« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・Carry the キューブ】 »

2009.03.15

第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・サイコロシュート】

 波乱必至、各機それぞれ懐に、隠し技やら隠しネタやら持ち寄ってのサイコロシュートの開幕です。

 いきなりサアガvsアタコのカードからの第一試合。これは面白い展開になりそうです。ラヴォックスのCMにいろいろ意見が集まっているところで、おなじみサイコロシュート用の機材であるマジックハンドもリングわきに登場。いよいよあと30秒で競技再開ですー。

 いよいよ第二競技は注目のサイコロシュート。いきなり注目のカードからの開始となります。

No.18 サアガ (イガア) vs No.19 ATACO The Stryker(アタコ ザ ストライカー) (MANOI団)

 開始! いきなりのタッチはサアガ、しかしサイコロは掴みきれず転がっていく、サアガの落としたサイコロをストライカーが持ち上げ、それをサアガがカットする。中央での奪い合いから移動、サイコロの奪い合いから陣地を駆け回る高速対決に、ストライカーを投げるサアガ、そしてカット。しかし一瞬の隙をついてのシュートをストライカーがカットしきれず、サアガが5点を先取。 
 再び中央、ファーストタッチで両者転倒。サイコロに近くに倒れたサアガ、再びストライカーが脇に廻ったところでシュート、これで4点、9-0。
 さて、次に再びサアガが再びサイコロをゲット、しかしサアガ転落でチャンス、サイコロも同時に落ちて中断。ストライカーが回りかけたところにサアガが先に回り込んでカット、リング中央からのシュートは弾んでゴールの4点。13-0。
 再開、サアガとストライカーが中央でぶつかった、ストライカーがカット仕切れないところにサアガが空白に一気にゴール、5点。18-0。
 大変なことになってきました。中央での交錯で転がったサイコロをアタコが奪った、投げに入るが空転、サアガがサイコロをサイドへカット。中断し再開。いったん下がった隙にアタコが確保に入る、しかしサアガがサイコロにぶつかった、サイコロは一気に逆サイドへ。アタコの隙にサアガ、小脇にサイコロを抱えて前進、しかしアタコのゴール寸前のところに落ちたサイコロを、ゴールのすぐわきからサイドに落っことしてストライカーがカット、再びサイコロを小脇に抱えたサアガをストライカーが、カット、抱えての動きはぶつかりには弱いか、サアガ落としてしまう。両者同時に投げの構えを取ったところで、サイコロはサイドから転落。
 中央で再開。ここで残り5秒。いっきに走ったサアガとストライカー、中央でぶつかりサイコロが転がったところで試合終了。ゴール4本の19-0、あれ、19点だったみたいです。どこかでサイコロの目を聞き損ねた様子。ともあれ、シュートポイントを加えて21-0。恐るべきパワーのサアガ、ガルーを抜く得点ぶりで不動の一位をキープします。

No.20 竜鬼Ⅱ (AZM LAB(アズムラボ)) vs No.17 ファントム (スカイ(操縦者:ブラック))

 先程に比べると大型機同士の対決と言う感じがしますね。ファントムと竜鬼Ⅱの対決です。ファーストタッチがファントム、竜鬼Ⅱ転倒。サイコロをうしろに転がしてしまったファントム、リングから転落。しかし試合は進む。リング脇での睨みあい、サイコロはリングから落ちます。中央での再開、竜鬼Ⅱの進路を塞ぐファントム。いったん下がってファントムがキープ、サイコロを挟んで互角の機動、両者横へ前へ。おっとファントムが転がった。竜鬼Ⅱ、そのあいだにキープ位置へ。サイコロはドリブルで落ちて、中央へ。竜鬼Ⅱ、サイコロに先に到達。しかし転倒、ここでファントムのチャンス。一気に攻めかかれるか、しかしサイコロを転がしてしまう。今度は竜鬼Ⅱの攻撃のチャンス、しかしファントム、うまく進路を潰していく。ファントム、リングぎりぎりをサイコロを押し戻していく、シュートチャンスぎりぎり…… おっと、竜鬼Ⅱがファントムにぶつかり、ファントムがさらにサイコロにぶつかって、これは変形オウンゴール風にファントムのゴール! 出目は1、1-0となります。
 リング中央でぶつかりあう竜鬼Ⅱとファントム、今度は左サイドでの小競り合い。サイコロが落ちたところで再び中央、横向きのドリブルは竜鬼Ⅱのチャンス、しかしゴール寸前でファントムがゴールへ転落、絶好のチャンスの竜鬼Ⅱをファントム必死にカット、ピンチを凌いだファントム、最後は残り20秒弱から攻めかかりますが、攻めきれないうちに試合終了。
 1-0、シュートを入れて3-0。僅差の勝負ながら、ファントムが勝利を収めました。

No.24 鏑 (mota(もた)) vs No.21 ドリラー (法政大学電気研究会)

 歩きで好タイムを出し、綺麗な投げを仕込んできた鏑に対し、頭を使った隠し技を仕込んできたドリラー。ドリラーのネタがいつ出るのか。楽しみです。
 前進、しかし両者ちょっと向きを変えながらの接近。鏑、歩きが調子が悪いんでしょうか。片腕投げから片足蹴り、サイコロを押していく鏑。ドリラーとサイコロの間に入り込み、綺麗な動きでサイコロをゴールへ押し込む。まずは5-0、鏑がポイントを取ります。
 中央からの再開、ドリラー、横歩きで慎重に接近。鏑はサイコロを中央で掴み、上体を右に45度近くずらして大きな投げ! ロングスローがゴールに綺麗に入り、これが3点。8-0となります。
 ドリラー、技を出せるのでしょうか。再開からドリラー、横歩きで接近していく。背中から接近した鏑、サイコロを射程距離に収めた。ドリラー、サイコロを正面に収めますが、セコンドからの大きな声での指示、リングぎりぎりのサイコロを鏑が掴みますが、腰を思いっきりひねってもぎりぎりゴールは射角の外。投げたサイコロはリングの外に行ってしまいます。ドリラー、大きくしゃがんで180度開脚のあと前に倒れ込み、腕を大きく伸ばしてサイコロをキープ、頭上高く持ち上げたサイコロを頭の上に落とそうとしますが…… 弾かれて飛んでしまう! サイドに飛んだサイコロにもう一度仕掛けていきますが、鏑が突入して投げに入り、サイコロと鏑が諸共に転落。カットから再開、鏑、サイコロを着実にキープしてドリブルでゴール。3ゴール目は6の目、これで14-0。
 横歩きで構えたドリラー、最初から攻撃の構え。やや足が空転したか突っ込んだドリラー、鏑がサイコロを転がして位置をずらしていく。鏑、シュート寸前のチャンスからゴール寸前、ここで試合終了。

 このあと、発動しなかったドリラーの必殺技のデモが。180度開脚から前に倒れて両腕でサイコロを掴み、頭の上に載せて両腕を挙げてキープ。さらにこの構えから腕を下げて発射態勢、一気にサイコロを打ち出して、転がった目は6。
 ドリラーも最後にシュートの完成形を披露しましたが、試合では鏑のスコアが16点。これで鏑の勝利となります。

No.22 BUSHIDO (電気通信大学ロボメカ工房) vs No.23 uru/run (うるるん工房)

 最終戦はブシドーとウルルンの対決。お互いサイコロシュートでそれぞれ技を仕込んできているとの勝負。先程のドリラーのような、予想もしない動きを機体したいところです。さきほどのドリラーの技は、操縦している人の勇気についてコメントされています。
 四戦目、中央にまずはウルルンが近づく。ブシドーが転倒しているあいだに、ウルルン、サイコロをキープ。足を逆関節にして、足の上に乗せる構えのようですが…… おっと、これは調整だ。出目調整だ。そのまま胸の前にサイコロを抱えて前進し、倒れ込んでゴールにトライ! 出目は5、なんと出目を変えながらのゴールです!
 安定性が今ひとつなんでしょうか、ブシドー、上手く近づけない。サイコロをキープしたウルルン。倒れたブシドーの近くから回避、セコンドから「調整一回!」と言う声がとびます。しかし調整中にサイコロが転落、ゴール寸前で背後でブシドーが復帰。「蹴っちゃえ!」と言う声が飛ぶところでウルルン前転してゴールに落下、しかし遅れて落ちたサイコロの出目はなんと6! 会場大きく沸きます。
 さあ、また掴みました、出目を調整するウルルン、サイコロの出目を6にして突撃、しかしブシドー、阻止しきれない転んだウルルン、しかし足下にサイコロを落とす。ブシドー、神の手入ります。バッテリが落ちた様子。ウルルン、サイコロを落とした所でサイコロをキープ、しかし6の目が出たところで倒れてしまう。ブシドー、転んだ拍子に頭が取れてしまう、シュート寸前で…… おっと、終了のタイム直後にシュート、出目は5でしたが、残念ながらこれはタイムアウト。
 ウルルン、11ポイント。13-0でウルルン、これまでになかった新戦術を駆使しての見事な勝利となります。

 以上四試合、波乱のサイコロシュートはこれにて終了。
 次は同じ組み合わせでのキューブとなります。

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・Carry the キューブ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44351315

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・サイコロシュート】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・ダッシュ!5000】 | トップページ | 第一回チキチキロボマッチ観戦記【予選第三回・Carry the キューブ】 »