんだかスキーのボーゲンみたいな感じですね。左に曲がりすぎて一回テレビ台に引っかかりますが、最後は前に倒れこんでの綺麗なゴール、44秒68でした。

No.13 銀紙 (芝浦工業大学SRDC)

 モーション未完と聞いた銀紙、こちらはどんな動きを見せるでしょうか? 準備はOK、センターに構えました。体を大きく左右に振りますが、いきなり真横に曲がってしまう。神の手は…… いや、起き上がり直した。立て直して前進、こちらも重心を小刻みに左右に振るようにして、歩行をしていきます。腕を面白い使い方をして起き上がる銀紙。肘が逆関節に曲がるところがなかなかかっこいいですね。
 起き上がった銀紙、しかし進んでいけません、2,3歩進んだところで倒れてしまう、バッテリが怪しいらしい。大丈夫なのか。「時間制限ってありましたっけ」「もう一時間でもやっちゃってください。頑張る勇気を応援します」 操縦者の方の励ましを受けて前進する銀紙。今の倒れた音は痛そうだった。
 真ん中のテープに絡んだところで起き上がる。横歩きOKのカンペが出たところで「横歩き…… できればいいですね」と操縦者さんのコメント。なんと即席横歩きが登場。ぺぺぺ、と飛んで横向きに進みます。姿勢を直した銀紙、前に倒れつつ、銀紙前進。「連続で歩くよりも一歩ずつ歩いたほうがいいのでは」と解説のうっちーさんのコメント。ちょっとつんのめってますか、足先がカーペットの芝目に負けている感じ。小刻みに歩いている限りでは、芝目を勢いで押し切れないみたいですね。起き上がる時に上体をちょっとひねるあたりが恰好良い。最後は倒れ込んでゴール! タイムは6分22秒35でした。

No.14 GAT(ガット) (K(クボ))

 下半身しかないので、本当は早いはずのガットの登場。なんだかがしがしと言う音がしますけど、がっしゅがっしゅと言う音と歩くリズムが同期しないのは、どう考えればいいんでしょう。確実な動作で進んでいくガット。気になるのは変な音が。ああ、状態から顔っぽいものが落ちて、それを踏み越えて進んでいきます。上体だけの起き上がりはなんか気持ち悪い感じ。へんな音を立てつつも前進するガット。小刻みな動作は着実なんですが。あともうちょっと、と言うところで足踏みもゴール、タイムは1分17秒07でした。

No.15 薬魔(ヤクマ) (湘南工科大学 ロボット技術研究会)

 七番手、薬魔。小刻みな歩幅で左に大きくずれる、コースを修正して歩いて行きますが、起き上がりでダウン、勢い余って反対側へダウン。やはりこの床と起き上がり動作には相性が悪いところがある様子。神の手が入ります。
 入り口近くで転がり続けてしまう薬魔。沈黙してしまった。大丈夫なのか。膝の堅さが床で吸収しきれていないのかも知れません。コースは左にずれていく、無線トラブルか、混戦かも知れません。どうやら混戦か何かのようだ。操縦者のアクセスで動作がいったん止められます。
 ちょっと調整中。コントローラとロボットが上手くアクセスしていないのか。……あっと、再挑戦となりました。調整に入ります。 

No.16 おふじゃんびぃZ (佐藤ロボット研究所)

 おふじゃんびぃZが繰り上げのチャレンジとなります。先程は力強い動作でのしのしと歩いていましたが。左寄りに構えたおふじゃんびぃ、腰を左右に振りながら軽快に歩いていく。コースを修正しながら前進、腰を振っている拍子に腕が膝に当たっているらしく、かしかしと音がしています。テレビ台に引っかかって転倒しますが、復帰。腰をひねりながらの前進、ゴール寸前で真横を向いたところで一瞬止まってしまいますが、横歩きで一歩踏み出してゴール。これでタイムは48秒5!
 しかし上位組に入ってしまい、強敵とのマッチングが行われる好タイムに。「しまったー!」と後悔しきりの佐藤さんです。

 さて、薬魔の調整時間に今少し時間が必要となります。うっちー先生の解説では、「全体に足の上げ下げが早いので、ちょっと遅くしたほうがいいのでは」とのこと。バランスをどう取っていくのかの問題になってきそうです。
 パンチカーペットとリング床の両方にどう対応するのか、がポイントになってきそうです。ここで10分間の休憩となり、そのあと薬魔のダッシュが続行となります。

 回戦の調整と機体の調整、両方入ってやや時間調整モード。薬魔はお店の商品まで持ち出して修理されています。
 あれ、すでにサイコロシュートの組み合わせが発表になっています。ううん、薬魔はダッシュ5000、リタイアになるんでしょうか?

 おお、なにやら薬魔復活したようです。あと2分で再開ですよ。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・サイコロシュート】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44286044

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・ダッシュ!5000】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・デモンストレーション】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・サイコロシュート】 »