« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・準決勝】 | トップページ | ロングハロウィンとアメコミ布教の日々。(☆) »

2009.03.29

第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・三位決定線・決勝・ランブル】

 さあ、残すところは二試合とランブル。三位決定戦と決勝が行われます。

三位決定線
×No.1 デュミナス (スカイ(操縦者:ビスコ)) vs
○No.10 さくら2号 (チームさくさく)

 デュミナスがリング上に登場し構えを取る。よく見ると指先がシャアザクっぽくなっています。姿勢を堕とし、すでに臨戦態勢のさくら2号。さあファイトです。
 中央でのぶちつかり会いはさくら2号の攻め手、逃げるデュミナスをさくら2号追い詰める、打撃で攻めるデュミナスと、あくまで投げを狙うさくら2号のカラーの違う対決、いきなり低い姿勢で掴んでさくら2号がダウンを奪う、移動して位置を狙い続けるデュミナス、リングアウトぎりぎうりお位置で危ないところを凌ぐ。リング中央に戻ったところにお互い投げをうち、中央での投げのうちあいで両者スリップ、真っ直ぐ攻めていくさくら2号、倒れたデュミナスの起き上がりに腕を絡めて起き上がりを阻止しますが、これはダウンにならず、リング脇に立っていたデュミナス、隙を逃さずさくら2号が突撃し、2-0で優勢を奪う。デュミナス、位置を取って素早く移動、さくら2号の攻撃レンジを外し続けますが、逆襲のチャンスを掴めない。リング脇から注おうへ、さくらに背後を取られた、しかし離れる。掴まれたところで向きが帰れきれない。姿勢を落として動きを止め、さくらの攻撃を凌いだデュミナス、しかし反対に逃れたところにさくら2号が追いすがって沈め3-0、ピンクの悪魔は猛威を振るい、攻めて攻めて攻め続けたさくら2号が勝利を収めました!
 これにて三位決定線は終了、さくら2号が三位となります。

決勝戦
No.9 キャバリア (えまのん) vs
No.27 ウォルフラム (くぱぱ)

 これにていよいよ決勝戦、歩く要塞キャバリアと、急戦埋伏の野伏狼ウォルフラムの対決となります。いきなり試合開始、リング中央でキャバリアの腕先をいきなりめくり倒すウォルフラム、すごい音とともに両者スリップ、キャバリアの足を掴んだウォルフラム、キャバリアの回転パンチで体を動かされながらも投げる、しかしこれは長すぎると言うことで有効とならず。キャバリアのパンチで倒れたウォルフラム、しかしリング脇の攻防で投げをうち、キャバリアをリングの外まで放り出すウォルフラム!
 しかし再開直後、キャバリアの攻撃でウォルフラムが沈む。さらに再開、距離を置いたウォルフラムを一気に捕らえる。2-1、さらに連続攻撃でキャバリアがウォルフラムをさらに沈めて、3-1、投げをぶつけて一矢を報いたものの、圧倒的な攻撃力と範囲を持つキャバリアが勝利を収めました。

 これにてトーナメントは全試合が終了。優勝はキャバリア、準優勝はウォルフラムとなりました。
 このあとは全機招来、最後の大乱戦ランブルが行われます。

 いきなり始まったせいで、カメラの前を吹っ飛んでしまいましたが。いよいよ最終勝負、ランブルが行われます。
 このランブルでも、優勝したロボットに対し認定権が与えられることになっております。トーナメント優勝のウォルフラムと並び、チキチキロボマッチの代表となります。……あ、ウォルフラムは認定権を持っているので、デュミナスが認定権を持つ事なわけですね。「問題の機体をどうするのか」と言う事に話題の焦点が集まります。
 認定権を持っていないのは鏑とデシュミット、そしてデュミナスの3チームとなりますが、デュミナスは認定権を持っていますゆえ大勝外。あさのさんがROBO-Qを持ち出していますが、そのことは忘れましょう。集中攻撃をかけられる構えのキャバリア、勝負はどうなりますでしょうか。

【ランブル】

 いきなりの団子状態、デシュミットと絡むさくら、猛烈な勢いで吹っ飛んだキャバリア、サアガが足首に組み付いて投げにかかる、リングから体半分以上放り出たところからしかし奇跡の復帰、サアガは執拗にキャバリアを狙います。部品を落としながらリング脇を戦うデュナミス、キャバリアはリング脇に転落。デュミナスも起き上がり際に転落し、サアガはガルーと一騎打ちの構え。ウォルフラム、デシュミットとさくら2号に挟まれる。ガルーは鏑に投げを打ち、デシュミット後退したところをガルーに巻き込まれる。鏑とデシュミット、ガルーが一機で相手をしていく。さくらの押しがサアガを落とし、団子になって全機が一丸、ウォルフラムを押していくさくら、鏑とデシュミットの実質対決、しかしデシュミットが先に転落し、鏑が遅れて復帰まがいに転落。さくら二号、押し切る構えでウォルフラムを落としますが、自分自身も勢い余って転落し。リングの上に残っていたのは…… ガルーでした!

 猛烈な削り会いへずりあいの生き残り勝負、くままさんのガルーがランブル優勝となりました! 「なにかないんでしょうか」と賞金の存在の有無を確認するくままさんでした。

 このあとはCMのあと、表彰式となります。

 さて、そんなわけで表彰式。まずは認定権の授与から始まります。
 トーナメント優勝での認定権と、ランブルでの優勝にそれぞれ認定権。まずはトーナメントで獲得したデュナミスのビスコさんに認定権証が渡されます。「たなぼた式で貰って良いのかなと微妙な気分ですが、応援してくれた皆さんの為に頑張ります」とのことでした。
 つづいてランブルについては、鏑が上位だったものの辞退により、デシュミットに認定権が授与されます。ムーン。上位の人との実力差が判ったので頑張りたい、とのことでした。
 続いてはランブル優勝のくままさんに賞品の…… 謎の紙袋? 札幌ラーメンが大量に授与されました。なんかコーヒーが。いろいろ入っています。「参加賞の残りっちゃあ残りです」「家計が浮きます」とくままさん。食べ物が絡むと強いの伝説が再び。

 続いては特別賞の授与。頑張った人に授与されると言う賞品、デュミナスのビスコさんに贈られます。賞品はサーボモータ15個とのことでした。u1kg級にこれで出て下さい、とのことでした。メカニックのブラックさんにプレッシャーがかかります。

 さてさて、続いて本戦決勝。まずはバトル3位のさくら2号。ウィイイイイーの絶叫があさのさんから何故か飛びます。「うれしいぃ」と吉田さんかわいらしいコメントでした。お父さんも。
 続いては二位、ウォルフラムの登場。賞金が贈られます。「今日は家族二人で来ていたので、一人でも残れて良かった」とくぱぱさん。「いーよーラーメンあるから」とくままさんのコメントでした。「出たら勝ちたいと思うけど、難しいですね」とくぱぱさんでした。「次回もがんばりたいとは思います」とのことでした。
 いよいよ最後は優勝者キャバリア。賞金と優勝トロフィーが贈られます。持ち上げたトロフィーのてっぺんが天井にがちんとぶつかります。

「伝統ある第一回チキチキロボマッチに優勝できまして光栄でございます。予選の時にはだいぶひやひやしましたけども、モーションの作りが甘くて機体の大きさだけで勝っていると言う印象はあるので、もうちょっとなんとかしないといけないなとは思っています。ROBO-ONE本戦は、もうちょっと強い機体でもうちょっと楽に勝ちたいと思います」と言うニュアンスのコメントでした。

 以上で表彰式終了。最後はうっちーさんからの総括で終了となります。「誰もえまのんさんに勝てなかった、と言う感じでしょうか。予選は結構仕込みが面白かった」とうっちーさんのコメント。隣であさのさんが自由にフリーダムです。
 いきなりあさのさんの引退会見と、チキチキロボマッチ第二回も予定されています、とのことで、第一回チキチキロボマッチ、終了となりました。 

|

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・準決勝】 | トップページ | ロングハロウィンとアメコミ布教の日々。(☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44503615

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・三位決定線・決勝・ランブル】:

« 第一回チキチキロボマッチ観戦記【決勝・準決勝】 | トップページ | ロングハロウィンとアメコミ布教の日々。(☆) »