« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・Carry the キューブ】 »

2009.03.08

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・サイコロシュート】

 第二の競技はサイコロシュート。ダッシュ!5000の薬魔の出走がまだですが、組み合わせがすでに発表されているようですが……。
 回線に若干トラブル気味とのこと。会場では何故かチェリーボンバーさんの話題で盛り上がっております。
 因みに、現時点でのサイコロシュートの組み合わせは以下の通り。

No.10 さくら2号 (チームさくさく) vs No.12 福大_ジョウナン君 (福岡大学2足歩行ロボットプロジェクト)
No.16 おふじゃんびぃZ (佐藤ロボット研究所) vs No.14 GAT(ガット) (K(クボ))
No.9 キャバリア (えまのん) vs No.10 さくら2号 (チームさくさく)
No.13 銀紙 (芝浦工業大学SRDC) vs No.15 薬魔(ヤクマ) (湘南工科大学 ロボット技術研究会)

 お、ここで発表。組み合わせはこの組み合わせで確定。
 サイコロシュート後に薬魔のダッシュが行われ、タイムを取るのだそうです。

No.10 さくら2号 (チームさくさく) vs No.12 福大_ジョウナン君 (福岡大学2足歩行ロボットプロジェクト)

 初登場のジョウナン君、しかしマイサイコロを用意してこの競技に挑む気合いの入り方です。ちなみにゴール数比較で試合終了後に+2点のボーナス点が入る(先週は勘違いしていたんですが、勝ち点じゃなかったんですね)とのことで、サイコロはゴールに入りきらなくとも、ゴールラインを割る事ができれば点数として認められる、とのことでした。ゴールを越えて吹き飛んでいってもいい、と言うことですね。

 横向きに構えたジョウナン君、対するさくら2号、足裏はサイコロシュート用に変更されています。そして忘れ物! と飛んでいく吉田さん。さくら2号、腕先にサイコロキープ用のツメを追加装備されます。そういえばコーナーと機体の色が一緒ですね。
 さあ開始、突っ込んできたさくら2号、サイコロをちょっと掴めない、外してしまう、ジョウナン君、体当たりで止めた恰好。足でサイコロを挟んだ恰好のさくら2号、サイコロが邪魔で起き上がれない。ジョウナン君、押し戻してサイコロを逃がす。腕を転がしたジョウナン君、腕でサイコロをキープ、しかし腕もろともジョウナン君を持ち上げにかかるさくら2号、ジョウナン君、ゴール前で粘るが、……ジョウナン君がそれたところで、さくらドリブルでシュート! 出目は6となります。
 6-0で中央から再開。突進するさくら2号、ジョウナン君からネジが飛んだ、しかも倒れた拍子に脱力、タイムが入ってしまう。さくら2号、その隙に突撃してゴールにもろともにトライ、しかしこれはタイムが入ってからのプレイなのでゴールとは認められません。サイコロはゴール寸前の位置に戻しての再開、ジョウナン君はコードが外れてしまったみたいです。
 ジョウナン君、電池か部品が外れてしまったとのこと。うっちーさん「なかなか」で突っ込まれております。
 マジックハンドが大活躍でネジが回収されています。全くの実用品です。夜行バスで14時間かけて来たのだそうです。

 さて再開、ゴール寸前に構えての対決シーンからプレイ再開です。このまま進めばさくらがゴール、と言う展開からの再開。さくら突っ込んだ、一瞬でゴール、これで2点。8-0となります。

 まっすぐ押し切っていくさくら2号。タイムはほぼ残り1分、両腕を出してサイコロをキープする構えのさくら2号、しかしジョウナン君がカット。横にサイコロを転がしてしまうさくら2号、真後ろにサイコロがある。ジョウナン君チャンス、割り込みたいが割り込みきれない、さくら2号、サイコロをキープしてジョウナン君を転がす。サイコロをキープしたまま、右に左にダッシュしたさくら2号、そのままゴールに飛び込む。サイコロとさくら2号がからまった状態でやや静止しますが、さくら2号がちょっと動いて1点。これで9-0。

 残り3秒での再開。さくら2号がサイコロを押しジョウナン君が押し戻す、ここで試合終了。シュート数加点を加えて11-0となりました。

No.16 おふじゃんびぃZ (佐藤ロボット研究所) vs No.14 GAT(ガット) (K(クボ))

 両腕にペットボトルをぶらさげたガット登場です。ええと、なんでしょう。いろいろなものが再生された感じです。再生ガット。地球環境に優しいんでしょうか。
 試合開始、大股に接近するガット、しかおふじゃんびぃが先にサイコロにタッチ、しかし地力の差で押されていきます。中央に戻されたサイコロの横に立ってしまった恰好ガット、後ろに下がるとサイコロをどんどん後ろに漂わせています。足を転がして足前にサイコロを戻す、しかし上手いプレイですがおふじゃんびぃがカット、サイコロは横に転がります。
 さあ、再開。前進したガット、がっしゃがっしゃと前進して再びサイコロをキープ、しかしおふじゃんびぃ、綺麗にカットして反撃に備えていきます。転がった拍子に大きくペットボトルのぶれるガット。おふじゃんびぃ、サイコロをキープしかかりますが、サイコロはおふじゃんびぃ側ゴールのほうへはじき戻される。両機転落、サイコロが中央に行ったところで試合再開、サイコロをキープしたおふじゃんびぃ、しかし進みきれないところで、ガットがサイコロを踏みながらキープ、しかし起き上がりざまおふじゃんびぃが腕でサイコロを転がす。しかしこれが結果的にアシストになってしまい、ガットがサイコロをゴール!
 これで4点を獲得し残り35秒。0-4。再開から前進、おふじゃんびぃがキープに入りますがサイコロを掴みきれず落としてしまう、ガット、ぶつかっておふじゃんびぃを崩す、今度は二点目のシュート、これは5点。0-9となります。
 見た目によらないパワーで圧倒するガット。残り9秒、中央で交錯、サイコロをキープし、向かってくるおふじゃんびぃを操縦でカットするガット、ここで終了。0-9に勝ち点を合計し、0-11。ガットの勝利となります。

No.9 キャバリア (えまのん) vs No.11 Actaeon(アクティオン) (機工部)

 次はなんと同じえまのんさん製作ロボットの勝負、キャバリアとアクティオンの対決です。機体の大きさの差はかなりのもの。まず前進したキャバリア、バランスを崩しかけながら前進します。転がしたサイコロをアクティオンがカットしてサイドへ。中央から再開、キャバリア、歩きがぎこちない。サイコロに触りますが落ちきれません。隙を掴んで間に入り込むキャバリア、しかしサイコロは押し込まれてサイドへ。先にシュートしたのはキャバリア、しかし出目は1。切ないゴールに1-0から再開です。
 再び中央、転倒したキャバリア、起き上がりでサイコロを巻き込み、アクティオンを吹き飛ばす。しかし回り込んだキャバリア、アクティオンを躱してぽちんとサイコロを小さなキック、出目は6となりこれで7-0となります。
 今度は慎重に接近し、倒れたキャバリア、横向きに倒れたまま起き上がれない。起き上がりに巻き込まれて吹き飛ばされるアクティオン。キャバリアの方でしょうか、ぎちぎちと妙な音が出ています。キャバリア、サイコロをキープしてゴール………… 出目は再び1。これで三ゴール目、スコアは8-0。
 右足首が弱いんでしょうか、よろけるキャバリア。今度は早い、3点。アクティオン、もろともにキャバリアに押し込まれてしまいます。11-0。キャバリアの横を躱そうとするアクティオン、しかし転がったサイコロをキープされてしまう。サイドぎりぎりでのプレイからサイドアウト、中央に戻して再開。アクティオン、歩行のスピードの差でキャバリアに押し戻されてしまう。最後はアクティオンの復帰をキャバリアが妨害したところで時間切れ。13-0、キャバリアの勝利となりました。
 13点でキャバリア、サイコロシュートの暫定トップに立ちます。

No.13 銀紙 (芝浦工業大学SRDC) vs No.15 薬魔(ヤクマ) (湘南工科大学 ロボット技術研究会)

 最終組み合わせの試合となりますこの対決、薬魔の調子は復帰しましたでしょうか。ちょっと心配なところです。
 まず前進した薬魔、キープにかかります。銀紙は横に歩いて落下してしまう。サイコロをキープした薬魔、順調にサイコロを押していきますが横に嫌われてしまう、銀紙、転倒から復帰できない。サイコロはゴール前、ものすごく小刻みに地味に動いた薬魔、サイコロを転がし込んで5点を入れます。5-0。
 さて中央から。再び薬魔、しかし前に転倒。足踏みしつつ前進の銀紙、非常に力強いですが歩行がちょっと不安定か。銀紙、薬魔をすくい上げるように倒す。しかしサイコロをキープした薬魔。サイドでの睨みあいからサイコロと薬魔が転落、試合再開となります。薬魔を倒した銀紙、しかしサイコロを前にして旋回ができない! 曲がれ曲がれ、と言う気合いの声とともに、股間にサイコロをキープして倒れる銀紙、そして起き上がる。そのままキープできるか、足下にサイコロを転がしたまま上手く動けない銀紙。腕で転がし、サイコロを逃がした薬魔。銀紙が手間度る隙に…… おっと、腕で弾いてサイコロを大きく転がしサイドへ。滑ってうまく旋回できない銀紙を尻目に距離をつめる薬魔、しかし転倒して復帰できないうちに終了。
 7-0、薬魔の勝利となりました。

 さて、ここで薬魔のダッシュです。

 小刻みながら、着実な前進を行う薬魔。左にそれたところを倒れますが、後ろ起き上がりが非常に早い。センターラインを超えて反対側へ、ややウェーブを描きながら前進。宅急便の人がちょっと顔を出しました。薬魔、前後ろに倒れながらも着実に進んでいきます。このままゴール。これは結構な好タイム。1分04秒5、これは四位のタイムです。

 勝ち点の計算を加えますが、組み合わせそのものは変わりません。さて、次はキャリー・ザ・キューブとなります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・Carry the キューブ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44286072

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・サイコロシュート】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第二回・Carry the キューブ】 »