« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・ランブル他】 »

2009.03.22

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・Carry the キューブ】

 さてさて、次なる競技はキャリー・ザ・キューブ。ラヴォックスさんのCMに注目が集まりますが、それはともかく試合再開であります。

 すでにウォルフラムは一位通過を確定させ、二位の決勝の席を争う勝負となります。場合によってはスピード決着もありうるこのキャリー・ザ・キューブ、今日はどのような勝負になりますでしょうか。

No.28 デシュミット (GR2(ジーアールツー)) vs No.30 ザウラー (KENTA)

 再び格好いい唸りの音とともに、リングに登場ザウラー。デシュミットもあの長い腕が猛威を振るいそう。さあ開始、両者激突、中央で崩したキューブ、両者一個ずつキープに入る。まずは猛烈な勢いでデシュミット、力業で乱暴に転がすように一個をキープします。そのあいだにザウラーが一個をキープ、三つめの争い、デシュミット、ザウラーがキューブとの間に体を押し込むものの、物凄い強引さでザウラーごと押し込んでいくデシュミット、ゴールまで一気に押し込んで最後は腕でぶつけて転がし、キューブはゴールへ! いい勝負でしたが高速決着、2-1でデシュミットが勝利となりました。

No.27 ウォルフラム (くぱぱ) vs No.26 Aldia(アルディア) (電気通信大学ロボメカ工房REP)

 続いては猛威を振るったウォルフラム再びの登場。アルディアは一矢報いる事が出来るでしょうか。まずは殺到していたウォルフラム、大きく向こうに回り込んで移動し、バックでキューブを押し込んでいきます、かなりの強引さで三個をもろともに運び込み、一個落として二個をキープ。ゴール寸全にばらっと転がったところで、まずは一個目をキープ。しかしその間にアルディア、ゴール寸前のキューブをサイドまで着実に押し、これでキューブは一個センターに戻って再開。また回り込んで後ろへ押していくウォルフラム、しかしコース上にアルディアが割り込む。平面構造から起き上がったアルディア、しかしネジが落ちてしまう。その上から強引に歩いて行くウォルフラム。アルディアが立ち上がっている間にウォルフラムがゴールを重ね、これで2-0。凄まじい暴れっぷりでウォルフラム、勝利を収めます。

No.25 ガーゴイル (吉田ファミリア) vs No.31 Kinopy (小田 利延)

 続いては、またも体格差対決、ガーゴイルとキノピーの勝負となります。こういう競技はリーチの長い長いガーゴイルが有利そうですが……。
 競技開始、まずはのっしのっしと接近していくガーゴイル、なぜか一瞬しゃがんだキノピー。中央のキューブはまだ崩れていない。回り込んだガーゴイル、バックしながら接近、キノピー、倒れ込むようにキューブを崩す。なんだか異様な音を立てて立ち上がるキノピー、ネジが飛ぶ、腕が変な音をしている。かなり変な音だ。大丈夫なのか。ガーゴイル、サイコロの時のような綺麗な動きでキューブを押していく、キノピーまずい。キノピー危険だ、腕のシールが剥がれて変な音を立てている。その間、じっくりゆっくりキューブを押していったガーゴイル、一個をキープ。キノピーやはりおかしい。様子がおかしい。神の手で復帰したところで、いったん時間を止める。腕がなんだかふらふらしている気がしますが本当に大丈夫なんでしょうか。
 ガーゴイルの足下に果敢にアタックしますが、びくともしないガーゴイル。はじき返されたキノピーから何やら部品が落ちたところで、ガーゴイルが二個目のキューブを押さえ、これで2-0。ガーゴイルが勝利となりました。

No.32 ラッキースター (法政大学電気研究会) vs No.29 DirestradaⅡ(だいりすとらーだ せこんど) (c4crono famiglia(チ・クワトロ・クロノ ファミリア))

 さあさあ、キューブも早くも最後の対決。ラッキースターとダイリストラーダの勝負です。大きく腕を使うラッキースターのアームスローが威力を発揮するかどうか。
 まずは旋回してサイドから接近するラッキースター、ダイリストラーダも逆サイドから接近を目指します。慎重に二歩歩いては止まる動きでキューブを崩したラッキースター、時々すごい唸り音を上げながら接近、投げに入る構えに入ったところで、ダイリストラーダが割り込んでブロック。ダイリストラーダ、キューブに絡んで動けなくなってしまう。おっと、小脇にかかえた恰好、腕にキューブが絡んでしまいました。キューブを外してストラーダ復帰。ラッキースターの動きの前に介入し、腕を使わせないダイリストラーダ。ストラーダはいい動きでブロックですが、ラッキースターはストラーダごと押していく構え。白が狙いやすい位置、横歩きで押し込み、正面へ、しかしちょっと横にずれてしまう。ダイリストラーダ、逆サイドに戻って黒いキューブへ手を伸ばす。しかし両者、狙いを絞って落としきれないままに0点ドロー、0-0となります。

 さあ、これで予選競技もいよいよ残り一つ。
 ランブルを残して最後の対決となります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・ランブル他】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44432803

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・Carry the キューブ】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・サイコロシュート】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第四回・ランブル他】 »