« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・一回戦】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・三位決定線・決勝・ランブル】 »

2009.03.29

第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・準決勝】

 壮絶なスピード勝負となった一回戦も全て終了。いずれ劣らぬ強豪と新戦術による大勝負、ベスト4からの二回戦となります。

準決勝第一試合
×No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ)) vs
○No.9 キャバリア (えまのん)

 まずはデュミナスとキャバリア、回転要塞キャバリア再び猛威を振るうのか。うっちーさんに飛び火のように解説が求められます。しかしリング上でもかなり大きさの違い、解説の通り、懐に入れるかどうかが勝負になりそうです。いきなり位置取りで前進して倒れるキャバリア。重量です。
 さて、試合開始。ちきちきが出ないのにアレ? の声が飛ぶ。改めてちきちきのコールがあさのさんからくり出ます。さあ攻めてきたキャバリア、横パンチを中心に攻め込んでいく、一気にデュミナスをリングから放り出すほどの強烈なパンチ、いきなり1ダウンを奪います。さらに横を通り抜けようとしたデュミナスがいきなり狙われ2ダウン、背後を見せたキャバリアにデュミナス接近し、足を掴みますが、重量差はいかんともし難く倒せない、最後は、背後にデュミナスをおいたままレンジの長いパンチに捕らえ、一気に3ダウン。3-0でキャバリア、勝利を収めました。

準決勝第二試合
○No.27 ウォルフラム (くぱぱ) vs
×No.10 さくら2号 (チームさくさく)

 続いては準決勝第二試合、ウォルフラムとさくら2号の対決です。リーチとパワーに優れるウォルフラムに、さくら2号が動きの鋭さで迫ります。さあ、やや前に構えたウォルフラムだ。試合これで開始。
 横向きに突っ込んだウォルフラム、いきなり放った投げ技を、姿勢を落として回避するさくら2号。ウォルフラムの投げの構えを二回続けて回避、返しに自分が投げにかかりますが、ウォルフの姿勢を崩せない。投げの姿勢で突撃するウォルフラム、さくら2号を捕まえて持ち上げますが、投げ切れないで落としてしまう。さくら2号が投げで突っ込む。今度はウォルフが姿勢を落として投げを耐久。足を掴んで投げ上げかけたウォルフ、しかしこれも攻めきれない。両者投げを中心とした技のぶつかり合い、ウォルフの動きは速い、さくら2号が投げの構えに入ってから、歩行してレンジを回避してしまいます。ウォルフの投げを空転させてから、投げにかかるさくら。しかし両者ともに力のぶつかり合い、力比べの勝負となります。投げを狙い続ける両者、ウォルフ、掴むところまではいきますが、おっとさくら2号がダウンです。リング中央で猛烈な撃ち合い、スリップしたウォルフラムを猛烈な勢いで押していくさくら2号。残り時間はわずか、ウォルフ攻めていく。さくら2号は猛烈な勢いで押していく、しかし絡んでレフェリーが離す展開が続きます。さくら2号、腕で組み付きかけますが、どちらも投げられない。残り30秒。さくら2号、頭からリングに突っ込む2ダウン。これで2-0、さらに攻め続けるウォルフラム、両者猛烈に腕を振って攻め続ける。ここでタイムアップ、2-0。ウォルフラム、力勝負を押し切って、決勝に進出となります。

 さて、決勝はキャバリアとウォルフラムの対決となりました。CMのあと、三位決定線から再開となります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・一回戦】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・三位決定線・決勝・ランブル】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44503598

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・準決勝】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・一回戦】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・三位決定線・決勝・ランブル】 »