« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ランブル他】 »

2009.03.15

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・Carry the キューブ】

 ものすごい勝負となったサイコロシュートに引き続き、次はキャリ-・ザ・キューブの勝負となります。
 サイコロシュートの結果。

 圧倒的な暫定一位のサアガに続き、鏑とウルルンがおおいに順位を上げてきています。このどちらかが二位通過となるのでしょうか?

No.18 サアガ (イガア) vs No.19 ATACO The Stryker(アタコ ザ ストライカー) (MANOI団)

 キューブを挟んで両者、まずは一気に反対側に駆け抜ける! サアガ、投げの構えでストライカーを捕まえに行く、一度は躱されますが、ストライカーを落としたところで、サアガ、ストライカーの目の前にあったキューブをサイドに落とします。
 これは防御ですね。相手のポイントになりそうなキューブに割り込んだんでしょう。さあ再開、サアガ、しかし一個をキープに入る。まずはサアガがキューブをキープ、もう一個をストライカーも同時にキープ! しかしサアガ、転落、この隙にストライカーが最後のキューブを自陣へ押し込む。しかしゴール寸前ではすでに復帰したサアガが待ち構える、割り込んでキューブはサイドへ。中断から再開、ストライカ-防御に入りますが、キューブを落としてしまいます。ゴールライン寸前での押し合いへし合い、しかしぎりぎりで押し買ったサアガ、自分も転落しますがキューブを自陣にぎりぎり押し込む、これで2-1、サアガが高速戦闘を制しての勝利となりました。

No.20 竜鬼Ⅱ (AZM LAB(アズムラボ)) vs No.17 ファントム (スカイ(操縦者:ブラック))

 再び同じクラスのロボット同士の勝負、ファントムがリング上に構えて待ち構えます。遅れて竜鬼Ⅱもリング上に登場。やだなあ、とぼやきが飛ぶ中、綺麗にリングの対角線上に両機が構えます。
 開始、まずは両者前進、先にタッチしたのはファントム。キューブを腕ではじき飛ばしたファントム、しかし勢い余って倒れてしまう、竜鬼Ⅱ、足首で一気に二個を押して自陣へ、ファントムがリング脇に転落した隙に一気に二個を自陣に押し込んで、スピード決着で竜鬼Ⅱ、19秒での秒殺でした。

No.24 鏑 (mota(もた)) vs No.21 ドリラー (法政大学電気研究会)

 頭に乗せるドリラーが頭上技を見せるか、鏑がさきほどの投げをもう一度繰り出すか。これも楽しみな対決です。
 さあ、開始、腕を下ろして着実に接近するドリラー、キューブの前に構えた。横を向いたまま動かないかドリラー、いやキューブを崩した。中央での睨みあい、ドリラー、腕を生かしてキューブを弾き、サイドに大きく飛ばします。これは中央からの長距離シュートか、着実に歩行するドリラーに、鏑は割り込んでディフェンス、しかしキューブを持ったまま倒れる。あの投げを出して欲しい、持ち上げたがそのまま前に倒れてしまう鏑。キューブは中央、ここで試合再開。ドリラー、方向転換し飛ばしてしまう。鏑は狙いを定めかねている様子、青いキューブを掴み投げにかかりますが、ドリラーの腕がぶつかって妨害。鏑、青いキューブを掴みにかかります。これを投げられれば、足で着実に転がしていく鏑、一個目をキープ。ゴールに倒れ込む鏑、頭ぶつけてましたが大丈夫でしょうか。ドリラーが腕で弾いている間に、鏑もキューブをキープ、しかし投げ切れず落とした、鏑、その隙にもう一個のキューブをドリブルしてゴールを狙う、しかし寸前で時間切れ。1-0、鏑がキューブを一個キープし、勝利となります。
 射線の調整が上手くいかなかったドリラー、着実に稼いだ鏑の前に敗北を喫します。

No.22 BUSHIDO (電気通信大学ロボメカ工房) vs No.23 uru/run (うるるん工房)

 さあ、最後の対決。ブシドーとウルルンの対決。ウルルン、出目の調整で見せたような掴みを繰り出せるでしょうか。
 開始直後、後ろ向きに倒れてしまうブシドー。足首を大きくひねるような大きな旋回でキューブに迫ったウルルン、山を崩さない。三つまとめて押していきます。山を崩したウルルン、今度は離れた一個に取りかかります。さあキューブを掴んだ、出目調整! と言う声が飛びますが、もちろんそんな必要はありません。体ごと飛び込んで、まずは一個目をキープ。
 ネジが飛んだブシドー、そのまま腕をぶらぶらさせつつ再開。ブシドー、接近できない。歩くだけで精一杯のような状態に。キューブを掴みにかかり、落としてしまうウルルン。青いキューブが足下に。これを綺麗な動きで運んでいき、再び自陣の前に。足をひねりつつ全身でキューブごとゴールに突っ込み、これで二つ獲得! ウルルン、着実な掴みと歩行でキューブ二個をキープ、勝利となります。

 熱戦あり一瞬の勝負あり、乱戦のキューブもここで終了。
 この時点で、トップのサアガは39点で一位通過確定。二位の鏑(29)と四位の竜鬼Ⅱ(15)に14点差がついてしまっているため、事実上、鏑とウルルン(23)の二位通過争いに焦点が絞られます。
 勝つか負けるか空席一つ、最後のランブルはこのあとの開始です。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ランブル他】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44351329

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・Carry the キューブ】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ランブル他】 »